1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. MVNO比較
  3. カウントフリーサービスがある格安SIM【LINEモバイル】【BIGLOBEモバイル】

カウントフリーサービスがある格安SIM【LINEモバイル】【BIGLOBEモバイル】

最終更新日:
カウントフリーサービスがある格安SIM【LINEモバイル】【BIGLOBEモバイル】

カウントフリーも格安SIM独自サービスのひとつで、特定のアプリやウェブサイト利用時のデータ量がカウントされないというサービスです。大手キャリアの通信制限に悩まされている人もカウントフリーをうまく活用すれば月額料金を抑えたられる上に、スマホも快適に使えるため一石二鳥です。

格安SIMの利用者が増えるに従い、格安SIMのサービスもどんどん充実してきています。もともとは、大手キャリアよりもデータ量が小さく、安いSIMカードを提供する会社がほとんどでした。しかし、今では5分以内かけ放題やLTE通信使い放題という大手キャリアにない独自サービスを提供する会社も増えてきました。

カウントフリーも格安SIM独自サービスのひとつです。

カウントフリーとは特定アプリでデータ量がカウントされないサービス

カウントフリーサービスとは、指定アプリやウェブサイトでデータ通信量がカウントされなく格安SIMのサービスです。

格安SIMではプランによって3GBや5GBという1か月に利用できるデータ量が決まっています。本来であればLINEをしても、ネットを見ても、YouTubeをしてもデータ量がかかります。そして、定められたデータ量を超えると通信速度200kbpsという低速モードになってしまいます。

しかし、カウントフリー対象になっているアプリやウェブサイトを利用してもデータ量がかかりません。例えばBIGLOBE SIMのエンタメフリーオプションの場合、YouTubeやAbemaTVをどれだけ見ても通信制限にはならないのです。

YouTubeがカウントフリーで見放題!BIGLOBEモバイルからエンタメフリー登場
関連記事 YouTubeがカウントフリーで見放題!BIGLOBEモバイルからエンタメフリー登場

カウントフリーをうまく活用すれば、大手キャリアで通信制限にかかる人もより安く、快適にスマホを使える可能性があります。

カウントフリー対象になるアプリやウェブサイトはMVNOによって違います。MVNOのカウントフリーを比較していきましょう。

YouTubeやAbemaTVが見放題のBIGLOBEモバイルのエンタメフリーオプション

BIGLOBE エンタメフリー

カウントフリーの中で最もお得になりやすいのがBIGLOBEモバイルのエンタメフリーオプションです。

会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
900円〜 ドコモ

というのも動画サービスや音楽サービスはデータ通信量が多い利用法のためです。

[参考]1GBで何ができる?

ちなみに1GBのデータ量で行えることは以下の表の通りです(あくまで参考値で実際は利用方法や通信状況により変わります)。

ウェブサイト閲覧約3,500ページ
Googleマップ確認約1,300回
メール送受信20万通
YouTube 標準画質500分

YouTubeを毎日2,3時間くらい見ているという人の場合、WiFi等を利用しなければ1か月で10GB以上消費してしまいます。もちろん、YouTube以外でもデータ量は必要なため、通信制限にならずに利用するためにはかなり大きな容量のプランで契約しなくてはなりません。もちろんデータ量が大きくなるにつれて月額利用料金も高くなります。

しかし、BIGLOBEモバイルのエンタメフリーオプションであれば、1日に10時間YouTubeを見たとしても月額480円(データ専用SIMの場合は980円)というオプション料金だけでカウントフリーになります。

また、現在は「YouTube」「AppleMusic」「GooglePlayMusic」「AbemaTV」のみがカウントフリー対象として発表されていますが、今後どんどん適用サービスが拡大される予定でリクエストを送ることもできます。

エンタメフリーオプションの注意点

エンタメフリーオプションの注意点は、ライトSプラン以上限定という点です。BIGLOBE SIMには、「音声通話スタートプラン(1GB)」「エントリープラン(3GB)」「ライトSプラン(6GB)」「12ギガプラン(12GB)」という4つのプランがあります。しかし、エンタメフリーオプションに加入できるのはライトSプラン、12ギガプランのみとなっています。

YouTubeなどのデータ量が大きいサービスをカウントフリーにするには、有料にするだけでなくある程度大きめのプランでないと運用できないということでしょう。

YouTubeがカウントフリーになるなら6GBもいらないという人には少し無駄になってしまうかも知れません。

会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
900円〜 ドコモ

FacebookやTwitterも使い放題になるLINEモバイル(ラインモバイル)

カウントフリーサービスの中で最も多くの人がお得になるのがLINEモバイルです。

国内利用者数ナンバーワンのコミュニケーションアプリであるLINEがカウントフリーになるためです。

LINEモバイルにはLINEフリープランとLINEコミュニケーションプランという大きく二つのプランがあり、それぞれカウントフリーの適用範囲が違います

会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
500円〜 ドコモ

LINEフリープランはLINEのトークと通話が使い放題

LINEモバイル カウントフリー

LINEフリープランはデータ量1GBのプランで、データSIMが500円、通話SIMが1,200円のプランです。ガラケーからの乗り換えや、LINE以外のアプリはほとんど使わないという人におすすめのプランです。

LINEフリープランはデータ量が少ないため、カウントフリーの対象はLINEのトークと通話のみとなっています。LINE内でのサービスであれば画像や動画の送受信もカウントフリーになるため、1GBでも十分に利用できます。

LINEモバイルのカウントフリー対象外は?

