格安SIMのMNP乗り換えでMVNOからMVNOへMNP転出ってできるの?

9f9eb0fb890c9118df738602497514a1

格安SIMのMNP乗り換えでMVNOからMVNOへMNP転出ってできるの?

最終更新日:

格安スマホ、格安SIMの利用者が増えてきたことでMNPで格安スマホへと切り替える人も増えてきました。今後はMVNOからMVNOといったMNPも増えていくことが予想できます。一方で現状ではMVNO同士のMNPが対応していないケースもあります。MVNOからMNP転出を検討する場合には転入先が対応しているかを確認してから転出することが重要です。

そもそもMNPとは?

MNPとは?

MNPとは、電話番号を変えることなく大手キャリア間同士で乗り換えができることです。これまではキャリアを変更する場合は電話番号が変わってしまうため、なかなか気軽に乗り換えをすることはできませんでした。しかしMNPが始まった2006年からは、活発に乗り換えが行われるようになりました。

日本で格安スマホ(MVNO)が本格的に始まったのは2009年辺りからです。それに合わせて大手キャリアから格安スマホへのMNPも少しずつ増え初めました。その当時、格安スマホへのMNPを行う方はまだほんの一部でしたが、格安スマホが10社以上を超えた2013年~2014年辺りから乗り換えが一般的に行われるようになりました。

大手キャリアから格安スマホへのMNPが一般化したことで、今後は格安スマホから格安スマホへのMNPをする方も増えてくることが予想されます。そこで今回は今後増えるであろう格安スマホから格安スマホへのMNPに関する情報をご紹介します。

今後増えてくる格安SIMのMNP乗り換え

MNP増加

これまでは大手キャリアから大手キャリア、もしくは大手キャリアから格安スマホへのMNPがほとんどでした。

しかし格安スマホを利用する方が増えるにつれて、今後は今使っている格安スマホからさらに安い格安スマホへの乗り換えをする方が増えることは容易に想像できます。その理由は大きく分けて2つあります。1つ目は上述したように格安スマホを利用する方が増えたからです。

2つ目の理由は格安スマホ同士の競争が激しくなることで、サービスに差が出始めるからです。以前は格安スマホを利用する方が少なかったこと、そもそも格安スマホを提供する会社が少なかったこともあり、大手キャリアよりも安いプランを提供しているだけで多くのMNPを獲得できていました。しかし格安スマホを提供する会社が増えたことにより、格安スマホ同士の競争も激化し始めています。

これまでは単純に価格が安いというだけでMNPを獲得できていた格安スマホですが、同じ格安スマホ同士の競争となった場合、価格が安いことはもはや当たり前になっています。それに加えてどれだけ回線速度が速いか、通話音質が良いかといったサービスで差別化をすることが求められるようになりました。その結果、現在格安スマホを使っている方が少しでも他のサービスの方が良くなったなと思ったらすぐにそちらへ乗り換えるようになります。

MNPが利用できるのは違うネットワーク事業者のみ

MNP

ここまで書いてきたように大手キャリア同士や、大手キャリアから格安スマホへのMNPは既に多くの方がやられてきています。そして基本的にこのキャリアからこの格安スマホにはMNPはできないといった制約もありません。

しかしここで一点、疑問に思うことがある方がいらっしゃるかもしれません。それは格安スマホを提供している会社は、ドコモかauの回線をレンタルして利用者に提供しているため、必ずドコモかauどちらかの回線を利用しているということになります。

MNPとは今契約しているキャリアとは別のキャリアに電話番号を変えずに乗り換えることです。そうなると例えばドコモからドコモ回線を利用している格安スマホへは、ドコモからドコモへということでMNPにはならないのではないかという疑問です。

しかし実際にはドコモからドコモの回線を利用している格安スマホへのMNPは問題なくすることが可能です。なぜなら同じドコモの回線を使っていたとしても、それを提供している会社が別だからです。これはauの場合も同様で、auからauの回線を利用している格安スマホへのMNPも問題なくできます。

ただしこの逆、ドコモの回線を利用している格安スマホからドコモへのMNP、au回線を利用している格安スマホからauへのMNPをする場合は、通常は行われるキャッシュバックや特典キャンペーンの一部が適用外になるケースもありますので注意してください。

MNPを行う時の注意点

注意

MVNO同士ではMNP乗り換えができないケースも

上述したようにドコモからドコモの回線を利用している格安スマホへのMNPは問題なくできます。ではドコモの回線を利用している格安スマホからドコモの回線を利用している別の格安スマホへのMNP、つまりMVNO同士のMNPはどうでしょう?

実はこの同じドコモの回線を利用している格安スマホ同士のMNPも問題なくできるようになっています。理由はドコモからドコモの回線を利用している格安スマホへMNPができる理由と同様にサービスの提供をしている会社が別だからです。さらに少し前まではドコモから回線をレンタルしている格安スマホから、同じ回線をレンタルしている格安スマホ間でのMNPはできなかったのですが、これも現在では可能になっています。

ではすべての格安スマホ同士でも何の制約もなくMNPできるのかというとそうではありません。例えばOCNモバイルONEの公式サイトのMNP転入についてのページを見ると、「転出元事業者によっては、本サービスへMNP転入ができない場合があります。」と記載されています。

このように現時点ではすべての格安スマホ同士でMNPができるようにはなっていないため、自分がMNPしようと検討中の格安スマホがある場合はまず現在の格安スマホから転入が可能かどうかの確認をすることを忘れないようにしてください。

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
900円〜 ドコモ 公式をチェック

SIM料金

900円〜

利用回線:

ドコモ

手数料がかかる

MNP転出の際にドコモは2,000円、auとソフトバンクは3,000円の転出手数料がかかります。また新たに契約する格安スマホ会社では新規契約の事務手数料として3,000円かかってしまいます。

他にも、例えばiiJmioの場合、12ヶ月の最低利用期間を設けているため、12ヶ月以内にMNPを行うと残りの月×1000円という解除金を支払う必要があります。DMMモバイルでは違約金なしでMNPできる格安SIMも存在しているため、MNP転入する前にしっかり調べておくことが重要です。

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
900円〜 ドコモ・au 公式をチェック

SIM料金

900円〜

利用回線:

ドコモ・au

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
440円〜 ドコモ 公式をチェック

SIM料金

440円〜

利用回線:

ドコモ

キャリア別MNP転出方法はこちら⇒大手キャリアからMNPで番号そのままで格安SIMに乗り換える