1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 中古スマホを売買するなら知っておきたい知識
  3. 中古iPhoneはSIMロック解除可能!SIMフリー化できる条件と無料で手続きする方法を解説!

中古iPhoneはSIMロック解除可能!SIMフリー化できる条件と無料で手続きする方法を解説!

最終更新日:
中古iPhoneはSIMロック解除可能!SIMフリー化できる条件と無料で手続きする方法を解説!

中古で購入したiPhoneでもSIMロック解除は可能です。ドコモ、auで販売された中古iPhoneに関してはウェブから手続きすれば無料でSIMロック解除することが出来ます。ソフトバンクやワイモバイル、UQモバイルで販売された中古iPhoneもロック解除可能ですが手数料が必要です。

大手キャリアで販売されたiPhoneは、他社回線で利用できないよう「SIMロック」が施されており、大手キャリア各社で販売されたiPhoneは、販売キャリアと、その回線を使用する格安SIMサービスでのみ利用可能です。

このことは、大手キャリア間の乗換えもできませんし、格安SIMサービスを選ぶ際にも、販売キャリアと同じ回線しか選べないため、サービス選択において足かせとなっています。

しかし、このSIMロックは、2015年5月以降に発売された端末から、原則「SIMロック解除」が可能となっています。

SIMロック解除は購入者じゃなくても可能です。よって、中古で買ったiPhoneでもSIMロック解除は行えます
ただし、ロック解除が可能な条件や手数料が必要となる場合もあります。

今回は、大手キャリア各社で販売された中古iPhoneを入手した際のSIMロック解除のルールや方法、注意点などをまとめました。

SIMロック解除とは

SIMロックは、大手キャリアが自社ユーザーの囲い込みの(他社への流出を防ぐ)ために、自社で販売したスマホにロックをかけて、他社の通信回線で使用する事ができなくする仕組みのことです。

SIMロックがかけられていると、NTTドコモで購入した端末はNTTドコモと、ドコモ回線を使用する格安SIMでしか使えなくなります。au・Softbankについても全く同じ仕組みで、自社回線と、同じ回線を使う格安SIMでしか利用できなくなります。

これに対して、そうしたSIMロックがかけられていない状態を「SIMフリー」と言い、利用できる通信回線の制限がなく、大手キャリアも格安SIMも含めて日本国内の全ての通信会社で利用する事ができます。

また、SIMロック解除を行うと、ロックが解除され「SIMフリー」の状態に戻り、全ての通信会社のサービスを利用可能となります。

大手キャリアで販売されたスマホは、購入者がSIMロック解除の手続きを行わない限りロックされたままであるため、中古で購入・譲り受けた端末がSIMロックされたままのケースは少なくありません。

フリマサイトなどで「SIMロック解除済み」や、「SIMロック解除していません」等の表示は、大手キャリアで購入した端末のSIMロックを解除してあるか、していないかを表します。

一般的に、SIMロック解除済み端末の方が若干高めの価格設定になっていますが、WEBで自分で手続きを行えば無料ですので、多少とは言え割高に購入する必要はないと思われます。

SIMロックされたままでは、販売キャリアの回線しか利用できないため、他回線の大手キャリアや格安SIMで使用したい場合にはSIMロック解除を購入者がしなければなりません。

NTTドコモのSIMロック解除のルールや解除方法

NTTドコモは、最も早くから中古端末のSIMロック解除に対応したキャリアで、ショップとWEBの2通りの方法を用意し、WEBでユーザーが手続きすれば、手数料無料で解除できるという事で、一時は、中古端末を購入するならドコモ版がお勧め…と言われた時期もありました(現在はau・Softbankも同等のサービスを提供中)。

NTTドコモのSIMロック解除のルール

NTTドコモで販売された中古iPhoneのSIMロック解除を行う場合は、以下に適応していなければなりません。

2015年5月以降に発売された端末である事(iPhoneでは、iPhone 6s以降が対象端末となります)

これはiPhoneに限らずAndroidスマホも共通で、2015年4月以前に発売された端末は、SIMロック解除の対象となりません。

iPhoneで言えば、iPhone 6まではSIMロック解除ができません。

ネットワーク利用制限や各種ロック(おまかせロック・アクティベーションロック)がかかっていない事

ネットワーク利用制限とは、紛失・盗難の届け出が出ている端末や、代金未払いで、ネットワーク(通信回線)の利用に制限がかけられ、通信ができない状態にある事を言います。

