1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIM
  3. OCNモバイルONE
  4. 【要注意】OCNモバイルONEの解約条件は?手順と注意点を徹底解説!

【要注意】OCNモバイルONEの解約条件は?手順と注意点を徹底解説!

最終更新日:
【要注意】OCNモバイルONEの解約条件は?手順と注意点を徹底解説!

OCNモバイルONEの解約方法を解説!OCNモバイルONEの解約はオンライン上のみで可能です。店舗や電話では行っていないので注意しましょう。また、OCNモバイルONEは格安SIMのなかでも解約条件が緩い格安SIMです。他社が12か月の最低利用期間を設けていることが多いなか、OCNモバイルONEは6か月利用すれば解約違約金を支払うことなく解約できます。

多くのMVNOの登場により、大手キャリアからMVNOへの乗り換えだけでなく、MVNO間での乗り換えが増えています。

OCNモバイルONEを解約したいという方のために、解約手続きとその際の注意点について解説します。

解約はオンライン上のみとなっており、店舗や電話では解約はできない点は抑えましょう。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜
ドコモ

【解約手順・MNP】OCNモバイルONEを解約する

OCNモバイルONEの解約手続きはオンライン上でのみ可能ですが、手順通り行えば非常にカンタンなので、安心してください。

ただ、解約のタイミングによっては手数料が発生する点、乗り換え時に電話番号を引き継ぎたい場合には別途手続きが必要という点は気をつけておきましょう。

《15ステップ》OCNモバイルONEの解約方法

  1. マイページにログイン
  2. "料金/手続き"を選択
  3. "OCNサービス解約"を選択
  4. "解約手続きへ進む"を選択
  5. "光・ADSL・高速モバイル・ホットスポット等一部料金プランのご解約"を選択
  6. 再度ログイン
  7. セキュリティ強化に関する画面を"閉じる"
  8. "OCN解約"を選択
  9. 項目を入力→"認証"
  10. 解約にあたっての注意事項を確認
  11. "上記内容に同意しました"にチェック
  12. 解約希望日を選択し、"次へ"
  13. 請求書交付先を確認して"次へ"
  14. 項目を入力→"次へ"
  15. 内容確認後"解約する"→完了 もし、わからない場合はカスタマーズフロント(電話番号:0120-506-506)で確認しましょう。

OCNモバイルONEの解約に必要なもの

OCNモバイルONEの解約に必要なものは以下の3つ。

  • お客様番号
  • 認証ID
  • 認証パスワード

お客さま番号は"OCN会員登録証"、"お申込内容のご案内"、"料金口座振替のお知らせ"または"請求書"に記載されているので、確認しましょう

OCN認証IDとパスワードは"OCN会員登録証"または"お申込内容のご案内"に記載されています。

《MNP転出方法》OCNモバイルONEの電話番号を引き継ぐ

MNPの転出は"MNP予約番号"を発行する必要があります。詳しくは下記の記事で解説しています。ぜひ合わせてご覧ください。

【注意点】ONCモバイルONEを解約前のチェックポイント

OCNモバイルONEを解約する際には、いくつか注意点があります。

《注意点1》最低利用期間と解約違約金

音声対応SIMを契約している場合は、最低利用期間解約違約金に注意しましょう。

OCNモバイルONEの最低利用期間は利用開始月を1か月目として6か月目までです。

最低利用期間内に解約してしまうと、8,000円(不課税)の解約違約金が発生します。

また、MNP転出をする場合は別途3,240円の手数料を支払う必要があります。

解約の場合は末日時点、MNP転出の場合は転出手続きをNTTコミュニケーションズが確認した日が解約日となりますが、いずれの場合も"日割り計算はない"ため注意しましょう。

《注意点2》SIMカード返却

OCNモバイルONE解約後は、SIMカードの返却義務があるので、速やかに返却しましょう。

返却をしなくても特別なペナルティなどは明記されていませんが、不要となったSIMカードを送るだけなので、きちんと返却しておきましょう。

SIMカードは台紙(メモ用紙等)にセロテープなどで貼り付け、封筒に台紙ごとSIMカードを入れて封をし、切手を貼って送ります。(送付にかかる費用は自己負担です。)

SIMカード返却先〒261-7101
WBG郵便局留 NTTコム SIM回収係

《注意点3》「Wi-Fiルーター」「USBタイプ」の返却

OCNモバイルONEの契約を"Wi-Fiルータータイプ"、"USBタイプ"で行った場合、解約手続き後に、返却用キットを利用して返送する必要があります。

返却送料は自己負担となるので注意。

また、返却しなかった場合、端末未返却違約金が別途請求されますので、忘れずに必ず返却しましょう。

【まとめ】注意点を踏まえた上で最適なタイミングで解約しよう

解約されるというのはMVNO側からするとあまり嬉しいものではありません。そのため、解約金や最低利用期間というのはどのMVNOひいてはMNOでも存在するシステムなので、自身の利用期間を考慮した上で解約のタイミングを図りましょう。

それでも、OCNモバイルONEは最低利用期間が6か月と短く、解約違約金も8,000円の他社よりも好条件なので、ある意味"ユーザーファースト"なMVNOといっていいでしょう。

また、もしMNPで他社へ乗り換える場合は、その時に開催されているキャンペーンを確認して、次の乗り換え先を決めるのも良いかもしれません。

最低利用期間を過ぎたあとは契約期間の自動更新などはないので、じっくりと考えて解約しましょう。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜
ドコモ

▼▼現在開催中のキャンペーンはこちら▼▼

この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
すまっぴー編集部

すまっぴー編集部は、格安SIM・格安スマホ比較に関するコンテンツの企画、制作、編集しています。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