1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIM
  3. IIJmio(みおふぉん)
  4. IIJmioはiPhoneが買える!IIJmioでiPhoneを利用する方法を解説します!

IIJmioはiPhoneが買える!IIJmioでiPhoneを利用する方法を解説します!

最終更新日:
IIJmioはiPhoneが買える!IIJmioでiPhoneを利用する方法を解説します!

IIJmioはiPhoneを購入することが可能です。それ以外でもIIJmioでiPhoneを使用する方法を解説します。SIMフリーやドコモ系であればほとんどのモデルが利用可能ですが、au系やソフトバンク系だと使えるモデルは減ってしまいます。SIMロック解除も必須になるので乗り換えるタイミングを確認しましょう。

IIJmioは、IIJ(インターネット・イニシアティブ・ジャパン)が運営する格安通信サービスです。

IIJは、国内企業として最初にインターネットサービスプロバイダ(ISP)事業の商用サービスを開始した、インタネット接続においては老舗中の老舗企業であり、長年蓄積した技術や知識は相当なもので、MVNOとしても業界のリーディングカンパニーと言えます。

また、IIJは日本の通信大手(NTTドコモ・au・Softbank)のいずれとも資本関係のない(つまりどこの子会社でもない)、いわば独立系とも言える通信会社であるため、そのサービス内容にも独立系である事が如実に表れています。

そんなIIJmioでiPhoneは使えるのかを考えた際、以下の方法でiPhoneを使用することができます。

  • IIJmioで購入したiPhoneを使用して、IIJmioの通信回線を利用する
  • IIJmio以外の場所で購入したiPhoneを端末持ち込みで契約して利用する
  • 手持ちのiPhoneを端末持ち込みで契約して利用する

これらのパターンについて解説していきます。

IIJmioとは

IIJmioは、非常に技術力が高く、情報公開に積極的な企業で、格安通信サービスに置いても業界をリードする企業です。

大手キャリアとの資本関係はなく、独自路線でサービス展開を行っています。

大手キャリアの影響を受けない自由なプランやサービスを提供できるというMVNOとしてのメリットがある一方で、 iPhoneに関しては国内正規版のiPhoneを取り扱う事ができない(※)という、大手キャリアのグループではない事がマイナスになる部分も併せ持っています。

MVNOは国内正規版の新品iPhoneを販売することができない

日本国内で国内正規版の新品iPhoneの販売が可能なのは、原則として大手キャリアのみです。

それはAppleが、iPhoneを取り扱う際の販売量に一定の基準を設けているためで、その基準以上に販売することができないMVNOは国内正規版の新品iPhoneを販売する事ができません。 そのため、もしMVNOでiPhoneを取り扱う事ができても、CPO(メーカー整備品)や、その他の方法で仕入れた中古端末しか取り扱う事ができません。

ただし、UQ mobile・BIGLIBEモバイル(いずれもKDDI)や、LINEモバイル(Softbank)といった大手キャリアのグループ会社(子会社)では、親会社との合算でiPhoneを扱えるため、一部の大手キャリア傘下のMVNOのみが国内正規版の新品iPhoneを取り扱う事ができるのです。

IIJmioの料金プラン

{company_plan{9}}

1GBの料金は20円割安な設定ですが、2GB以上は200円/1GBごとの課金増となり、毎月使用した分のデータ容量のプラン料金が請求されます(表では10GB超は15GB/18GB/20GBのみ表示)。

従量制プランには、余らせるデータが存在しないので、翌月へのデータ繰越しはありません。

【固定課金制プラン】

固定課金制は、月間のデータ容量が固定されており、3GB・6GB・12GBの3タイプが用意されていますが、データ容量を使い切っても使わなくても料金の変動はありません。 前月余らせたデータ容量は翌月末まで1か月間のみ繰越す事ができます。

【eSIMプラン】

IIJmioの特徴の1つに「eSIM」の発行があります。

eSIMプランは2通りで、データ容量6GBの固定課金制「eSIMベータ版(月額1,520円)」と、従量課金制の「データプラン ゼロ(月額150円から従量課金)」を選択できます。

「データプラン ゼロ」の従量課金額は以下の通りです。

eSIMプランは、iPhone X以降のデュアルSIM対応iPhoneで利用可能です。

IIJmioで利用可能なiPhoneとは

IIJmioはNTTドコモおよびau回線を使った通信サービスを提供しており、それに対応したiPhoneを利用する事ができます。

自分で端末を調達したり、現在使用中のiPhoneの継続利用を考えている場合には確認しておいてください。

NTTドコモ回線は現在でも3G通信サービスを提供していますが、au回線ではすでに3G通信サービスを終了しているため、3G通信専用モデルの使用可否が異なりますので注意が必要です。

