1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIMとは?MVNOや格安SIMの基本を解説!
  3. 【最安ランキング】格安SIMは月額298円から運用できる!【最新版】

【最安ランキング】格安SIMは月額298円から運用できる!【最新版】

最終更新日:
【最安ランキング】格安SIMは月額298円から運用できる!【最新版】

格安SIMの最安値は、「ロケットモバイル」の「神プラン」で月額298円です。低速無制限で業界最安値の月額料金が設定されているため、どの格安SIMよりも安く運用できます。高速通信が利用できるプランでは「nuroモバイル」の「お試しプラン」が最安で月額300円です。今回はランキング形式で最安MVNOランキングTOP5と最安プランを紹介していきます。ほかにも低速無制限プラン比較など徹底的に解説していきます。

格安SIMといってもMVNOによって料金プランは様々で、月額料金はピンキリです。格安SIMという単語の周知度が高まり、ますます格安SIMを提供する事業者は増えてきましたが、むしろ増えたことによって 「とにかく安くスマホを運用したいけど、どこが安いのかがわからない」という方も当然増えてきました。

ということで今回は、「とにかく安くスマホを運用したい!」という方に格安SIMランキングTOP5を紹介します!

格安SIM最安ランキング画像

【1位】ロケットモバイル

【2位】nuroモバイル

初期費用無料+月額料金が3ヶ月間100円!

【3位】イオンモバイル

キャンペーンコード「2009simzerosmappy」入力で初期費用無料!

【4位】LIBMO

音声通話SIMなら最大20,000円キャッシュバック

【5位】LINEモバイル

【第1位】とにかく安い!最安値はロケットモバイル!月額298円~

ロケットモバイルロゴ

ロケットモバイルはドコモ回線とソフトバンク回線の格安SIMです。主要格安SIM全22社すべてのプランの中で最安値はロケットモバイルの「神プラン」で、データ専用SIM月額料金298円です。

ロケットモバイルの料金プラン

ドコモ回線の料金プラン
データSIM (ネットのみ)通話SIM (ネット+通話)
低速無制限298円948円
1GB590円1,250円
2GB690円1,300円
3GB840円1,400円
5GB1,200円1,800円
7GB1,850円2,400円
20GB3,950円4,670円
ソフトバンク回線の料金プラン
データSIM (ネットのみ)通話SIM (ネット+通話)
低速無制限398円-
1GB790円-
20GB4,100円-

「神プラン」は低速無制限(上下最大200Kbps)のプラン

「神プラン」の音声通話SIMも948円と激安です。また、ソフトバンク回線の「神プラン S」もデータ専用SIMで398円とソフトバンク回線最安で運用できます。ソフトバンク回線の低速無制限プランを提供しているのはロケットモバイルだけなので、iPad等にとりあえずSIMをさしておくなどすると良いですね。

ロケットモバイル「神プラン」はとにかく安くという人におすすめ!

低速無制限の神プランは通信速度が非常に遅いので、とにかく安く!という方におすすめのプランです。ほかにも低速無制限プランを提供しているMVNOはありますが、特にこだわりが なければロケットモバイルはおすすめです。

【第2位】高速データ通信ありならnuroモバイル!月額300円 ~

nuroモバイルロゴ

nuroモバイルはドコモ回線とソフトバンク回線の格安SIMです。2018年10月1日に大幅なプラン変更があり、高速データ容量200MBの「お試しプラン(D)」が月額300円から利用できるようになりました。ソフトバンク回線の「お試しプラン(S)」は月額500円からと少々割高となっています。

nuroモバイルの料金プラン

ドコモ回線の料金プラン
データSIM (ネットのみ)通話SIM (ネット+通話)
0.2GB300円1,000円
7GB1,500円2,200円
13GB2,700円3,400円
ソフトバンク回線の料金プラン
データSIM (ネットのみ)通話SIM (ネット+通話)
2GB980円1,680円
7GB2,100円2,800円
13GB2,980円3,680円
au回線の料金プラン
データSIM (ネットのみ)通話SIM (ネット+通話)
0.2GB500円1,200円
2GB780円1,480円
7GB2,100円2,800円
13GB2,980円3,680円

高速データありのプランなら最安値の300円

今回比較対象としている22社の内、高速データ通信ありのプランでは「音声通話SIM」「SMS付データ専用SIM」「データ専用SIM」すべてで最安値となりました。

「お試しプラン」の特徴は何と言っても契約期間がない点!

