1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. SIMフリースマホ比較
  3. ドコモ回線で使えるSIMフリースマホはこれ!!【おすすめ】

ドコモ回線で使えるSIMフリースマホはこれ!!【おすすめ】

最終更新日:
ドコモ回線で使えるSIMフリースマホはこれ!!【おすすめ】

2019年現在、ほとんどのSIMフリースマホはドコモ回線で使えますが、中でもおすすめはiPhoneシリーズやSHARPのAQUOSシリーズ・ASUSのZenfoneシリーズ・HUAWEIです。いずれもSIMフリースマホに非常に注力しているメーカーを取り上げています。また、ドコモで販売されている機種は5~10万円の価格帯が多いですが、SIMフリースマホであれば1~5万円台でも良い機種が手に入るため経済的ですね。

すまっぴー編集部
すまっぴー編集部

今回はドコモ回線で使えるSIMフリースマホの中でも特におすすめの機種について詳しく解説しますよ。

ドコモで使えるSIMフリースマホは豊富!

ドコモ回線 使えるSIMフリースマホ

ドコモ回線で使用できるSIMフリースマホはバラエティに富んでいます。購入方法としては主に、格安スマホとして格安SIMカードとセット購入やメーカーの公式サイトから直接購入する方法などが挙げられます。

およそ200社あるMVNOの内、大部分がドコモの回線を借りて運営しているため、ドコモ回線で使用できるSIMフリースマホは多いのです。

そのため、ドコモ回線で使用できるSIMフリースマホをすべて紹介するとキリがありません。今回は中でも人気のメーカーから販売されている端末を厳選して紹介します。

2019年人気のSIMフリースマホの具体例

最近の人気SIMフリースマホを挙げるだけでも国内外メーカーの様々なSIMフリースマホがあります。

SIMフリースマホを購入する際の注意点

格安スマホなどで端末をセット購入する場合を除いて、SIMフリースマホを購入する場合は、対応バンド(周波数帯)を必ず確認するようにしてください。

バンドが対応していないとその回線は利用できません。

バンドって?

携帯電話キャリアはモバイル専用の電波を飛ばしてインターネット通信を提供していますが、各キャリアごとに異なる周波数帯を使って電波を飛ばしています。この周波数帯のことをバンドと言います。

対応バンドを必ず確認しよう!

スマホは型番(機種)ごとに対応しているバンドが違います。SIMフリースマホも例外ではありません。

そのため、SIMフリースマホでドコモ回線は利用できても、au回線は利用できないということもあります。

SIMフリースマホの購入を検討している場合は、セットで購入する場合を除き、MVNOが公開している動作確認済み端末を確認するまたは、スペック表から対応バンドを確認することが大切です。

ドコモの対応バンドは?

ドコモ回線の対応バンドは、LTEだとBand(B)1/3/19/21/28です。

Band1は各キャリアで提供しているため必須です。そしてBand19はドコモのプラチナバンドであるため、こちらも必須です。

Band3は東名阪、Band21は地方都市用ですが、それほど重要ではありません。

必須であるBand1とBand19があるか必ず確認しましょう。

ドコモ回線のバンド一覧

バンド周波数説明重要度
Band12.1GHz全キャリアが持つ高速回線
Band31.7/1.8GHzLTE限定で東名阪エリアをカバー
Band19800MHzドコモのプラチナバンド
非対応だと地方などでつながらにくい
Band211.5GHzLTE限定で地方都市などをカバー
Band28700MHz都市部におけるプラチナバンド
すまっぴー編集部
すまっぴー編集部

対応しているバンドは確認できましたか?それではドコモ回線で使えるスマホを紹介していきます。

セット販売を行っているドコモ回線の主要MVNO9社

国内スマホシェアNo.1のiPhoneシリーズ

iPhone 4の発売以降不動の人気を誇るiPhoneシリーズですが、もちろんドコモ回線で使用できます。

中でも以下の4機種はMVNOでも取り扱いがあり、発売から数年経っても不動の人気があります。

iPhone 6siPhone SEiPhone 7iPhone 8
発売年2015年2016年2016年2017年
画面サイズ4.7インチ4インチ4.7インチ4.7インチ
大きさ138.3×67.1×7.1mm123.8×58.6×7.6mm138.3×67.1×7.1mm138.4×67.3×7.3mm
重量143g113g138g148g
SoCA9A9A10A11
ストレージ16/64/128GB16/64GB32/128GB64/128GB
バッテリー容量1,715mAh1,624mAh1,960mAh1,821mAh
カメラ1,200万画素1,200万画素1,200万画素1,200万画素
Apple Pay
3D Touch×
指紋認証
(Touch ID)
防水/防塵-/--/-〇/〇〇/〇
ワイヤレス充電---
True Tone---

