1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安スマホ
  3. SHARP
  4. AQUOS sense5G

SHARP AQUOS sense5Gのスペックレビュー!最安値で買えるMVNOを紹介

販売価格
43,560円
分割払い時
約1,815円×24回
SHARP AQUOS sense5G
サイズ71x148x8(mm)
重さ約178.0g
画面サイズ5.8インチ
カラー
OSAndroid 11
CPU2.0GHz
ストレージ64GB
メモリ4GB
カメラ1200万画素
バッテリー容量4570mAh
発売日2021-02-12

SHARP AQUOS sense5Gが最安値で買えるMVNO

会社名 販売価格 分割時 格安SIM価格 申し込み
33,990円 - 770円/月〜
43,560円 1,210円×36回 3,190円/月〜
43,879円 1,218円×36回 3,278円/月〜

型番情報

  • ドコモ版 SH-53A
  • au版 SHG03
  • ソフトバンク版 sense5G

AQUOS sense5Gを使って分かった良いところと悪いところ

AQUOS sense5Gをドコモから購入して実際に10日間ほど使ってみました。

全体的な感想は「低価格な5Gスマホとして魅力的!"5G対応"という点を除くと『sense4』の方が優れている」といったところです。

sense 5Gを実際に使って分かった良いところ

まずは使ってみて感じた良いところを紹介していきます。

10日間ほどsense 5Gを使ってみて、よかったと感じた点は以下の通りです。

  • 安くて5G対応
  • バッテリー持ちがいい
  • Googleアシスタント呼び出し専用ボタンがある
  • 高負荷のゲームもそこそこ遊べる

比較的安くて5G対応

sense 5Gは3万円台で購入できる5G対応端末です。

ドコモで販売されている5G対応端末のほとんどは5万円以上で、3万円台で購入できるのはsense 5Gのみです。

バッテリーの持ちがいい!

sense 5Gのバッテリー持ちは非常に良く、通常利用では消費をほとんど感じませんでした。

バッテリー100%の状態でYouTubeを連続再生したところ、6時間再生しても18%しか減っていませんでした。

普段利用しているスマホ(Google Pixel 4)と比較すると、かなりバッテリーの持ちが良いなと感じました。

Googleアシスタント呼び出し専用ボタンがある

sense 5Gの側面にはGoogleアシスタント呼び出し専用のGoogleアシスタントキーあります。

電車内や移動中など「OK、Google」で呼び出しづらい時にGoogleアシスタントキーが活躍しそうです。

高負荷のゲームもそこそこ遊べる

AQUOS sense5GはエントリーモデルのSoCということもあり、がっつりFPSなどをする方には向きません。

試しに「PUBG MOBILE」のグラフィック性能を確認してみたところ、クオリティは「HD」までを選択可能で、フレームは最高設定を選択できませんでした。

また、実際に遊んでみたところ、選択できる設定の範囲内では快適にプレイできました。 カクついたり止まったりということはなかったので、普通にゲームを遊ぶ分には十分です。

ただ、高いレベルで勝負するとなるとフレームレートの差や端末の性能差が出てくるので、sense 5Gは本気でゲームをする方には向かないでしょう。

sense 5Gを実際に使って分かった気になる点

続いてはsense 5Gの気になった点を紹介します。

sense 5Gを実際に使ってみて、以下の点が気になしました

  • Web閲覧時のカクツキ
  • カメラ性能は暗い場所で微妙

Web閲覧時のカクツキ

sense 5GのベンチマークスコアをPC Markというアプリで計測したところ、6693というスコアでした。以下は社内にあるAndroidスマホのベンチマークスコアを比較した表です。

機種TotalWeb browsing
sense 5G66934297
sense4 lite86377993
R2 Compact90068237
Pixel 4a82396493
Redmi 9T59705507

上記のように、PCMarkで計測したスコアでは、sense 5Gはsense4よりも劣っています。具体的に言うとウェブブラウジングのスコアが劣っていて、AQUOS sense4は「7990」なのに対しAQUOS sense5Gは「4297」となっています。

実際にsense 5Gでウェブ閲覧をしてみると、若干のカクつきを感じました。 ただ、1週間利用しているうちに慣れてきたので、現在ハイスペックモデル以外のスマホを使っている方は気にならない程度だと思います。

ハイスペックモデルを利用している方でも1、2週間使っていれば慣れてくるでしょう。

カメラ性能は暗い場所で微妙

カメラ性能は従来のsenseシリーズと変わらず、明るいところで撮った写真はある程度綺麗に撮れます。

一方、暗いところではどうしても暗さが伝わりますし、動画に関しても少しザザッと映像が乱れてしまう部分がありました。

sense 5Gレビューまとめ

sense 5Gは低価格で5G対応の国内メーカースマホということで、魅力が十分にあります。

性能については兄弟機種にあたる「AQUOS sense4」の方が優れているように感じました。

使い勝手重視ならAQUOS sense4シリーズ、5Gを重視するならsense 5Gといったように選ぶのが良さそうです。

sense 5Gを検討する場合は次回いつスマホを買い換えるか、その時点での5G普及状態はどうなのかを元に検討しましょう。具体的には2年に1度スマホを買い換える場合はsense4、3~4年使うつもりならsense 5Gといった選び方になります。

詳細スペック

発売日2021/2/12
参考小売価格36,900円
ディスプレイ5.8インチ
FHDディスプレイ(IGZOディスプレイ)
2,280x1,080ピクセル
本体サイズ148×71×8.9mm
重さ178g
カラー・イエローゴールド(ドコモ限定)
・コーラルレッド(ドコモ限定)
・スカイブルー(ドコモ限定)
・ライトカッパー
・ニュアンスラック
・オリーブシルバー
・ライラック
メインカメラ1,200万画素+1,200万画素+800万画素
フロントカメラ800万画素
初期OSAndroid 11
独自UI-
SoC(CPU)Snapdragon 690
オクタコア(2.0GHz)
バッテリー容量4,570mAh
メモリ(RAM)4GB
ストレージ(ROM)64GB
Bluetooth5.1
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac
測位方式GPS/Glonass/BeiDou/Galileo/QZSS
端子Type-C
防水/防塵性能IPX5・IPX8/IP6X
指紋認証/顔認証〇/〇
NFC
おサイフケータイ
ワンセグ/フルセグ非対応
イヤホンジャック
外部メモリmicroSD対応
SIMカードnanoSIM
通信方式LTE:Band1/3/5/8/12/17/18/19/39/41
3G:Band1/5/6/8/19
GSM:850/900/1800/1900MHz
5G対応
eSIM-
特徴・一週間の電池持ち
・本格3眼カメラ
・防水防塵で使いやすい!

SHARP AQUOS sense5Gがセットで買える格安スマホ会社

会社名 販売価格 分割時 格安SIM価格 申し込み
33,990円 - 770円/月〜
43,560円 1,210円×36回 3,190円/月〜
43,879円 1,218円×36回 3,278円/月〜
50,380円 2,308円×24回 528円/月〜

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