データ通信量を分かりやすく解説!1GBで何ができるの?メール1通何KB?

データ通信量を分かりやすく解説!1GBで何ができるの?メール1通何KB?

最終更新日:
Large ead7a698fa0725ffd177b32d1ad76832

格安スマホや格安SIMを利用するうえでデータ容量は非常に重要です。1GBのデータ容量があればウェブサイトなら約3500ページ、LINEなら50万通、YouTubeなら500分楽しめます。自分が毎月どの程度スマホを使うかを考えて必要なデータ量を計算してみるとよいかもしれません。

格安スマホが一般的に普及してきたことで、パケット放題があるにもかかわらず通信制限がかかることが当然のようになっている人も多いです。
そのため1GBの通信量で、スマホでどのようなことができるのかを把握しておくことが通信制限にならずに快適にスマホを使用するうえで重要になります。

今回は、1GBのデータ通信量でメールやLINE、動画の視聴などはどのくらいできるのかについてそれぞれ詳しく解説します。

1GBでできること一覧表

目安です。実際には利用状況等に左右されます。

1(単位)あたり1GBあたり1日平均
サイト閲覧300KB3,490回116.5回
地図閲覧732KB1,398回46回
LINEトーク2KB50万回16,667回
無料通話0.3MB55時間30分1時間51分
ビデオ通話5.1MB3時間15分6分30秒
メール5KB20万回6,800通
動画の視聴低画質3MB5時間30分10分
高画質11MB90分3分
音楽ダウンロード4MB250曲8曲

データ通信量の1GBってどういうこと

スマホで使用できるデータ通信量は毎月契約しているプランごとに上限が定められており、格安SIMの場合は3GBや7GBなど自分の好きな容量を設定することができます。
しかし注意したいのはデータ通信量が上限を超えてしまった場合に、速度制限にかかってしまうことです。

一度速度制限がかかるとスマホでのサイト閲覧もSNSの更新も全く使い物にならなくなってしまい、128kbps以下の速度ではウェブサイトを表示するのに20秒間、Youtubeなどの動画になると動画が途切れ途切れで視聴が不可能となってしまいます。

このように通信制限によりスマホが使えなくならないように、1GBでどういったことができるのかについて理解しておくことが必要です。
ある程度の目安を覚えておくことで、データ通信量をコントロールして節約することに役立ちます。

ここからは1GBでどんなことができるのか解説していきます。
まずは基本的な機能から解説します。

サイト閲覧

ウェブサイト1ページに対するデータ通信量は、約300KBとなっています。

1GBでウェブサイトはどのくらい見ることができるのかというと、3,490ページです。
1日の平均にすると約116.5ページのサイト閲覧をすることができます。

サイトの閲覧だけで1日そのくらい見ることはあまりないと思いますので、7GBのプランであれば相当なページの閲覧が可能です。
ただしどのようなサイトやページを表示するのかによって、必要な容量は変わってきます。

地図の閲覧

地図アプリの閲覧は、利用者によって状況が違うので、1GBを計測するのが少し難しいです。

スマホ版Googleマップで10分ほどナビを利用すると、は732KB消費します。 1GBを消費するには1,398回地図の閲覧が必要です。

1日の平均にすると46回地図を開くことができます。

メールの送受信

メールの送受信に対してどのくらいのデータ通信量が消費されるのかというと、300文字の送受信で1通当たり5KBとなっています。

メールの送受信は約20万通/月の送受信が可能で、1日の平均にすると約6800通となります。
メールのやり取りを毎日6000通近くすることはあまりないため、メールの場合も十分に使用できるといえます。

LINE(ライン)を送ることができる回数は50万回!

LINE

次にLINEについて解説します。
LINEの機能別に、1GB当たりどのくらいできるのかについて見ていきましょう。

トークの場合

LINEのトークでメッセージを送った場合、500文字で2KBかかります。
1GB消費するには50万回LINEを送り続ける必要があります。
1日の平均にすると、16,667回のやりとりが可能です。

実際のところLINEトークのやり取りではあまりデータ通信量を消費しないため、たとえ通信制限がかかったとしても問題ありません
通信制限により低速モードになったとしても、LINEでのトークのやり取りやスタンプなどは普段と同じように使用することができます。

無料通話の場合

LINEの場合は実際の無料通話でどのくらいのデータ通信量がかかっているかというと、通話時間が1分間で通信量が0.3MBとなります。
1GB消費するには55時間30分の通話が必要です。
1日の平均にすると1時間51分通話できます。

ビデオ通話の場合

ビデオ通話をする場合は無料通話に比べて通信量が多くなり、ビデオ通話1分間に対して5.1MBとなります。
1GB消費するには3時間15分の通話が必要です。
1日の平均にすると6分30秒通話できます。

動画や音楽はデータ量の消費が速い!

スマホ

Youtubeなどの動画視聴や音楽をダウンロードする場合は、データ通信量は他の行為と比べても桁違いにデータ通信を消費します。

Youtube

動画の場合は画質やどのブラウザーを使っているかによっても大きなばらつきがあります。

低画質の場合

1分間の動画視聴で3MB程度の通信量を消費するとされています。
1GBでの動画の視聴時間は約5時間30分となります。
1日10分程度の動画を見ると1ヶ月でちょうど1GBを消費します。

高画質の場合

1分間の動画視聴で11MB程度の通信量を消費するとされています。
1GBで90分程度動画を視聴できます。
3分程度の動画を1ヶ月毎日見ると1GBに到達します。

音楽のダウンロード

音楽のダウンロードですが、目安として4分間の曲であれば1曲当たり約4MBの通信量がかかるとされています。
1GBであれば月に音楽を、約250曲ダウンロードすることができます。

自分の使う量を知った上でプランを選びましょう

以上、1GBでメールやLINEのやり取り、サイトの閲覧や動画の視聴などはどの程度できるのかについて詳しく解説しました。

メールやLINEでのやり取りやウェブサイトの閲覧程度であればそれほどデータ通信量を消費しないため、1GBのデータ通信量でも十分に使用することができます。
しかしYoutubeなどの動画をよく視聴する人の場合は、容量の多いプランで契約したりWiFiを有効に活用するといった工夫が必要です。

使った分だけの従量制のデータ通信プランについて知りたい方はこちら

格安SIMを使った分だけ!従量制のデータ通信プランを徹底比較
関連記事 格安SIMを使った分だけ!従量制のデータ通信プランを徹底比較
料金・会社検索はこちら
格安スマホ 料金・会社検索はこちら
格安スマホ
料金・会社検索はこちら