iPhone 6s

Apple iPhone 6s
Apple iPhone 6s
販売価格
106,700円
分割払い時約4,445円×24回
画面サイズ4.7インチ
ストレージ16GB
メモリ2GB
OSiOS9
カラー

iPhone 6sは3年半も前に発売された機種でありながら、まだまだ使い続けている人が多いです。

Apple Storeでもすでに販売を終了している製品で、大手キャリアではドコモのdocomo with対象製品として取扱があるだけです。

iPhone 6sを購入できる事業者一覧

会社名販売価格分割時格安SIM価格申し込み
540円0円×24回1980円/月〜
33,800円1,490円×24回500円/月〜
36,000円1,500円×24回980円/月〜
42,768円1,782円×24回2900円/月〜

iPhone SE

Apple iPhone SE
Apple iPhone SE
販売価格
57,024円
分割払い時約2,376円×24回
画面サイズ4.0インチ
ストレージ16GB
メモリ2GB
OSiOS 9
カラー

iPhone SEは、そのサイズ感が病みつきとなり一定数の根強い人気を誇っている機種です。

取り扱いがあるMVNOもあり、低価格なのでiPhoneシリーズでも手にしやすい機種となっています。

iPhone SEを購入できる事業者一覧

会社名販売価格分割時格安SIM価格申し込み
39,600円1,650円×24回800円/月〜
43,200円1,800円×24回700円/月〜
64,800円2,700円×24回3980円/月〜
65,340円2,700円×24回1980円/月〜

iPhone 7

Apple iPhone 7
Apple iPhone 7
販売価格
50,800円
分割払い時約2,116円×24回
画面サイズ4.7インチ
ストレージ32GB
メモリ2GB
OSiOS10
カラー

iPhone 7は、iPhoneシリーズとして初めて防水/防塵性能を備えた機種です。

ほかにも、ホームボタンの仕様変更やイヤホンジャックの廃止など前作のiPhone 6sと比べるとハードウェア面のアップデートが多い印象です。

まだApple Storeでも取扱があり、2019年よりドコモのdocomo with対象端末になりました。

iPhone 7を購入できる事業者一覧

会社名販売価格分割時格安SIM価格申し込み
42,768円1,782円×24回2900円/月〜
46,800円1,950円×24回980円/月〜
-2,350円×24回900円/月〜
64,800円2,700円×24回2980円/月〜
72,000円1,500円×48回900円/月〜
73,116円3,024円×24回1980円/月〜
87,840円3,660円×24回3980円/月〜

iPhone 8

Apple iPhone 8
Apple iPhone 8
販売価格
78,800円
分割払い時約3,283円×24回
画面サイズ4.7インチ
ストレージ64GB
メモリ3GB
OSiOS11
カラー

iPhone 8は2017年9月22日に大手キャリア版とSIMフリー版が発売されました。現在でも継続して販売されています。

前作のiPhone 7ではアルミだった背面もiPhone 8ではガラスへと変更され、ワイヤレス充電にも対応しました。

iPhone 8を購入できる事業者一覧

会社名販売価格分割時格安SIM価格申し込み
72,000円3,000円×24回800円/月〜
72,000円2,000円×36回1580円/月〜
79,704円3,321円×24回2900円/月〜
86,400円3,600円×24回3980円/月〜
91,440円3,810円×24回2980円/月〜

