1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. IIJmio(みおふぉん)
  3. IIJmioで買うべきおすすめ機種端末5選【2018年版】

IIJmioで買うべきおすすめ機種端末5選【2018年版】

最終更新日:
IIJmioで買うべきおすすめ機種端末5選【2018年版】

IImioはMVNOの中でも満足度、通信速度No1などの数々の実績を誇ります。さらに初心者の方には嬉しい手厚いサポートの他、安心してお得に格安スマホを始められるのも大きな特徴です。そこで今回は厳選し選びぬいたスマホを5つ紹介します。

IIJmioは全員で格安スマホにしたい家族にオススメ!

IIJmioではデータ通信量を分けて使う事が可能なプランがあります。
家族2人であれば、ライトスタートプランというものにし、月6GBのデータ容量をシェアして利用できるプランがおすすめです。

さらに今お乗り換えでお得なキャンペーンも実施しているので これらも一緒に見ていきましょう。

それでは端末5選を紹介します。

通話料金が控えめになる「通話定額オプション」

IIJmioは今まで「みおふぉんダイヤル」という通話量が一般の利用料よりも安く抑えられるサービスはありましたが、通話は一定額料金ではありませんでした。

ですが最近みおふぉんダイヤルの不便な点を覆す「通話定額オプション」が登場。

  • 誰とでも3分以内、家族は10分以内の通話であれば、何度かけても月額600円
  • 誰とでも10分以内、家族は30分以内の通話であれば、何度かけても月額830円

これにより規定時間以内であれば一定の値段で通話が利用可能になる2っのプランで お得に通話が利用できる様になります

仕事での連絡のみという方は、600円のプランがおすすめです。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜ドコモ
au

サクサク動くコスパ最強機種【HUAWEI nova lite 2】

HUAWEI nova lite2
HUAWEI nova lite2
販売価格
25,980円
分割払い時約1,082円×24回
画面サイズ6.0インチ
ストレージ32GB
メモリ3GB
OSAndroidTM8.0Oreo
カラー

HUAWEI nova lite2 がおすすめの理由

nova lite2は2018年に2月に発売されたばかりの最新機種です。
シンプルかつスタイリッシュなデザインと高性能でサクサク動く操作が特徴です。

本体価格も21,800円と低価格でありながら、HUAWEI Kirin 659オクタコアという高い性能を持ってCPUが搭載されているため、ゲームアプリやSNSの利用が多い方でもサクサクと長時間通信することが可能です。

HUAWEI nova lite2のメリット

電池が長持ちする

nova lite2はバッテリー残量が長持ちするという点に魅力があります。 例でいうと「YouTube」や「LINE」をしていても2日間持つほどです。
今まで1日に何回も充電していて面倒だと思っていた方にはとてもオススメです。

顔認証がすごく速い!

今回nova lite2には顔認証システムが導入されました。 顔認証なんて時間かかるんだろ?なんて思うのも無理もありませんが、 HUAWEI nova lite2は違います。
光速の速さとも言っていいスピードで認証してくれます。

例えるなら、Suicaでピピッと改札を渡る感覚です。それぐらい速いのです。

大画面に対してコンパクトな形

5.65インチの大画面で、幅約72.05mm、厚さ約7.45mm、軽さ143gと片手で収まるほどのコンパクトサイズです。メタルで包まれた上品なボディは、丸みを帯びており、手に馴染みやすいデザインとなっています。

サクサク利用できる理由はメモリにある。

メモリは3GB搭載の大容量かつパワフルCPU「HUAWEI Kirin 659」採用でアプリを同時に立ち上げても止まる事無く快適に利用できます。

HUAWEI(ファーウェイ) nova lite2を徹底レビュー!2週間使ってみました!
関連記事HUAWEI(ファーウェイ) nova lite2を徹底レビュー!2週間使ってみました!
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜ドコモ
au

防水機能のほかに備わる豊富な機能【AQUOS R compact SH-M06】

SHARP AQUOS R compact SH-M06
SHARP AQUOS R compact SH-M06
販売価格
76,550円
分割払い時約3,189円×24回
画面サイズ4.9インチ
ストレージ32GB
メモリ3GB
OSAndroid8.0
カラー

