1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. HUAWEI
  3. P10
  4. 人気のHUAWEI(ファーウェイ)P10を購入レビュー!約1か月間使ってみました!

人気のHUAWEI(ファーウェイ)P10を購入レビュー!約1か月間使ってみました!

最終更新日:
人気のHUAWEI(ファーウェイ)P10を購入レビュー!約1か月間使ってみました!

2017年6月に発売されたHUAWEI(ファーウェイ)の新機種P10(ピーテン)を実際に1か月使ってみました。全体的に使い心地がよく特にカメラ機能が充実していて印象的でした。普段スマホでゲームやカメラをたっぷり楽しむ方にはおすすめです。

HUAWEI(ファーウェイ)のP10を1か月間購入レビュー

HUAWEI P10
HUAWEI P10
販売価格
65,800円
分割払い時約2,741円×24回
画面サイズ5.0インチ
ストレージ64GB
メモリ4GB
OSAndroid7.0
カラー

2017年6月9日、HUAWEIは人気Pシリーズのひとつ『P10』を日本で発売しました。 価格は65,800円と今までになく少し高価ではありますが、ゲーム等アプリの操作性やカメラ性能などは抜群に良い機種です。 発売前から高性能なSIMフリースマホとして期待されていましたが、実際に購入し使用してみても期待以上の体験ができたと感じています。

HUAWEI P10/P10 Plusの気になるスペックとレビュー!P9と徹底比較
関連記事HUAWEI P10/P10 Plusの気になるスペックとレビュー!P9と徹底比較

HUAWEI P10は操作も機能もハイスペック!ゲームもカメラもストレスゼロで楽しめる!

HUAWEIのP10は動画や動作の多いゲームアプリでも快適に遊ぶことができ、画面分割モードによって2つのアプリを同時に使用することができます。また、カメラもハイスペック(性能)でLeica(ライカ)のダブルレンズを使用しており高画質な写真撮影が可能です。 これだけのスペックである通り、使用していて全くストレスを感じることはありません。画面が固まったり写真がぼやけたりすることがないのでゲームやカメラでストレスを感じたくない人には向いてるSIMフリースマホかもしれません。

端末名HUAWEI P10
メーカーHUAWEI
画面サイズ約5.1インチ,FHD(1080×1920ドット),IPS
CPUHUAWEI Kirin 960 オクタコア (4×2.4GHz A73 + 4 × 1.8GHz A53)
OSAndroid 7.0 Nougat / Emotion UI 5.1
RAM4GB
ROM64GB
カメラ画質背面:1200万画素カラーセンサー + 2000万画素モノクロセンサー 前面:800万画素
micro SD スロット
SIMカードNano SIM × 2
通信(LTE)[SIM 1] FDD-LTE : B1/2/3/4/5/7/8/9/12/17/19/20/25/26/28/29 TDD-LTE : B38/39/40/41 キャリアアグリゲーション:2CA/3CA対応 WCDMA : B1/2/4/5/6/8/19 GSM:850/900/1800/1900MHz [SIM 2] WCDMA, GSMの上記周波数(音声通話のみ)
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac
BluetoothBluetooth v4.2 with BLE
バッテリー3200mAh
入出力端子USB Type C
サイズ145.3mm × 69.3 mm × 6.98 mm
重量145g
本体カラーダズリングブルー/プレステージゴールド/ミスティックシルバー/グラファイトブラック

HUAWEIのP10でゲームを思いっきり楽しめた

HUAWEIのP10はオクタコアCPUを搭載しRAM4Gという高速処理大容量のスペックを備えているため、使用前からどんなゲームもサクサク動くのではと予想していました。 そこで今回ラブライブという人気の音ゲームをHUAWEIのP10で体験してみました。

ラブライブはサクサク動き反応も良いスマホでないと成功しないゲームです。P10の操作性の高さを検証するために1曲試しに挑戦しました。

すると画面動作は全くぶれることもなく、絵がぼやけることもなくサクサク操作することができます。気づけばゲームが終わりフルコンボをたたき出す結果となりました。P10なら動作の激しいゲームで好成績を叩き出せるようです。

