1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIM
  3. J:COMモバイル
  4. J:COMモバイルって?評判・口コミから分かるJ:COMのメリット・デメリット

J:COMモバイルって?評判・口コミから分かるJ:COMのメリット・デメリット

最終更新日:
J:COMモバイルって?評判・口コミから分かるJ:COMのメリット・デメリット

J:COMモバイルの評判や口コミから、メリット・デメリットに分けて徹底解説します。J:COMモバイルは20GB・10GBプランで低速時の通信速度が最大1Mbpsとなっています。通信速度については満足しているレビューが多く挙がっています。またJ:COMオンデマンドアプリはカウントフリーになるため、J:COM TVとのセット利用がおすすめです。ただし、サポートについては低めの評価でした。

J:COMモバイルの評判・メリットとデメリットまとめ

J:COMモバイルの評判やメリット・デメリットをまとめました!

良い評判・メリット

  • キャリア格安プランにはない小容量プランあり
  • J:COM オンデマンドアプリのデータがカウントフリー
  • 10GB以上のプランは低速時も最大1Mbps!

悪い評判・デメリット

  • サポート対応がイマイチ
  • 購入できる端末が少ない

J:COMモバイルの評判はどう?

J:COMモバイルは、ケーブルテレビやインターネット回線で有名なジュピターテレコムが運営しているMVNO事業で、J:COMサービスを利用している人にはとくにお得な格安SIMを提供しています。

J:COM オンデマンドアプリ上で利用するデータがカウントフリーになるなどうれしい特典もあるので、ぜひ記事を読んで検討してみてください。

J:COMモバイルの《メリット》

  • キャリア格安プランにはない小容量プランあり
  • J:COM オンデマンドアプリのデータがカウントフリー
  • 10GB以上のプランは低速時も最大1Mbps!

メリット①キャリア格安プランにはない小容量プランあり

J:COMモバイルのプランは1GB、5GB、10GB、20GBの4つから選びます。SIMの種類は音声通話SIMのみで、データ専用SIMは取り扱っていません。月額料金は以下の通りです。

データSIM (ネットのみ)通話SIM (ネット+通話)
1GB-1,078円
5GB-1,628円
10GB-2,178円
20GB-2,728円

ahamo、povo、LINEMOといった大手キャリアの格安プランではデータ量が20GBしか選べません。そのため、1ヶ月に20GBも使わない方には割高になってしまいます。 そういった方向けに、J:COMモバイルでは1GB・5GBといった小容量のプランを提供しています。

以下はau回線を提供しているMVNO(音声通話SIM)の一番安いプランの料金を比較した表です。

MVNOデータ量月額料金
J:COMモバイル1GB1,078円
mineo1GB1,298円
BIGLOBEモバイル1GB1,078円
IIJmio2GB858円
nuroモバイル3GB792円

最安値とまではいかないものの、MVNOの中では平均的な金額設定となっています。

また、20GBプランはキャリア格安プランと同額の2,728円となっています。始めに20GBプランを契約して、そこまで使わなかった場合は10GBプランや5GBプランに変更してもよいでしょう。

メリット②10GB以上のプランは低速時も最大1Mbps

J:COMモバイルの10GBプランと20GBプランは低速通信時の通信速度が最大1Mbpsとなっています。

低速最大1MbpsはRakuten UN-LIMITやキャリア格安プランでも採用されている特典です。最大1Mbps出ていれば、LINEやWeb閲覧もある程度快適に利用できます。

目安として、1Mbps出ていればYouTubeの標準画質の動画を止まらずに再生できます。

以前までJ:COMモバイルは通信速度の遅さがデメリットとしてよく挙げられていました。しかし、最近では通信速度の遅さは改善したようで、レビューでは「速い!」「満足!」といった評価が多く挙がっていました。

メリット③J:COM オンデマンドアプリのデータがカウントフリー

J:COMサービ利用者は「J:COMオンデマンド」のアプリでスポーツ中継やドラマなどをスマホで視聴できます。

J:COMオンデマンドアプリは動画配信サービスなので通常であればデータ通信をかなり多く消費してしまいます。

ところが、J:COMモバイルのAプランの加入者はJ:COMオンデマンドアプリなどの通信量がカウントフリーになります。

カウントフリー対象アプリ

  • J:COMミュージック
  • J:COMオンデマンド for J:COM LINK

カウントフリーになるとデータの消費を気にせず、どこでもコンテンツを楽しめるので上記のサービスをよく利用する方にはうれしいサービスですよね。

J:COMモバイルのデメリット

  • サポートの対応がイマイチ
  • 購入できる端末が少ない

デメリット①サポートの対応がイマイチ

口コミで目立ったのは「サポートの対応がよくない」という声でした。

デメリット②購入できる端末が少ない

J:COMモバイルは端末販売に消極的で、エントリーモデルを中心としたラインナップとなっています。

現在他社のようなポイント還元キャンペーンや「長期契約割」などの端末割引を行っていないため、J:COMモバイルで端末を購入するメリットは少ないです。

前述の通りJ:COMモバイルで販売されているAndroidはエントリーモデルが多いため、もし購入するのであれば、iPhoneシリーズをおすすめします!

au認定中古品のiPhoneも販売

J:COMモバイルではau認定中古品のiPhoneも販売しています。2021年4月現在販売されている認定中古品は以下の3つのモデルです。

モデル販売価格
iPhone XS Max(64GB)60,720円
iPhone Xs(64GB)52,800円
iPhone XR(64GB)42,240円

au認定中古品とは、auが認定した高品質のリユーススマートフォンのことです。中古品にはなりますが、傷の状態は比較的軽微なものが販売されています。

以下は実際にJ:COMモバイルでau認定中古品を購入した方のレビューです。

J;COMモバイルで購入できる端末一覧

Samsung Galaxy A21
販売価格
25,200円
分割払い時
約 1,050円 x 24回
Apple iPhone SE(第二世代)
販売価格
55,440円
分割払い時
約 1,155円 x 48回
Samsung Galaxy A20
販売価格
3,690円
分割払い時
約 165円 x 24回

J:COMモバイルはJ:COM TVやJ:COM NETとセット利用がおトク!

J:COMモバイルは「キャリア格安プランに小容量プランの選択肢」を加えたようなプランを提供しています。

さらに、J:COM TVのオンデマンドアプリがカウントフリーだったりするのでとてもおトクです。

ただし、サポートについてはあまり評判がよくないので、問題が起こったときはある程度自分で調べて解決する能力が必要になりそうです。

J:COMモバイルに関する情報
この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
すまっぴー編集部

すまっぴー編集部は2015年から格安SIM比較に関するコンテンツの企画、制作、編集しています。毎年15台以上実際に使ってわかったおすすめの格安スマホを紹介します。毎月20枚以上の格安SIMの通信速度計測も行っています。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