AQUOS R compact SH-M06オススメの理由

AQUOS R compact SH-M06は決して安い端末ではありませんが、価格に見合った高性能かつ豊富な機能を備えています。

国産端末ならではの防水機能はもちろん、素早い起動や省エネ機能などスペックの高さが使いやすさに還元されている点もポイントが高いです。

また、「人工知能エモパー」は自分に合わせた情報を提供してくれるので、使えば使うほど便利になっていきます。

AQUOS R compact SH-M06のメリット

コンパクトで大画面

大きく広がる画面と全体的に丸みを帯びている特長的なデザインの「EDGEST fit」を採用しています。そのデザインにより画面サイズからは 想像できないほどのコンパクトさを感じられ、心地よく手に馴染みます。

省エネと水濡れに強いIGZOディスプレイ

IGZOディスプレイは透過率が高いため、バックライトの消費電力を下げられ、バッテリーの消費電力を抑えることができます。

IGZO&タッチパネルの最適な感度調整により、画面に水滴がついてもスムーズにタッチ操作を実現することが可能です。

最新CPUで処理能力は2倍に

最新CPU「Snapdragon 660 オクタコア」を搭載した事で 処理能力は2倍に、省エネ性能は約20%の改善を可能にしました。

これにより、電池持ちは良くなり、スマホの操作も重くならずスラスラ出来るようになります。

AQUOS R compact SH-M06のデメリット

呼び出し音等の音質が悪い

防水性能がついているのか決定的な根拠にはなりませんが スピーカー等の音質が悪いという事実があります。

音質にこだわりを持たなければ気にすることではありませんがよく考えると 音質などは端末を利用するにあたっては大変重要な役割を果たす部分なので
厄介なデメリットであると言えます。

大容量でたくさん保存可能【ZenFone 4 Selfie】

ASUS Zenfone4 Selfie
ASUS Zenfone4 Selfie
販売価格
50,000円
分割払い時約2,083円×24回
画面サイズ5.5インチ
ストレージ64GB
メモリ4GB
OS
カラー

ZenFone 4 Selfieがおすすめの理由

ZenFone 4 Selfieは、2,000万画素の高画質なメインカメラと120°広角撮影が楽しめるセカンドカメラを搭載。大容量の4GBメモリと64GBのストレージを内蔵し、さらに便利になった思い通りの自分撮りなど、綺麗にカメラを使いこなしたい人へオススメしたい端末です。

ZenFone 4 Selfieのメリット

2枚のSIMカードとSDカードを同時使用

ZenFone 4 Selfieには、2つのSIMカードスロットと、最大2TBまで対応のmicroSDカードスロットが搭載されています。

便利なトリプルスロットで、2枚のSIMと1枚のmicroSDカードを同時に使用することができます。これにより容量を大幅に増やしたりする事ができ、
さらに一つの端末でキャリアを複数持つことが可能になります。

サクサク使えて、たくさん保存できる

高い電力効率を実現するQualcomm® Snapdragon™ 430を搭載することで マルチタスクや大量のデータの保存が可能です。

ZenFone 4 Selfieのデメリット

5.5インチは女性にとっては扱いづらい

5.5インチは大画面ではありますが、逆に大きすぎて手の小さい方には扱いづらいという弱点が出てくるので仕方ない点ではあります。

大容量バッテリーで快適サクサク【ZenFone 4 Max】

ASUS Zenfone4 Max(ZC520KL)
ASUS Zenfone4 Max(ZC520KL)
販売価格
23,000円
分割払い時約958円×24回
画面サイズ5.2インチ
ストレージ32GB
メモリ3GB
OSAndroid 7.1.1
カラー

ZenFone 4 Maxがオススメの理由

1日中の外出も可能になれる4,100もの大容量バッテリーでカメラ機能も1,300万画素のメインカメラには、F値2.0の大口径レンズを搭載し、明るく鮮明な写真撮影ができ、風景や人をより多く1枚の写真に収めることができます。

