1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIMカードの賢い活用法
  3. キャリアのスマホ料金未払いでも格安SIMは契約できる?トラブルを防ぐ方法は?

キャリアのスマホ料金未払いでも格安SIMは契約できる?トラブルを防ぐ方法は?

最終更新日:
キャリアのスマホ料金未払いでも格安SIMは契約できる?トラブルを防ぐ方法は?

「現在、携帯ブラックだけど格安SIMの契約はできる?」「過去に携帯ブラックになったことあるけど、格安SIMは使える?」など、スマホ料金未払いによって格安SIMを契約できる場合とできない場合があります。今回は、スマホ料金未払いによって起こるトラブルと格安SIMの申し込み方法についてまとめました!

キャリアのスマホ料金未払い(携帯ブラック)でも格安SIMは契約できる?

結論から言うと、できません

キャリアや格安SIMの販売を行なっている通信事業者(電話会社)間で、契約者の支払い履歴などの情報が共有されています。

スマホ料金の支払いが2〜3日遅れた場合ならあまり問題ありません。

しかし、長期間の滞納が続いている場合は、各電話会社の間で支払い履歴が情報共有されるので新規契約は限りなく難しいです。

スマホ料金の未払い分があった場合、早急に支払うことで格安SIMに新規契約することができます。ただし、格安スマホなどの端末を分割購入することができない可能性があるので注意してください。

過去に携帯ブラックになった方はケースバイケース

過去に携帯ブラックになった場合でも、延滞料金分をきちんと支払い、現在は特に問題なくスマホ料金の支払いができている方なら格安SIMの新規契約ができます!

ただし、延滞料金を含む支払いが終わった後でも毎月の支払いが大幅に遅れている方や常習的に延滞している方は注意が必要です。

携帯ブラックではないものの、格安SIMを新規契約する場合の審査で落とされる可能性が高くなります。

携帯ブラックになってしまうと起こること

キャリアのスマホ料金未払いによって携帯ブラックになってしまうと

  • キャリアや格安SIMに新規契約が困難
  • 格安スマホを含むスマホの分割払いが不可能

上記のことが起こります。

また、スマホの分割代を含む月額料金を長期間未払い状態だと、個人信用情報機関に履歴が残り、最大で10年間は新規クレジットカードの新規申し込み・借入れ・分割払いやローンを組むことができなくなります。

加えて、格安SIM会社を含むキャリアなどの通信事業者間に料金未払いの情報が共有されます。

このため、他キャリアや格安SIMの新規契約・スマホの分割払いが限りなく難しくなるのです。

下記は、「携帯ブラックでも格安スマホは使えますか?」という問い合わせに答えた記事です。気になる方は、合わせてチェックしてみてください。

携帯ブラックってなに?

携帯ブラックとは、キャリアで契約したスマホ(または携帯)+基本月額料金の未払いをした場合の俗称です。

携帯料金の未払いにより、ブラックリストに載ってしまったということから携帯ブラックと呼ばれています。

携帯ブラックでも格安SIMの契約ができる会社3選!

格安SIMは、原則クレジットカードの利用が必須です。

ただし、格安SIM会社によっては

  • デビットカード(口座引き落としタイプ)
  • 口座振替

上記どちらかの方法で、格安SIMを申し込むことができます。

携帯ブラックになってしまった方や過去に携帯ブラックの経歴がある方は、デビットカード払いや口座振替に対応している格安SIMカードを契約しましょう。

クレジットカード払いを選択すると落とされる可能性は高いですが、デビットカード払いや口座振替なら特に問題ないので安心してください。

会社名利用できるSIMカード(プラン名)最低月額料金対応している支払い方法
UQモバイルデータSIMカード(データ高速プラン・データ無制限プラン)※音声通話プランも利用可
音声SIMカード(おしゃべりプラン・ぴったりプラン)
980円から口座振替
OCNモバイルONEデータSIMカード・音声SIMカード900円から口座振替
※電話申し込みのみ適用・契約完了まで3週間ほどかかる
楽天モバイル組み合わせプラン
スーパーホーダイ
525円から口座振替
デビットカード
楽天銀行の新規口座および楽天銀行発行のデビットカードを作る必要がある

口座振替を利用する場合、申し込みまでに時間がかかる場合があります。新規契約を行う際は、時間に余裕を持って申し込みしてください。

クレジットカードを持っていない方は、デビットカードか口座振替が利用できる格安SIMを利用することで新規契約はできます。

ただし、デビットカードまたは口座振替を利用する場合、格安スマホの分割払いはできません。

  • 通信の質重視ならUQモバイル!
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,980円〜
(イチキュッパ割)
au

※au以外のスマホで利用する方はSIMロック解除が必要です。

  • 通話サービス重視ならOCNモバイルONE!
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜
ドコモ

※docomo以外のスマホを利用する方はSIMロック解除が必要です。*

  • ポイント支払いOKだから便利な楽天モバイル!
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜
ドコモ
au

※docomo以外のスマホを利用する方はSIMロック解除が必要です。*

  • SNSがカウントフリーだからたっぷり楽しめるLINEモバイル!

前払い式カードのLINE PAY(ラインペイ)を利用して支払いをすることができます。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
500円〜
ドコモ
au
ソフトバンク

※docomo以外のスマホを利用する方はSIMロック解除が必要です。*

  • 格安スマホ初心者におすすめで安心!TONEモバイル!

デビットカードは利用できますが、残高不足だと契約ができないです。事前入金を忘れないよう注意してください。

TONEモバイルオリジナルの格安スマホとセット購入のみ契約できます。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,000円〜
ドコモ
  • カウントフリープランやWi-Fiとセット購入もできるDTI SIM!

