mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)の料金プラン・端末・評判クチコミ

mineo(マイネオ)の料金プラン

mineoはau回線・ドコモ回線の2つのプランが用意されているのが特徴です。

au、ドコモのスマホを使っている人であれば、使っている端末はそのままでmineoに乗り換えできます。
端末代がかからないので、より初期費用を抑えて格安SIMに切り替えできるのがメリットです。

au回線の料金プラン
データSIM (ネットのみ) 通話SIM (ネット+通話)
0.5GB/月700 円1,310 円
1GB/月800 円1,410 円
5GB/月1,580 円2,190 円
10GB/月2,520 円3,130 円
ドコモ回線の料金プラン
データSIM (ネットのみ) 通話SIM (ネット+通話)
0.5GB/月700 円1,400 円
3GB/月900 円1,600 円
5GB/月1,580 円2,280 円
10GB/月2,520 円3,220 円

mineo(マイネオ)で選べる端末一覧

mineoでセット購入できる端末一覧です。
Aプラン(au回線)とDプラン(ドコモ回線)では選べるプランが若干異なっているので注意が必要です。

FUJITSU Arrows M03
販売価格
31,800
分割払い時
1,325円 x 24
HUAWEI P9Lite
販売価格
24,000
分割払い時
1,000円 x 24
ASUS Zenfone Go
販売価格
19,800
分割払い時
825円 x 24
ASUS Zenfone3
販売価格
39,600
分割払い時
1,650円 x 24
ASUS Zenfone3 Laser
販売価格
27,600
分割払い時
1,150円 x 24
HUAWEI Mediapad T2 8 Pro
販売価格
22,800
分割払い時
950円 x 24
HUAWEI nova
販売価格
37,800
分割払い時
1,575円 x 24

mineo(マイネオ)のメリット

利用者満足度ナンバーワン格安SIM

mineoはMM総研の行った格安SIM満足度調査で総合1位になっており、ユーザー満足度の非常に高い格安SIMです。

独自コミュニティや既存ユーザーへの割引サービスなど常に新規ユーザーだけでなく既存ユーザーに向けたキャンペーンも行っているのが特徴です。

mineo(マイネオ)の評判・評価・クチコミを集めました!【通信速度・端末・料金など】
関連記事 mineo(マイネオ)の評判・評価・クチコミを集めました!【通信速度・端末・料金など】
会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
700円〜 ドコモ
au
(4.4)

ドコモとauのダブル回線!

mineoではドコモとauのどちらの回線かを選んで契約できるため、利用可能エリアや利用可能スマートフォンが豊富です。また、プランの切り替えも可能です。

容量がなくなっても安心のフリータンク制度!

mineoでは余ったパケットをmineoユーザーで分け合えるフリータンク制度を実施しています。
毎月20日以降、容量がなくなってしまっても最大1GBまでフリータンクに貯まっているパケットを利用できます。

もちろん自分が使わないパケットはフリータンクに共有することも可能です!

家族で使えばさらにお得な家族割(複数台割)

家族で契約・もしくは複数台契約で1台当たり50円割引になるお得なサービス(最大5台まで)。
複数台契約は一人で契約しないといけないですが、家族割なら離れて暮らす祖父母とも一緒に割引が受けられます。

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
700円〜 ドコモ
au
(4.4)

余ったパケットは誰にでも分け合える、パケットギフト

mineoでは、利用しないパケットを10MB単位でプレゼントできます。離れて暮らす家族でも、友人でもお互い助け合えるmineo独自のサービスです。

独自コミュニティのマイネ王

mineoユーザーとmineoに興味のあるユーザーを対象にマイネ王というコミュニティサイトを運営しています。通信速度や設定についてなど、ユーザーのmineoに関する口コミが集まっているため困ったときでも安心です。

データ繰越対応

楽天モバイルは前月利用後の余ったデータ繰越が可能です。余ったデータ量は翌月に優先的に使われます。2か月以上を繰り越すことはできません。また、繰り越しても利用しないであろうデータ量はフリータンクに寄付して別の人に使ってもらうこともできます。

初月無料

契約月の利用料は無料です。

解約金がかからない

普通の格安SIMは音声通話SIMを契約した場合、6か月から12か月の最低利用期間があります。

しかし、mineoは音声通話SIMであっても解約金は無料となっています。契約後にさらに自分に合った会社が登場した場合でも気軽に乗り換えできます。

LaLacall(ララコール)を使えば電話代も大幅に節約できる

ララコール

LaLaCallとはmineoの親会社である、ケイオプティコムが運営するIP電話サービスです。IP電話とは、通常の電話回線ではなくインターネット回線を利用して通話を行うという特徴があります。mineoユーザーであればLaLaCallを基本料無料で利用できるので、とりあえず申し込んでおくのがおすすめです。