ZenFone 4 Maxのメリット

使用していても中々減らないバッテリー

バッテリー容量は4100と大容量となっています。
普通にネットサーフィンしていても2日ぐらい持つので大変便利なものです。

長持ちなバッテリーを素早く充電

ZenFone 4 Maxの大容量バッテリーは、付属アダプターを利用すれば、約3時間で満充電または、15分の充電で約2時間の通話が可能になります

より賢く、スムーズになったUI

ZenFoneのユーザーインターフェース(パソコンと人間の仲介役)最新版は、直感的に、すばやい作業で情報を見つけ、スマートフォンを使う楽しみを高めます。

ZenFone 4 Maxのデメリット

負荷が掛かるゲームに対しては向いていない

ネットサーフィン(検索)などする場合には問題はないですが。 負荷のかかってしまう「3Dゲーム」などをいれすぎると動作が固まってしまう原因にもなります
何故かと言いますとハイスペックではないミドルスペック端末なので負荷の掛かるゲームをする人には向いていません。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜ドコモ
au

頑丈なだけじゃないタフなスマホ【CAT S60】

ONKYO CAT S60
ONKYO CAT S60
販売価格
89,800円
分割払い時約3,741円×24回
画面サイズ0.0インチ
ストレージ
メモリ3GB
OS
カラー

CAT S60がオススメの理由

2017年10月に発売されたCAT S60。 防止防塵の他、衝撃に強いなど、従来の落としただけで壊れてしまうスマホの弱点を補った、タフなスマホが欲しい方にはオススメの端末です。

CAT S60のメリット

頑丈でたくましい

防水、防塵のみならず衝撃にも強い。

例え1.8mの高さから落としても衝撃に耐えられる仕様。
また、水深5mの中で1時間浸しても、なんともない構造。
まさにタフと言わざるをえません。

暗闇でも撮影可能な赤外線撮影

暗闇の中での撮影が赤外線を通して撮影できます。
この他にも日光が強い場所でも撮影が難なく行えます。
まさに光と闇に強い端末と言えます。

長時間バッテリー搭載

3、800mAhものバッテリー容量を備えた上で可能になるのが長時間の使用です。
これにより最大通話時間20時間などといった 長持ちする機能は外での充電できない環境には重宝できます。

CAT S60のデメリット

ビックマックに相当する重さ!

CAT S60の重量はなんと225グラム! 例えると「ビックマック」の重さに値します。 やはり頑丈なものは重い、それは間違っていないと思います

その他のIIJmioモバイルの販売端末は?

IIJmioでは、紹介した以外にも多くのSIMフリースマホをセットで販売しています。

中にはキャンペーン価格で購入できるものはたくさんありますので、気になる端末は一度チェックしてみましょう。

IIJmioで販売中の端末一覧

HUAWEI nova lite2
販売価格
21,800円
分割払い時
約 950円 x 24回
SHARP AQUOS R compact SH-M06
販売価格
59,800円
分割払い時
約 2,500円 x 24回
SHARP AQUOS sense lite SH-M05
販売価格
29,800円
分割払い時
約 1,250円 x 24回
HUAWEI Mate 10 Pro
販売価格
79,800円
分割払い時
約 3,350円 x 24回
ASUS Zenfone4 Pro
販売価格
79,800円
分割払い時
約 3,350円 x 24回
Motorola Moto G5s
販売価格
24,800円
分割払い時
約 1,050円 x 24回
Motorola Moto X4
販売価格
52,800円
分割払い時
約 2,250円 x 24回
HUAWEI honor9
販売価格
49,800円
分割払い時
約 2,080円 x 24回
ASUS Zenfone4 Selfie
販売価格
26,800円
分割払い時
約 1,200円 x 24回
ASUS Zenfone4 Max(ZC520KL)
販売価格
23,800円
分割払い時
約 1,000円 x 24回
ASUS Zenfone4
販売価格
56,800円
分割払い時
約 2,380円 x 24回
ASUS Zenfone4 Selfie Pro
販売価格
39,800円
分割払い時
約 1,700円 x 24回
FUJITSU arrows M04
販売価格
32,800円
分割払い時
約 1,380円 x 24回
Motorola Moto Z2 Play
販売価格
49,800円
分割払い時
約 2,080円 x 24回
ASUS Zenfone AR
販売価格
79,800円
分割払い時
約 3,350円 x 24回
HUAWEI P10
販売価格
57,800円
分割払い時
約 2,500円 x 24回
HUAWEI P10 lite
販売価格
26,800円
分割払い時
約 1,200円 x 24回
HUAWEI P10 Plus
販売価格
64,800円
分割払い時
約 2,800円 x 24回
NuAns Trinity NuAns NEO [Reloaded]
販売価格
39,800円
分割払い時
約 1,700円 x 24回
ZTE Blade V8
販売価格
29,800円
分割払い時
約 1,266円 x 24回
VAIO VAIO Phone A
販売価格
16,800円
分割払い時
約 725円 x 24回
Motorola Moto G5 Plus
販売価格
36,800円
分割払い時
約 1,580円 x 24回
ONKYO GRANBEAT
販売価格
79,800円
分割払い時
約 3,400円 x 24回
SHARP AQUOS SH-M04
販売価格
24,800円
分割払い時
約 1,050円 x 24回
Alcatel IDOL 4
販売価格
24,800円
分割払い時
約 1,050円 x 24回
ASUS Zenfone3
販売価格
32,800円
分割払い時
約 1,380円 x 24回
ONKYO CAT S60
販売価格
79,800円
分割払い時
約 3,350円 x 24回

