格安スマホでのLINE(ライン)の設定方法をしっかり解説

6b8cc1ee71e95befe5209db7b8dc44fd

格安スマホでのLINE(ライン)の設定方法をしっかり解説

最終更新日:

格安スマホでLINEを使うにはSMSが必要です。そのためSIMカードはSMS機能付きを選びましょう。また、データ通信容量と通信速度に注意が必要となります。LINEの設定方法はLINEアプリをダウンロード・起動し、新規登録を行います。その後電話番号認証、電話での認証確認を経て利用登録が完了となります。

今となっては、コミュニケーション手段として欠かせない存在になりつつあるのがLINEです。トークでのやりとりは簡単でスタンプも楽しいし、通話だってLINEを使えば無料できます。そこで気になるのは格安スマホでLINEができるのかという点です。格安スマホでも、LINEを使用することが可能です。

格安スマホでもLINEは使える

LINEはチャットのように簡単にメッセージのやりとりができるコミュニケーションサービスです。LINEにあるスタンプでは絵文字が進化したもので、スタンプだけでメッセージのやりとりをすることができます。また通話機能もあり、LINEのユーザー同士であれば無料で通話もできる優れものです。LINEの音声電話と通常の音声通話との違いとして、LINEではインターネットのデータ通信網を利用して通話が可能となっています。そのため通常の音声通話と比較した場合、音声の品質は劣ってしまいますが、家族や友達など気軽な間柄での通話は、LINEさえあれば簡単にできてしまいます。

これほどコミュニケーション手段として便利なLINEは、格安スマホでも使用することができます。ただし格安スマホでLINEを使うためには、いくつかの注意点があります。

LINEを使うにはSMSが必要!

SIMカードはSMS機能付きを選ぶこと

格安スマホのSIMカードにはSMS機能がついている音声通話対応のものとそうでないものがあるため、格安スマホでLINEを使う場合はSMS機能付きのものを選ぶ必要があります。SMS機能がついているものであれば、LINEの登録が簡単に行うことができます。

SMS機能付きのSIMカードですが、LINE以外のフェイスブックなどのSNSやゲームアプリなどでも本人認証の際に必ず必要となってくるため、LINE以外の面でもSMS機能付きSIMカードは重要となります。

データ通信容量と通信速度に注意

LINEで音声通話を使用する場合2種類あり、LINEユーザー同士でのLINEの音声通話を行う場合とスマホの電話番号を利用して電話するLINE電話があります。LINEの音声通話ではデータ通信を使用して会話を行うため、格安SIMであってもデータ通信が可能であれば音声通話も特に支障なく使うことができます。

ただし注意しなければならないことが、LINEの音声通話でデータ通信を使用するため、契約したプランのデータ通信量が1GBなどとても少ない場合や通信速度が200kbpsなどの低速の場合は通話が難しくなります。つまりLINEでの音声通話によりデータ通信容量が使用範囲を超えてしまったり、通信速度が遅い場合はスムーズに会話することができない場合があります。

そのため自分が毎月どのくらいのデータ通信量を使用しているかをしっかりと把握して自分に合ったプランを選択することが必要です。また、契約しているデータ容量の上限が少ないのであればWi-Fiiと併用してデータ通信量を抑えるといった工夫が必要になります。

LINEのトークやスタンプのみの使用を考えているならばどのプランでも問題はありませんが、LINEの通話を主に使用したいということであれば高速データ通信が可能なプランを選びましょう。

SMS機能について詳しく知りたい方はこちら⇒格安SIMのSMS機能ってなに?メリットは?

LINEを新規登録してから利用するまで

  • LINEをスマホにダウンロードする

iPhoneの場合はAppストアから、Androidの場合はGoogle PlayからLINEアプリをスマホにダウンロードします。

  • LINEアプリを起動する

ダウンロードしたLINEアプリを、タップして起動します。

  • 登録する

LINEアプリの起動画面が出たら「新規登録」というボタンがでてくるため「新規登録」をタップします。

  • 電話番号を認証する

利用登録画面で電話番号を入力する画面が出てくるため、電話番号を入力して「番号認証」をタップします。

  • 利用規約に同意

LINEの利用規約画面が出てくるため、利用規約を確認後「利用規約に同意」をタップします。

  • 電話番号の認証

登録した電話番号に認証番号を送りますという画面が出てくるため「確認」ボタンをタップします。

  • 証番号の入力

電話番号に送付された認証番号を確認し、利用登録画面で届いた認証番号を入力して「次へ」をタップします。

  • 電話での認証確認

「電話接続による認証」をタップするとフリーダイヤルに接続し、自動音声により電話認証が完了します。次にアドレス帳を利用するかしないかを聞かれるため、ここでは「アドレス帳を利用する」をタップします。

  • 利用登録

利用登録画面が出てくるため、自分の名前を入力して「登録」をタップします。するとメール登録画面が出てくるため、「今すぐ登録」「今すぐ登録しない」を選びます。

以上でLINEの初期設定が完了し、LINEが使えるようになります。

SMS機能付きかどうか、データ通信量の上限に注意!

格安スマホでもLINEを使うことができますが、問題なく快適にラインを使用するためにはSMS機能付きであることと、データ通信容量の上限などいくつかの注意点があります。格安SIMを契約する前に、月々のデータ通信容量はどのくらい使用しているのか、音声通話に対応しているかどうかなど事前に確認しておきましょう。