1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安スマホとは
  3. 格安SIMカードは地方や田舎で使える?通信速度や電波回線を解説!

格安SIMカードは地方や田舎で使える?通信速度や電波回線を解説!

最終更新日:
格安SIMカードは地方や田舎で使える?通信速度や電波回線を解説!

地方や田舎でも格安SIMカードは使えますし、むしろおすすめできます。格安SIMカードを利用する際、電波状況を気にする人が多いと思いますが格安SIMカードの電波エリアは大手キャリアと全く一緒です。地方であれ田舎であれ安心して使えます。

毎月の携帯料金がお得になるなら格安SIMカードを利用したいと思っているけれど、地方に住んでいて心配なのは通信速度や範囲がどの程度なのかという点だと思います。

ここでは、格安SIMカードは地方や田舎でも問題なく使えるのかという疑問と、実は都会よりも田舎の方が有利な点について解説します。

格安SIMカードはお得!使ってみたいけど田舎なので心配

田舎

家庭の固定費の中でも、大きな負担の一つが通信費です。
特にスマートフォンの利用料は平均月額6,827円と大きな家計の負担となっています。

最近では、高いスマホ代を安くしようと格安SIMカードが登場しています。
格安SIMカードは低価格が魅力で、平均月額2,738円と大手キャリアのスマートフォンと比較すると月額約4,000円1年間で約5万円も通信費を節約できます。

しかし、実際に格安SIMカードを地方で使用することを考えるといろいろと不安点が上がってきます。

そのひとつが田舎や地方でも使えるかということでしょう。

結論から言えば、田舎であろうと地方であろうと大手キャリアのスマートフォンが使えるエリアであれば格安SIMカードは問題なく利用できます

SIMカードとは?すぐに分かるSIMカード解説とおすすめ格安SIM紹介
関連記事SIMカードとは?すぐに分かるSIMカード解説とおすすめ格安SIM紹介
格安SIMカードのメリット13コを徹底解説!
関連記事格安SIMカードのメリット13コを徹底解説!

格安SIMの利用範囲は大手キャリアと同じ

田舎

地方や田舎であっても格安SIMカードを使用することに問題はなく、普通にスマホを利用できます。

なぜなら格安SIMカードを提供する会社は既存の大手キャリアの回線を借りて運営しているため、利用できる範囲はドコモやauなどと変わらないからです。

例えば、ドコモ回線を借りているMVNOの格安SIMを契約すれば、3G通信やLTE通信などドコモエリアの通信と通話が全て利用できます。

つまり、現在ドコモでスマホを使用しているとすれ、ドコモ回線で運営している格安SIMの会社と契約ことで今まで通りの通信品質でスマホを利用することができます。

auの回線を借りているMVNOの場合は、データ通信はLTEのみとなりますが利用範囲はauのスマートフォンと変わりません。

ドコモ電波を利用している格安スマホ

docomo

MVNOの多くはドコモの電波を利用して通信を提供しています。下記は中でも人気の4社です。

特に楽天モバイルはSIMフリー端末がキャンペーン価格で購入できるため非常にお得です。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,000円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
700円〜ドコモ
ドコモ回線の格安SIMカード・MVNOおすすめ8社を徹底比較!
関連記事ドコモ回線の格安SIMカード・MVNOおすすめ8社を徹底比較!

au電波を利用している格安スマホ

au

auの電波を利用しているMVNOはあまり多くありません。

mineo、UQモバイル、IIJmioの3社だけが、au回線を利用した格安SIMカードを提供しています。

現在auのガラケーやスマホを利用中の方はこの3社から選ぶと圏外になってしまうことはないので安心です。

mineoはドコモ回線も利用しているためドコモかau選んで使えます。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
700円〜ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
980円〜au
au回線の格安SIMカード、おすすめMVNO6社を徹底比較!
関連記事au回線の格安SIMカード、おすすめMVNO6社を徹底比較!

通信速度の面で都会よりも有利な場合も

通信速度

意外に思われるかもしれませんが、実は格安SIMカードの使用は都会よりも田舎や地方の方がおすすめです。

格安SIMは大手キャリアと比べて通信速度遅くなるのがデメリットなのですが、田舎や地方ではそのデメリットが小さくなるためです。

その理由については、以下の2つがあります。

ユーザーが集中する環境が都会より少ない

田舎や地方は都会に比べ、スマホユーザーが極度に集中する環境が少ないです。

格安SIMであろうと大手キャリアであろうとユーザーの多いエリアでは通信速度がゆっくりになります。

都内の地下鉄など混雑するようなエリアでは、例えドコモなどの大手キャリアを利用していたとしても同様の現象が起こります。
大手キャリアでさえ遅くなるので、格安SIMカードであればなおさらです。

しかし、都会に比べて地方や田舎は地下鉄などのようにスマホ利用者が集中して混雑するような場所はほとんどありません。
その点でいえば、地方や田舎のユーザーの方が格安SIMカードで快適にスマホを使用することができます。

スマホを使用するタイミングが都会よりも有利

都内でスマホを使用するとなると大部分の人が、通勤や通学でバスや電車で移動する際に集中しているといえます。

都内の移動手段といえばバスや電車が主流であり、座席に座ったり立ちながら何をするかというとスマホで動画を見たりSNSチェックやサイトの閲覧をして暇つぶしを行います。

そうなると月額データ容量が3GBではあっという間に消費してしまいますし、通信速度制限もかかってしまいます。

ところが地方や田舎であれば、交通手段は車になります。車を運転しながらスマホを見ることはできませんので、スマホを使用する機会は都会と比べても少なくなります。

その点でいえば、田舎や地方ユーザーの方が低額のSIMプランでも快適にスマホを使える環境にあります。

自宅に戻ってからは、家のWi-Fiに接続してスマホを利用すれば低額のSIMプランでも十分に使用できるからです。

格安SIMは大手キャリアと同様の回線を借りて運営しているため、田舎や地方でも問題なくスマホを利用することができます。

しかも回線の混雑や通信速度といった面では、都内で利用するよりも田舎や地方の方が有利になるのです。

さらに料金の面でも、都内よりも地方の方が低価格のプランでストレスなく利用しやすい環境があります。

地方や田舎に住んでいるからこそ格安SIMを契約して、スマホライフを快適にお得に利用してみてはいかがでしょうか。

WiFiを利用して格安スマホで快適インターネット生活
関連記事WiFiを利用して格安スマホで快適インターネット生活
格安SIMの通信速度、人気MVNO15社を徹底比較【2017年11月版】
関連記事格安SIMの通信速度、人気MVNO15社を徹底比較【2017年11月版】
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,000円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
700円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
700円〜ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
980円〜au