1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 大手キャリアと格安SIMを徹底比較
  3. eSIMってなに?仕組みからメリット・デメリットまで徹底解説

eSIMってなに?仕組みからメリット・デメリットまで徹底解説

最終更新日:
eSIMってなに?仕組みからメリット・デメリットまで徹底解説

eSIMとは次世代のSIMカードのカタチです。最近ではpovoやLINEMOといったキャリア格安プランにも導入されたことで話題になっています。eSIMによってもたらされる未来や有効活用方法なども解説!

従来のSIMカードの仕組みとは、大きく異なることから話題性の高い「eSIM」。名前は聞いたことがあってもeSIMとは何なのか、実際によくわからないという方も多いのではないでしょうか。

今回はeSIMとは何なのか、メリットやデメリット何なのか、eSIMによって未来はどう変わっていくのかに解説していきます。

↓↓↓動画はこちら↓↓↓

SIMって?

現状、スマートフォンやタブレット端末には「SIMカード」は欠かせない存在です。SIMカードは、タブレットやスマホがキャリアの電波(いわゆるモバイルネットワーク)を使用して通話やネットを行えるようにするものであり、カードタイプが従来のSIMでした。そして、次世代型のSIMとしてeSIMが登場しています。

eSIMって?

eSIMは「embedded Subscriber Identity Module」の頭文字を取ったものであり、 1番最初の“embedded”は、“深くしっかりと埋め込まれた”という意味です。つまり、eSIMは端末本体に埋め込まれたSIMということになります。

eSIMはSIMとどう違う?

一般的なSIMの場合、契約する携帯電話事業者を変更する場合はSIMを差し替える必要があります。これはMVNOの格安SIMカードでも、大手キャリアでも変わりません。

しかし、eSIMは通信によって内部に埋め込まています。カードそのものがなくても携帯電話事業者の情報を書き換えることができるため、容易に契約先を変更することが可能となります。

eSIMは世界共通!!

eSIMは世界中のモバイル通信事業者を代表し、モバイル事業約800社を結集しているGSMAという団体の標準で作られています。

すでに規格としては、世界共通の仕様となっているため、海外に輸出する機器を製造する際でも、eSIMが組み込まれている端末であれば、機器本体に情報を組み込むだけで世界各国にある通信事業者の回線を利用することができます。

eSIMを利用するメリット・デメリット

eSIMを利用するメリットは?

メリット①手軽に情報を書き換えられる

eSIMのメリットの1つ目は、ユーザー自身が手軽に携帯電話の情報を書き換えることができるという点です。

手持ちの携帯電話・スマートフォンから、電話番号情報を書き換えることが可能なため、自宅などで簡単に通信事業者を乗りかえることができます。また、海外旅行に行った際には毎回現地のプリペイドSIMに差し替えたりする必要がなくなります。

携帯電話事業者の切り替えに関しては、未だに店舗に行ったりSIMカードを差し替えたりと物理的な手間がかるのが現状です。しかし、eSIMを使用することによってそういった手間やSIM切り替えのわずらわしさを削減することが可能となります。

メリット②複数の契約情報を共有できる

物理SIMは1枚につきひとつの契約情報しか保存できませんが、eSIMは複数のプロファイルを保存できます。

eSIMは複数の契約情報を保存しておいて状況によって使い分けられます。

活用例を挙げると、IIJのeSIMプランと楽天のeSIMプランを契約しておいて2つのプロファイル情報をeSIMに保存します。この場合、今日は楽天のエリア内にいるので楽天の回線で通信をして、楽天回線のエリアを出るときにはIIJmioのeSIMで通信するというような形で、より柔軟に契約の切り替えが可能です。ちなみに同時待ち受けはできません。

また、eSIMは物理SIMと組み合わせてDSDSとしても利用可能です。

iPhone(※iPhone XS以降のiPhone)には物理SIMを1枚しか挿入できませんが、eSIMを組み合わせると物理SIMとeSIMの2つの契約情報を同時待ち受け状態にできます。たとえば、プライベート用の電話番号と仕事用の電話番号を分けたい時や料金の節約のために音声通話SIMとデータSIMを分けたい時などに便利です。

メリット③複数の端末でSIMを共有できる

物理SIMの場合でもSIMカードを別のスマホに挿入すれば同じ回線で通信を行えますが、eSIMは複数の端末でSIMを共有できます。

代表例はiPhoneとApple Watchで、eSIMでも端末同士をペアリングしておけばスマホに搭載されているeSIM契約情報を利用して別のeSIM搭載の端末でも通信を行うことが可能です。

eSIMのデメリット(問題点)

デメリット①eSIM対応機種は限られている

現時点ではeSIMに対応した機種でしかeSIMを利用できません。初期設定を行い、SIMカード型のeSIMを非対応の機種に差し替えて利用すること自体は理論的に可能ですが、切り替え時にの利用中の通信事業者側で何らかの支障が出たり、切り替え自体が行えないなどの可能性もあるため、eSIM非対応の機種での利用は推奨されていないのが現状です。

デメリット②本体が故障しても補償は難しい

eSIMは本体の内部にあることから、本体が故障した場合の補償が非常に難しいといった面があります。 仮にカード型のものだとしても取り出して、修理を依頼する際にどの会社と契約を結んでいたのか、証明すること自体にも手間が掛かることが予想されます。

