1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIMカードの賢い活用法
  3. SIMフリーiPadを格安SIMで賢く使おう!

SIMフリーiPadを格安SIMで賢く使おう!

最終更新日:
SIMフリーiPadを格安SIMで賢く使おう!

iPadを格安SIMで運用すると、3GBのデータでも月額1,000円程度でインターネット利用が可能です。格安SIMでiPadを利用する方法は①大手キャリアで購入したiPadの契約終了を待つ②途中解約して格安SIMに乗り換える③ Apple Storeなどで、Wi-Fi+Cellular版のiPadを購入する、という3つの方法があります。光回線やWiMAXを併用することでキャリアでiPadを契約するよりもかなり安く運用できます。

2019年現在販売されているiPadは4種類

2010年4月Appleから初代iPadが発売されました。それから9年、現在では通常のiPadに加え、mini、Air、Proと4種類のiPadが誕生しています。

スマホよりも大きいがPCよりもモバイル向き

iPadは音声通話こそできないものの、スマホよりも大画面で、持ち運ぶにしても気にならないサイズです。

さらに、営業でのプレゼンや外出先でのYouTube視聴など何かと役に立つ場面が多いです。

では、利便性の高いiPadを格安SIMで有効に活用する方法はないのでしょうか?ここでは、iPadにおける格安SIMの有効的な使い方を紹介していきます。

iPadも格安SIMなら月額1,000円以下でインターネットが可能

大手キャリアでスマホを利用しており、月額料金の高さが原因で格安SIMに乗りかえたという方は少なくありません。

実際に、格安SIMに乗りかえることで月額料金がこれまでの2分の1から3分の1になることが多く、iPadでも格安SIMの利用によって月々の料金を抑えられます。

格安SIMなら大手キャリアよりもウンと安く運用可能!

たとえば、大手キャリアで契約した場合の月額料金は安価とは言えません。そんな時は格安SIMを利用してみましょう。

格安SIMはiPadでも利用可能です。

データ通信契約のみで構わないため、キャリアと比較した場合は月額料金が非常に安価になります。

また、細かい条件は異なりますが3GB程度のデータ容量であれば月々1,000円以下で運用できる格安SIMがほとんどです。月額を抑えつつSIMフリー版iPadを活用したいという場合は、格安SIMの運用を検討してみましょう。

Wi-Fi版iPadで格安SIMは使えない!Cellular版を購入しよう

格安SIMでiPadを利用する方法は2つあります。

大手キャリアで購入したiPadで格安SIMに乗りかえる

iPadを分割購入した場合は、途中解約による違約金のほかにも端末代の未払い分を支払う必要があります。

月々1,000円以下になることを前提に考えたとき、そのまま大手キャリアで2年縛りが終わるのを待つのと、すぐに解約し格安SIMで運用するのでは最終的にどちらが安く済むかを計算し、格安SIMに乗りかえた方が全体的な出費を抑えられるのであれば、すぐにでも契約中のキャリアを解約し格安SIMに乗りかえることをおすすめします。

大手キャリアと格安SIMの支払い総額比較

《解約月まで大手キャリアで運用した場合の総額》-《違約金を払い同じ月数を格安SIMで運用した場合の総額》という計算をしてみるとわかりやすいです。

例としてソフトバンクで12か月利用する場合と解約して楽天モバイルで12か月利用した場合の総額を比較してみましょう。

ソフトバンクの場合 楽天モバイルの場合
データ容量 20GB 20GB
月額料金 8,640円 4,050円
12か月利用した場合 103,680円 48,600円
違約金 なし 9,500円
契約事務手数料 なし 3,000円
12か月の総額 103,680円 61,100円

いずれも税抜ですが、差額は1年間で42,580円。違約金や契約の際の事務手数料を支払っても4万円弱の差額です。楽天モバイルはそれほど安い方では ないのでイオンモバイルなどの安めな格安SIMだとさらに差額は広がります。

Apple Storeなどで、Wi-Fi+ Cellular版のiPadを購入する

Wi-Fi+ Cellular版のiPadを購入した場合、iPadを格安SIMで利用することが可能になります。しかし、iPadには、SIMを差し込めるWi-Fi+Cellular版と、Wi-Fi環境内のみで利用できるWi-Fi版の2種類がある点には注意しましょう。

格安SIMを使用する場合、Wi-Fi+ Cellular版のiPadを購入しましょう

Wi-Fi+ Cellular版はWi-Fi版より1万円程高くなりますが、Wi-Fi版ではSIMカードを挿入することができません。Wi-Fi版を購入してしまうと、Wi-Fiがある環境でしかインターネット通信ができなくなってしまい大変不便です。格安SIMでの利用を考えているのであれば、必ずWi-Fi+ Cellular版を購入してください。

家では光回線やpocket Wi-Fi、WiMAXなどと組み合わせるとさらに快適

格安SIMでiPadをよりお得に利用するポイントは、外出先では格安SIMを使い、自宅では光回線やポケットWi-Fi、WiMAXなどを利用することです。

iPadだとついつい使いすぎてしまう!

iPadはスマホよりも画面が大きいため、つい長時間動画を見てしまったりサイトを頻繁に見てしまったりしてしまいます。そうなると、データ容量3GBなんてあっと言う間に使いきってしまい、いざというときに満足に使えなくなってしまう可能性が高いです。

「長時間の動画」や「画質の高い動画」などは、データを大量に使うため、「光回線」や「ポケットWi-Fi」「WiMAX」などを別途契約し、自宅にインターネット環境を作り、その回線を使うことで格安SIMのデータ通信量を節約することができます。

光回線と格安SIMデータの組み合わせにより、iPadをさらに快適に利用することができ、パケット容量に悩むといった事態も減少させることが出来ます。また、格安SIMの中にはプロパイダとセット契約することで割引になるものもあるため、そういった格安SIMと契約することによってコストを抑えてiPadが使用できます。

iPad+格安SIM=「幅広い用途」!

プライベートだけでなくビジネスでもiPadはさまざまなシーンで活躍します。

キャリアで契約すると料金が高くなってしまいますが、格安SIMにすることで、月額1,000円程度で十分に利用できるようになります。

iPad、Appleラバーはもちろん、これまでタブレットにあまり興味がなかったひとでも興味が沸いてきたのではないでしょうか。

常に進化を続けるiPadを、格安SIMで賢く使いこなしてみませんか。

この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
すまっぴー編集部

すまっぴー編集部は、格安SIM・格安スマホ比較に関するコンテンツの企画、制作、編集しています。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