  • iPhone SE(第2世代)
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro・MAX
  • iPhone XR
  • iPhone XS・MAX
  • iPhone X
  • iPhone 8・8Plus
  • iPhone 7・7Plus
  • iPhone SE(第1世代)
  • iPhone 6s・6s Plus
  • iPhone 6・6Plus
  • iPhone 5s・5c
  • iPhone 5
  • iPhone 4s(タイプA×)
  • iPhone 4(タイプA×)

iPhone 5以降の4G通信対応モデルは回線を問わず利用可能ですが、iPhone 4/4sの3G通信専用モデルは、NTTドコモ回線では利用可能ですが、au回線では利用不可となります。

また、iPhone 6以前のモデルについてはSIMロック解除の対象外となるため、タイプD(ドコモ回線)ではドコモのSIMロック端末、タイプAではauのSIMロック端末のみ使用可能であり、いずれのプランでもSoftbankのSIMロックがかかったiPhoneはIIJmioでは利用することはできません。

iPhone 6s以降のモデル(厳密には2015年5月以降発売モデル)では、SIMロック解除が可能であるため、ロック解除を行った端末であれば、機種を問わずいずれの回線サービスも利用可能となります。 さらに、SIMフリー端末の場合は、3G通信専用モデルのタイプA利用を除き、全ての端末を全てのプランで利用可能です。

IIJmioで通信回線と端末をセットで購入する

IIJmioは大手キャリアと資本関係のない独立系MVNOであるため、大手キャリア版iPhoneを取り扱う事はできないため、国内正規版の新品iPhoneは販売する事ができません。

それでも不定期に中古iPhoneをラインナップしています。

2020年9月現在、IIJmioで購入可能なiPhoneは、「iPhone 8 64GB」と「iPhone XR 64GB」となっています。

「iPhone 8 64GB」は未使用品との事で、一括購入29,800円に設定されています。

高くはないですが、中古iPhone専門店と比べると若干割高な価格設定になっているようです。

購入に当たっては、一括支払いと分割支払を選択する事ができます。

中古端末の状態表記については以下のように説明されています。

未使用品デバイス本体は通常使用されておらず、キズや汚れなどがない非常に良質なものです。
※初期化および動作チェックを目的とした利用はしています。
美品通常使用されているが使用感が少なく、目立つキズがない非常に綺麗な状態のものです。

箱や付属品のない本体のみを購入するため、充電アダプターやコードを別途購入する必要があります。

IIJmioの契約者でない限り、iPhone目当てに回線契約(MNP)するほど魅力のあるiPhoneとは言い難いかもしれません。

他所で購入したiPhoneを持込みで回線契約を行う

IIJmioで販売中以外のiPhoneでも別途購入して使用することができます。

Apple Storeで国内正規版iPhoneを新品購入する

Apple Storeの実店舗及びオンラインストアで、現行ラインナップの中から選んでiPhoneを購入可能です。

現在、Apple Storeで購入可能なiPhoneは、【iPhone SE】(第2世代)、【iPhone 11】【iPhone 11 Pro/MAX】【iPhone XR】の4モデルで、各々に複数のストレージモデルが用意されています。

販売されているiPhoneは原則的にSIMフリー端末で、IIJmioで使用する場合、契約する回線やプランを問わず使用できます。

これらの端末はすべてeSIMにも対応しているのでeSIMプランも契約可能です。

 中古iPhone専門店で購入した端末を購入する

新品では割高で予算オーバーと言う事であれば、中古iPhoneを探してみる事をお勧めします。

中古iPhoneと言っても、前ユーザーが使い倒した「使用感」のあるものばかりでなく、傷一つないような美品や未使用品が見つかる場合もあります(もちろん、その場合にはお値段もそこそこになりますが)。

考えようによっては、外観の傷などはスマホケースを取り付ける事で見えなくする事も可能ですので、重要部品の破損・欠損がなく、本体各部・内部の故障や不具合がないのであれば、充分購入対象として検討する余地があります。

例えば、本体背面に大きな傷があるが、機能も動作も正常で、各部も故障なく動作する…そんな端末なら、背面が見えなくなるようなケースを装着する事で、何の不足もなく利用できるはずです。 豊富な在庫から、自分の好みや予算で掘り出し物を探してみるのも良いかもしれません。

中古iPhone専門店は、実店舗とオンラインショップがありますが、オンラインショップの方が、実際に手に取って選べない欠点はありますが、概して、価格は安めの設定になっている事が多いようです。

