1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー-厳選19社徹底比較!
  2. SIMフリースマホ比較
  3. ドコモ回線で使えるSIMフリースマホはこれだ!

ドコモ回線で使えるSIMフリースマホはこれだ!

最終更新日:
ドコモ回線で使えるSIMフリースマホはこれだ!

ドコモ回線で使えるSIMフリースマホは多くありますが、その中でもおすすめASUSのZenfoneシリーズとHUAWEI nova liteです。いずれも海外製のSIMフリースマホですが、非常にコストパフォーマンスが高いのが特徴です。ドコモで機種変更すると8万円かかるのに対し、3万円前後で買えるSIMフリースマホは経済的ですね。

オペレーターちゃん
オペレーターちゃん

今回は、特におすすめしたいドコモ回線で使えるSIMフリースマホについて詳しく解説します。

ドコモで使えるSIMフリー端末は種類豊富!

docomo

ドコモで使用できる端末の種類は、各MVNOが販売しているスマホやSIMフリースマホの中でもバリエーションが豊富です。

その理由として約200社あるうちのMVNOの大部分が、ドコモの回線を借りて運用し、ドコモのSIMカードを採用しているからです。

ドコモで使用できるSIMフリースマホ、具体的には、格安スマホの中でも人気のシャープAQUOS mini SH-M03、富士通ArrowsM04などの国内メーカーのスマホ。ASUS Zenfone3やHUAWEI Novaといった海外製SIMフリースマホなど様々なバリエーションがあります。

SHARP AQUOS mini SH-M03
SHARP AQUOS mini SH-M03
販売価格
49,800円
分割払い時 約2,075円×24回
画面サイズ4.7インチ
ストレージ16GB
メモリ3GB
OSAndroid™ 6.0
カラー
FUJITSU arrows M04
FUJITSU arrows M04
販売価格
34,800円
分割払い時 約1,450円×24回
画面サイズ5.0インチ
ストレージ16GB
メモリ2GB
OSAndroid7.1.1
カラー
ASUS Zenfone3
ASUS Zenfone3
販売価格
39,800円
分割払い時 約1,658円×24回
画面サイズ5.2インチ
ストレージ32GB
メモリ3GB
OSAndroid6.0
カラー
HUAWEI nova
HUAWEI nova
販売価格
37,680円
分割払い時 約1,570円×24回
画面サイズ5.0インチ
ストレージ32GB
メモリ3GB
OSAndroid 6.0
カラー

SIMフリースマホを利用する時の注意点

対応バンドが合っていないとSIMフリースマホは使えない

携帯電話キャリアは電波を飛ばして通信を提供していますが、それぞれの会社で異なる複数の周波数を使って電波を飛ばしています。この周波数のことをバンドと言います。

SIMフリースマホでは端末ごとに対応しているバンドが異なっています。

そのため、SIMフリーであってもドコモ系の回線は利用できるが、au系の回線は利用できないという端末もあります。

格安SIM用にSIMフリースマホの購入を検討している場合は、セットで購入するかMVNOの動作確認済み端末をしっかりと確認することが必要です。

ハイスペック、低価格で人気のZenfoneシリーズ

ASUSが提供するZenFoneシリーズには、ZenFone3やZenFone3Laser、ZenFone3Maxなど数種類の端末があり、いずれもドコモ回線で利用可能です。

Zenfone3

ASUS Zenfone3
ASUS Zenfone3
販売価格
39,800円
分割払い時 約1,658円×24回
画面サイズ5.2インチ
ストレージ32GB
メモリ3GB
OSAndroid6.0
カラー

2016年10月に発売されたSIMフリースマホで、背面に指紋認証機能があるのが特徴です。

Zenfone3はバッテリーよりもスペックが重視なので、バッテリーは2,650mAhと大きくはありません。よほど頻繁に使用しなければ足りなくなる心配はないでしょう。

またカメラのスペックが高く、高速フォーカスや手振れ補正など格安スマホには珍しい高性能で使い勝手の良いカメラになっています。

Zenfone3は3Gと4Gを切り替えることなく同時に待ち受けにすることが可能なデュアルSIM・デュアルスタンバイに対応しているので、仕事用とプライベート用のSIMを1台で使い分けることもできます。

40,000円台でこのスペックはとても珍しく、他に不具合も見られないのでヘビーユーザーにもおすすめです。

Zenfone3のレビュー・スペック・口コミ

Zenfone3Laser

ASUS Zenfone3 Laser
ASUS Zenfone3 Laser
販売価格
27,800円
分割払い時 約1,158円×24回
画面サイズ5.5インチ
ストレージ32GB
メモリ4GB
OSAndroid™ 6.0
カラー

Zenfone3LaserはZenfone3とほとんど同じスペックで価格が安い機種となっています。

Zenfone3と比べて外観が大きく違います。Zenfone3は両面ガラス仕上げでしたが、Zenfone3Laserはプラスチック仕上げでZenfone3よりは高級感はありません。

CPUはZenfone3より劣る部分もありますが、大容量の4GBメモリと3,000mAhの長時間バッテリーが特徴です。バッテリーは22日間の連続待受時間を可能にするほどの大容量です。

