スマホ本体端末の性能・価格を徹底比較!【大手キャリアVS格安スマホ】

スマホ本体端末の性能・価格を徹底比較!【大手キャリアVS格安スマホ】

最終更新日:
Large caf1192a88c653b8e4ca2cb7a4442fee

大手キャリアと格安スマホのスマホ本体に性能差はあるの?そもそも大手キャリアのスマホっていくらなの?スマホ本体端末に関わる、大手キャリアと格安スマホの違いを比較してわかりやすく紹介!

日々進化を続けるスマホの機能。FMラジオ並みの高音質通話サービスのVoLTE(HD+)、フルHDの4倍の情報量を誇る4Kムービーの撮影など新機種が発表されるたびに機能が向上しています。

しかし当然、機能が進化すればそれに応じてスマホ本体端末の価格も上がっています。iPhoneやGalaxy、XPERIAなどのハイスペックな端末の最新機種は10万円近いものも珍しくなくなっています。

もちろん契約によって割引はあるものの、いかにハイスペックといえども2~3年で機種変更するのが一般的なスマホに10万円近い価格の機種は本当に必要なのでしょうか?そこで今回は大手キャリアと格安スマホの徹底比較として、スマホ本体端末の性能・価格に関して見ていきます。

【価格】大手キャリアは高額!?

高額

大手キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)のスマホ価格は、ロースペックな端末で1万円代ミドルスペック端末で3万円代、そしてハイスペック端末で4万円~5万円代となっています。しかしこの価格は、2年契約など様々な契約をすることで割引された後の金額です。

つまりそれぞれのキャリアと2年契約を結び、指定されたプランに加入、端末代金を分割もしくは一括で支払うと実質負担の金額が分かります。仮に一括で支払った場合、その後毎月の支払い分から分割で割り引かれていきます。

そうなると実質、支払い額が1万円台のロースペック端末でも実は定価は5万円、ミドルスペック端末で定価6~7万円、そしてハイスペック端末で定価8~10万円と高額となります。

大手キャリアのスマホの月額料金が高額な原因は3つあげられます。

  • 通信費が高い
  • スマホ端末本体の価格が高い
  • 解約期間が限られており、解約金が高い

【価格】格安スマホと大手キャリアスマホの価格差は5万円!?

格安スマホ価格

大手キャリアと比べて、格安スマホの価格帯をみていきましょう。

例えば格安スマホを提供している会社である楽天モバイルで見てみると、ロースペックな端末で1万円台ミドルスペックな端末で2万円~3万円、そしてハイスペックな端末で4万円~5万円となっています。つまり、大手キャリアで2年契約をし、割引された後の価格とほぼ同じです。

しかし大手キャリアと違う点が3点あります。

  1. 価格が割引をされた後の価格ではないこと
  2. 大手キャリアの2年縛りのような縛りが厳しくないこと(MVNOの契約は3ヶ月から1年が多い)
  3. 一括購入後、契約期間を過ぎたらすぐに解約、また安いSIMのみを別会社から購入して使用するといったことが可能

つまり大手キャリアで販売されている端末と、格安スマホで販売されている端末では同程度のスペックで定価で約5万円の差があるということになります。

また通話SIMではなくデータSIMだけの契約の場合、最低利用期間がない場合も多く、そうなれば大手キャリアであれば8万円から10万円で販売されているハイスペック端末と比べてもそれほど変わらない端末を4万円~5万円で入手することができます。

ハイスペックなSIMフリースマホを徹底比較
関連記事 ハイスペックなSIMフリースマホを徹底比較

【性能】格安スマホで十分快適に利用できる!

格安スマホで快適利用

大手キャリアのハイスペック端末と格安スマホのハイスペック端末は価格にして5万円近い差があるため、機能面では大手キャリアのスマホが勝っています。冒頭でご紹介したようなFMラジオ並みの高音質通話サービスやフルHDの4倍の情報量を誇る4Kムービーの撮影などといった高機能は、どんなにハイスペックといえど格安スマホにはまだ搭載されていません。

しかしそこまで高機能ではないものの、格安スマホの5万円台の端末でも、防水・防塵おサイフケータイワンセグ対応FMラジオ並みの高音質通話が可能なVoLTE1310万画素の高画質カメラ光学式手ブレ補正など、日常生活で利用するには十分な機能を有している機種が多く存在しています。

もちろん、通話音質やカメラ機能などスマホの様々な機能は、光瀬右脳の方が良いことは確かです。しかし、例えばそれほど通話はせず、普段はネットとメールを使う程度という方にとっては、高性能な機能はそれほど重要なものではありません。カメラの画質も撮影してネットで共有する程度であれば、500~800万画素もあれば十分です。

つい、最新の機能やこれまでにない高機能に目がいきがちですが、自分にとってその機能が必要かどうかをしっかりと見極めることを忘れないようにしましょう。

とにかく激安で格安スマホを運用するにはどこの会社を選べばいい?
関連記事 とにかく激安で格安スマホを運用するにはどこの会社を選べばいい?

おすすめの格安スマホ会社

楽天モバイル

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
525円〜 ドコモ (4.3)

mineo

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
700円〜 ドコモ
au
(4.4)

UQモバイル

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
980円〜 au (4.6)

IIJmio

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
900円〜 ドコモ
au
(4.6)

LINEモバイル

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
500円〜 ドコモ (4.5)

OCNモバイルONE

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
900円〜 ドコモ (4.1)
料金・会社検索はこちら
格安スマホ 料金・会社検索はこちら
格安スマホ
料金・会社検索はこちら