安心の国内メーカーSHARPのAQUOSシリーズ

国内メーカーとしては珍しく、SIMフリースマホ市場に注力しているSHARPのAQUOSシリーズはスマホ初心者にも使いやすい仕様になっています。

シリーズのすべてに防水/防塵性能を備えています。また、FeliCaも搭載しているため「おサイフケータイ」や「モバイルSuica」にも対応しています。

省電力で鮮明な「IGZOディスプレイ」も魅力の一つです。

中でもおすすめの4機種を紹介します。

AQUOS sense2 SH-M08AQUOS R2 Compact SH-M09AQUOS Zero SH-M10AQUOS sense plus SH-M07
発売日2018年12月27日2019年2月21日2019年4月9日2018年6月22日
画面サイズ5.5インチ5.2インチ6.2インチ5.5インチ
大きさ148×71×8.4mm131×64×9.3mm154×73×8.8mm151×71×8.9mm
重量155g135g146g157g
SoCSnapdragon 450Snapdragon 845Snapdragon 845Snapdragon 630
ROM/RAM32GB/3GB64GB/4GB128GB/6GB32GB/3GB
バッテリー容量2,700mAh2,500mAh3,130mAh3,100mAh
カメラ1,200万画素2,260万画素2,260万画素1,640万画素
おサイフケータイ
指紋認証/顔認証〇/〇〇/〇〇/〇〇/-
防水/防塵〇/〇〇/〇〇/〇〇/〇

AQUOS sense2 SH-M08

SHARP AQUOS sense2 SH-M08
SHARP AQUOS sense2 SH-M08
販売価格
36,396円
分割払い時約1,516円×24回
画面サイズ5.5インチ
ストレージ32GB
メモリ3GB
OSAndroid 8.1
カラー

AQUOS senseシリーズの最新SIMフリースマホであるsense2 SH-M08は、auやドコモ、UQモバイルで2017年11月に発売された「AQUOS sense」の正当後継機で、本体サイズは変わらずディスプレイは大きくなりました。

前作にはない顔認証ハイレゾにも対応したので、前作よりも汎用性の高い機種です。

AQUOS sense2 SH-M08を購入できる事業者一覧

会社名販売価格分割時格安SIM価格申し込み
21,800円-900円/月〜
28,800円1,200円×24回500円/月〜
29,800円1,341円×24回525円/月〜
29,800円1,250円×24回900円/月〜
31,104円1,296円×24回2900円/月〜
31,664円0円×24回980円/月〜
32,400円1,350円×24回2980円/月〜
32,400円1,350円×24回480円/月〜
32,800円1,476円×24回480円/月〜
33,000円1,375円×24回700円/月〜
33,000円1,500円×24回300円/月〜
-1,380円×24回900円/月〜
33,334円1,389円×24回640円/月〜
34,600円1,730円×24回500円/月〜
34,800円1,540円×24回500円/月〜
36,000円1,500円×24回800円/月〜
-1,000円×36回1580円/月〜

AQUOS R2 Compact SH-M09

SHARP AQUOS R2 Compact SH-M09
SHARP AQUOS R2 Compact SH-M09
販売価格
80,200円
分割払い時約3,341円×24回
画面サイズ5.2インチ
ストレージ64GB
メモリ4GB
OSAndroid 9
カラー

AQUOS R2 Compact SH-M09はAQUOS R Compact SH-M06の後継機で、ソフトバンク限定で2019年1月から発売されましたが1か月後にSIMフリー版が登場しました。コンパクトサイズに高性能スペックの「ザ・モンスター」の異名を持ちます。

AQUOS R2 Compact SH-M09を購入できる事業者一覧

会社名販売価格分割時格安SIM価格申し込み
55,800円-900円/月〜
64,800円2,750円×24回900円/月〜
-2,900円×24回900円/月〜
69,800円3,141円×24回525円/月〜
75,000円3,125円×24回700円/月〜
82,080円3,420円×24回3980円/月〜

AQUOS Zero SH-M10

SHARP AQUOS zero SH-M10
SHARP AQUOS zero SH-M10
販売価格
99,840円
分割払い時約4,160円×24回
画面サイズ6.2インチ
ストレージ128GB
メモリ6GB
OSAndroid 9.0
カラー

AQUOS Zero SH-M10はAQUOSシリーズ初の国産有機ELディスプレイを搭載した世界最軽量のゲーミングスマホです。元々はソフトバンク限定で2018年12月に発売されましたが、2019年4月に晴れてSIMフリー版が登場しました。