このようにHUAWEIのP10は動作の激しいゲームでも全く違和感なく楽しめたので、ゲーム好きの方には安心して使用できるスマホだと感じました。

HUAWEIのP10のカメラは高画質すぎて本格的だった

HUAWEIのP10はLaica(ライカ)のダブルレンズカメラの搭載しており使用前から高画質な写真が撮れることを期待していました。 Laica(ライカ)は世界中のカメラマニアが愛する有名一眼カメラで、ハイスペックで高価なカメラとい言われています。そんなLaicaのダブルレンズを使用いているだけあって高画質かつアーティスティックな撮影を楽しめます。 実際に暗い場所でのピザ撮影や明るい場所での彩野菜を撮影してみましたが、どんな明るさでも色味でもきめ細やかに写すことができました。

また、P10にはプロカメラモードというカメラ機能が搭載されており、本物のカメラのように光や絞りの調整をすることができるのです。

ここまで本格的なカメラ調整がスマホでできるなんて驚きました。 しかし普段細かなカメラ調整に慣れていない方でもオート機能で使いやすいよう工夫されています。光の調整は撮影する前に明るくしたい箇所や暗くしたい箇所を軽くタップすればオートで調整できるようになっているので簡単です。

HUAWEIのP10はカメラにこだわる人や簡単に使いたい人にも応えてくれるスマホだと感じました。

HUAWEIのP10の充電の持ちが良く充電が速い

P10はゲームも楽しめるうえにカメラも楽しめる最高のスマホなのですが、これだけ楽しめると「充電がすぐなくなるのでは?」と疑問に思っていました。しかし実際にゲームやカメラを使用してみても1日まるっと楽しめるほど充電の持ちが良かったです。もちろんゲームの内容にもよりますが普段電車の待ち時間や寝る前の時間などに動画鑑賞やゲーム利用をしていても電池がきれることはありませんでした。 また、HUAWEIのP10で注目されていた高速充電ですが、注目されていた通り非常に充電速度は速いと感じます。ほとんど0%の状態から充電器を指して20分たつだけでも半分近く充電されていました。 電池持ちがいいだけでなく充電速度も速いので電池切れで悩むことは少ないスマホだと思います。

HUAWEI P10のバッテリー性能は良好!実際にバッテリー持ちを計測してみた
関連記事HUAWEI P10のバッテリー性能は良好!実際にバッテリー持ちを計測してみた

HUAWEIのP10が購入できる会社をチェックしよう

これほど魅力的なP10ですが以下の会社から購入することができます。

楽天モバイル

楽天モバイルは通話SIMと一緒なら期間限定で一括払い58,800円、分割払い月額2,646円でP10を購入することができます。ただしWEB限定なので購入する際はWEBで申込みましょう。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜ドコモ

イオンモバイル

イオンモバイルはSIMと一緒にP10を購入する場合総額63,800円で購入が可能です。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
480円〜ドコモ

DMMモバイル

DMMモバイルは10,000円値下キャンペーンを行っており、一括払い55,800円での購入が可能です。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
440円〜ドコモ

HUAWEIのP10はゲームもカメラも必ず楽しめるハイスペックスマホ

実際に1か月間使用していて困ることは1つもありませんでした。毎日ゲームをし、暗いレストランで食事や人物の写真を撮影しても、操作ストレスはなく写真は高画質で満足度は非常に高かったです。SIMフリースマホのなかでは少し高価かもしれませんがP10はどんな場面においてもユーザーを満足させる機能が備わっていると思います。 これからゲームもカメラも楽しめるスマホの購入を検討しているのなら、HUAWEIのP10を検討してみてはいかがでしょうか。

HUAWEI P10
HUAWEI P10
販売価格
65,800円
分割払い時約2,741円×24回
画面サイズ5.0インチ
ストレージ64GB
メモリ4GB
OSAndroid7.0
カラー
HUAWEI P10の最安価格はこれだ!格安SIMとセットで買えるMVNO徹底比較
関連記事HUAWEI P10の最安価格はこれだ!格安SIMとセットで買えるMVNO徹底比較
HUAWEI P10日本発売は6月9日!スペックを詳しく解説【2017年8月更新】
関連記事HUAWEI P10日本発売は6月9日!スペックを詳しく解説【2017年8月更新】
会員登録後、マイページから
格安SIM・格安スマホを申し込んだ人全員が対象
会員登録する (無料)