2018年10月から新たに設けられた「お試しプラン」の特長は、音声通話SIMでも最低利用期間がなくいつでも解約金なして解約することができる点です。

「お試しプラン」の注意点

「お試しプラン」は解約金や最低利用期間がない分ほかのプランと比べ「パケットギフト」や「データ前借」などの一部サービスを利用できない、また、通信速度制限時は上下最大32Kbps(通常200kbps)になるなどの制約がある点には注意しましょう。

nuroモバイル「お試しプラン」は少しでも高速データを利用した人におすすめ

「お試しプラン」は安くても少しでも高速データを利用したい人におすすめです。たとえ気に入らなくてもすぐに解約できる点もある意味メリットです。

初期費用無料+月額料金が3ヶ月間100円!

【第3位】プラン数ならイオンモバイル!月額480円~

イオンモバイルロゴ

イオンモバイルにはau回線とドコモ回線がありますが、最安プランは両回線のデータ1GBコース月額480円です。

イオンモバイルンの料金プラン

ドコモ回線の料金プラン
データSIM (ネットのみ)通話SIM (ネット+通話)
0.5GB-1,180円
1GB480円1,280円
4GB980円1,580円
6GB1,480円1,980円
8GB1,980円2,680円
12GB2,680円3,280円
20GB3,980円4,680円
30GB4,980円5,680円
40GB6,480円6,980円
50GB8,480円8,980円
au回線の料金プラン
データSIM (ネットのみ)通話SIM (ネット+通話)
0.5GB-1,130円
1GB480円1,280円
2GB780円1,380円
4GB980円1,580円
6GB1,480円1,980円
8GB1,980円2,680円
12GB2,680円3,280円
20GB3,980円4,680円
30GB4,980円5,680円
40GB6,480円6,980円
50GB8,480円8,980円

イオンモバイルはとくにau回線では最安値!

イオンモバイルは11種類のデータ容量から選ぶことができ、いずれのコースも低価格に設定されています。とくにau回線はSMS利用料が無料のため、SMS付きデータ専用SIMとしては全プランが主要格安SIMの中で最安値となっています。

au回線はMVNOによってSMS利用料が無料に

au回線の格安SIMはデータ専用SIMでもSMS機能を無料で利用できるMVNOがあるため、SMS付きのデータ専用SIMではドコモ系やソフトバンク系よりも安く利用できることがあります。

イオンモバイル「データ1GBコース」はau回線で最安値がいい人におすすめ!

ランキング上位にはau回線がないため、au回線を選ぶならイオンモバイルがおすすめです。また、プラン数や販売端末が多い点も考慮すると安さ以外の点でも優良な格安SIMです。

キャンペーンコード「2009simzerosmappy」入力で初期費用無料!

【第4位】低速時の通信制限なしのLIBMO!月額480円~

LIBMOロゴ

LIBMOはドコモ回線の格安SIMで、最安プランはデータ専用SIMの「ライトプラン(低速無制限)」で月額480円です。イオンモバイルではデータ専用SIMで1GBがついて480円なので少し割高です。

LIBMOの料金プラン

データSIM (ネットのみ)通話SIM (ネット+通話)
低速無制限480円1,180円
6GB1,480円2,180円
10GB2,280円2,980円
20GB3,980円4,680円
30GB5,880円6,580円

通信速度制限がない点が◎

LIBMOのライトプラン(低速無制限)は月額440円で通信制限がありません

LIBMO「ライトプラン」はセット割をしたい人におすすめ

TOKAIコミュニケーションズの光サービスを利用している方であれば、ネット代が月額300円引きになり、TLCポイント(TOKAIグループのポイント)も付与されるため、おすすめです。

