1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安スマホとは
  3. 直営店舗で購入するのにおすすめなMVNO6選

直営店舗で購入するのにおすすめなMVNO6選

最終更新日:
直営店舗で購入するのにおすすめなMVNO6選

格安スマホはインターネットで購入する方が多いですが、MVNOが直接運営している店舗でも購入できます。2018年3月現在、直営店舗を構えているMVNOは、BIGLOBEモバイル・TONEモバイル・mineo・UQモバイル・OCNモバイルONE・楽天モバイルの6社です。インターネット購入を不安に感じている方は、直営店舗にて店員と相談したうえで購入することができます。

直営店舗のあるおすすめMVNO6社を紹介!

おすすめのMVNO6社

格安スマホは、インターネット以外にもMVNOが直接運営している店舗で購入することができます。

インターネット以外で格安SIMカードやSIMフリースマホ端末を購入する場合には、MVNOの直営店舗が良いでしょう。

料金プランやオプションサービスの丁寧な説明はもちろん、実際の使用感を自分の手で試すことができます。また、SIMカードとSIMフリースマホ端末を一緒に購入することができて非常に便利です。

直営店舗のあるおすすめのMVNOを6社紹介します。

BIGLOBEモバイルはエンタメフリーオプションが利用できる

BIGLOBEモバイルは、動画や音楽がデータカウントフリーで利用できるエンタメフリーオプションがあるMVNOです。

エンタメフリーオプションを利用することで、下記の対象サービスがデータカウントフリーで楽しめます。

  • Youtube
  • Google Play Music
  • Apple Music
  • AbemaTV
  • Spotify
  • AWA
  • radiko.jp
  • Amazon Music
  • U-NEXT

BIGLOBEモバイルは、格安スマホ+SIMカードのセット販売も行っており、おすすめはエンタメSIM3GBの音声通話とエンタメフリーオプションが利用できるお得な格安SIMカードとなっています。

BIGLOBEモバイルの《エンタメSIM》とは?動画・音楽見放題で月額1,980円~
関連記事BIGLOBEモバイルの《エンタメSIM》とは?動画・音楽見放題で月額1,980円~

BIGLOBEモバイルを取り扱っている店舗

⇒BIGLOBEモバイルの店舗一覧

BIGLOBEモバイルの格安SIMは、上記の店舗で購入することが可能です。

TONEモバイルはキッズ・シニア向けだから安心安全

TONEモバイルは、キッズ・シニア向けに作られた格安スマホを提供しているMVNOです。

最大の特徴は、取り扱っているプランとスマホが1つしかない点。TONEモバイルでは、独自開発したTONE m17という格安スマホを提供しています。

TONEモバイル m17
TONEモバイル m17
販売価格
34,800円
分割払い時約1,450円×24回
画面サイズ5.0インチ
ストレージ16GB
メモリ2GB
OSAndroid 7.1.1™
カラー

防水・防塵・耐衝撃機能のある格安スマホなので、水に触れても安心して利用することができます。また、万が一の時のためにGPS機能やスマホの利用制限などが利用できる、安心安全な格安スマホです。

また、無料で利用できるスマホ教室を開催。スマホの操作にあまり慣れていない方や、スマホの操作で分からないことがあれば気軽に相談することができます。

TONEモバイルを取り扱っている店舗

⇒TONEモバイルの店舗一覧

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,000円〜ドコモ

mineoはデータパケットのシェアができる

mineoは、docomo回線とau回線が利用できるマルチキャリア対応のMVNOです。

mineoには、余ったデータの貯蔵と足りなくなったデータの追加が無料でできるフリータンク機能があります。「あと500MB足りない!」という時など、いざという時の心強い味方になってくれる嬉しい機能です。

また、mineoユーザー同士で直接パケットシェアができるため、家族や友人・恋人などに直接高速データ量のプレゼントができます。

mineoを取り扱っている店舗一覧

mineoを取り扱っている店舗は、下記記事より確認することができます。

⇒mineoの店舗一覧

また、来店時に必要な書類などを記載しているので目を通してみてください!

mineo(マイネオ)を店舗で買う方法は?ネット購入とどっちが安い?
関連記事mineo(マイネオ)を店舗で買う方法は?ネット購入とどっちが安い?

