3G回線と4G回線の違いとは?

3G回線と4G回線の違いとは?

最終更新日:
Large fe9ec7fed7df665647a717771f736377

3G回線と4G回線の違いを解せる。4GのGはGeneration(世代)を表しており、4Gのほうが新しい規格でより高速通信が可能になっています。最近では通話もできる高速回線のVoLTEが登場しており、どんどん通信回線の高速化はすすんでいくでしょう。

3G回線と4G回線の速度はどれぐらい違うの?

スマホを使っていて画面の右上、もしくは左上に3Gや4GまたはLTEという文字が表示されています。この数字はモバイル通信の規格を表しているものです。

2000年以前、まだスマホが登場する前は携帯電話の通信規格は1Gから始まっています。この1Gは音声をアナログ電波で通信する規格でした。そのためノイズも乗りやすい上、盗聴もされやすいというリスクがありました。

その後、2Gとなりメールやネットの規格に対応した規格になります。この2Gからアナログではなくデジタル方式に変わっています。そして2000年に入り、通信のさらなる高速化に対応した3Gが登場。そして2010年を過ぎ、LTEが登場しました。

このLTEはlong Term Evolutionの略で、元々は4Gが登場するまでの3Gと4Gの橋渡し的な役割を果たすということで3.9Gと呼ばれていました。そのため厳密には4Gではありません。しかし国際電気通信連合がLTEを4Gと認めたため、現在ではLTEは4Gだといっても間違いではありません。

この後、東京オリンピックが行われる2020年をめどに、5Gのサービス実現に向け、すでにプロジェクトはスタートしています。

そこで今回はさらなる進化を目指すモバイルの通信規格において現在の主流である3Gと4Gの違いについてご紹介します。

4G回線のGは世代(Generation)という意味

冒頭でLTEはlong Term Evolutionの略であるとご説明しました。では4GのGとはというと、GenerationのGです。つまり4Gとは第4世代を意味します。

ちなみに大手キャリアでは3Gと4Gにそれぞれキャリアごとに名称がついています。

auは「au 3G」、「au4G LTE」
ソフトバンクは「SoftBank 3G」もしくは「ULTRA SPEED」、「SoftBank 4G LTE」、「SoftBank 4G(AXGP)」

auとソフトバンクでは名称は違うものの、3G、4Gという言葉は残っているため分かりやすくなっています。

しかしドコモは3Gが「FOMA」、4Gが「Xi」となっているため、注意が必要です。

4G回線のほうが3G回線よりも圧倒的に速い!

では具体的に3Gと4Gの違いについてご説明します。

方式は2Gからデジタルとなっているため、3G、4Gも同じデジタル方式で変わりはありません。一番の違いはその速度です。

3Gの速度は数Mbps~14Mbpsであるのに対し、4G(LTE)は75Mbps~100Mbpsとその差は5倍以上となっています。

同じ場所で、スマホで動画を閲覧しようとして3Gでは動きがカクカクしたり、途中で止まってしまったりするが、4Gにすると急にスムーズにきれいな画質になったという経験はないでしょうか?3Gと4Gの速度の差はそれぐらい大きなものがあります。

ちなみに75Mbps~100Mbps という速さは、4GといってもあくまでもLTEの場合であり、本当の4Gの速度は100Mbps以上となっていて、LTEよりもさらに速いスピードになっています。そしてこれが5Gとなると、その速度はLTEの10倍。つまり140Mbps以上になると見込まれています。

音声通信は3G回線が使われている

速度が4Gの約5分の1しかない3Gが今でも多くのスマホで利用されているのは何故でしょう?
本来であれば、すでに2Gがなくなっているように4Gが登場してからすでに数年が経っている今、3Gが4Gに取って代わられていても何の問題もないはずです。

3G回線は障害物に強い!

山

それでもまだ3Gがなくならないのは、3Gの電波の特性にあります。

3Gは4Gに比べ、電波が障害物に強いため、建物の中であっても電波が入りやすいという特性があります。
4Gの電波は障害物に弱く、万が一電波が切れてしまった際にすぐに3Gに切り替えて通信ができるようになっています。これが3Gがまだ完全に消えていない理由となります。

現在、多くのスマホでは3Gは音声通信とパケット通信の両方、4Gはパケット通信のみに利用できるようになっています。しかし2014年辺りから3.9GのLTEで通話も可能になるVoLTEというサービスが登場しています。

VoLTEとは高速通信かつ通話も可能な新技術

このVoLTEとは「Voice over LTE」の略で、具体的には「音声通話をLTE電波に乗せてデータ通信として提供する技術」を言います。これによって、電話をかける時に3Gに変わることなくLTEのままで通話もできるようになります。

VoLTEのメリットとしては3Gに比べ通話品質がアップしています。ドコモではVoLTEを進化させたVoLTE(LD+)のサービスも開始されていて、VoLTEよりさらに通話品質が向上しています。
また電話をかけてから呼び出し音が鳴るまでの時間も短縮されより早くつながるようになります。そしてこれまでドコモでは当たり前だった通話中の高速データ通信がauでも可能になっています。

3G回線と4G回線では5倍以上の差がある

スマホユーザーの増加に合わせ、データの高速通信は今まで以上に求められるようになっています。

3Gと4Gでは5倍以上の速度の差があると説明しました。

現在は4Gが主流になりつつありますが、ほんの数年後には5Gが登場、さらにその数年後はといった形でユーザーの需要に合わせさらに高速通信の技術は進歩していくことになるでしょう。

格安スマホの通信速度はどれくらいあれば大丈夫?
関連記事 格安スマホの通信速度はどれくらいあれば大丈夫?
料金・会社検索はこちら
格安スマホ 料金・会社検索はこちら
格安スマホ
料金・会社検索はこちら