IIJmioの料金プラン・端末・評判口コミ・通信速度まとめ

IIJmioはこんな方におすすめ!

IIJmio

家族で格安スマホに乗り換えたい方かた

IIJmioは家族向けサービスが充実した格安SIM・格安スマホです。

全プランデータ量シェアに対応しているので、1契約で複数枚のSIMカードが利用できます。
二人で1契約でよいので、月額料金をさらに抑えることができます。

また、10分以内かけ放題オプションに加入すると、家族間通話のみ30分以内であれば無料になります。

実績のあるMVNOが安心という方

IIJmioはMVNOの中でも老舗にあたる会社です。
みずから、ユーザーにサービスを提供するだけでなく、他のMVNOに対して技術提供も行っています。

災害発生時の対応も速く、品質面で信頼のおけるMVNOです。

IIJmioの料金プラン

IIJmioはドコモ回線とau回線のダブル回線で運営されています。

料金プランを選ぶときに、ドコモ回線のプランかau回線のプランかを選んで契約します。
料金は大きく変わりませんが、タイプAの場合はiPhoneでテザリングが利用できない点のみ注意が必要です。

タイプD(ドコモ回線)タイプA(au回線)
ミニマムスタートプラン
初期費用3,000円
データ通信専用SIM900円提供なし
SMS機能付きSIM1,040円900円
音声通話 SIM1,600円1,600円
ライトスタートプラン
初期費用3,000円
データ通信専用SIM1,520円提供なし
SMS機能付きSIM1,660円1,520円
音声通話 SIM2,220円2,220円
ファミリーシェアプラン
初期費用3,000円
データ通信専用SIM2,560円提供なし
SMS機能付きSIM2,700円2,560円
音声通話 SIM3,260円3,260円

IIJmioでえらべる端末

端末とのセット購入がおすすめ

携帯端末とのセット販売プランも用意されているので、新機種への乗り換えも行えます。 中でもASUS社から発売されているZenFone3はおすすめです。

SIMフリースマホの選択をする場合、どの端末を選ぶかというのは大事な選択ですが、ZenFone3は、誰でも満足できる優れた端末だと思います。

ZenFoneシリーズは格安SIM利用者の中でも高評価を受けているシリーズで、ZenFone2は格安SIMの利用端末として、その知名度を大きく上げ、格安SIM携帯の普及に役立った機種です。

その後続機種がZenFone3であり、高速処理機能や、手ぶれ補正機能、指紋認証機能等、その進化は更に進んでいます。 値段もiPhoneに比べるとずいぶんお値打ちであり、安く良いものをお探しの方にぴったりの一台といえるでしょう。

ASUS Zenfone3
ASUS Zenfone3
販売価格
39,800円
分割払い時 約1,658円×24回
画面サイズ5.2インチ
ストレージ32GB
メモリ3GB
OSAndroid6.0
カラー
HUAWEI P9Lite
販売価格
27,800
分割払い時
1,200円 x 24
Alcatel IDOL 4
販売価格
34,800
分割払い時
1,500円 x 24
SHARP AQUOS SH-M04
販売価格
32,800
分割払い時
1,380円 x 24
FUJITSU Arrows M03
販売価格
32,800
分割払い時
1,380円 x 24
ASUS Zenfone3
販売価格
38,800
分割払い時
1,650円 x 24
ASUS Zenfone ZoomS
販売価格
52,800
分割払い時
2,200円 x 24
HUAWEI P10 lite
販売価格
26,800
分割払い時
1,200円 x 24
HUAWEI P10
販売価格
57,800
分割払い時
2,500円 x 24
ASUS Zenfone2 Laser(16GB)
販売価格
27,800
ASUS Zenfone3 Laser
販売価格
27,800
分割払い時
1,200円 x 24
ASUS Zenfone Go
販売価格
19,800
分割払い時
850円 x 24
FUJITSU arrows M04
販売価格
34,800
分割払い時
1,380円 x 24

IIJmioのメリット

通話定額オプションがお得

IIJmioの通話定額プランは、2016年9月から始まった新しいサービスで、規定時間内であれば、通話料金が定額というものです。

IIJmioはそれまで「みおふぉんダイヤル」という通話量が一般の利用料よりも安く抑えられるサービスはありましたが、通話定額ではありませんでした。

今回通話定額オプションが新しく追加され、時間を気にせずに安く利用することができるようになりました。

通話定額オプションは2種類から選ぶことができます。

  • 誰とでも3分以内、家族であれば10分以内の通話であれば、何度かけても月額600円
  • 誰とでも10分以内、家族であれば30分以内の通話であれば、何度かけても月額830円

の2つです。

仕事の連絡のみという場合には600円のプランでも十分です。

データ容量がシェアできるので、家族で一緒に利用するのがお得

データ通信が家族でシェアできるのもIIJmioの魅力のひとつです。
家族2人で利用であれば、ライトスタートプランというものにし、2人で月6GBのデータ容量が2人でシェアして利用できるプランがおすすめです。

このプランは、使い切らなかった分は翌月へ繰り越しができますので、実際に使用できる容量は、6GB以上になることもあります。

2人で6GBというと、SNSを利用したり、外出時のネット検索や動画を見たりする使用方法では十分に余裕です。

大手キャリア等が大容量のプランを宣伝しているのをよく見かけますが、動画やライブチャット等を頻繁に使用する人でないと、2人で6GB程度の容量で十分だという認識です。

