1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. OCNモバイルONE
  3. OCNモバイルONEの解約条件は?他のMVNOと比較しました

OCNモバイルONEの解約条件は?他のMVNOと比較しました

最終更新日:
OCNモバイルONEの解約条件は?他のMVNOと比較しました

OCNモバイルONEの解約条件を解説します!OCNモバイルONEは格安SIMのなかでも解約条件が緩い格安SIMです。他社が12か月の最低利用期間を設けていることが多いなか、OCNモバイルONE6か月利用すれば無料で解約できます。

格安SIMは、現在多くのメーカーから新しいプランやサービスが提供されており、ユーザーも自由に乗り換えができる環境になりました。

今までは大手キャリアから値段が安くなるための乗り換えが多かったですが、現在はMVNO間での乗り換えも増えています。

OCNモバイルONEはNTTコミュニケーションが展開する格安SIMですが、解約する際に手続きと、注意点について説明します。

解約するにしても、最低利用期間がどうなっているかを知った上で解約の計画を進めることで、無駄な出費が押さえられるでしょう。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜ドコモ

OCNモバイルONEの解約方法

OCNモバイルONEの解約手続きは、手順通りに進めれば簡単ですので機械に不慣れな人でも問題ないはずです。

ただし、解約のタイミングによって手数料が変わる点・乗り換え時に電話番号を引き継ぎたい場合には手続きが必要という点には注意が必要です。

また解約手続きは基本的にネットのみの対応となります。
電話や他の方法での手続きは出来ませんので、必ずネット経由で解約を行いましょう。

OCNモバイルONEの解約に必要なもの

OCNモバイルONEの解約に必要なものは以下の3つです。

  • お客様番号
  • 認証ID
  • 認証パスワード

お客さま番号は「OCN会員登録証」、「お申込内容のご案内」、「料金口座振替のお知らせ」または「請求書」に記載されてありますので、それを確認してください。

OCN認証IDとパスワードは「OCN会員登録証」または「お申込内容のご案内」に記載されています。

解約の手続きはネットから行う

解約の流れは以下のOCNモバイルONEのマイページの案内通りに必要事項を記入していくだけでOKです。

OCNモバイルONEの解約はOCNモバイルONEサイト内の「OCNマイページ」から行います。 マイページ内から、「解約手続きに進む」を選択します。

契約しているすべてのOCNサービスを解約するのであれば「OCN全契約のご解約」を選び、MNP転出を希望するのであれば、「OCNモバイルONE MNP転出のこちら」を選びます。

その後は、必要事項を入力する画面が出てくるので、「お客様番号(Nから始まる10桁の番号)」「認証ID」「認証パスワード」を入力します。

これらの情報は「OCN会員登録証」、契約した時の「お申込内容のご案内」、「料金口座振替のお知らせ」または「請求書」に記載されています。

わからない場合にはカスタマーズフロント(0120-506506)で確認しましょう。

電話番号を引き継ぎたいならMNP転出の手続きが必要

OCNモバイルONEを解約後、他社へ電話番号を引き継いで乗換えをする場合にはMNP転出が必要です。

MNP転出でOCN モバイル ONEから他社へ乗り換える場合は、マイページから、「料金プラン、オプションサービス、割引サービスの解約、OCN モバイル ONE MNP転出はこちら」を選びます。

するとMNP転出の項目に「転出手続きをはじめる」というボタンがあるので、そちらを選びます。

「OCNマイページ」のログインページが出てくるので、OCN IDとOCN IDパスワードを使ってログインします。

そのまま進んでいくことでMNPの予約番号を取ることができます。

また、MNP予約番号の取得は電話でも対応してもらえます。
10:00-19:00なら「カスタマーズフロント(0120-506506)」への電話問い合わせでも取得可能です。

