1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIM
  3. IIJmio(みおふぉん)
  4. 【知っておきたい】IIJmioのメリットデメリット14選!

【知っておきたい】IIJmioのメリットデメリット14選!

最終更新日:
【知っておきたい】IIJmioのメリットデメリット14選!

IIJmioは格安SIM会社として老舗に当たる企業ですが、メリットやデメリットは一体どうなっているんだろう?という疑問も出てくると思います。 この記事ではそうした声に答えて行きます。

記事監修者
和田 健太郎 (わーけん)

株式会社インターファーム すまっぴー事業責任者

複雑な格安スマホの情報をわかりやすくお伝えします。
2015年から60台以上の格安スマホに触れてきました。
YouTube【すまっぴーチャンネル】登録者数4万人突破!
記事監修者
和田 健太郎 (わーけん)

株式会社インターファーム すまっぴー事業責任者

複雑な格安スマホの情報をわかりやすくお伝えします。2015年から60台以上の格安スマホに触れてきました。
YouTube【すまっぴーチャンネル】登録者数4万人突破!

IIJmioは格安SIMの中でも老舗の信頼ある会社として有名です。

料金も他社と比べて安く、キャンペーンも充実していますが使ってみないとメリットデメリットは分かりにくいですよね。

ここでは格安SIMを紹介して5年のすまっぴー編集部がIIJmioのメリットデメリットを紹介していきます。
ぜひ検討の際に参考にしてみてくださいね。

IIJmioのメリット6選!

IIJmioのメリットは以下の通りです。

IIJmioのメリット

  • 月額料金がとても安い
  • セット購入出来る端末の機種が幅広い
  • 余ったデータ量は繰り越し可能
  • 家族同士のデータ共有サービスが便利
  • キャンペーンサービスが他社よりも充実度が高い
  • 専用アプリを使えば通話料がお得になる

人気スマホ一括1,980円端末!6ヶ月間音声通話SIM550円~&初期費用半額

月額料金がとても安い

IIJmio最大のメリットは月額料金の安さです。「大手キャリアと比べると月額料金が安い」というのは格安SIM共通の特徴ですが、 IIJmioの月額料金は格安SIMの中でもとくに安くなっています。

例えば4GBプランの月額料金は1,078円(税込)です。 他社の3GBとほぼ同じ料金で1GB多くデータ通信を使えます。

格安SIM データ通信量 月額料金
nuroモバイル 3GB 792円(税込)
OCNモバイルONE 3GB 990円(税込)
IIJmio 4GB 1,078円(税込)
LinksMate 4GB 1,078円(税込)
楽天モバイル 1~3GB 1,078円(税込)
イオンモバイル 4GB 1,188円(税込)
エキサイトモバイル 3GB 1,210円(税込)
BIGLOBEモバイル 3GB 1,320円(税込)
QTモバイル 3GB 1,540円(税込)
UQモバイル 3GB 1,628円(税込)
Y!mobile 3GB 2,178円(税込)

スマホ代を少しでも安くしたい人にはIIJmioがおすすめです。

セット購入出来る端末の機種が幅広い

IIJmioでは、 AndroidはASUSやOPPO、Xiaomi、ソニー、SHARP、モトローラなど人気メーカーのモデルを一通り取り扱っています。 最新機種はもちろん、型落ちモデルを格安で購入することも可能です。

格安SIMによっては価格の安いエントリーモデルまたはミドルクラスの機種しか取り扱っていないことがあります。IIJmioはハイエンドモデルの取り扱いも充実しているため、スペックを重視する人にもおすすめです。

iPhoneは最新モデルこそ取り扱いがありませんが、iPhone 11やiPhone 12など比較的新しいモデルの中古品(未使用品含む)を用意しています。

スマホ以外にもタブレットやノートパソコン、ルーターなど幅広い端末のセット購入が可能です。

余ったデータ量は繰り越し可能

IIJmioでは余ったデータ通信量を翌月に繰り越すことが可能です。

例えば2GBプランを契約中に1GBしか利用しなかった場合、残った翌月は1GBに繰り越されます。翌月は毎月付与されるデータ通信量2GBに加えて、繰り越した1GBを足した合計3GBのデータ通信が利用可能です。