UQモバイルは通信速度に定評がある

UQモバイルは、au回線のみ取り扱っているMVNO。

通信速度の質に定評があり、格安SIMとは思えないほど高速データがさくさく動作するため快適に操作ができます。

新規契約から2年間はデータ量が倍になるため、お得に利用することが可能です。

様々な割引サービスと併用できるため、初期費用を抑えて格安スマホを活用することができるのは嬉しいポイントです。

UQモバイルを取り扱っている店舗

UQモバイルには

  • UQモバイルのみの直営店舗
  • UQモバイルのSIMカードも取り扱っている店舗

上記2タイプの店舗があります。

下の記事では、UQモバイルの直営店舗とSIMカードも取り扱っている店舗の2つを紹介しています。

UQモバイルの店舗を探している方は、ぜひ合わせて読んでみてください!

UQモバイルは店舗で買える?ネット購入との料金比較
関連記事UQモバイルは店舗で買える?ネット購入との料金比較

OCNモバイルONEなら通話をたっぷり楽しめる

OCNモバイルONEは、NTT コミュニケーションズが運営しているMVNOです。そのため、MVNOではなかなか見かけないお得な通話オプションを展開しています。

OCNモバイルONEは

オプションサービス名月額料金
10分かけ放題850円
トップ3850円
ダブル(10分かけ放題+トップ3のパック)1,300円

上記3つの通話オプションを展開。

スマホの料金は安く、でも通話だけはたっぷり楽しみたい方におすすめです!

OCNモバイルONEを取り扱っている店舗

OCNモバイルONEの格安SIMカードを取り扱っている店舗は、全国にあります。(一部地域を除く)

下記記事では、OCNモバイルONEを取り扱っている店舗と必要書類について記載されています。

OCNモバイルONEの利用を検討している方は、合わせてチェックしてみてくださいね。

OCNモバイルONEに店舗はある?店舗契約で必要な書類3つ!
関連記事OCNモバイルONEに店舗はある?店舗契約で必要な書類3つ!

楽天モバイルはお得なキャンペーンを開催しているMVNO

楽天モバイルは、常にお得なキャンペーンの提供・新しいキャンペーンの展開を行っているMVNOです。

人気の高い格安スマホと楽天会員なら割引が適用されるSIMカードをセットで利用できます。

また、楽天スーパーポイントを利用して月々の支払いに充てることが可能です。貯まったポイントを利用することで、月額0円にすることもできます。

楽天モバイルを取り扱っている店舗

楽天モバイルを取り扱っている店舗は、直営店舗と家電量販店、レンタルビデオショップを含めて全国にあります。

最寄りに楽天モバイルを取り扱っているか調べたい方は、下記ページに店名と住所が記載されているので、合わせて確認してみてください。

⇒楽天モバイルの店舗一覧

格安スマホは家電量販店の店舗でも購入可能

格安スマホは家電量販店でも購入可

一方、どちらで買っても同じような買い物ができるというわけではありません。直営店舗と家電量販店のそれぞれに、メリット・デメリットが存在します。家電量販店舗とMVNOの直営店舗によって、どのような違いがあるのでしょうか。価格やサービスの違いをまとめました。

【家電量販店】で購入するメリットとデメリット

家電量販店のメリットとデメリット

家電量販店で購入するメリット

品揃え豊富

家電量販店で購入する場合の最大のメリットは品揃えです。

多くの格安SIMサービスを比較できるので、契約する会社をしっかりと決めていない人は家電量販店がおすすめです。

特に格安SIM初心者で、一体何をどう揃えればいいのか分からないという場合は、量販店の店員さんのほうが聞きやすいということもあります。

格安SIMについてざっくり情報を仕入れたいときは、量販店にいくと幅広くいろいろな情報を集めることができるでしょう。

また、量販店では思いもかけない掘り出し物に出会えることもあります。

大量の在庫を抱えている量販店では、生産終了間近のSIMフリースマホを割引価格で売り出すことがあるからですすべてのSIMフリースマホが安くなっているわけではないですが、格安スマホを安く手に入れたいという人なら、家電量販店をチェックしてみるのもおすすめです。

家電量販店で購入するデメリット

店員さんの知識が浅い

豊富な商品の知識が必要とされるため、それぞれの格安SIM会社ついての知識はどうしても薄くなってしまいます。

家電量販店では、この会社からこんな格安SIMサービスが出ている、今この格安SIMの人気がある、料金は他よりこのくらい安いなど他社と比較した大まかな情報は教えてもらえます。しかし、それぞれの会社の商品やサービスについて、突っ込んだ質問は難しいと考えておいたほうがよいでしょう。

