1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. b-mobile(ビーモバイル)

b-mobile(ビーモバイル)の料金プラン・端末・キャンペーンまとめ

最終更新日:
b-mobile(ビーモバイル)の料金プラン・端末・キャンペーンまとめ
総合評価:
平均月額料金:1,764
口コミ総数:2
0
1
1
0
0

b-mobile(ビーモバイル)は日本通信株式会社が運営する老舗の格安SIMです。

ドコモ回線とソフトバンク回線から選べる従量制プランがおすすめです。

《毎月消費データが違う》人におすすめ!

b-mobileは従量制のプランのみを提供しているため、毎月のデータ消費量が一定ではない人におすすめです。2018年12月25日にプランが一新して1GB刻みではなくなったため、ニーズが大きく絞られたのではないでしょうか。

b-mobile(ビーモバイル)のおすすめポイント

  • 格安SIMでは数少ない「従量制プラン」がある
  • 1GB以下の方は最安値で利用できる
  • ドコモとソフトバンクのマルチキャリア対応
  • 最低利用期間が比較的短い

《定額で利用したい》人にはおすすめできません

b-mobileは特にこれといった特徴のない格安SIMのため、従量制プランがいいという人以外にはおすすめはしません。さらに、以前までは1GB刻みでの従量制プランでしたが、新プランでは1GB・3GB・6GB・10GB・15GBの段階での従量制になったため、わざわざ従量制にする必要がなくなりました。

b-mobile(ビーモバイル)の注意点

  • 従量制以外のプランがない
  • これといった特徴はない
  • かけ放題は5分まで
  • キャリアメールは利用できない
公式をチェック!

b-mobile(ビーモバイル)《料金》

ソフトバンク回線の料金プラン
データSIM (ネットのみ)通話SIM (ネット+通話)
0〜15GB/月190円〜3,280円990円〜4,390円
ドコモ回線の料金プラン
データSIM (ネットのみ)通話SIM (ネット+通話)
0〜15GB/月190円〜3,280円990円〜3,590円

初期費用

3,000円

プラン変更

なし

端末セット

なし

契約解除料

8,000円

開通日から5か月未満で解約する場合

MNP転出手数料

3,000円

5分かけ放題オプション

500円/月

通話料/SMS送信料

国内通話料:20円/30秒

SMS送信料:3~30円/通

「b-mobile電話」を利用すると国内通話料が半額の10円/30秒になります。

通信制限

特になし

高速データ繰り越し

非対応

通信速度切替

上限を設けることで対応

バースト機能

非対応

支払い方法

クレジットカードのみ

公式をチェック!

b-mobile(ビーモバイル)《メリット・デメリット》

b-mobileのメリットとデメリットをまとめました。

b-mobileのメリット

「従量制プラン」がある

b-mobileでは従量制プランのみを提供しているため、使った分だけ支払いたいという方には最適です。5GB~15GBの間でデータ上限を設けることができるため、使い過ぎをしないで済みます。

1GB以下の使い方なら最安

1GB以下の使用だと音声通話SIMでも月額990円と業界最安となっています。しかし、データ使用の上限を設けられるのは5GBからとなっているため、自身でのデータ利用コントロールが必要不可欠となってしまいます。上手にコントロールできる方であれば非常に安く運用することができます。

b-mobile(ビーモバイル)のデメリット

定額プランがない

従量制プランも良いところがありますが、使用者次第では吉にも凶にもなる不安定なプランでもあります。そう言った場合は毎月決まったデータ容量で決まった料金の「定額プラン」をおすすめしますが、b-mobileには定額プランがありません。定額プランを利用したい場合はb-mobile以外の格安SIMがいいでしょう。

かけ放題オプションは「5分」のみ

多くの格安SIMは、以前まで多かった5分かけ放題を一新して10分かけ放題を採用し、今ではすっかり浸透しています。しかし、b-mobileはあくまでも5分かけ放題を貫き通していいます。必要十分ではあるものの、利用者的には10分ある方が不安も解消されるというものです。今後10分かけ放題のオプションが出ることを期待して待つばかりです。

キャリアメールは利用できない

b-mobileに限らず格安SIMでは利用中のキャリアメールのアドレスを維持することができません。b-mobileでは独自のアドレスの提供も行っていないため、自信でフリーメール(Gmail等)を作成・取得する必要があります。また、キャリアメールに残っている重要なメールは転送等を活用してフリーメールに移すようにしましょう。

公式をチェック!

b-mobile(ビーモバイル)《口コミ》

総合評価
 (3.5)
ユーザーのレビューその他・不明
 (4.0)

通信はほとんど問題ないと思いますが地下など繋がりにくいところはあります。 でも普段使いするには問題なく使えます!