お任せロックとは、盗難や紛失の際に、ドコモに連絡して端末が動作しないようにロックをかけられる仕組みを言います。また、アクティベーションロックは、iPhoneで「iPhoneを探す」機能をONにしたままの状態の場合、端末を動作させるために「Apple ID、パスワード」が必要となる機能で、同じく盗難・紛失時の被害を防止する機能です。

SIMロック解除可能条件を満たしている

上記に加えて、以下のいずれかに該当する場合SIMロック解除可能となります。

  • NTTドコモで販売されてから100日以上が経過している事(101日目から手続きが可能)
  • 端末代金が完済している事(一括及び分割の場合には一括清算済み)
  • 通信回線の料金支払い方法がクレジットカードである事

NTTドコモのSIMロック解除ができる場所

画像出展:https://www.nttdocomo.co.jp/support/unlock_simcard/

NTTドコモで販売されたiPhoneのSIMロック解除は、「店頭」「WEB」の2通りの手続きが用意されています。

店頭は、全国にあるドコモショップでの手続きで、スタッフによる解除手続きとなり、手数料が3,000円(税別)がかかりますが、WEBから自分で手続きすれば、手数料はかからず無料でSIMロック解除が可能です(実際のWEBでのSIMロック解除について後述します)。

WEBで無料でSIMロック解除する方法(NTTドコモ)

NTTドコモで販売された中古iPhoneのSIMロック解除は、購入者以外の所有者(中古機購入者など)でも、専用WEBを利用すれば無料で手続きが可能です。

ネットワーク利用制限の確認

紛失・盗難や、代金未払いなどの理由により、通信キャリアがネットワーク(通信回線)の利用制限をかけていると、その端末はモバイル通信を利用できません。 SIMロック解除前に、ネットワーク利用制限の確認を行います。

ネットワーク利用制限の確認

dアカウントを作成する

中古iPhoneをWEBからSIMロック解除する場合には、大前提として「dアカウント」が必要です。 dアカウントは、ドコモ回線を契約していなくても誰でも発行できるので、事前に取得しておきましょう。

専用WEBへログイン

認証を経て、SIMロック解除専用WEBにログインします。 dアカウントに登録したメールアドレス宛に、2段階認証用のセキュリティコードが送信されます。

SIMロック解除特設ページはこちらから

ロック解除したいiPhoneのIMEIを入力~手続き

画像出展:https://www.mydocomo.com/dcm/dfw/application/VIEW_ESITE/est/sc/main.jsp

IMEIは、端末固有の「製造番号」です。分からない場合には、電話アプリを立ち上げ「*#06#」と入力すると画面にIMEIが表示されます。

画像出展:https://www.mydocomo.com/dcm/dfw/application/VIEW_ESITE/est/sc/main.jsp

続けて、「手続き内容を確認」し、「SIMロック解除の注意点」に同意します。

「受付確認メールの送信」から、確認メールを受け取るメールアドレスを指定し「次へ」をタップします。 ここまで、1~3まで同じページ内です。

画像出展:https://www.mydocomo.com/dcm/dfw/application/VIEW_ESITE/est/sc/main.jsp

以上で中古iPhoneのSIMロック解除手続きは完了です。手数料はかかりません

手続き完了後、SIMロック解除を行ったiPhoneの電源を入れると、自動的に「アクティベーションロック」の解除外面となり、「Apple ID/パスワード」の入力で、ロック解除され、全ての通信回線での利用が可能となります。

auのSIMロック解除のルールや解除方法

auは当初、auショップでのみ手続きが可能で、SIMロック解除するには必ず手数料が必要でしたが、その後、WEBでの手続きも可能となり、無料でSIMロック解除手続きが可能になっています。

auのSIMロック解除のルール

auで販売された中古iPhoneのSIMロック解除を行う場合は、ドコモ同様に以下に適応していなければなりません。

  • 2015年4月23日以降以降に発売された端末である事
  • ネットワーク利用制限やアクティベーションロックがかかっていない事
  • SIMロック解除可能条件を満たしていること

auのSIMロック可能条件

  • auで販売されてから100日以上が経過している事(101日目から手続きが可能)
  • 端末代金が完済している事(一括及び分割の場合には一括清算済み)
  • 通信回線の料金支払い方法がクレジットカードである事