IIJmioなら余ったデータ通信量が無駄になりません。月によって利用するデータ通信量にムラがある人でも安心です。

なお、追加購入(チャージ)したデータ通信量は繰り越せません。

家族同士のデータ共有サービスが便利

IIJmioでは家族同士でデータ通信量を共有できるサービスが2つ用意されています。

  • 【データシェア】:あらかじめ組んでおいたグループで通信量をシェア
  • 【データプレゼント】:任意のユーザーにデータ通信量をプレゼント

データシェアは家族でデータ通信量を分け合う機能です。例えば家族3人で4GBプランを契約し、データシェアすると3人で12GBのデータ通信を使えます。

データプレゼントは任意のデータ通信量を他の家族にプレゼントする機能です。余ったデータ通信量を家族に使ってもらったり、逆に足りない時に分けてもらったりできます。

データシェアとデータプレゼントをうまく活用すれば、家族全体で無駄なくデータ通信を利用することが可能です。

もちろん、1人で複数の回線を契約する際もデータシェア・データプレゼントを使えます。タブレットやノートパソコンでもデータ通信を利用したい人にピッタリですね。

キャンペーンサービスが他社よりも充実度が高い

顧客獲得のためにキャンペーンを実施している格安SIMは多いですが、その中でもとくに充実度が高いのがIIJmioです。

月額料金や端末代の割引、ギフト券のプレゼントといったお得なキャンペーンを定期的に実施しています。 中でも端末セールはお得度が高く、一括110円(税込)でスマホを購入できることも珍しくありません。

IIJmioを契約するならキャンペーンの確認は必須ですよ。

すぐにキャンペーンを確認したい場合はここを押せば確認できます。

専用アプリを使えば通話料がお得になる

IIJmioでは専用通話アプリ「みおふぉんダイアル」アプリを利用すると通話料がお得になります。

3つのかけ放題が用意されており、通話頻度に合わせて選ぶことが可能です。

かけ放題 内容 月額料金
通話定額5分+ 1回5分以内の国内通話が何度でも無料 500円(税込)
通話定額10分+ 1回10分以内の国内通話が何度でも無料 700円(税込)
かけ放題+ 無制限で国内通話が何度でも無料 1,400円(税込)

2021年12月よりかけ放題オプションが刷新され、無制限のかけ放題オプションが登場しました。無制限かけ放題を利用できる格安SIMはほとんどないため貴重です。

IIJmioなら電話をたくさんかける人でも通話料を節約できます。

なお、以前はみおふぉんダイアルから発信することで通話料が22円(税込)/30秒から11円(税込)/30秒に割引されていました。現在は標準の通話料が11円(税込)/30秒になったため、かけ放題を利用しないならみおふぉんダイアルアプリも不要です。

人気スマホ一括1,980円端末!6ヶ月間音声通話SIM550円~&初期費用半額

IIJmioのデメリット8選!

IIJmioのデメリットは以下の通りです。

IIJmioのデメリット

  • 20GB以上の大容量プランが無い
  • 混雑時はかなり速度低下しやすい
  • 支払方法がカード限定
  • 実店舗が存在しない
  • キャリア決済が使えなくなる
  • キャリアメールも使えなくなる
  • 低速モードが300kbpsと遅い
  • 専用アプリを使わないと通話の割引が無い

20GB以上の大容量プランが無い

IIJmioで用意されているデータ通信量は20GBが最大です。それ以上の大容量プランや無制限プランはありません。

自宅にWi-Fi環境がない人や、外出先でも動画視聴やゲームを頻繁に利用するヘビーユーザーだと、20GBでは足りない可能性が高いです。

最近の格安SIMは低~中容量メインにシフトしており、20GBより多い大容量プランを用意するところは減っています。大手3キャリアや楽天モバイルなど、無制限プランを使えるキャリアを検討してください。

混雑時はかなり速度低下しやすい

IIJmioは混雑時に通信速度が低下します。通信速度の低下は格安SIMに共通するデメリットですが、 IIJmioはとくに通信速度が遅くなりやすいです。

スマホを快適に利用する場合は最低でも1Mbps以上、動画を見るなら最低でも3~5Mbps前後の速度が出ている必要があります。IIJmioの場合、平日お昼や夕方などの混雑時は1Mbpsを下回ることが多いです。

学校や会社の昼休み、帰宅途中の電車などでスマホを頻繁に使う場合はストレスを感じます。

詳しくは以下の記事も参考にすると分かりやすいです。

支払方法がカード限定

IIJmioの支払い方法はクレジットカードに限定されています。 口座振替には対応しておらず、デビットカードやプリペイドカードも利用不可です。

クレジットカードを持っていないと申し込みすらできません。どうしてもクレジットカードを持てない、利用したくないという人はIIJmio以外の格安SIMを検討してください。

実店舗が存在しない

IIJmioには独自店舗がありません。

全国の家電量販店や携帯ショップで取り扱われており、即日申し込みやパッケージの購入が可能です。 しかし、あくまでも契約できるだけで初期設定サポートや修理受付といったサポートは受けられません。

