1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安スマホ
  3. Samsung
  4. Galaxy A7

Samsung Galaxy A7のスペックレビュー!最安値で買えるMVNOを紹介

販売価格
38,000円
分割払い時
約1,583円×24回
Samsung Galaxy A7
サイズ76x159x7(mm)
重さ約168.0g
画面サイズ6.0インチ
カラー
OSAndroid 9
CPU2.2GHz
ストレージ64GB
メモリ4GB
カメラ2400万画素
バッテリー容量3mAh
発売日2019-10-09

Samsung Galaxy A7が最安値で買えるMVNO

会社名 販売価格 分割時 格安SIM価格 申し込み
38,000円 1,710円×24回 525円/月〜

Galaxy A7が2019年10月1日に発売!!

Samsungの最新機種「Galaxy A7」が、楽天モバイルから2019年10月1日に発売されることが決定しました。

Galaxy A7はミドルスペックながらトリプルカメラを搭載しているので、フラッグシップモデルと比べより安価にトリプルカメラ搭載のスマホを入手できます。

Galaxy A7のスペックレビュー!

カラーは3色展開

  • ブルー
  • ブラック
  • ゴールド

ベゼルありの6インチスクリーン

Galaxy A7は、ベゼルありの6.0インチの有機ELディスプレイを採用しています。

6インチながら、左右のベゼルを削っているため、片手でも使用できるようになっています。

SoCはミッドレンジモデルでSamsung製

Galaxy A7には、Samsung製の"Exynos 7885"を採用しています。Exynosは聞き馴染みがない方が多いと思いますが、Samsung性のスマホ(特に海外版)では積極的に採用しているSoCです。性能は、Snapdragon 636と同等のミッドレンジモデルです。

Galaxy Sシリーズと比べるとかなり抑えたスペックですが、日常使いなら快適に利用できますし、ないよりSシリーズより間違いなく価格は安くなるでしょう。

また、RAMは4GB、ROMは64GBと十分な容量のメモリです。外部メモリは最大512GBのmicroSDXCカードに対応しています。

なお、防水・防塵には非対応です。

バッテリーはそれなり

Galaxy A7のバッテリー容量は3,400mAhとまあまあの容量です。

最新ハイエンドモデルだと4,000mAhを超えるものもあるので、少々おとりはしますが、日常利用ではおそらく問題なく利用できるでしょう。

カメラはトリプルレンズ

Galaxy A7に搭載されたカメラは、2400万画素(メイン)と500万画素(深度測定用)と800万画素(超広角)のトリプルカメラです。インカメラは2400万画素です。

F値も1.7まで絞れるのでカメラ性能はかなり期待できます。

詳細スペック一覧

発売時期2019年10月中
参考価格-円
ディスプレイ6.0インチ

2,220×1,080(FHD+)
有機ELディスプレイ
本体サイズ159.8×76.8×7.5mm
重さ168g
カラー・ブルー
・ブラック・
ゴールド
リアカメラ2400万画素+500万画素+800万画素
フロントカメラ2400万画素
初期OSAndroid 9
独自UI-
SoC(プロセッサ)Exynos 7885 オクタコアCPU(2.2GHz+1.6GHz)
バッテリー容量3,400mAh
メモリ(RAM)4GB
ストレージ(ROM)64GB
Bluetooth5.0
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n/ac
端子不明
防水/防塵性能-/-
指紋認証/顔認証〇/○
NFC
おサイフケータイ-
ワンセグ/フルセグ-
イヤホンジャック不明
外部メモリmicroSD(最大512GB)
SIMカードnanoSIM
通信方式-
センサー-
5G-
eSIM-

Galaxy A7はカメラ好きにおすすめ

Galaxy A7は、特にカメラを重視している人におすすめです。

トリプルカメラ搭載で、標準、超広角、深度測定用があるので、ポートレート撮影や広角撮影もカンタンにできます。

また、フロントカメラ(インカメラ)も2400万画素とかなり高解像度なうえ、1.9/fなので、暗所での自撮りも高画質で撮影できるでしょう。

Samsung Galaxy A7がセットで買える格安スマホ会社

会社名 販売価格 分割時 格安SIM価格 申し込み
38,000円 1,710円×24回 525円/月〜