また、eSIMは再発行の際手数料がかかります。誤って初期化してしまった場合もほとんどの場合手数料が発生するので注意してください。

デメリット③大手キャリアメインプランのみ対応しているオプションがある

Apple Watch単体で通話を行うには「Apple Watchモバイル通信サービス(ソフトバンク)」や「ナンバーシェア(au)」といったキャリアサービスに加入する必要があります。

これらのサービスはMVNOにはいまだに解放されていないサービスのため、国内の格安SIMではApple Watch単体での通話が行えません。また、povo、LINEMOといったキャリア格安プランやワイモバイルなどのサブキャリアもこれらのサービスを利用できません。

eSIM対応プランを提供しているMVNO

2021年5月現在、eSIMプランを提供しているMVNOは以下の5社です。

3か月間月額料金無料かつ対象端末とセット購入で最大25,000円分ポイント還元(終了日未定)
初期費用1円!一括110円端末も!
新事務手数料無料+端末代最大18,000円値引き!SIMのみでもPayPay残高プレゼント

【IIJmio】データプランゼロ

IIJmioのeSIMプラン「データプランゼロ」はデータ通信専用プランです。 利用した分だけデータ量を追加する従量制プランとなっており、1GB495円で利用できます。

以下はデータプランゼロの料金表です。

項目料金円
月額基本料金165円
追加データ量1GB330円
追加データ量2GB~10GB495円
初期費用1円!一括110円端末も!

【楽天モバイル】Rakuten UN-LIMIT Ⅵ

Rakuten UN-LIMIT ⅥはeSIMに対応しています。Rakuten UN-LIMIT Ⅵはデータ利用量によって料金が異なる従量制プランとなっています。

データ量料金
~1GB0円
~3GB1,078円
~20GB2,178円
20GB以上3,278円

楽天モバイルではRakuten HandやiPhoneなど、様々なeSIM対応機種が販売されています。楽天モバイルではセット購入によるポイント還元もあるため、お得に購入できます。

3か月間月額料金無料かつ対象端末とセット購入で最大25,000円分ポイント還元(終了日未定)

povo・LINEMOやワイモバイルもeSIM対応

auの格安プラン「povo」とソフトバンク格安プラン「LINEMO」はeSIMに対応しています。2社共に月額料金は2,728円です。

povoとLINEMOでは端末のセット販売を行っておらず、家電量販店やECサイトなどで事前に購入する必要があります。

また、ワイモバイルの現行プラン「シンプルS/M/L」もeSIMに対応しています。申し込みはeSIM専用ページから行ってください。

新事務手数料無料+端末代最大18,000円値引き!SIMのみでもPayPay残高プレゼント

eSIMが普及したら未来はどう変わるか

個人レベルの変化として考えられるのは、国を越えて移動する際に通信事業者の切り替えが手軽になり、現状よりもコストが削減される可能性があるということだけです。

グローバル化する社会では海外渡航などが増える可能性があります。SIMカードの入れ替えだけでなく、ストレスなく容易に手続きが終わり、通信手段が切り替えられるとすれば多くの人々にとってeSIMはなくてはならない存在となるでしょう。

IoTの加速にもつながる

企業レベルで考えられる変化としては、IoTの加速があげられます。

現状のスマートフォンやタブレットなどのモバイル端末は、電話番号などのネットワーク接続に必要な情報を書き込んだSIMカードを本体に差し込み通信を行います。

通信事業者を切り替えるにはSIMカードの入れ替えが必要となるため、loTの恩恵にあずかる事業者には偏りが出る恐れがあります。

しかし、eSIMであれば、そういった問題に容易に対処することができます。たとえば、端末に内蔵させておいたSIMに後から情報をダウンロードすることも不可能ではありません。そして、SIMの抜き差しが不要となり、簡単に通信キャリアを切り替えることができることから、IoTビジネスの活性化に貢献していくことになるでしょう。

eSIMをもっとも活用できるのがIoTになる可能性も

IoTではセキュリティに対するニーズが高まっており、これを実現するためにeSIMを活用するケースがあります。たとえば、スマートメーター(電力をデジタルで計測する機械)でのデバイス間での通信にeSIMを利用することでeSIM内の暗号を使った二者間での通信の暗号化が保証されます。

とくに最近ではソフトウェアアップデートの仕組みを利用してシステムへの侵入を試みるケースも報告されているため、通信の安全性を確保することはIoTにおいて非常に重要な課題です。そのうえで、eSIMを利用することによって、loT分野での研究が進んでいくことでしょう。

まとめ:eSIMは次世代を担う重要な存在となりうる

eSIMは現状のSIMカードの次世代版であり、端末直接埋め込み型のSIMです。その規格基準やシステム応用方法などには将来性があり、日本国内でも利用環境が徐々に整いつつあります。日本の携帯会社の対応にも注目していきながら、eSIMのこれからの発展を見守っていきましょう。

この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
千歳悠

通話でdocomoを使用。アプリ・データ通信用にmineoを使用中。光回線とのセットでdocomoの契約をしていた為、解約しづらい雰囲気があったが、料金がネックとなった。通話の機会も減りつつある為、今後完全にmineoに乗り換える予定。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