1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安スマホ
  3. Motorola
  4. moto e6s
  5. 【動画あり】moto e6sレビュー!10日間使って分かった良いところと悪いところまとめ

【動画あり】moto e6sレビュー!10日間使って分かった良いところと悪いところまとめ

最終更新日:
【動画あり】moto e6sレビュー!10日間使って分かった良いところと悪いところまとめ

moto e6sを徹底レビュー!10日間使ってわかった良いところと悪いところを解説します。moto e6sは最近では珍しい1万台の格安スマホで格安SIMとのセット販売であれば実質0円から購入できます。端末価格の安さは魅力的ですが、スペックは厳しい面が多いのも事実です。メールや電話しかスマホは使わないという人やいざというときのサブ機として持っておくのにおすすめです。

moto e6sを10日間使って分かった良いところと悪いところまとめ

Motorola moto e6s
Motorola moto e6s
販売価格
16,800円
分割払い時約700円×24回
画面サイズ6.1インチ
ストレージ32GB
メモリ2GB
OSAndroid 9 Pie
カラー

良いところ

  • とにかく安い!1万円台の格安スマホは貴重
  • バッテリー容量は十分!ライトな使い方なら2日に1回の充電でもオッケー

ここはいまいち

  • CPUは低スペック。がっつりSNSなどを使うとカクツキが気になる
  • カメラ性能は写真・動画ともにひと昔前のレベル...

10日間つかってわかった良いところ、悪いところを動画で紹介

moto e6sはmotoloraの最安値モデル

moto e6sは1万円台の格安スマホとしてmotoloraから2020年9月に発売された端末です。

販売価格が参考小売価格で16,800円で、最近発売されたスマートフォンの中でも最安値となっています。

格安SIMとのセットではかなり安く販売されていて、実質0円~数千円で購入出来ます。

moto e6sをセット購入するのにおすすめの格安SIM

BIGLOBEモバイルなら実質0円

BIGLOBEモバイルのキャンペーンを利用するとポイントバックで実質0円でmoto e6sを購入できます。

月額料金半年間400円!さらに限定コード「DGM」で最大19,000円分ポイント還元(~1/31まで)

IIJmioならキャンペーン利用で一括1,980円

IIJmioのキャンペーンを利用すればmoto e6sを一括1,980円で購入できます。

初期費用1円+MNPでキャッシュバック!

moto e6sのスペック表

発売日2020/9/4
参考小売価格16,800円(税抜)
ディスプレイ6.1インチ
液晶ディスプレイ(HD+)
本体サイズ155.6×73.0mm×8.5mm
重さ160g
カラーメトログレー
エレキピンク
メインカメラ1,300万画素+200万画素
フロントカメラ500万画素
初期OSAndroid 9.0
独自UI-
SoC(CPU)MediaTek Helio P22 2.0 GHzオクタコア
バッテリー容量3,000mAh
メモリ(RAM)2GB
ストレージ(ROM)32GB
Bluetooth4.2
Wi-Fi802.11 b/g/n
測位方式GPS, A-GPS, LTEPP, SUPL, GLONASS
端子micro-USB
防水/防塵性能なし
指紋認証/顔認証〇/×
NFC×
おサイフケータイ×
ワンセグ/フルセグ非対応
イヤホンジャック
外部メモリ最大256GB
SIMカードnanoSIM×2
通信方式4G: B1 / B2 / B3 / B5 / B7 / B8 / B18 / B19 / B20 / B26 / B28 / B40
3G: B1 / B2 / B5 / B6 /B8
センサー指紋認証、加速度計、近接センサー、環境照度センサー
5G×
eSIM×

Antutuベンチマークスコアは約90,000点

スマホのベンチマークアプリ、「Antutu」を利用してスコアを測定したところ90,000点でした。

これは最近のスマートフォンの中でも結構低い数値です。

やはり1万円台のスマートフォンという事でスペックにはあまり出来ないと思った方がよいと思います。

基本的な使用は問題ないがたまにカクツク...

moto e6sのベンチマークスコアは低めですが、全然使えないというわけではありません。

むしろ、LINEやウェブ閲覧程度であれば十分快適に利用できます

ただし、スペックが求められるゲームは難しいですし、SNSでも激しくスクロールしているとカクツイたりと、スペックが足りないと感じるシーンがあるのも事実です。

メモリとストレージが2GB/32GBというのも最近のスマートフォンの中ではかなり少な目でがっつりスマホを利用するには不安が残ります。

バッテリーの持ちは標準程度!1日でなくなるということはなし

バッテリーサイズは3,000mhAで最近のスマートフォンの中では標準サイズです。

実際に使っていても電池の持ちは十分でした。スペックが低く、ディスプレイサイズも小さいことがプラスに働いていて、消費電力も小さくなっているのかなと思います。

OSはピュアAndroid9.0搭載!ただしバージョンアップには不安が...

moto e6sはAndroid 9.0が搭載されています。ピュアAndroidなので、不要なアプリなどは入っておらず使いやすいです。

気になるのは搭載されているOSがAndroid 9.0であるという点です。現在の主流はAndroid 10でPixelなど一部端末ではAndroid 11も解放されています。

販売当初からAndroid 9.0だと今後のアップデートが十分に対応されるのか心配なところではあります。3年、4年と使う端末というよりは2年くらいで買い換える前提で購入するのがよさそうです。

カメラ画質はほどほど...低価格なりの画質

moto e6sのカメラ性能は率直に言うと値段なりといった感じです。

画質はは1,300万画素と200万画素のダブルレンズではあるので、そこまで悪いというわけではありません。   ただ、最近のSIMフリースマホと比較するとどうしても暗めに写ってしまったり細かい部分が荒くなってしまう印象です。

ものすごく悪いというわけではありませんが、価格なりのカメラであるという点は押させておきましょう。

また、動画撮影もあまりよくありません。画質が30fpsしか選択できないうえに、手ブレ補正がないので綺麗な動画を撮るにはかなりのテクニックが必要になります。
普段から良く写真を撮るなどカメラを重視したい人にはあまりお勧めできません。

moto e6sで撮影した写真

※とったそのままをアップすると画像サイズが大きくなりすぎるため、ウェブの画面上ではわからない程度に画像圧縮しています。

moto e6sは初めてのスマホやサブ機としておすすめ

moto e6sは

  • 初めてスマホを使う人
  • 困った時のためにサブ機を持っておきたい人

におすすめの格安スマホです。

ガラケーと同じようにメールや電話でしかスマホは使わないという人にとっては十分なスペックで、低価格で購入できるメリットが大きいです。

また、格安SIMを検討していて、SIMのみで購入しようと思っている人が困った時のサブ機として一応持っておくというのも良いと思います。

BIGLOBEモバイルやIIJmioの格安SIMとセットならかなり安い値段で購入できます。

キャリアを解約すると保証が使えなくなるケースも多いので、代替機として置いておくと安心です。

moto e6sは非常にコストパフォーマンスが高い端末です。

Motorola moto e6s
Motorola moto e6s
販売価格
16,800円
分割払い時約700円×24回
画面サイズ6.1インチ
ストレージ32GB
メモリ2GB
OSAndroid 9 Pie
カラー
この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
すまっぴー編集部

すまっぴー編集部は、格安SIM・格安スマホ比較に関するコンテンツの企画、制作、編集しています。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