DTI SIMは格安SIMカードのみ契約できます。デビットカード払いに対応している格安SIMです。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
600円〜
ドコモ

どうしてもスマホ料金が支払えない場合は必ずコールセンターへ連絡

急な出費でスマホ代の支払いが難しい…

家族や銀行からお金を借りることができなくて、支払いが滞りそう…

というピンチに陥った場合、支払わなければならないスマホ料金はどうすれば良いのでしょうか?

最善の解決策として、各キャリアのコールセンターで支払いの相談をすることがとても重要になります。

言わなくても勝手に引き落としてくれる!

給料日が来たら支払うから連絡しなくても平気だよね?

と思わず、必ずキャリアのコールセンターへ連絡を入れましょう。

各キャリアコールセンターの電話番号と受付時間は、下記の通りです。

キャリア電話番号受付時間
ドコモドコモ携帯電話から:151(通話料無料)
一般電話などから :0120-800-000(通話料無料)
年中無休・9時〜20時
auau電話から:157番(通話料無料)
一般電話から:0077-7-111(通話料無料)
年中無休・9時~20時
ソフトバンクソフトバンク携帯電話から:157(通話料無料)
一般電話から:0800-919-0157(通話料無料)
年中無休・9時~20時

コールセンターに連絡をしなかった場合に起こる出来事

連絡を怠った場合、最短2週間で回線停止+強制解約になる可能性があります。最悪の場合、裁判訴訟+給料及び財産の差し押さえという大きなトラブルに発展することも!

支払いのことで連絡するのが気まずい…

怒られるかもしれない…

と考えず

お金を払えない理由があるので、支払い期日を延ばしてほしい

と相談しましょう。

支払い期日を延ばしてもらうことによって、回線停止+強制解約を免れることはもちろん、裁判訴訟や給料及び財産の差し押さえといったトラブルを未然に防ぐことができます。

また、クレジットカードなどの審査で利用される個人信用情報機関に名前が載らないといったメリットもあります。

格安SIMの審査に使われる個人信用情報機関とは

スマホ購入申し込みから奨学金や住宅ローン申し込みまで、分割払いやローンを組んで申し込む際には審査が必要です。

この審査に使われるのが、クレジットカードの審査にも使われる個人信用情報機関

  • キャリアのスマホ料金の支払いが期日より数日遅れてしまった
  • 未払い料金を事前に分割払いにして支払った

上記のことなら記録がつくことはありませんが、常習的だと警戒される恐れがあるので注意しましょう。

収入はあるけど毎月の支払いが遅延している方は、一度利用しているキャリアのコールセンターにて相談してください。

個人信用情報機関に載る基準

個人信用情報機関に情報が残る基準は

  • 5年以内に無断で61日以上(約2ヶ月以上)支払いの延滞をした
  • 5年以内に債務整理を行った
  • 5年以内にカードの強制解約を受けた
  • 10年以内に自己破産を行った

上記4つになります。

上記4つのどれかを行うと異動記録がつきます。俗称では、異動記録がつくことを「ブラックリストに入る」と呼んでいます。

異動記録はつきませんが、60日間以内に延滞分を支払った場合は延滞情報が残ります。

しかし、そのあとから問題なく支払いをしているなら、24ヶ月後には情報が消されるので安心してください。

キャリア料金未払い(携帯ブラック)にならないよう見直しを

未払いが発覚したら早急に連絡を!

格安スマホ・格安SIMを販売している会社も、キャリア同様に申し込みの審査があります。

申し込み者の過去の支払い履歴や返済能力を見て、契約の可否を決めているのです。

格安スマホ・格安SIMを販売している会社では、各社の審査基準に基づいて申し込み作業を行なっています。

料金未払いの携帯ブラックにならないためにも、安定した収入や経済面での見直しをしましょう。

それでも、

スマホ料金が支払えなくなりそうで困っている…

と悩んだら、まずは利用しているキャリアのコールセンターに必ず連絡を。

支払い期日の延期に応じてくれる可能性はあるので、気軽に支払先の電話会社へ相談してください。

携帯ブラックになってしまった場合は、なるべく早く利息分を含む未払い料金を支払いましょう。

この場合も「一括返済ができない」となったら、必ずコールセンターに連絡を入れて分割払いの相談をしてください。

分割払いの相談をする場合は、なるべく早い段階で連絡を入れることが大切です。

裁判訴訟や給料及び財産の差し押さえになってからでは遅いので、回線停止や強制解約になった場合は早急にコールセンターへ連絡を入れて分割払いの相談を行うようにしましょう。

そして、決められた期日にしっかり料金を支払ってくださいね!

過去に携帯ブラックだった方は、現在の支払いが特に遅れていないなら格安SIMを新規契約しても審査通過する可能性は高いです。

ただし、個人信用情報機関に異動記録がついた(ブラックリスト入りした)場合、支払い完遂日から最大10年間は分割払いやローンを組むことは難しいです。

異動記録がついている場合、格安スマホを購入する際は一括払いのみになるので注意してください。

今回紹介した携帯ブラックでも契約しやすい格安SIM

デビットカード・口座振替に対応している格安SIMのおさらいをしましょう。下記は、特におすすめな格安SIMです。

デビットカード払いや口座振替で格安SIMを契約する場合、申し込み条件があるのでスムーズに契約するためにも公式サイトを必ずチェックしましょう。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,980円〜
(イチキュッパ割)
au
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜
ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜
ドコモ
au

下記では、条件付きで口座振替などに対応している格安SIMの紹介もあります。合わせて確認してください。

この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
みゆ

ライター歴3年の知識を活かして、格安SIM会社を初めて利用する方にも分かりやすい+読みやすい記事執筆を心がけています!

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