音声通話SIMなら最大20,000円キャッシュバック

【第5位】LINE使い放題ならLINEモバイル!月額480円~

LINEモバイルロゴ

LINEモバイルはドコモ・au・ソフトバンクのトリプルキャリア対応の格安SIMで、最安プランは「LINEフリープラン」で月額500円です。

LINEモバイルの料金プラン

ドコモ回線の料金プラン
データSIM (ネットのみ)通話SIM (ネット+通話)
3GB980円1,480円
6GB1,700円2,220円
12GB2,700円3,200円
ソフトバンク回線の料金プラン
データSIM (ネットのみ)通話SIM (ネット+通話)
0.5GB600円1,100円
6GB1,700円2,200円
12GB2,700円3,200円
au回線の料金プラン
データSIM (ネットのみ)通話SIM (ネット+通話)
3GB980円1,480円
6GB1,700円2,200円
12GB2,700円3,200円

LINEモバイルはどのプランもLINE使い放題!

LINEモバイルは全てのプランでLINEが使い放題です。速度制限がかかってもLINEは常に高速通信なので、通話やチャットなど連絡手段には困りません。

LINEモバイルのLINEフリープランはリブモのライトプランより月額が20円高いですが、LINEが使い放題なのでLINEモバイルのほうが実用的ですよ!

3GB以上のプランはSNSも使い放題!

LINEモバイルの3GB以上のプランはLINEに加えてTwitter、Instagram、Facebookの主要SNSもカウントフリーになります。

SNSをよく使う方には嬉しいプランですね!

【高速データ通信が利用できるプラン】での最安値は?月額300円~

ここまではプラン料金の最安値を紹介してきましたが、ここからは「高速データ通信が利用できるプランでの最安値」を主要格安SIM22社で紹介していきます。

全体的に1GBや500MBのデータ容量の少ないプランよりも3GBプランの方が「データ容量1MBに対しての料金」が安くなっている傾向があるので、自身の使い方をしっかり確認して申し込みましょう。

高速通信プランの最安はnuroモバイルの「お試しプラン」で月額300~

高速通信が利用できるプラン全体での最安値は「nuroモバイル」の「お試しプラン(ドコモ回線)」で月額300円です。音声通話SIMでの最安は「J:COMモバイル」の「長期契約プラン(2年契約で自動更新あり)」で月額980円です。ただし、契約から最初の半年間はQTモバイルのドコモ・au回線が月額890円で最安プランとなっています。

初期費用無料+月額料金が3ヶ月間100円!
エントリーコード「**BBZZ-0000-0000**」

【音声通話SIM】SIMタイプ別最安料金一覧

※以下の表は月額料金が安い順に並んでいます。

MVNO月額料金データ容量プラン名回線
QTモバイル890円
2年目以降は1,450円
1GB1GBプランドコモ/au
J:COMモバイル980円0.5GB(500MB)長期契約プランau
nuroモバイル1,000円0.2GB(200MB)お試しプランドコモ
LinksMate1,100円1GB1GBプランドコモ
イオンモバイル1,130円500MB音声500MBプランドコモ/au
LINEモバイル1,200円1GBLINEフリープランドコモ/ソフトバンク/au
エキサイトモバイル1,260円1GB定額プランドコモ
リペアSIM1,280円1GB1GBプランドコモ/ソフトバンク
mineo1,310円500MBAプランau
BIGLOBEモバイル1,400円1GB1ギガ音声通話スタートプランドコモ/au
U-mobile1,580円3GBU-mobile 通話プラスドコモ
LIBMO1,580円3GB3GBプランドコモ
スマモバ1,580円1GB1GBプランドコモ
OCNモバイルONE1,180円1GB1GB/月コースドコモ
IIJmio1,600円3GBミニマムスタートプランドコモ/au
NifMo1,600円3GB3GBプランドコモ
UQモバイル1,980円3GBスマホプランSau
ワイモバイル1,980円

