1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 最新ニュースと調査データ公開
  3. 解約月を意識しているのはユーザーの約8割!理由はやはり解約金

解約月を意識しているのはユーザーの約8割!理由はやはり解約金

最終更新日:
解約月を意識しているのはユーザーの約8割!理由はやはり解約金

解約月・解約金に関するアンケート結果を集計したので公開します。解約月を意識している理由は解約金の高さにあり、解約金が1,000円以下に変更された場合解約月を意識することなく解約できるという人が多くを占めました。

2019年10月1日の「改正電気通信事業法」の施行とそれに伴うガイドラインの改定にあわせて、大手キャリア、格安SIMのMVNOが料金プランの変更や解約金・契約期間に関して、修正をかけ始めました。

そこで今回、すまっぴーでは解約月や解約金に関わるアンケートを実施!(~2019/09/18 18:00)

協力してくれた計464名のすまっぴー会員の方々!ご協力ありがとうございます!

解約月や最低利用期間は意識している?

(n=464)

  • 意識した:79.5%(369名)
  • 意識していない:16.8%(78名)
  • 覚えていない:3.7%(17名)

意識した人が79.5%、意識していない人が16.8%。正直、私としては「そりゃそうだ」といった結果でした。むしろ15%以上の方が意識していないという点に驚いています。

すまっぴー編集部内では、「意識した人が多いことにびっくり」と言っている人もいるので、人によって感覚は違うということです。

何か月前から解約月を意識している?

(n=464)

  • 1年以上前:14.2%(66名)
  • 半年くらい前:32.8%(152名)
  • 3か月くらい前:25.9%(120名)
  • 1か月くらい前:17%(79名)
  • 1週間くらい前:1.1%(5名)
  • 前日・前々日:0.6%(3名)
  • 意識したことはない:8.4%(39名)

半年くらい前というのが最も多く32.8%、次いで3か月くらい前が25.9%と3か月くらい前には半分以上の方が解約月(更新月)・最低利用期間を意識し始めるという結果が出ました。

実際、乗り換えや解約を検討している場合、3か月くらい前から準備をしておいた方がスムーズに手続きを行えるので良いです。

逆に、3名(0.6%)が前日・前々日に意識し始めるというのはかなり面白いと感じました。

解約を意識した理由は?

(n=464)

  • 解約金・違約金が高いから:63.6%(295名)
  • 端末代金が残っているから:3.4% (16名)
  • 節目だから:11.9%(55名)
  • もともと解約する前提で契約したから:8.4%(39名)
  • なんとなく:7.8%(36名)
  • その他:4.9%

結果を見ると、6割以上が「解約金・違約金が高いから」を選択しました。

「節目だから」を選択した人が思った以上に多く、季節を大事にする日本人ならではの感覚なのかなとも思いました。

10月から解約金の上限が1,000円になることを知っている?

(n=464)

  • はい:56.7%(263名)
  • いいえ:24.1%(112名)
  • MVNOも含まれていることは知らなかった:19.2%(89名)

全体の7割以上が、2019年10月1日から解約金の上限が1,000円になることをすでに知っていました。

しかしながら、一部MVNOも解約金の上限が1,000円以下になることを知っていたのは全体の半分程度、知っていると答えた人の中でも7割程度。大手キャリアについてはメディアでも多く取り上げられているので、認知度は高いですが、依然MVNOに関しては報道されることも少ないため、このような結果になったと考えられます。

解約金をとして妥当だと思う金額は?

(n=464)

  • 1,000円:32.3%(150名)
  • 0円:22.4%(104名)
  • 3,000円:16.6%(77名)
  • 2,000円:10.6%(49名)
  • 5,000円:6.5%(30名)
  • 以下省略

こちらの質問は自由入力で回答できるようにしたのですが、なかなか面白い結果になりました。

1,000円が多いのは、やはり報道で取り上げられている金額が関係しているのかなと思います。また、0円というのは当然「無料に越したことがない」と考える人がいるからでしょう。

驚いたのは2,000円や3,000円、5,000円が多かったという点。また、現在解約金として多い9,800円と回答した人が3名もいました。少数派ですが、現状に不満はないということでしょう。ほかにも、現状より高い20,000円と30,000円と答えた人がいたことにも驚き。

"契約"ということへの重みを真摯に受け止めている人は意外と多いということなのかもしれません。

解約金が1,000円以下になったら解約月を意識する?

(n=464)

  • すると思う:68.5%(318名)
  • しないと思う:10.6%(49名)
  • わからない:20.9%(97名)

解約金が1,000円以下になったら解約月を意識せずに解約すると思うと答えた方は全体のおよそ7割。残りの3割が「しないと思う/わからない」と回答しています。

やはり1,000円という金額は日常的に消費している身近な金額ではあるので、このような結果になったということでしょう。

すまっぴーアンケート回答者のデータ

性別は?

(n=464)

  • 男性:73.1%(339名)
  • 女性:26.9%(125名)

年齢は?

(n=464)

  • 20歳未満:0.4%(2名)
  • 20~29歳:5%(23名)
  • 30~39歳:15.3%(71名)
  • 40~49歳:33.8%(157名)
  • 50~59歳:30.8%(143名)
  • 60歳以上:14.7%(68名)

男女比は過去のアンケート結果を見ても変わらず7:3となっています。年齢日を見ても40~50代がダントツで多く、6割以上を占めています。

解約した理由は?(複数回答可)

(n=464)

  • 料金が高いから:61.6%(286名)
  • 他にもっと良い事業者を見つけたから:27.2%(126名)
  • サービスが良くないから:8%(37名)
  • 利用してないから:6.5%(30名)
  • 通信速度が遅いから:6%(28名)
  • 海外出張などで必要なくなったから:0.6%(3名)
  • その他(1名以下):8%(37名)

解約するに至った理由として、「料金が高いから」という人は約6割と最も多く、次いで「他にもっと良い事業者を見つけたから」という人がおよそ3割という結果になりました。

「SIMフリー携帯が必要だから」「MNPの特典が魅力的だった」「滞納が続き強制解約」など様々な理由で解約に至った方々もいるようです。

解約金が1,000円以下であれば解約月を意識しない人が多い!

アンケート結果を総括すると、解約月を意識する理由は高い解約金・違約金という存在で、やはり1度に10,000円の出費は負担に感じる人が多い。

しかし、解約金・違約金が1,000円以下になれば、解約月を意識することなく解約するという人が増えるため、自分のタイミングで契約・解約・乗りかえを行えるようになる、ということが今回のアンケートでわかりました。

この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
Tしろ

SIMフリースマホ歴6年でPCやスマホなどのデバイス好き。国内向けに販売されていない端末にも割と詳しく、2011年から脱キャリアしたので絶賛キャリアフリー生活推奨中。「新しいものはとりあえず触ってみる」がモットーです。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