1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIM
  3. LinksMate(リンクスメイト)
  4. 【2019年版】LinksMate(リンクスメイト)の"おすすめ"端末ランキング!スマホセットも

【2019年版】LinksMate(リンクスメイト)の"おすすめ"端末ランキング!スマホセットも

最終更新日:
【2019年版】LinksMate(リンクスメイト)の"おすすめ"端末ランキング!スマホセットも

ゲーマー向けのオプションあり、比較的月額料金が安めのLinksMate(リンクスメイト)でセット販売しているおすすめ端末を3つピックアップしました。ピックアップした「HUAWEI nova 3」「HTC U12+」「ROG Phone」はどれもゲームプレイにおすすめできるスマホです。

LinksMate(リンクスメイト)のおすすめ端末3選はコレ!

HUAWEI nova 3HTC U12+ROG Phone
販売価格50,000円89,800円119,500円
発売時期2018年10月2018年7月2018年11月
メモリ4GB/128GB6GB/128GB8GB/512GB
バッテリー3,750mAh3,500mAh4,000mAh
カメラ1600万画素+2400万画素1200万画素+1600万画素1200万画素+800万画素

LinksMateの月額料金は比較的安いです。70種類以上のコンテンツが90%カウントフリーになるオプション(月額500円)があり、ゲーマー向けなのでゲームに適したスマホをおすすめします。ゲーム向けのスマホはGPUを強化しているので、価格は上がってしまう点には注意!

また、低価格モデルに限り分割払いができますが、分割で購入する場合はスマホ代金が高くなるため、注意しましょう。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
500円〜
ドコモ

HUAWEI nova 3《ゲームもカメラもという欲張りスマホ》

HUAWEI nova 3
HUAWEI nova 3
販売価格
54,800円
分割払い時約2,283円×24回
画面サイズ6.3インチ
ストレージ128GB
メモリ4GB
OSAndroid8.1
カラー

格安スマホとしてはおなじみとなった中国メーカーのHUAWEI。2018年10月に発売されたHUAWEI nova 3はハイスペックSoCを搭載しながら5万円台とかなりコスパが良いスマホです。

GPU Turboで快適プレイを実現

ゲームなどでGPUを使用する際に、GPU Turboで性能を一時的に上げることができ、3Dゲームでもかなりサクサクプレイできます。ゲーム用に作られたスマホではないため、ROG Phoneなど大容量メモリのスマホにはやや劣るものの価格を考えるとかなり良いパフォーマンスだという印象でした。

ゲームだけに収まらないのがnova 3の魅力

HUAWEI nova 3の良いところはゲームだけではなく、カメラの性能もかなり高い点にあります。リアカメラ、フロントカメラそれぞれに2つずつカメラが配置されているので、他撮り(造語です)でも自撮りでもキレイに撮影することができます。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
500円〜
ドコモ

HTC U12+《高解像度で美しいディスプレイ》

HTC U12+
HTC U12+
販売価格
95,000円
分割払い時約3,958円×24回
画面サイズ6.0インチ
ストレージ128GB
メモリ6GB
OSAndroid O
カラー

年に1度ほどしか新機種を発売することがないHTCのスマホですが、2018年7月に発売された”U12+”はゲームプレイに最適な高性能SoCを搭載しています。

HUAWEI nova 3よりも発売時期が古いため、オススメするかは正直迷いました。しかし、LinksMateを検討している人にはゲーム性能がぬるいスマホを勧めるわけにはいかないので、あえて選出しました。

ゲームプレイに最適な性能&高解像度ディスプレイ

高性能SoCに大容量メモリなので当然ですがゲームはヌルヌルサクサク快適です。画面も6インチで大画面なので、迫力があります。さらに、ディスプレイ解像度がQHD+なのでFHD+よりも高解像度です。

加えてカメラ性能もかなり高いです。ここまでは前述のHUAWEI nova 3とはそこまで変わりませんが、さらにゲーマー向けの理由はそのデザインです。

機械好きにはたまらないデザイン

トランスルーセントブルーというカラーに限ってのことですが、背面の中心部が若干透けていて機械的な部分が見えるようになっています。ガジェッターの心をくすぶるデザインはゲームをドヤ顔でプレイできますよね。