auのSIMロック解除ができる場所

画像出展:https://www.au.com/support/service/mobile/procedure/simcard/unlock/

auで販売されたiPhoneのSIMロック解除は、「店頭」もしくは「WEB」で手続きが可能です。

店頭での手続きは、全国にあるauショップのスタッフによる解除手続きとなり、手数料3,000円(税別)がかかります。

auでWEBから無料でSIMロック解除する方法

auでもドコモ同様にWEBからであれば中古iPhoneを無料でSIMロック解除できます。

My auのアカウント作成

auで販売された中古iPhoneのSIMロック解除するにはMy auのアカウントが必要になります。

auを契約していなくてもアカウント開設可能なのであらかじめ作成しておきましょう。

SIMロック解除ページへアクセス

auのSIMロック解除ウェブページから「SIMロック解除のお手続き(My au)」というリンクをクリックします。

auのSIMロック解除ページ

IMEIを入力

選択肢の中からの「その他の端末」を選択しIMEI番号を入力

連絡先を入力しSIMロック解除申し込み

連絡先メールアドレスを入力し、「この内容で申し込む」というボタンをクリックするとSIMロック解除手続きが完了します。

SIMロック解除した端末は再起動してアクティベートすれば、SIMフリーとして利用可能になります。

SoftbankのSIMロック解除のルールや方法

Softbankで販売された中古iPhoneのSIMロック解除は、WEB及びショップで手続きが可能となっており、WEBでの手続きであれば、手数料は無料となっています。

ただし、WEBでの手続きは契約者しかできないので、ソフトバンクで販売された中古iPhoneは店頭でSIMロック解除する必要があります

SoftbankのSIMロック解除のルール

Softbankで販売された中古iPhoneをSIMロック解除手続きを行う場合、以下の適応していなければなりません。

  • 2015年5月以降に発売された端末である
  • ネットワーク利用制限やアクティベーションロックがかかっていない事
  • SIMロック解除が可能となる条件のいずれかを満たしている

ソフトバンクのSIMロック解除可能条件

  • 販売されてから100日以上が経過している(101日目から手続きが可能)
  • 端末代金が完済している(一括及び分割の場合には一括清算済み)
  • 購入代金の支払い方法がクレジットカードである

SoftbankのSIMロック解除ができる場所

画像出展:https://www.softbank.jp/mobile/support/usim/unlock_procedure/

Softbankで販売された中古iPhoneのSIMロック解除手続きは、「店頭」のみです。

店頭での手続きは、全国にあるSoftbankショップでの解除手続きとなり、手数料3,000円(税別)がかかります。

サブブランドで販売された中古iPhoneをSIMロック解除する

ワイモバイルやUQモバイルで販売された中古iPhoneのSIMロックも解除可能です。

ワイモバイルで販売された中古iPhoneのSIMロック解除

ワイモバイルで販売された中古iPhoneはワイモバイルショップにてSIMロック解除可能です。

ただし、3,000円の手数料が必要な点には注意しましょう。

また、大手キャリア同様下記の条件を満たす必要があります。

  • 2015年5月以降の販売端末
  • ネットワーク利用制限がかかっていない
  • 購入後101日以上経過or端末一括購入

UQモバイルで販売された中古iPhoneのSIMロック解除

UQモバイルで販売された中古iPhoneはUQお客様にセンターに電話することでSIMロック解除可能です。

ただし、3,000円の手数料が必要な点には注意しましょう。

UQモバイルにおいても下記の条件を満たす必要があります。

  • 2015年5月以降の販売端末
  • ネットワーク利用制限がかかっていない
  • 購入後101日以上経過or端末一括購入
UQお客さまセンター
フリーコール 0120-929-818
音声ガイダンスが流れましたら〔2〕番→〔1〕番を押してください
(携帯・PHSからもご利用いただけます。)
受付時間 9:00 ~ 21:00(年中無休)

中古iPhoneのSIMロック解除 まとめ

以前と異なり、中古で購入または譲り受けたiPhoneは、SIMロック解除手続きにより、購入キャリアの回線の縛りから解放され、自由に好きな通信回線、通信会社で利用することができるようになります。

キャリアによって、NTTドコモとauは購入者でないユーザーの手続きであっても、専用WEBから無料で手続き可能としている一方、Softbankは中古iPhoneの場合は、ショップのみの対応となり、手数料3,000円(税別)を支払う必要があるなど、若干の違いがあります。

ライフサイクルの長いiPhoneは、AppleによるiOSのアップデートを反映しつつ4~5年は問題なく継続利用できます。

ぜひ中古iPhoneをSIMロックを解除してみてください。

この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
すまっぴー編集部

すまっぴー編集部は、格安SIM・格安スマホ比較に関するコンテンツの企画、制作、編集しています。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