数々の賞を受賞している実績がある

IIJmioは、1992年から20年以上続いている会社です。

そして、格安SIMにおいて、総合満足度1位速度1位など、実にたくさんの賞を受賞しているのです。

IIJmioがこれまで受賞してきた賞はこちらです。

2016年3月格安SIMサービスの満足度調査 満足度総合 第1位

MMD研究所

格安SIMアワード2015 総合満足度 最優秀賞

RBB TODAY

山手線内通信速度 第1位

晋遊舎「家電批評2015年4月号」

MVNO満足度調査 第1位

ICT総研

都道府県別 実効速度ランキング 第1位

ジムーバ

低速通信時にありがたいバースト機能

バースト機能とは、通信使用量が毎月の契約データ容量を超えた場合、本来は低速通信に変わるのですが、そんな時でも、通信接続の最初の短時間のみ高速通信が可能となる機能です。 知らず知らずのうちに月々のデータ容量を超えてしまうことはあると思いますので、この機能があれば、その際にもストレスが最小限に抑えられます。

SNSや、インターネットの閲覧であれば、低速通信でも問題無くできますし、通信が出来なくなって困ることはないでしょう。

また、設定を行うことで、自分自身で高速通信・低速通信の切替もできるようになるので、うまく切替を利用すれば、月々の通信量が規定容量を超えることなく、快適に利用することができるでしょう。

速度制限でも大丈夫!【バーストモード】がある格安SIM比較
関連記事 速度制限でも大丈夫!【バーストモード】がある格安SIM比較

IIJmioのデメリットは?

最初の設定やアプリダウンロード等が少し面倒

初めて格安SIMに切り替えたので、自分でアプリをインストールするときに、少し苦労するかもしれません。説明書はもちろんあるので、それ通りにやれば解決出来ますが、今まで大手キャリアを使っていた人はある程度自分で理解して対応できるようになっておくことも必要です。

プランが少ない

IIJmioはプランがシンプルです。データ専用と通話付きのプランがあり、さらにデータ通信量によって、ミニマムスタートプラン(3GB)、ライトスタートプラン(6GB)、ファミリーシェアプラン(10GB)があります。

シンプルなので分かりやすいですが、逆に少なすぎると感じる人もいるかもしれません。

プランは途中で変更可能なので、まずは容量が少なめのプランにしておき、毎月のデータ使用量が規定容量をオーバーすることが多ければ、その段階で更に大容量のプランへ切り替えという使い方も可能です。

キャンペーンは少なめ

IIJmioでは、あまり大きなキャンペーンは行われません。
キャンペーンを利用してお得に使い始めたいというひとは別のMVNOと比較検討するのがおすすめです。

格安スマホのキャンペーンをおすすめ順に紹介!【最終更新2017年7月19日】
関連記事 格安スマホのキャンペーンをおすすめ順に紹介!【最終更新2017年7月19日】

IIJmioの電波エリアと通信速度

IIJmioの電波エリアはプランによって違う

IIJmioはドコモ回線を利用したDプランau回線を利用したAプランの2プランから選べます。
電波エリアはそれぞれ利用している回線によって変わるので注意が必要です。

プラン名電波エリア
Dプラン(ドコモ回線)ドコモと同じ電波エリア
Aプラン(au回線)auと同じ電波エリア

IIJmioの通信速度はそこまで速くないが工夫がすごい

IIJmioの通信速度はMVNOの中では決して速い方ではありません。
しかし、接続時の反応時間を調整するなど、通信速度を遅く感じさせない工夫が優れています。

継続的な速度増強も行っており、安定して利用できる格安SIMです。

IIJmioの速度は速い?遅い?実際に2か月間使ってみました!
関連記事 IIJmioの速度は速い?遅い?実際に2か月間使ってみました!
格安SIMの通信速度、人気MVNO13社を徹底比較【2017年7月版】
関連記事 格安SIMの通信速度、人気MVNO13社を徹底比較【2017年7月版】

IIJmioの評判・口コミ

IIJmioは、老舗という信頼感、データシェアなど家族でお得になるという点を評価している人が多いです。

また、計測アプリ上の通信速度が速いわけではないのですが、技術を用いて遅く感じさせない工夫も行っているようです。
そのかいもあってか、通信速度に関する不満もあまりありません。

IIJmioの評判・口コミ!利用者数100万人越えの実力とは?
関連記事 IIJmioの評判・口コミ!利用者数100万人越えの実力とは?
総合評価
 (4.5)

ミニマムスタートプラン
 (5.0)

自宅近くのイオンモールで申し込み・即時MNP開通できたので、申し込みもカンタンでした! 通信速度もまったく問題なく、普段自宅のwifiを利用していることもあり容量も問題ありません。 いま最小プランの3GBなのですが、1GBがあれば1GBに変更するのになと思います。 通話も「みおふぉん」というアプリを経由すれば安くできるので満足しています。

データSIM ミニマムスタートプラン
 (5.0)

IIJmio(アイアイジェイミオ)の格安SIM(ミニマムスタートプラン データ通信専用)を使用していますが、通信速度も普通のキャリアと同じくらいで時間帯で込むなどの不便を感じたことがありません。また、通信環境も良好で1年弱使い続けていますが大変満足しています。3年ほどsoftbankのiPhoneを使用していましたがもっと早くに格安SIMに切り替えていればと悔しく思っています。

データSIM ミニマムスタートプラン
 (4.0)

IIJmioはデータが残れば次の月に繰りこしできるし、速度もまあまあ安定しているので満足しています。 昼間と夜間に少し遅くなる時がありますが、バースト転送があるので文字情報はすぐ出てくるのであまり不便は感じません。 私は家でwifiも使うので、3Gでも余るぐらいで月約1000円は節約になるので嬉しい金額です。

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
900円〜 ドコモ
au
(4.6)

IIJmioの記事一覧

IIJmio以外のMVNO