MNP転出の際には、OCNモバイルONEにMNP予約番号を発行してもらうことになるのですが、その際にMNP転出料金が必要となります。

解約違約金とは異なり、消費税の加算があるので、税込みで3,240円となります。

ONCモバイルONE解約の注意点

OCNモバイルONEを解約する際には、注意点があります。

正しい知識を覚えておかないと解約時に料金が発生したりしますので、自分のプランと契約期間を理解した上で解約手続きを進めるのが良いでしょう。

WiFiルーター、USBタイプで加入した場合は返却する

OCNモバイルONEの計約を「WiFiルータータイプ」「USBタイプ」で行った場合、解約手続き後に、返却用キットを利用して返送する必要があります。

返却時の返却送料については、自己負担となります。

また、返却しなかった場合、端末未返却違約金が別途請求されますので、忘れずに必ずへんきゃくしましょう。

利用期間によって解約金が発生します

音声対応SIMを契約している場合は、最低利用期間とそれに応じた解約金が存在しますので注意が必要です。

OCNモバイルONEの最低利用期間は利用開始月を1ヵ月目として6ヵ月目までです。

解約金は最低利用期間内の解約で8,000円(不課税)です。

別途MNP転出が必要な人は手数料として3,240円が必要です。

通常解約の場合は末日時点、MNP転出の場合は転出手続きをNTTコミュニケーションズが確認した日が解約日となりますが、どちらも「日割り計算はない」ので、注意しておきましょう。

解約に関しては、先程紹介したような部分に注意して申込みを行いましょう。

特に、契約期間中の解約は一万円近い出費となります。

もし最低契約期間の期日が迫っているのであれば、その日を待って、違約金が発生しない時期に解約を行うのも1つの方法です。

日割り計算もないので、残り日数を確認してから解約するようにしましょう。

OCN モバイル ONEの契約を考えている人も、解約時のデメリットを最初に知っておけば思わぬ損をせずに済みそうです。

SIMカードは忘れずに返却しましょう

OCNモバイルONEを解約後に、SIMカードの返却を求められます。

もともとSIMカードは買ったというわけではなく、貸与しているものなので使わなくなったらきちんと返却しましょう。

実際返却をしなくても特別なペナルティなどは明記されていませんが、不要となったSIMカードを送るだけなので、ちゃんと返却しておきましょう。

返却する場合の注意点

SIMカードは解約後に返却が必要です。

OCN モバイル ONEのSIMカードはサービス利用のために貸与されているものなので、格安SIMを解約した後はSIMカードを返却する必要があります。

SIMカードは台紙(メモ用紙等)にセロテープなどで貼り付け、封筒に台紙ごとSIMカードを入れて封をし、切手を貼って送ります。

返却先は以下のOCN SIMカード回収係まで送ればOKです。

SIMカード返却先

〒143-0006
東京都大田区平和島3-6-1 東京団地倉庫A2棟 住友倉庫内「OCN SIMカード回収係」行

OCNモバイルONEの違約金を他社MVNOと比較!

格安SIMと呼ばれるMVNO各社にはそれぞれ期間中に解約した場合の違約金が発生することがあります。

各社期間も金額もバラバラなので、新しい会社を選ぶときに、月々の料金やプランだけでなく、解約した時の情報も同時に確認しておきましょう。

最低利用期間の設定と違約金がいくらかかるかを知った上で別会社へ乗り換える場合も契約をしましょう。

特にすぐに乗り換えをするような可能性のある人は、最低利用金が無い会社や、違約金が安い会社を選ぶのも良いでしょう。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜ドコモ

MVNO各社の違約金まとめ

MVNO 最低利用期間 違約金
mineo なし -
FREETEL なし -
b-mobile 5ヶ月 8,000円
OCNモバイルONE 6ヶ月 8,000円
U-mobile 6ヶ月 6,000円
NifMo 7ヶ月 8,000円
IIJmio 12ヶ月 1,000円~12,000円 (12ヵ月-利用月数) × 1,000円
楽天モバイル 12ヶ月 9,800円
UQ mdobile 12ヶ月 9,500円
DTI SIM 12ヶ月 9,800円
ロケットモバイル 1年 9,500円
nuro mobile 12ヶ月 1,000円~12,000円 (12ヵ月-利用月数) × 1,000円
LINEモバイル 13ヶ月 9,800円
BIGLOBE SIM 13ヶ月 8,000円
DMM mobile 13ヶ月 9,000円
エキサイトモバイル 13ヶ月 9,500円
会員登録後、マイページから
格安SIM・格安スマホを申し込んだ人全員が対象
会員登録する (無料)