iPhoneとセット購入できる格安SIMは?【UQモバイル・ワイモバイル・BIGLOBE】

9d581529c39bdf641cfe0d263b0b29eb

iPhoneとセット購入できる格安SIMは?【UQモバイル・ワイモバイル・BIGLOBE】

最終更新日:

最新のiPhone7は格安SIMとセット購入できません。AppleStoreでSIMフリー版を購入することで格安SIMでもiPhone7が使えます。以前のモデルになりますが、iPhone6であればBIGLOBE SIM、iPhone5SであればUQモバイルとワイモバイルで購入できます。

iPhoneがセットで買えるMVNO

iPhone6とiPhoneSEがセットで買える!

2017年1月19日~ iPhoneSEのセット販売が開始されました。

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
900円〜 ドコモ 公式を
チェック

iPhone5Sがセットで買える!

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
980円〜 au 公式を
チェック
会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
1,980円〜 ワイモバイル 公式を
チェック

2016年9月16日、最新のiPhoneであるiPhone7とiPhone 7Plus が発売されました。

ソフトバンクでは毎年、新しいiPhoneが発売される当日朝に旗艦店である表参道店でイベントが行われますが、今回も発売3日前の13日午後11時30分から並んでいるという人を先頭に、開店時間である朝8時には約50人が並んだそうです。
一時の勢いはないものの、日本でのiPhone人気はまだまだ衰えていないようです。

2013年11月、それまでソフトバンクとauのみで販売されていたiPhone。
それがドコモでも取り扱いされるようになったことに合わせ、その年の9月に発売されたiPhone5sのSIMフリー版が日本で初めてApple Storeから発売されました。

それ以降、新しいiPhoneは新しい機種が出るたびに大手キャリアのものとSIMフリー版のものが同時に発売されています。
これによって格安SIMユーザーにとっても大手キャリアの契約切れを待たずに最新のiPhoneを使えるとあり、日本でのiPhone人気はさらに高まることとなっています。

しかし格安SIMでiPhoneを使う上で大きな問題は価格です。
iPhoneは新しい機種が出るたびに価格も高くなっており、今回発売されたiPhone7ではついに一番安い32GBタイプでも72,800円となっています。

いかに格安SIMを使っていたとしてもiPhone自体がこれだけ高いとなっては格安SIMのメリットがあまりありません。

そこで、格安SIMでできるだけ安くiPhoneシリーズを使う方法についてご紹介します。

iPhoneシリーズは基本的に格安SIMとはセットで買えない

大手キャリアで新たにスマホを契約する際、端末代金の支払いは一括払いか分割払いかのどちらかを選択できます。
大手キャリアの場合、端末とSIMを別々に契約するといったことはないため、端末+SIMと月々の通話、データ利用料がセットであることが当たり前となっています。

格安SIM会社は最新iPhoneは取り扱えない

格安SIMを提供しているMVNOでは現在は最新のiPhoneを販売することができません。
価格が高く、格安SIMユーザーに合わないというのもありますが、おそらくAppleと契約できないという問題もあるかと思います。

Appleは販売会社に対して、最低販売台数や売り方をかなりしっかりと規制することで有名です。
ブランドイメージを守るためだとは思うのですが、MVNOでは販売台数やイメージ面で販売は難しい面もあるのではないでしょうか。

また、格安SIMは、SIMとスマホを別々に購入する人も多く、一部の格安SIM業者では、端末も一括払いでしか購入できないケースもあります。
その代わりに大手キャリアにあるような2年縛りといった契約はなく、SIMはいつでも自由に解約でき、ほかの格安SIMに乗り換えることができるというのが、格安SIMの大きなメリットであるといえます。

格安SIM会社ではiPhoneはなくともエントリーモデルからハイスペックモデルまで様々なAndroid端末をセットで販売しています。

販売価格も1万円台からあり、iPhoneと比較するとかなり安く新しいスマホが手に入ります。どうしてもiPhoneがいいという人以外は検討してはどうでしょうか。

BIGLOBE SIMではiPhone6とiPhoneSEをセットで発売中

2017年1月19日~ iPhoneSEのセット販売が開始されました。

BIGLOBE SIMではiPhone6が格安SIMとセットで購入できます。

格安SIMはAppleからiPhoneを仕入れることはできないのですが、BIGLOBE SIMは独自ルートでiPhone6とiPhoneSEを仕入れています。

これはメーカー整備品という扱いの商品で新品同様とメーカーが保証したものとなります。

日本で使えないACアダプタを取り除いた状態で郵送されるため、下記のような状態で発送されます。

BIGLOBE iPhone6

価格はiPhone6が2,700円の24回払いとなっており、総支払額は54,720円です。

一方、iPhoneSEは2,080円の24回払いで総支払額は49,920円です。

iPhoneSEのほうが新しいにも関わらず、価格が安くなっておりお買い得です。

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
900円〜 ドコモ 公式を
チェック

UQモバイルとワイモバイルではiPhone5S販売中

UQモバイルとワイモバイルではiPhone5Sセット購入が可能となっています。

なぜ2社だけがiPhoneを取り扱えるかというと、UQモバイルはau、ワイモバイルはソフトバンクとそれぞれ資本関係があり、結びつきが非常に強いためです。
auやソフトバンクの在庫をUQモバイルやワイモバイルで販売しているイメージです。

UQモバイルとワイモバイル、どちらもiPhone7から見て、3世代前のiPhone5Sとなりますが、16GBのタイプであれば、どちらも端末代を含めた月額料金が2,000円台後半から3,000円台前半と大手キャリアに比べ大幅に安くiPhoneと格安SIMのセット購入ができます。

格安SIMであっても端末とのセット購入となると、大手キャリアと同様に2年契約が基本となります。
そのため途中解約となると違約金が発生する形にもなりますが、分割払いも可能なiPhoneのセット購入は格安SIMとしては料金的にお得な面も多く、おすすめできます。

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
1,980円〜 ワイモバイル 公式を
チェック
会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
980円〜 au 公式を
チェック

最新のiPhoneが使いたいならSIMフリー版の購入を

格安SIMであっても旧世代ではなく、最新のiPhoneが使いたいということであれば、Apple Storeで最新のSIMフリー版のiPhoneを購入する必要があります。

AppStoreでも分割購入可能!

Apple StoreでSIMフリー版のiPhoneを購入すれば、SIMとのセット購入はできませんが、分割払いでiPhoneを購入することができます。
しかも6回から60回までの分割払いも可能になっています。

尚、12回払いまでを選択すれば金利は無料となります。
それ以上の回数で支払う場合は、金利が発生しますが、それでも60回まで分割払いの幅が広いため。SIMとセットで購入することに比べても、それほどマイナスな部分はないのではないでしょうか?

またSIMフリー版のiPhoneは、中古でドコモ版やau版といったiPhoneを購入するよりも、回線の系統を選ばずどこの格安SIMでも契約ができるといった点においてもおすすめとなります。
最新のiPhoneを格安SIMで使いたいということであれば、Apple StoreでSIMフリー版を購入することが、最善の一手だということになります。

iPhoneを格安SIMとセット購入するならBIGLOBE・ワイモバイル・UQモバイルから選ぼう

このように、格安SIMでiPhoneとセットで購入できるのは、機種が旧世代のもので問題なければ、UQモバイルとワイモバイルになります。
そして、セット購入ではありませんが、最新のiPhoneを格安SIMで使用したい場合は、Apple StoreでSiMフリー版のiPhoneを購入することがおすすめとなります。旧世代と最新のiPhone、目的に合わせてどちらか好みの方を選択してください。