カーナビ代わりに格安SIMとタブレットを使う

Ca81c6570bd5603a919c97f5fdbe161a

カーナビ代わりに格安SIMとタブレットを使う

最終更新日:

カーナビ代わりにタブレットを利用すると、無料で高性能カーナビアプリを利用できたり、更新の必要がなく常に最新の道路データを持ったカーナビを利用することができます。さらに、格安SIMを使うことにより通信費を月額1,000円以下に抑えることが可能となります。

秋の行楽シーズン到来とともに観光地や遊園地などに車で出かける機会も増えるのではないでしょうか?
最近ではほとんどの車にカーナビが付いているため、行先を入力するだけで気軽に出かけられるようになりました。

カーナビタブレット

しかしそんな便利なカーナビにも問題点があります。
それは地図や施設などのデータが古くなる点です。

もちろん機種によってはWi-Fiを使ったデータの自動更新ができるものもありますが、多くの純正カーナビや自動更新ができないタイプとなるとCDやHDDなどを数年ごとに入れ替えなければなりません。

さらに、頻繁に車を使う場合なら多少高価なカーナビであっても購入する気にもなりますが、月に2~3回しか乗らず、しかも普段は近所に買い物に行く程度となれば、なかなか高価なカーナビを購入というわけにもいきません。

そこでおすすめしたいのが格安SIMとタブレットを組み合わせてカーナビ代わりに利用する方法です。

最近はカーナビアプリもかなり優れたものが多く、無料アプリでも驚くほどの機能を備えています。しかもアプリであれば常に最新の地図データを閲覧できるため、データが古くなる心配もありません。

カーナビ代わりにタブレットを使うメリット

高性能なカーナビアプリが使える

カーナビ代わりにタブレットを利用すると、無料で高性能カーナビアプリを利用できたり、更新の必要がなく常に最新の道路データを持ったカーナビを利用することができます。

タブレットの機能をフル活用

さらにはタブレットをカーナビとして利用しつつ、これから向かう場所の観光情報や、おすすめスポットを調べることもできます。
またタブレットについているカメラ機能を使い、ドライビングレコーダーの役目を果たすことも可能となります。

操作のしやすさは断然タブレットが上

ほかにも、扱いやすさの観点から見ても高性能なカーナビならいざ知らず、一般的なカーナビとタブレットを比較すると画面の見やすさやキーボード、タッチパネルを使った操作のしやすさは断然、タブレットの方が優れています。
音声認識の認識率の高さもタブレットの方が高く、車を運転しながらの操作性といった点でもタブレットはカーナビを凌駕しているといえます。

カーナビ代わりにタブレットを使うデメリット

タブレットが一般的なカーナビに比べ、操作性の良さやデータ更新に費用がかからないといった点で非常に優れているとご説明しました。しかしデメリットもあります。

充電切れの恐れ

一番の問題は長時間の利用となった場合のバッテリーの持ちです。
あらかじめ車載用のバッテリーを用意しておかないと、いざという時に充電切れといったことが起きかねません。

高熱になる危険性も

ほかにもタブレットを設置する場所によっては、タブレット本体がかなりの高熱になる危険もあります。
助手席などに運転手以外の方が乗っていれば問題ありませんが、そうでない場合はタブレットを固定するキットなどを使い、陽が直接当たらない個所にセットする必要があります。

通信に弱い場所もあります

また通信環境といった問題もあります。
例えば長いトンネルが多い道や、電波が届きづらい場所など、通信環境の悪い場所では、タブレットのカーナビアプリの力を十分には発揮できません。

通信費が高額

長時間の利用となった場合に気になるのが通信費です。
常にGPSを使い地図を表示させ続ければ、それなりのデータ消費量となってしまいます。
大手キャリアでは2GBでも3,500円と高額なため、カーナビとしてタブレットを利用するには、頻繁ではないにしろ、ためらってしまうのではないでしょうか。

格安SIMを使えば月額1,000円以下でカーナビ機能付きタブレットに

通信費を安く抑えてタブレットをカーナビ代わりにするためにおすすめするのが、格安SIMです。
大手キャリアでは月に2GBで3,500円かかりますが、格安SIMのデータSIMであれば3GBであってもほとんどの格安SIMで月額1,000円以下で利用することが可能です。

使いたい月だけ使うことも可能

また格安SIMであれば、大手キャリアのように2年縛りの契約がありません

例えば今月はドライブを多めにするから3GBのデータSIMを利用する、それ以外の月はそれほどデータを使わないので1GBのデータSIMを使うというようなことも可能になります。

つまり格安SIMをうまく活用することで、月額1,000円もかけずに一般的なカーナビをはるかに上回る高性能なカーナビ機能付きタブレットを手にいれることができるのです。

タブレットとセットで購入できる格安SIM

ここからはSIMフリータブレットがセット購入できる格安SIMから、端末の種類が豊富な楽天モバイルをご紹介します。

楽天モバイルは3.1GBで900円!

楽天モバイルならデータSIMの3.1GBで900円です。
ベーシックプランであれば525円から利用できます。

データSIM
ベーシックプラン525円
3.1GBプラン900円
5GBプラン1,450円
10GBプラン2,260円
20GBプラン4,170円
30GBプラン5,450円
会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
525円〜 ドコモ 公式をチェック

SIM料金

525円〜

利用回線:

ドコモ

楽天モバイルの料金プラン・評判・スマホ

楽天モバイルで購入できるおすすめタブレット端末

ここからは楽天モバイルで購入できるおすすめのタブレット端末をご紹介します。

HUAWEI Mediapad M3

5,100mAhと大容量のバッテリーと、8.4インチの大画面でカーナビとしても十分使いやすいタブレット端末です。

価格(税抜き) 一括37,800円 分割(24回)1,701円

Media Pad M3
販売価格
37,800円
画面サイズ8.4インチ
ストレージ32GB
メモリ4GB
OSAndroid6.0
カラー
販売会社

HUAWEI Mediapad T2 7.0 LTE

本体がとても軽く、持ち運びに便利です。
また、フルHDを超える高精細なディスプレイなのでカーナビとして利用しても十分見やすいです。

価格(税抜き) 一括23,800円 分割(24回)1,071円

MediaPad T2 7.0 Pro
販売価格
24,298円
画面サイズ7.0インチ
ストレージ16GB
メモリ2GB
OSAndroid™ 5.1 / Emotion UI 3.1
カラー
販売会社
会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
525円〜 ドコモ 公式をチェック

SIM料金

525円〜

利用回線:

ドコモ

タブレットで安く最新の情報で出かけましょう

カーナビでは情報が古くなると更新が必要になってしまいますが、タブレットではいつも最新の情報でカーナビのアプリが使えます。

通信費などのデメリットもありますが、遠出する場合にはやっぱり最新の情報で出かけたいです。
タブレットならその場で観光情報やおすすめスポットを調べることができるので、より楽しい旅行にすることができるでしょう。

格安SIMとタブレットの組み合わせで安く賢く、カーナビを運用しましょう。

格安SIMでも利用可能な地図アプリを利用する時に気を付けたいことはこちら⇒格安SIMでGoogleマップなどの地図アプリは使える?