もし格安SIMについてすでに十分な基礎知識がある、他社と比較する必要がないという場合には、家電量販店よりも直営店舗に行くことをおすすめします。

とはいえ、ネットから自分であれこれ調べるよりは、直に分からないところを聞けるのが家電量販店のいいところです。

故障しても修理をすることができない

買った後のサービスは、格安SIM会社やSIMフリースマホメーカーでないとできないため、修理をすることができません。

各社への修理依頼は家電量販店が行ってもらえるケースも多いです。ただし、その際に修理期間中の代替器を貸し出してくれるところはほとんどありません。

不安な方は、月々700円でモバイル機器なら最大3台まで10万円を上限額に何度でも補償をしてくれるモバイル保険に加入しておくことがおすすめです。

モバイル保険は必要?キャリア保証と徹底比較!
関連記事モバイル保険は必要?キャリア保証と徹底比較!

【家電量販店】はこんな方におすすめ!

格安SIMを選ぶところから相談したい方は家電量販店!

どの格安SIMを買うか決めてない、店員とプラン等相談しながら購入したい、SIMとスマホのセットを相談して購入したいなど考えている方には特に家電量販店がおすすめです。

家電量販店で格安SIMを購入するメリットは、格安SIMを選ぶところからじっくり店員さんと相談できることはもちろん、MNPであっても購入したその日から利用できることです。

例えばヨドバシカメラの一部店舗では

  • mineo
  • BIGLOBE
  • OCNモバイルONE

など多くの業者で即日MNPが可能になっています。

他にもビックカメラ、ゲオなど全ての店舗ではありませんが、多くの業者の中から自分に最適な格安SIMを購入してすぐ使いたい場合、家電量販店はとても便利です。

【直営店舗】で購入するメリットとデメリット

直営店舗のメリットとデメリット

直営店舗で購入するメリット

店員の知識が深い

契約したい会社を決めていたり、近くに店舗がある場合にはMVNOの直営店舗に行くことをおすすめします。

直営店舗の店員は、自社が取り扱っている格安スマホに関してはプロであるため、自分にあったセット端末もすぐ見つかりますし、オプションについてもしっかり説明が受けられます。相談にも詳しくのってくれるため、納得してスマホを購入することができるでしょう。

直営店舗で購入するデメリット

会社比較ができない

直営店舗には家電量販店のような品揃えはなく、自社で提供している格安スマホや格安SIMサービスのみの取り扱いになります。いろいろな格安SIMを比較したいと思ったら、それぞれの直営店に行かなければならないので手間がかかります。

また直営店に行く際は、予めインターネットで下調べをして使うものを決めてから行くことをお勧めします。

来店時に必要な書類や、予約が必要になるか確認しましょう。

店舗が都市部に集中している

MVNO直営店の店舗数はあまり多くありません。いざ直営店舗に行きたいと思っても、近所に店舗がないケースも多いでしょう。

その場合には取り扱いのある最寄りの家電量販店、もしくはインターネットで購入することになってしまいます。

MVNO直営店舗の近くへ寄ることがあれば、お店を覗いてみるのも良いでしょう。

{article[5]}

【直営店舗】はこんな方におすすめ!

端末やプランについて詳細なサポートを受けたい

既にどの格安SIMを購入するか決めている場合、家電量販店よりも直営店舗で購入した方が契約までスムーズに進む上、専門の係員による詳細なサポートを受けることができます。

2018年3月現在、以下の会社が直営店舗を構えています。

  • BIGLOBEモバイル
  • TONEモバイル
  • mineo
  • UQモバイル
  • OCNモバイルONE
  • 楽天モバイル

大手キャリアに比べればまだまだ店舗数は少ないものの、直営店舗ならではの端末やプラン、設定に関する詳細なサポートが受けられます。店舗は今現在、徐々に増えつつあるため、これから直営店ができるMVNOや店舗数も全国に増えていくでしょう。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,000円〜ドコモ
会員登録後、マイページから
格安SIM・格安スマホを申し込んだ人全員が対象
会員登録する (無料)

格安スマホ
取り扱い店舗検索

都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。