サポートを重視する場合はUQモバイルやY!mobile、楽天モバイルなど実店舗が多い格安SIMがおすすめです。

キャリア決済が使えなくなる

IIJmioに乗り換えるとキャリア決済が使えなくなります。

キャリア決済はスマホの料金と一緒にアプリ課金やネットショッピングなどの料金を支払えるサービスです。大手キャリア独自のサービスであり、IIJmioにはキャリア決済相当のサービスは用意されていません。

クレジットカードなど他の方法で支払うようにしてください。

キャリアメールも使えなくなる

IIJmioに乗り換えるとキャリアメールも使えなくなります。

Gmailなどのフリーメールで代用すれば、メール自体は利用できます。 ただし、フリーメールからキャリアメールにメールを送信すると、迷惑メールフィルタにブロックされることがあるため注意してください。

なお、IIJmioではメールアドレスがもらえる有料オプションも用意されていますが、機能的にはフリーメールとさほど変わりません。よほどこだわりがなければフリーメールでOKです。

また、各大手キャリアは330円(税込)の月額料金を支払えば、解約後もキャリアメールが使えるサービスを開始しました。 しかし有料なので少し考えモノではあります。

低速モードが300kbpsと遅い

IIJmioの低速通信の速度は最大300kbpsです。

一般的な格安SIMの低速通信は200kbpsなので、それと比べれば速いと言えます。しかし、 最近では1Mbpsの低速通信を使える格安SIMが増加中です。1Mbpsと比べると、IIJmioの低速通信は遅く感じます。

300kbpsではちょっとした調べものやLINEのトークなど、最低限の用途がやっとです。動画視聴やアプリのダウンロードなどはできません。

専用アプリを使わないと通話の割引が無い

IIJmioでかけ放題オプションを利用する際は専用アプリ「みおふぉんダイアル」から発信する必要があります。通常の電話アプリから発信するとかけ放題が適用されません。

通常アプリでもかけ放題が適用される大手キャリアやUQモバイル、Y!mobileと比べると少し面倒ですね。

IIJmioが向いている人向いていない人

向いている人!

  • スマホをとにかく安く使いたい人
  • 通話料も節約したい人
  • 端末をお得に購入したい人
  • 家族で利用したい人

スマホくん
スマホくん

IIJmioはどんなひとにおすすめですか?

わーけん
わーけん

IIJmioは【スマホをとにかく安く使いたい人】【端末をお得に購入したい人】に向いています。
数ある格安SIMの中でも最安クラスの料金ラインナップです。大手キャリアはもちろん、他の格安SIMから乗り換えても月額料金が安くなる可能性があります。
取り扱っている端末の種類が豊富で、セールなどのキャンペーンを利用すれば端末代もお得です。格安SIMへの乗り換えを機に、スマホ本体も新しくしたい人に向いています。

人気スマホ一括1,980円端末!6ヶ月間音声通話SIM550円~&初期費用半額

向いていない人!

  • 通信速度を重視する人
  • 大容量のデータ通信を使いたいヘビーユーザー
  • サポートを重視する人
  • 口座振替で支払いたい人

スマホくん
スマホくん

反対にIIJmioがおすすめでない人は?

わーけん
わーけん

【通信速度を重視する人】【大容量のデータ通信を使いたいヘビーユーザー】には不向きです。
IIJmioの料金プランは最大で20GBなので、スマホのヘビーユーザーだと足りない恐れがあります。
仮に20GBで足りる場合でも、通信速度が低下しやすいIIJmioだと動画視聴やゲームを思う存分に利用できないでしょう。

IIJmioで現在行われているキャンペーン

【すまっぴー特典】夏のお得なトリプルキャンペーン+1【初期費用割引特典】

おすすめ度
HOT
キャンペーン期間:
2022/06/01 ~ 2022/07/31
応募対象:
  • 新規でギガプランに申し込んだ方

キャンペーン期間中にすまっぴー経由でギガプランを契約された方の初期費用3,300円が1,650円になります!

eSIMは対象外のため注意してください。

IIJmioのエントリーパッケージを利用した場合は対象外となっていますので、エントリーパッケージなしでウェブからの申し込みがお得です。

人気スマホ一括1,980円端末!6ヶ月間音声通話SIM550円~&初期費用半額

夏のお得なトリプルキャンペーン+1【月額料金割引特典】

おすすめ度
キャンペーン期間:
2022/06/20 ~ 2022/07/31
応募対象:
  1. ギガプランに申込の方
  2. ギガプランにプラン変更された方

期間中にギガプラン(音声通話SIM、データSIM、データ+SMS、eSIM)に申し込むと、最大6か月間300円割引されます!