端末はWebと店舗どっちで買うのがお得?

IIJmioはキャンペーンを行っており、端末料金割引の特典を受けることができます。 また、公式サイトにチャット機能があるので、店舗じゃないと店員さんに聞けないから不安という方もご安心ください。

さらに、今ならスマホとSIMセットを申し込みすると最大10,000円もお得になるキャンペーンも実施中です!

一斉値下げキャンペーン

その他に安くなっている端末もありますので参考下さい。

気になる機種があった場合は一度店舗に訪れて触れてみてから ウェブのキャンペーンを利用するのも得策だと思います。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜ドコモ
au

≪IIJmio≫格安スマホ・格安SIMキャンペーン情報

IIJmio(アイアイジェーミオ)ではお得なキャンペーンを実施中です!
キャンペーンを活用してお得に運用しましょう。

IIJmioのすまっぴー限定キャンペーン

【すまっぴー限定】1GB増量×12か月キャンペーン中!

キャンペーン期間:2018/3/1~2018/5/8

現在IIJmioでは、すまっぴーからの申し込みで1年間1GB増量で使えるキャンペーンを行っています。

もちろん、IIjmioで実施中のキャンペーン「今が史上最強おトクキャンペーン」と併用して申し込むことができるため、今IIJmioで申し込めばとってもお得!

今なら、下記のキャンペーンが全て適用されてとってもお得に乗り換えできます!

全て併用できる!お得なキャンペーン
【すまっぴー限定】12か月間1GB増量
初期費用がたった1円
12か月間月額料金300円オフ(みおふぉん)
12か月間3GB増量

つまり、すまっぴーから申し込めばデータ容量が1年間4GB増量で使うこともできちゃいます!

この機会にIIJmioに乗り換えましょう!

すまっぴー限定キャンペーン対象となるには、すまっぴー経由でIIJmioを申し込むだけです!

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜ドコモ
au

今が史上最強おトクキャンペーン

期間:2018/03/01〜2018/05/08

IIJmioでは史上最強のキャンペーンを展開しています。

  • 3000円の初期費用が1円になる。
  • 12か月間300円OFF
  • 12か月間3GB増量

新規申し込みで3っの特典が受け取れるのでとってもお得です!

お友達紹介特典

期間:期間未定

紹介者の方は1人紹介につき1ヶ月分の月額料金500円オフ、紹介された方は2か月間契約プランのデータ量が10%増量されます。

LaLaCallが1年間実質無料

データSIMも音声SIMも利用できるIP通話サービスLaLa Callが1年間0円になるお得なキャンペーンを開催!

最大1,200円が無料になるため、節約につなげることができます!

期間:2018/4/2~2018/7/1

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜ドコモ
au
該当サービスのキャンペーンに関しましては、終了している場合がございます。 キャンペーン詳細に関しましては、 都度サービス公式ページにてご確認をお願い致します。
会員登録後、マイページから
格安SIM・格安スマホを申し込んだ人全員が対象
会員登録する (無料)