7ヶ月目以降2,980円
2GBスマホベーシックプランSワイモバイル
楽天モバイル2,980円無制限Rakuten UN-LIMIT楽天/au

【SMS機能付きデータ専用SIM】タイプ別最安料金一覧

格安SIM月額料金データ容量プラン名回線
nuroモバイル450円200MBお試しプランドコモ
イオンモバイル480円1GBデータ1GBプランau
LinksMate500円1GB1GBプランドコモ
LINEモバイル620円1GBLINEフリープランドコモ/ソフトバンク/au
リペアSIM650円1GB1GBプランドコモ
QTモバイル700円
2年目以降800円
1GBデータコースau
mineo700円500MBAプランau
ロケットモバイル740円1GB1GBプランドコモ
エキサイトモバイル810円1GB定額プランドコモ
IIJmio900円3GBミニマムスタートプランau
J:COMモバイル900円3GB3GB/月プランドコモ
U-mobile940円1GBU-mobile データ専用ドコモ
UQモバイル980円3GBデータ高速au
ヤマダニューモバイル1,020円3.3GB3.3GBプランドコモ
BIGLOBEモバイル1,020円3GB3ギガプランドコモ/au
OCNモバイルONE1,000円3GB3GB/月コースドコモ
LIBMO1,020円3GB3GBプランドコモ
NifMo1,050円3GB3GBプランドコモ
ワイモバイル1,980円1GBデータプランSワイモバイル

【データ専用SIM】タイプ別最安料金一覧

格安SIM月額料金データ容量プラン名回線
nuroモバイル300円200MBお試しプランドコモ
イオンモバイル480円1GBデータ1GBプランドコモ
LINEモバイル500円1GBLINEフリープランドコモ/ソフトバンク/au
リペアSIM500円1GB1GBプランドコモ/ソフトバンク
ロケットモバイル590円1GB1GBプランドコモ
エキサイトモバイル670円1GB定額プランドコモ
QTモバイル700円
2年目以降800円
1GBデータコース ドコモ
U-mobile790円1GBU-mobile データ専用ドコモ
mineo700円500MBDプランドコモ
LIBMO880円3GB3GBプランドコモ
NifMo880円3GB3GBプランドコモ
ヤマダニューモバイル900円3.3GB3.3GBプランドコモ
OCNモバイルONE880円3GB3GB/月コースドコモ
BIGLOBEモバイル900円3GB3ギガプランドコモ
IIJmio900円3GBミニマムスタートプランドコモ
スマモバ2,480円5GB5GBプランドコモ
※b-mobileの「990 JUST FIT」等の利用したデータに応じて料金が変動するプランや端末セットまたはオプションセットになったプランは除外しています。

低速無制限プランで最安プランは?月額298円~

プランそのものに高速データ通信がなく、低速通信(200Kbps~600Kbps)を無制限で使えるプランを提供している格安SIMは上記の8社ですが、UQモバイルは最大500KbpsTONEモバイルは500Kbps~600Kbps、そのほかのMVNOは最大200Kbpsとなっています。ちなみに、200Kbpsの低速通信では以下のことができます。

低速通信200Kbpsでできること

できることは案外多いのですが、「待ち時間が長い」などのストレスはあるため、「快適」とは言えません。

6社の低速無制限プラン一覧表

低速無制限のプランをデータ専用で運用しても、通信が遅くあまりメリットはありません。SMS付きならLINEやSNSの認証等に利用できる点で存在価値は大いにあります。音声通話SIMは低速無制限のプランが概ね最安級なので電話番号は欲しいけどネットはLINEや軽いネット閲覧程度しかしないという方におすすめします。

以下の表は音声通話SIMの最安順に並んでいます。

格安SIM名プラン名回線月額料金(税抜)
音声通話SIMSMS付きデータ専用SIMデータ専用SIM
ロケットモバイル神プランドコモ948円448円298円
神プラン Sソフトバンク--398円
LIBMOライトプランドコモ1,180円620円480円
ヤマダニューモバイルシンプルプランドコモ1,250円645円525円
エキサイトモバイル定額プラン0MBコースドコモ1,350円790円650円
TONEモバイル-ドコモ1,950円1,000円-
UQモバイルデータ無制限プランau1,980円1,980円-
楽天モバイルRakuten UN-LIMTau2,980円--

低速通信プランの最安はロケットモバイルの神プラン!月額298円~

ロケットモバイルのデータ専用SIMの「神プラン」が月額298円と最安値です。300円以下で運用できるため、ガラケー利用者などが「SIMを入れられるタブレット」等にとりあえず入れておくと、何か調べものしたいときなどに役に立っていいですね。

通信制限がある低速無制限には要注意!

