1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安スマホ
  3. Motorola
  4. Moto E5
  5. Moto Eは低価格で初心者向け!実際に使って徹底レビュー【評判・評価・性能・スペック】

Moto Eは低価格で初心者向け!実際に使って徹底レビュー【評判・評価・性能・スペック】

最終更新日:
Moto Eは低価格で初心者向け!実際に使って徹底レビュー【評判・評価・性能・スペック】

Motorola(モトローラ)から2018年6月に発売された、SIMフリースマートフォン MotoE5を1週間使ってみました。シンプルなデザインと大容量バッテリーがウリで電話・メールを中心に使いたいというひとにおすすめの端末です。

Motorola(モトローラ)にしては珍しい、2万円以下の格安スマホの性能を徹底レビューします。

Moto E5の販売価格は18,500円、MVNOの格安SIMとセットなら16,800円から購入できます。

すまっぴー編集部和田さん

すまっぴー和田
すまっぴー和田

格安スマホ歴3年目と突入しました!他社SIMフリースマホとの比較メインで解説します!

MotoE5を1週間使ってみたまとめ!

MotoE5を1週間使用してみたまとめは低価格で基本的な機能のみ使えるスマホです。

3Dゲームを楽しむにはスペック不足ですし、写真や動画を取るにもストレージやカメラ性能に難はあります。

一方で18,800円という低価格と使いやすいサイズ、安っぽくないデザインは非常に秀逸です。

電話・メール・LINEなどでしかスマホを使わないという人におすすめしたいスマホです。

Motorola Moto E5
Motorola Moto E5
販売価格
18,500円
分割払い時約770円×24回
画面サイズ5.7インチ
ストレージ16GB
メモリ2GB
OSAndroid8.0
カラー

MotoE5の開封レビュー!

MotoE5の開封レビューです。

付属はオーソドックスな感じで、充電器とイヤフォンのみです。

最近のSIMフリースマホと比べるとやや分厚いかなという印象ですが、低価格ですがモトローラっぽさは失われていません。

MotoE5の付属品と前面ディスプレイ

MotoE5の背面

MotoE5のスペックはどうなの?ベンチマークスコアを公開!

MotoE5のスペック表は以下の通りです。

低価格端末なので、メモリ、ストレージ、CPUは最小限です。

しかし、最新のAndroid8.0が搭載されている点は高く評価できます。

対応OSAndroid™ 8.0
CPUQualcomm® Snapdragon™ 425
ディスプレイ約5.7インチ, HD+ (1440×720)
メモリ(RAM)2GB
ストレージ(ROM)16GB
microSD最大128GB
連続待受時間-
連続通話時間-
通信速度下り(受信)最大150Mbps(LTE)
上り(送信)最大75Mbps(LTE)
通信方式[SIM 1] FDD-LTE : B1/3/5/7/8/18/19/20/26/28/38/40/41
WCDMA : B1/2/5/8/19(6含む)
GSM:850/900/1800/1900MHz
Wi-Fi:IEEE802.11b/g/n準拠 (周波数帯域:2.4GHz)
カメラアウトカメラ:1300万画素
インカメラ:約500万画素
バッテリー容量4,000mAh
SIMサイズSIM1 SIM2 共にnanoSIM
Bluetoothv4.2 with BLE
ポートmicroUSB
GPS
NFC-
テザリング
防水・防塵×
ワンセグ×
おサイフケータイ×
センサー指紋認証、加速度計、近接センサー、環境照度センサー
測位方式GPS、Glonass
本体付属品USB充電器、USBケーブル、ヘッドセット、SIM取り出しピン、クイックスタートガイド、LG
イヤホンジャック
定価18,500円

HUAWEI MotoE5のベンチマークスコア

HUAWEI MotoE5を「Antutu Benchmark」というよく使われるスコアアプリを用いて性能評価しました。

MotoE5のベンチマークスコアは41782で、最近のSIMフリースマホの中でも低めの数値です。

とはいえ実際の使い心地としては大きな違和感を感じることはありません。

外観はモトローラらしさのある武骨なデザイン

カラーやデザインは変わらないモトローラ

HUAWEIやASUSが新しくになるにつれ、デザインをどんどんバージョンアップさせていくなか、モトローラはずっと変わらないデザインです。
MotoG5Plusなど、過去の端末が気に入っていた人は変わらない操作感で利用できるのでおすすめです。

HUAWEIやASUSのギラギラしたデザインはちょっと...という人にはピッタリではないでしょうか。

背面のモトローラロゴが指紋認証!