また、販売した端末に対して「保証」がしっかりつけられているため、一定期間内の自然故障や不具合、さらに、何らかの事情で「ネットワーク利用制限」を受けた場合の端末交換など、購入後のトラブルの面でも専門店での購入がお勧めです。

すまっぴーでも中古スマホを販売しています。

すまっぴーでもiPhoneを中心に中古スマホを販売しています。

1万円台から最新モデルまで幅広く取り揃えているので、一度チェックしてみてください。

すまっぴー中古スマホ販売

オークションやフリマ等を利用して個人売買で購入する

オークションやフリマアプリは、販売者と購入者の間に業者が入らず中間マージンが上乗せにならない事から、最も割安に端末を購入できる方法として紹介されている場合があります。

確かに値段だけを見れば、個人売買は非常に割安に購入できる可能性が高いと言えます。

しかし、個人間の取引では何の保証もないため、購入後に不具合が見つかった、写真では分からなかった傷があった等のトラブルも少なくない上、最悪の場合、前オーナーが端末代金の支払いを延滞するなどで「ネットワーク利用制限」を受け、端末が利用できなくなってしまうなどのリスクも大きい事を理解しておく必要があります。

もし万が一、故障や不具合、破損・欠損・汚損、さらにはネットワーク利用制限などのリスクが生じた際に、売買成立後でもきちんと対応してくれる良心的な売主であれば解決できる場合もありますが、すでに売買成立後のクレームには応じない出品者も少なくないため、安さには代えられない大きなリスクを負っている事も忘れてはなりません。

手持ちのiPhoneを持ち込んで通信契約を行う

以前契約していた大手キャリア版のiPhoneや、家族や親せき・友人などに譲り受けるなどで入手したiPhoneを、IIJmioの通信契約で利用する事も可能です。 IIJmioで利用可能なiPhoneと注意点は以下の通りです。

SIMフリー版iPhoneの場合

全てのプラン・全ての容量で、音声SIM/データSIM、物理SIM/eSIMなど、IIJmioが提供している全てのサービスを問題なく利用する事ができます。 ただし、そのiPhoneが3Gデータ通信専用モデル(iPhone 4s以前)である場合には、タイプDでしか利用できません。

NTTドコモ版iPhoneの場合

NTTドコモで販売され、SIMロックが解除されていないiPhoneをIIJmioで利用する場合には、タイプDのみ利用可能となります。 必然的に、ドコモ回線サービスでは従量課金制プランを提供していないため、固定課金制プランのみの利用となります。

また、ドコモショップ及び専用WEBからSIMロック解除を行えば、タイプAでの利用も可能となります。

ドコモ製のiPhoneは専用WEBからであれば無料でSIMロック解除できます。

au版iPhoneの場合

auで販売され、SIMロックが解除されていないiPhoneをIIJmioで利用する場合には、タイプAのみ利用可能となります。 au回線サービスでは、従来からの固定課金プランに加えて、新たな従量課金制プランの提供が開始となったため、固定課金制プラン・従量課金制プランのいずれでも利用可能となります。

また、auも専用WEBまたはショップでSIMロック解除を行えば、タイプDでの利用も可能です。

auも専用WEBからであれば無料でSIMロック解除できます。

Softbank版iPhoneの場合

Softbankで販売され、SIMロックが解除されていないiPhoneはIIJmioのタイプD・タイプAいずれも利用することはできません。

SoftbankのSIMロックの解除手続きを行いSIMフリー化すれば、D/Aいずれの回線でも利用可能となります。

Softbankでは、契約中のiPhoneであればMySoftbankから無料でSIMロック解除することができます。

契約後であれば店舗でしかSIMロック解除できず、手数料3,000円(税抜)が必要です。

IIJmio でiPhoneを使うには(初期設定)

iPhoneをIIJmioで利用する際には、専用の「設定プロファイル」をインストールする必要があります。

IIJmioのiOS向け設定プロファイル

iOS7~iOS13:https://www.iijmio.jp/hdd/devices/iijmio-cellular.mobileconfig

iOS6以前:https://www.iijmio.jp/hdd/devices/iijmio-mobiled.mobileconfig

上記QRコードをiPhoneカメラで読み取り「設定プロファイル」をダウンロード~インストールします。 少し待てば自動的に電波を受信しアンテナが立つはずです。しばらく待っても利用可能にならない場合には、IIJmio サポートに問い合わせてください。

初期費用1円+月額料金12か月間700円割引!一括100円端末も!
この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
すまっぴー編集部

すまっぴー編集部は、格安SIM・格安スマホ比較に関するコンテンツの企画、制作、編集しています。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