さらに、U12+は「おサイフケータイ®」にも対応しているので、購入候補に入る人が増えるのではないでしょうか。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
500円〜
ドコモ

ROG Phone《ゲームのために生まれたスマホ》

ASUS ROG Phone
ASUS ROG Phone
販売価格
119,500円
分割払い時約4,979円×24回
画面サイズ6.0インチ
ストレージ512GB
メモリ8GB
OSAndroid 8.1
カラー

いわずもがなASUSのROG PhoneはゲーミングPCのROGシリーズから受け継いだモデルです。ゲーマー向けのスマホなので、響かない人には全く響きませんが、ゲーマーなら「あっ」となるスマホです。

まさにゲームのために生まれたスマホ

SoCはHTCのU12+と同様ですが、メモリは8GBとさらに大きくなり、オーバークロックで最大2.96GHzまで上げることができるので、まさにゲーミングスマホという名にふさわしいスマホとなっています。

カメラ性能は低いわけではありませんが、上2つのスマホと比べるとそこまでではありません。その分の性能をゲームプレイに振っています。

性能だけじゃない、充実の付属品

性能が良いのは当然ですが、付属品の充実さも魅力の1つです。「専用のケース」や「冷却システム」が同梱しているため、すぐに楽しむことができます。

また、専用のアクセサリーも販売していて、「Mobile Desktop Dock(接続端子の拡張)」「Twin View Dock(デュアルディスプレイ)」「Gamevice for ROG Phone(コントローラーのような物理ボタン)」などなど、ゲームをさらに快適にプレイできるようなアクセサリーが充実しています。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
500円〜
ドコモ

LinksMateはゲーム好きにおすすめ!

ハイスペックモデルを中心にスマホをセット販売しているLinksMate(リンクスメイト)はプラン料金が比較的安いので、月額料金をかなり抑えることができます。その上、ゲームやSNSをひんぱんに利用する方向けのオプションがありますので、スマホのヘビーユーザーにはとくにおすすめです!

お申し込みは下記の”公式チェック”から!

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
500円〜
ドコモ

LinksMateで販売されている端末一覧

上記で紹介したスマホは5万円以上する性能の高いものでしたが、そのほかにも2万円台で購入できるスマホもしっかり用意されています。ゲームはそこそこという人は低価格なモデルでも十分に満足できるでしょう。

ASUS Zenfone Max(M2)
販売価格
26,500円
分割払い時
約 1,325円 x 24回
ASUS Zenfone Max Pro(M2)
販売価格
35,500円
分割払い時
約 1,775円 x 24回
HUAWEI nova lite 3
販売価格
26,000円
分割払い時
約 1,300円 x 24回
HUAWEI Mate 20 Pro
販売価格
105,000円
ASUS ROG Phone
販売価格
119,500円
SHARP AQUOS sense2 SH-M08
販売価格
34,600円
分割払い時
約 1,730円 x 24回
HUAWEI nova 3
販売価格
50,000円
HUAWEI MediaPad T5
販売価格
23,400円
分割払い時
約 1,170円 x 24回
HTC U12+
販売価格
85,000円
HUAWEI P20
販売価格
69,800円
HUAWEI P20 lite
販売価格
31,980円
分割払い時
約 1,599円 x 24回
ASUS Zenfone 5Z
販売価格
69,800円
ASUS Zenfone 5
販売価格
52,000円
ASUS Zenfone 5Q
販売価格
39,800円
分割払い時
約 1,990円 x 24回
HUAWEI MediaPad M5 8.4
販売価格
44,000円
分割払い時
約 2,200円 x 24回
HUAWEI Mate 10 Pro
販売価格
88,000円
HTC U11
販売価格
54,000円
HUAWEI P10
販売価格
60,000円
HUAWEI P10 Plus
販売価格
70,000円
ONKYO GRANBEAT
販売価格
60,000円
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
500円〜
ドコモ

関連キーワード

この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
すまっぴー編集部

すまっぴー編集部は、格安SIM・格安スマホ比較に関するコンテンツの企画、制作、編集しています。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