Zenfone3と同じように高速フォーカスや手振れ補正で撮りたい瞬間を逃しません。カメラの性能は抜群です。

ZenFone3Laserのレビュー・スペック・口コミ

Zenfone3Max

ASUS Zenfone3 Max
ASUS Zenfone3 Max
販売価格
19,800円
分割払い時 約825円×24回
画面サイズ5.2インチ
ストレージ16GB
メモリ2GB
OSAndroid6.0
カラー

Zenfone3Maxは2017年1月に発売されたばかりの最新機種です。

何と言っても4,100mAhの長時間バッテリーが特徴です。
連続待受時間約30日間でZenfone3Laserと比べてさらに大容量になっています。バッテリーの減りが心配なゲームや動画、音楽なども気にせず楽しむことができます。

また、Zenfone3Maxで他の端末も充電できるリバースチャージ機能を搭載しています。
他の端末はもちろん、タブレットやモバイルルーターなども充電できるので大容量バッテリーを最大限利用できます。

背面にある指紋センサーでは、タッチするだけでロックを解除できるほか、ダブルタップでカメラを起動し、撮影まですることができます。
背面カメラは1,300万画素ともちろんハイスペックですが、前面カメラも500万画素で不自由なく使うことができます。

ZenFone3Maxのレビュー・スペック・口コミ

スタイリッシュなデザインのHUAWEI製SIMフリースマホ

HUAWEI Nova

HUAWEI nova
HUAWEI nova
販売価格
37,680円
分割払い時 約1,570円×24回
画面サイズ5.0インチ
ストレージ32GB
メモリ3GB
OSAndroid 6.0
カラー

HUAWEI Novaは2017年2月に発売されたばかりの新機種です。
3G、LTEの同時待受が可能なデュアルSIM・デュアルスタンバイに対応しています。

3,020mAhの大容量バッテリーですが、充電も急速でできます。
大容量バッテリーは充電に時間がかかってしまうことが多いですが、HUAWEI Novaでは充電も急速でできるのでストレスを感じることはありません。

HUAWEI Nova lite

HUAWEI nova lite
HUAWEI nova lite
販売価格
19,800円
分割払い時 約825円×24回
画面サイズ5.2インチ
ストレージ16GB
メモリ3GB
OSAndroid™ 7.0
カラー

HUAWEI Nova liteもNovaと同時に発表された新機種です。
Novaの価格が40,000円ほどなのに対して、Nova liteは20,000円ほどで購入できます。

OSはNovaはAndroid6.0ですが、Nova liteはAndroid7.0なのでこちらの方が新しいOSを使うことができます。

HUAWEI Nova liteのレビュー・スペック・口コミ

格安スマホ15機種!使ってわかった、おすすめ格安スマホ端末【2017年9月】
関連記事 格安スマホ15機種!使ってわかった、おすすめ格安スマホ端末【2017年9月】

BIGLOBEならHUAWEI製の最新端末が安い!

HUAWEI nova liteを格安SIMとセットで買うならBIGLOBE SIM/スマホがおすすめです。

今なら、SIMカードをセット購入することで最大19,600円の割引を受けることが可能です。

HUAWEI nova liteの上位モデルHUAWEI novaも割引対象となっています。

会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
900円〜 ドコモ

ドコモ回線が使えるSIMフリースマホを購入するなら楽天モバイルがおすすめ

ドコモ回線の格安SIMとSIMフリースマホをセットで購入するのであれば楽天モバイルがおすすめです。

楽天モバイルは、楽天ポイントが通常の2倍貯まる5分以内のかけ放題オプションがあるなど、サービスが優れたMVNOです。

また、SIMフリースマホが安くなるキャンペーンも頻繁に行っており、上記で紹介した人気のSIMフリースマホやハイスペックな最新端末も格安で購入できるケースが多いです。

会社名 SIM料金 利用回線 詳細情報 申し込み
525円〜 ドコモ

楽天モバイルの格安スマホ・格安SIM

格安スマホのキャンペーンをおすすめ順に紹介!【最終更新2017年9月7日】
関連記事 格安スマホのキャンペーンをおすすめ順に紹介!【最終更新2017年9月7日】

その他のドコモ回線を利用している格安SIM

ドコモ回線の格安SIMカード・MVNO、厳選8社を徹底比較!
関連記事 ドコモ回線の格安SIMカード・MVNO、厳選8社を徹底比較!

端末を購入しても故障したときが心配

自分でじっくり選んで購入した格安スマホだからこそ「壊してしまったり、水没させてしまったらどうしよう」と不安になりますよね。

今までに故障等で、高額な修理費を支払った方にとっては余計に不安がある点です。そんな不安を拭って、安心してSIMフリースマホを利用するならモバイル保険がおすすめです。

モバイル保険とは、破損・自然故障・水没・盗難等にあった時に保証をしてくれます。

モバイル保険なら、修理費用を年間最大10万円まで何度でも保証してくれます。また、月々たったの700円で保証が受けられるため、金銭的な負担にもならずに手軽に加入することができます。

簡単!モバイル保険の申込はこちら

モバイル保険に加入しておけば、何かあった時に高額な修理費用を支払わなくて済むため安心です。

高性能だったり、お気に入りの格安スマホを購入すればするほど、もしもの事態を想定してモバイル保険に加入しておくことをおすすめします。

モバイル保険は必要?キャリア保証と徹底比較!
関連記事 モバイル保険は必要?キャリア保証と徹底比較!

すまっぴー今月のおすすめ特集

今月のおすすめ会社は…
詳細をチェック