ユーザーのレビューその他・不明
 (3.0)

格安SIMなので速度は期待していませんでしたが、料金が安くて私には十分です。 キャンペーンで初期費用なしと割引があるのもうれしいです。 ただ割引がなくなるとお得感がなくなります。 その時点で乗り換えも考えないといけないのが不満です。 ずっとお得で同じ料金ならいいのに。

公式をチェック!

b-mobile(ビーモバイル)《通信速度/電波エリア》

b-mobile(ビーモバイル)の電波エリア

b-mobileはドコモとソフトバンクの回線があるため、それぞれ、ドコモのサービスエリアソフトバンクのサービスエリアに準じています。

b-mobile(ビーモバイル)の通信速度

すまっぴーでは残念ながらb-mobileの通信速度を計測していません。

公称値も未発表であるため、どのくらいの速度が出るかは不明ですが、Twitterなどを見ている限りでは他の回線よりも少し遅いといったところです。

公式をチェック!

b-mobile(ビーモバイル)《申し込み/初期設定/解約》

b-mobileは公式HPからのみ申し込むことができます。

b-mobileに申し込む際に必要な書類

  • My b-mobileアカウント
  • クレジットカード
  • 本人確認書類
  • Wi-Fi環境
  • MNP予約番号

b-mobileの申し込み方法

  1. 手続き開始(My b-mobileアカウント作成等)
  2. 個人情報入力
  3. MNP情報入力
  4. 本人確認書類のアップロード
  5. 完了

出典:b-mobile ご利用開始までの流れ

公式をチェック!

b-mobile(ビーモバイル)の初期設定

SIMカードが届いたら利用したい端末にSIMカードを挿入して初期設定を行う必要がありますが、OSによって手順が異なるため必ず確認しましょう。

iPhoneの初期設定

iPhoneの場合、構成プロファイルをインストールする必要がありますが、既存の構成プロファイルを削除してからでなければほかの構成プロファイルをインストールできません。そのため、事前に構成プロファイルを削除しましょう。下記のプロファイルはsafariで開かないと正常にダウンロードできない可能性があるため、注意。[設定]⇒[その他の設定]⇒[モバイルネットワーク]⇒[アクセスポイント名]

⇒b-mobileドコモ回線の構成プロファイルをインストール

⇒b-mobileソフトバンク回線の構成プロファイルをインストール

Androidの初期設定

一方で、Android OSの場合はインストール等は必要ありませんが、以下のANP情報を手入力する必要があります。[設定]⇒[一般]⇒[プロファイル]⇒[インストール]

名前(任意)b-mobile
APNbmobile.ne.jp
ユーザー名[email protected]
パスワードbmobile
認証タイプPAPまたはCHAP
PDP TypeIP
※認証タイプとPDPは設定可能な場合に設定してください。

b-mobileの解約方法

b-mobileはマイページでのみ解約できます。

電話や書面では受け付けていません。

解約の際の注意点

解約後はすみやかにSIMカードを返却しましょう。

SIMカード返却先住所〒105-0001
東京都港区虎ノ門4-1-28 虎ノ門タワーズ オフィス
日本通信株式会社 bモバイル・ヘルプデスク SIMカード返却係 宛
公式をチェック!

b-mobile(ビーモバイル)《取り扱いスマホ一覧》

b-mobileではセット端末の販売はありません。

持ち込みiPhoneについて

ドコモ回線は5c~XS Maxまでのドコモ版iPhoneと3GS~8までのSIMフリー版iPhoneが動作確認済み。ソフトバンク回線は5~XS Maxまでのソフトバンク版iPhoneおよびSIMフリー版iPhoneが動作確認済みとなっています。

公式をチェック!

《まとめ》b-mobile(ビーモバイル)は毎月のデータ消費が一定でない人におすすめ!

毎月のデータ量にばらつきがある人は従量制プランのb-mobileがおすすめです。

格安SIMで従量制プランを提供しているのは非常に少ないため、従量制のプランがいいという方にはおすすめです。ただ、エキサイトモバイルでも従量制のプランを提供しているうえエキサイトモバイルは最新端末とセット販売もしているため、端末セットがいい方はエキサイトモバイルをおすすめします。ソフトバンク回線で従量制のプランはb-mobileだけの点とデータ消費上限を設けられる点ではb-mobileの方が優れているため、自身の使い方をよく考えて申し込むようにしましょう。

公式をチェック!

「b-mobile(ビーモバイル)」の記事一覧

公式をチェック!