LINEのトーク画面でクリックしたリンクのデータ量はカウントフリーの対象外になるので注意が必要です。例えばLINEでお店の食べログURLが送られてきたとして、食べログのページにアクセスした分はデータ量が必要になります。LINEではないため、当たり前ですね。

また、ラインツムツムやLINE漫画などの株式会社LINE提供しているアプリも適用対象外です。カウントフリー対象はLINEアプリのみという点に注意しましょう。

コミュニケーションフリープランならFacebook、Twitter、Instagramもカウントフリー

LINEモバイル カウントフリー

LINEモバイルのコミュニケーションフリープランは3GB、5GB、7GB、10GBから選択できます。

コミュニケーションフリープランの料金表

データSIM通話SIM
3GBプラン1,110円1,690円
5GBプラン1,640円2,220円
7GBプラン2,300円2,880円
10GBプラン2,640円3,220円

コミュニケーションフリープランのカウントフリーはLINE、Facebook、Twitter、Instagramが対象となっています。

ただし、Twitterのストリーミング配信(ツイキャスやPeriscope)はカウントフリー対象外になるので注意が必要です。

Instagramなどの写真が多いSNSは知らない間にデータ量を消費しているケースが多いため、カウントフリー対象が広がるのは非常にうれしいポイントです。

会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
500円〜 ドコモ
格安スマホ15機種!使ってわかった、おすすめ格安スマホ端末【2017年10月】
関連記事 格安スマホ15機種!使ってわかった、おすすめ格安スマホ端末【2017年10月】

ちなみに、女子高生のスマホアプリの中で最もデータ量を消費しているのはInstagramだという調査結果もあります。

FREETELはLINEとポケモンGOがカウントフリー

こちらもラッキーになる人が多いカウントフリーサービスです。

FREETELはカウントフリー対象になるアプリが多く、

  • Appstore
  • LINE(ライン)
  • WeChat
  • WhatsApp
  • PokemonGo(ポケモンGO)

が対象となっています。また、12月以降は3GB以上のプランを契約している人はさらに

  • Twitter
  • Facebook
  • Facebook Messenger

がカウントフリーに、5GBならさらに

  • Instagram

がカウントフリーになります。

LINEモバイルのカウントフリーを意識してカウントフリーが大きく拡大されていますね。

また、誰もが使うAppStoreでのアプリダウンロードがカウントフリーになっているのはうれしいポイントです。

ただし、FREETELのカウントフリーは通信制限状態ではカウントフリーサービスも低速での通信になってしまいます。

会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
999円〜 ドコモ

J:COMモバイルはJ:COMオンデマンドの動画が見放題!

J:COMオンデマンドに入会している人に朗報です。
J:COMモバイルは、J:COMオンデマンドのアプリがカウントフリーになります!

J:COMオンデマンドとは、月額933円で映画などの動画を見放題になるサービスです。
huluやamazonプライムのようなものですね。

動画は消費するデータ通信量がとても多いですが、J:COMモバイルはいくら見てもデータ通信としてカウントされないので、いつでもどこでも好きなだけ見ることができます。

会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
900円〜 ドコモ
au

カウントフリーサービスの問題点?「通信の秘密」と「ネットワークの中立性」

カウントフリーサービスとセットで出てくる話題が「通信の秘密」「ネットワークの中立性」です。

「通信の秘密」とは、簡単に言うと、通信会社は通信の具体的な内容を覗いてはいけないという内容です。

通信の秘密とは?

カウントフリーサービスを提供するにあたってどのアプリで通信しているのかをMVNOが把握するのは「通信の秘密」を侵害するのではないかという主張です。

ですので、LINEモバイルなどのカウントフリーを提供する会社は提供する際にはどこと通信するかを把握するための同意を得てから契約することになります。

もちろんLINEのメッセージ内容が読まれるわけではありません。ただし、「通信の秘密」が気になる方はカウントフリーを避けるのが良いでしょう。

ネットワークの中立性とは

ネットワークの中立性とは、通信業者は特定のアプリの通信を遮断したり制限したりしてはならないという主張です。

具体的にはInstagramはデータ通信量が多いからといって、通信会社が利用を禁止することはできないよといった内容です。

例えば、LINEモバイルではLINEに関しては通信制限中でもLINEだけは高速で使えます。これが逆にLINEを優遇しており、「ネットワークの中立性」に反しているのではないかというわけです。

これに対し、株式会社LINEは「 現在は法律的には問題ないと判断している。今後のネットワークの中立性に関する議論の動向を注視し、懸念が発生した場合は誠意を持って対応する」と回答しています。

つまり、現状は問題ありません。ただし、今後の議論次第ではカウントフリーサービスの形が変わっていく可能性はありそうです。

会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
500円〜 ドコモ