割引後の月額料金(音声通話SIM)

データ容量通常価格割引後
2ギガプラン850円550円
4ギガプラン990円690円
8ギガプラン1,500円1,200円
15ギガプラン1,800円1,500円
20ギガプラン2,000円1,700円

割引後の月額料金(eSIM)

データ容量通常価格割引後
2ギガプラン440円140円
4ギガプラン660円360円
8ギガプラン1,100円800円
15ギガプラン1,430円1,130円
20ギガプラン1,650円1,350円

新たにIIJmioを契約される方のほかに、IIJmioのギガプラン以外のプラン(ミニマムスタート、ライトスタート、ファミリーシェア、ケータイプラン、エコプラン、従量制プラン)からギガプランにプラン変更された方も対象となっています。

人気スマホ一括1,980円端末!6ヶ月間音声通話SIM550円~&初期費用半額

夏のお得なトリプルキャンペーン+1【スマホ代特価セール】

おすすめ度
キャンペーン期間:
2022/06/01 ~ 2022/07/31
応募対象:
  1. MNP転入でギガプランを申込んだ方
  2. 対象機種を購入した方

キャンペーン期間中に新規でギガプランの音声通話機能付きSIMMNP転入で、かつ、下記対象端末をセットで申し込んだ場合、端末を特別価格で購入できます。

対象スマホ

機種名一括24回払い
OPPO A731,980円84円
moto e7 power1,980円84円
moto e71,980円84円
iPhone 8 64GB 美品1,980円84円
moto g311,980円84円
Redmi Note 111,980円84円
OPPO A55s 5G3,480円146円
moto g50 5G6,980円293円
iPhone SE(第2世代)64GB(美品)7,980円333円
AQUOS sense4 plus7,980円334円
AQUOS Wish8,980円375円
Redmi Note 10T9,980円416円
OPPO Reno5 A11,800円492円
moto g52j 5G14,800円617円
Galaxy S10 SC-03L(docomo版)14,800円618円
Galaxy S10 SCV41(au版)14,800円618円
edge 20 fusion15,800円662円
AQUOS sense6 4GB/64GB17,800円750円
Mi 11 Lite 5G17,800円752円
AQUOS sense5G18,800円794円
OPPO Reno7 A(6/23~)19,800円827円
AQUOS sense6 6GB/128GB19,800円827円
iPhone SE(第2世代)64GB(未使用品)19,800円827円
Redmi Note 11 Pro 5G22,800円950円
edge 2022,800円954円
Xperia 10 III Lite24,800円1,036円
Xiaomi 11T27,800円1,160円
iPhone 11 64GB 美品32,800円1,421円
iPhone 11 128GB 美品37,800円1,580円
Xiaomi 11T Pro38,800円1,619円
Zenfone 8 8GB/128GB40,800円1,701円
iPhone 12 mini 64GB 未使用品48,800円2,037円
edge 30 Pro 8GB/128GB51,800円2,162円
Zenfone 8 8GB/256GB51,800円2,163円
edge 30 Pro 8GB/128GB54,800円2,283円
Zenfone 8 Flip 8GB/256GB56,800円2,367円
Zenfone 8 16GB/256GB64,980円2,710円
iPhone 12 64GB 未使用品64,980円2,710円
iPhone 12 128GB 未使用品72,000円3,005円
AQUOS R689,980円3,752円
razr 5G131,800円5,496円
人気スマホ一括1,980円端末!6ヶ月間音声通話SIM550円~&初期費用半額
→ IIJmio(みおふぉん)で開催中キャンペーンをすべてチェックする

IIJmioメリットデメリット、まとめ

以上、IIJmioのメリット・デメリットをまとめました。

IIJmioは安価な月額料金や充実した端末ラインナップ、無制限かけ放題オプションなどがメリットです。 月額料金は格安SIMの中でも最安クラスで、とにかく安さを重視する人に向いています。

一方で通信速度が遅い、20GB以上の大容量プランがないといったデメリットもあります。 速度的にも容量的にも、ヘビーユーザーだと物足りません。

逆にデータ通信をあまり使わない人、通話メインの人なら月額料金が安いIIJmioがおすすめですよ。

人気スマホ一括1,980円端末!6ヶ月間音声通話SIM550円~&初期費用半額
この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
すまっぴー編集部

すまっぴー編集部は2015年から格安SIM比較に関するコンテンツの企画、制作、編集しています。毎年15台以上実際に使ってわかったおすすめの格安スマホを紹介します。毎月20枚以上の格安SIMの通信速度計測も行っています。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