Apple iPad mini 4のレビュー・スペック・口コミ

販売価格
67,800円
分割払い時
約2,825円×24回
Apple iPad mini 4
サイズ134x203x6(mm)
重さ約304.0g
画面サイズ7.9インチ
カラー
OSiOS 9
CPU
ストレージ16GB
メモリ2GB
カメラ800万画素
バッテリー容量
発売日2015-09-16

Apple iPad mini 4のレビュー

外観デザイン

iPad mini 4のデザインは他のiPadシリーズよりも軽くて、薄いことが売りで、今までは外出する際に邪魔になると考えられていたiPadの常識を変えたデザインで現在とても人気のある機種です。

購入可能か色はゴールド、シルバー、そしてスペースグレイ。その中でもゴールドは1番の人気を誇っています。

カバーを付ける場合はどの色でも変わりませんが、スペースグレイの場合は表のデザインが白ではなく黒になりますのでご注意ください。

スペック

iPad mini 4からはCPUがA8になりiPad mini 3からかなり性能が上がり、フリーズもかなり少なくなりました。

基本的にiPhoneに比べると処理は早いので動作が遅いなどの問題はまずないですが、スペックは高くても、iPad向けにアプリを作っていないものもありますので若干使いにくいこともあります。

画面

画面のサイズは7.9型とiPad mini 3から変更はされていません。 解像度もiPad mini 2から332ppiと変更はされていませんがOSのアップデートにより、かなり綺麗になりました。

iPadシリーズはiPhoneに比べると画面がでかいので動画、映画を目的に購入している方も多く、iPadの映像処理能力はかなり高いです。

バッテリー

バッテリー容量は公式では発表されていませんが最大10時間の使用が可能と表記されていますので外出の際に常に使っているようなことをしない限りはバッテリーが足りなくなりなどの問題はまず起こりませんのでご安心ください。

心配な方は省エネモード、もしくは、自分で画面の灯りなどを調整することができますので、そこで消費を抑える設定をすることをお勧めします。

カメラ性能

iPad mini 4のカメラは800万画素とiPad mini 3よりも300万画素上がっていて、写りがかなり綺麗になりましたがiPadシリーズ自体があまりカメラを重要視していないので、過度な期待は控えておくことをお勧めします。

とはいえ、写真にかなりのこだわりがある場合は別にして、画質が悪く、カメラが使えないということはまずありません.。

その他特徴的な機能

iPad mini 4ではiPad限定で使うことのできるピクチャ・イン・ピクチャ、SplitView・SlideOver、QUICKtypeを使うことができます。
どのような機能かというとピクチャ・イン・ピクチャはSafariでインターネットをやりながら小さな画面をモニター上に映し出し、動画を同時に見ることができます。

SplitView・SlideOver はiPadないにあるアプリを組み合わせて作業効率を上げる働きをしてくれます。例えばTwitterとSafariを組み合わせてみつけた情報をすぐにアップするなどです。QUICKtypeはメモなどですでに入力した文字をタッチして、トラックパッドに帰ることができます。これによりかなり効率化できるようになりました。

Apple iPad mini 4の評判・口コミ

まだ口コミはありません。