低速無制限プランを提供している一部の格安SIMでは低速通信時でも通信制限を設けている場合があります。

MVNO通信制限の条件
エキサイトモバイル直近3日間のデータ通信量が366MBを超過した場合
UQモバイル直近3日間のデータ通信量が6GBを超過した場合
TONEモバイル動画の視聴、アプリのダウンロードを行う場合

実際366MBを超過することはある?

ちなみに、筆者は楽天モバイルのベーシックプラン(ドコモ回線)ですが、使用したデータ容量を調べたところ、3日間で合計203MB使用しています。

使い方としては通勤時や帰宅時の電車内でウェブ閲覧(20分程度)、オンラインゲーム(モバイルレジェンド)を1~2回戦、LINEでテキストメッセージといったところです。

もうちょっと使う人は366MBを超過する恐れがあるため、低速無制限プランを検討している場合は通信制限がない格安SIM(楽天モバイルドコモ回線、LIBMO、ロケットモバイル)を選ぶと良いです。

音声通話SIMなら最大20,000円キャッシュバック

UQモバイルとTONEモバイルは通信速度が少しだけ速い!

UQモバイルは通信速度が500Kbpsと他の200Kbpsより2.5倍も早いです。また、TONEモバイルは500Kbps~600Kbpsとなっています。

500Kbpsの通信速度だと体感は変わってきます。アプリのダウンロードもあまり重いもの出なければできますし、360pの動画程度であれば止まることなくスムーズに視聴できます。

必ずしも最安が良いわけではない?安いには理由がある!

ここまで、高速通信の最安プランと低速通信の最安プランを紹介してきましたが、格安SIMを契約するにあたって大事な注意点が1つあります。

格安SIMを料金だけで選ぶと後悔する!ということです。サービスやプラン内容云々は抜きにしても通信速度に関しては「安かろう遅かろう」と思っておくことが大事です。

UQモバイルやワイモバイルが割高なのには理由がある

例えば、UQモバイルの「スマホプラン」やY!mobile(ワイモバイル)の「スマホベーシックプラン」は他社に比べ割高になります。

しかしながら、UQモバイルとワイモバイルの契約者数が多いのは、格安SIM業界でも1,2を争う通信速度を誇っているからです。上記2社にのりかえて通信速度が遅いと感じる方は、ほかの格安SIMは選ばない方がいいです。

とくに、大手キャリアから格安SIMにのりかえた方のほとんどが「通信速度が遅くなった」と感じています。安いという理由だけで最安プランに申し込むと、満足に利用できません。

では格安SIMを選ぶポイントは…?

格安SIMを選ぶポイントはズバリ、自分のスマホの使い方を理解することです。

1ヵ月で「どのくらい電話をしている」か、「データを消費している」か、ゲームやSNSの利用頻度などを分析し理解することで失敗しない格安SIM選びができます。

格安SIMごとの通信速度をしっかり確認し、自分どのくらいの通信速度が必要なのかがわかると、おのずと選ぶべき格安SIMが見えてきます。

さらに、開催中のキャンペーンなどをチェックして、初期費用を安く済ませちゃいましょう!

今回紹介したMVNO一覧

最安ランキングTOP5

初期費用無料+月額料金が3ヶ月間100円!
キャンペーンコード「2009simzerosmappy」入力で初期費用無料!
音声通話SIMなら最大20,000円キャッシュバック

高速通信(音声通話SIM)ランキングTOP10

エントリーコード「**BBZZ-0000-0000**」
初期費用無料+月額料金が3ヶ月間100円!
キャンペーンコード「2009simzerosmappy」入力で初期費用無料!
半年間月額料金900円割引+iPhoneSEが実質28,200円~!

低速通信ランキングTOP8

音声通話SIMなら最大20,000円キャッシュバック
この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
すまっぴー編集部

すまっぴー編集部は、格安SIM・格安スマホ比較に関するコンテンツの企画、制作、編集しています。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