LaLaCallを利用すると、通常30秒当たり20円の通話料金が、携帯電話宛なら1分18円、固定電話なら3分8円と非常に安くなります。

一方で、IP電話を利用したサービスになるため音質は普通の電話と比べると悪くなってしまいます。

MNPの即日開通が可能!しかも切り替えが早い!

mineoはMNPの即日切り替えが可能です。格安SIMをインターネットで申し込むと、新たなSIMカードが届くまでの数日間スマホが使えなくなるという問題があります。

しかし、mineoはSIMカードが届いてからMNP転入の手続きを行うため、スマホが届くまでは以前の契約、届いた後でmineoでスマホを利用できます。

また、他社と比較してもmineoはスマホが使えない時間が短いのが特徴です。即日対応の会社でも数時間から1日程度の不通期間が発生するのが一般的ですが、mineo(マイネオ)の場合は1時間程度で切り替え完了します。

【mineo(マイネオ)】MNP転入・MNP転出はとっても簡単!
関連記事 【mineo(マイネオ)】MNP転入・MNP転出はとっても簡単!
会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
700円〜 ドコモ
au
(4.4)

au回線を利用したプランが安い!

mineoを検討中でどちらのキャリアで契約するかを悩んでいる人にはauプランをお勧めします。auプランの場合はデータSIMでSMS機能がついているので、シングルプランの場合、DプランとAプランの価格は同じでもサービスはau回線のSIMカードのほうが優れています。

デュアルプランの場合はサービスは同じなのですが、価格がAプランのほうが安いです。

3日間の通信制限なし

格安SIMの中には、月間のデータ量制限以外にも3日間データ通信量で制限がかかってしまう会社があります。3日間制限はデータ量を買い足しても解除されず、1日でたくさん使いすぎると長い間制限がかかり続けてしまうケースもあるためできれば避けたい制限です。

mineoはすべてのプランで3日間制限がありませんので安心して利用できます。

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
700円〜 ドコモ
au
(4.4)

専用アプリ「mineoエコスイッチ」を使えばデータ用節約も簡単

mineoユーザー専用アプリである「mineoエコスイッチ」を使えば高速通信と低速通信を簡単に切り替えできます。

VoLTE(ヴォルテ)が使える!

mineoのAプランは最新の通信規格であるVoLTEにも対応しています。格安SIMが対応していても端末が対応していないケースも多いため、今すぐポテンシャルが発揮できるわけではないですが今後通信速度や音質面での改善が見込めます。

mineo(マイネオ)のデメリット

AプランではiPhoneでテザリングが使えない

mineoのauプランを契約する際に注意したい点の一つがテザリングです。
au回線を利用しているAプランはiPhoneでのテザリングが行えません。iPhoneでテザリングを利用したい場合にはドコモプランで契約すれば利用できます。

mineo(マイネオ)でiPhoneを利用する方法とテザリングの注意点!
関連記事 mineo(マイネオ)でiPhoneを利用する方法とテザリングの注意点!

Aプランは3G回線が使えない

Aプランのもう一つの弱点は3G回線が使えない点です。3G回線は4G(LTE)回線と比べると速度は遅いのですが、電波エリアが広いのが特徴です。地方や田舎でmineoを利用する際には4G回線がしっかりと利用できるかを確認してからの利用をお勧めします。

かけ放題オプションがない

格安SIMの中でも徐々に広がりつつあるかけ放題オプションですが、2016年10月現在mineo(マイネオ)にはかけ放題プランはありません。

mineoで通話料金を安く利用するには

  • 通話料半額アプリを利用する
  • 通話パックオプションを利用する
  • LaLaCall(ララコール)を利用する

という3つを組み合わせていくのがおすすめです。

MNP転出の手数料が高い

mineoは解約料は無料なのですが、MNP転出の手数料が高いというデメリットもあります。

これはMNP制度を悪用してキャッシュバックで利益を得ようとする人への対策となっているので仕方ない面もあります。
利用期間が12か月を超えた場合にはMNP転出手数料も安くなるのでずっと高いままというわけではありません。

支払いはクレジットカードのみ

mineo(マイネオ)の支払いはクレジットカードのみです。他社ではデビットカードなどクレジットカード以外での支払いが行えるケースもありますが、mineoの場合は必ずクレジットカードが必要です。

mineo(マイネオ)の記事一覧

mineo(マイネオ)以外のMVNO