MotoE5のボディーサイズは約154.4mm×約72.2mm×約8.9mmで男性なら片手での操作も可能なサイズ感です。 女性だと、両手操作する人が多いでしょう。

最近のAndroidは大型化が進んでいるので、私は特に気になりませんがiPhoneからの乗り換えだと最初は大きいなと感じるかもしれません。

面白いなと思ったのは、背面のモトローラのロゴが指紋認証になっている点です。
いかにも指紋認証ですという感じではなくデザイン性は残しつつ指紋認証にも対応している点は好感が持てます。

認証速度も問題なく、違和感なくロック解除できます。

プリインストールが少なくシンプルな初期設定は好感度大

MotoE5にはメーカー固有のアプリがほとんど入っていません。
HUAWEIやASUSの自社アプリが増えているのと比べるとかなりシンプルな初期構成です。

自分で好きなアプリをダウンロードして使うことが出来、不要なものがない構成は好感が持てます。

MotoE5のカメラは若干暗い?

MotoE5は1,300万画素を搭載したカメラが特徴です。

写真を撮ってみた印象は、少し暗く映りやすいという印象でした。
最近のSIMフリースマホはカメラ性能が高く発色が良いカメラが多いのでそれと比べるとやや寂しい印象です。

MotoE5で撮影した写真

バッテリー持ちは良好!ただし、急速充電には非対応

バッテリーは4,000mAhで最近発売されたSIMフリースマホの中でもかなり大容量です。

実際に利用してみてもバッテリー持ちはかなり良いと感じました。

ただし、急速充電には対応していません。
フル充電にするにはかなり時間がかかるので注意してください。

DSDSに対応!microSDとも併用できる!

MotoE5はDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)に対応しています。

DSDS自体は当たり前になりましたが、MotoE5はmicroSDカードとDSDSが併用できます
HUAWEIやASUSの端末はmicroSDカードとDSDSの併用ができません。

motoE5はストレージが16GBと低いのでmicroSDカードと併用できるのは大きなメリットです。

Motorola MotoE5のデメリット

ストレージが16GBと小さい

MotoE5のストレージは16GBと非常に小さいです。

AndroidOSの容量で半分程度占められているので自由に使えるのは8GB程度しかありません。
最近のアプリはかなり大型化しており時にゲームは数GBするものも多くあります。

がっつりスマホを使い込みたいという人にはおすすめできません。

カメラ性能はいまいち

カメラ性能は最近のSIMフリースマホの中ではあまりおすすめできません。
画素が低いわけではないのできめ細かな写真は取れるのですが全体的に暗い印象に写りがちです。

フィルターやアプリなどを使って写真を撮ったほうが満足できるケースが多そうです。

MotoE5と格安SIMをセットで買えるのは5社!最安値はIIJmio

MotoE5は現在5社で販売されています。

2018年6月25日時点で最安値販売はIIJmioになっています。

会社名販売価格分割時格安SIM価格申し込み
17,500円800円×24回300円/月〜
-740円×24回900円/月〜
18,800円-500円/月〜
Motorola Moto E5
Motorola Moto E5
販売価格
18,500円
分割払い時約770円×24回
画面サイズ5.7インチ
ストレージ16GB
メモリ2GB
OSAndroid8.0
カラー

格安SIMと組み合わせるなら中古スマホもおすすめ!

 
 

中古スマホを利用すれば、初期費用を抑えて新しい端末が手に入りますよ!

「安くスマホを購入したいけど、中古だと品質面が心配・・・。」

「わざわざ店舗まで行って購入するのが面倒くさい。」

「格安SIMを買うときに、スマホも安く買えたらいいのに。」

こんなことを思ったことはありませんか?

スママでは、中古スマホの最安値を比較、安心して購入できる販売体制を整えています。

スマホ 中古・新品の最安値比較|スママ

この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
すまっぴー編集部

すまっぴー編集部は、格安SIM・格安スマホ比較に関するコンテンツの企画、制作、編集しています。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