AQUOS Zero SH-M10を購入できる事業者一覧

会社名販売価格分割時格安SIM価格申し込み
77,800円-900円/月〜
79,800円3,350円×24回900円/月〜
89,980円4,049円×24回525円/月〜
96,000円4,000円×24回700円/月〜
99,840円4,160円×24回3980円/月〜

AQUOS sense plus SH-M07

SHARP AQUOS sense plus SH-M07
SHARP AQUOS sense plus SH-M07
販売価格
44,701円
分割払い時約1,862円×24回
画面サイズ5.5インチ
ストレージ32GB
メモリ3GB
OSAndroid™ 8.0
カラー

AQUOS senseの上位版であるsense plus SH-M07は最新のAQUOS sense2 SH-M08に勝るとも劣らない性能&機能を有しています。

たとえば、SoCやバッテリー容量・カメラの画素数はAQUOS sense plusに軍配が上がります。一方で、ディスプレイサイズは同インチで筐体のサイズや重量もほぼ同程度。ただ、AQUOS sense plus SH-M07には顔認証の機能が搭載されていません

2019年1月時点の価格の差はわずか8,000円前後のため、スマホゲームをする人などはAQUOS sense 2よりもAQUOS sense plusの方をおすすめします。

AQUOS sense plus SH-M07を購入できる事業者一覧

会社名販売価格分割時格安SIM価格申し込み
32,800円1,476円×24回525円/月〜
41,900円1,745円×24回500円/月〜
42,800円1,926円×24回480円/月〜
46,980円2,100円×24回300円/月〜

価格と性能のバランスが良いZenfoneシリーズ

台湾メーカーのASUS(エイスース)からはZenfoneというシリーズのSIMフリースマホが人気です!

特徴として、ASUSのスマホはSIMフリー版としてのみ販売されているという点です。大手キャリアでは取扱がないため、大手キャリア利用者が手にする可能性が非常に低いスマホでですが、SIMフリースマホ市場では常に一定数の人気を誇っています。

そんなZenfone シリーズおすすめの3機種を紹介します!

Zenfone 5Zenfone Max(M2)Zenfone Live(L1)
発売日2018年5月18日2019年3月15日2018年12月21日
画面サイズ6.2インチ6.3インチ5.5インチ
大きさ153×75.6×7.7mm158.4×76.2×7.7mm147.2×71.7×8.1mm
重量165g160g140g
SoCSnapdragon 636Snapdragon 632Snapdragon 430
ROM/RAM64GB/6GB32GB/4GB32GB/2GB
バッテリー容量3,300mAh4,000mAh3,000mAh
カメラ1,200万画素+
800万画素
1,300万画素+
200万画素
1,300万画素
指紋認証/顔認証〇/〇〇/〇-/〇
防水/防塵-/--/--/-

Zenfone 5

ASUS Zenfone 5
ASUS Zenfone 5
販売価格
52,800円
分割払い時約2,200円×24回
画面サイズ6.2インチ
ストレージ64GB
メモリ6GB
OSAndroid 8.0
カラー

Zenfone 5の背面には、デュアルレンズが搭載されており、AIが自動で最適なシーン選択をします。さらに、Zenfoneシリーズで初めてベゼルレス(ノッチ付き)のデザインを採用し、画面占有率90%と従来の5.5インチスマホのサイズながらディスプレイは6.2インチと大画面を実現しています。

同時期にカメラ強化版(Zenfone 5QとCPU上位版(Zenfone 5Zも発売されています。

Zenfone 5を購入できる事業者一覧

会社名販売価格分割時格安SIM価格申し込み
46,200円2,200円×24回300円/月〜
-1,980円×24回900円/月〜
48,800円2,050円×24回900円/月〜
49,680円2,070円×24回800円/月〜
52,000円-500円/月〜
52,800円2,376円×24回480円/月〜
52,800円2,200円×24回480円/月〜

Zenfone Max(M2)

ASUS Zenfone Max(M2)
ASUS Zenfone Max(M2)
販売価格
26,800円
分割払い時約1,116円×24回
画面サイズ6.3インチ
ストレージ32GB
メモリ4GB
OSAndroid 8.1
カラー

Zenfone Max(M2)はZenfoneの中でも大容量バッテリーが特長のZenfone Maxシリーズの機種です。

バッテリー容量は4,000mAhと大容量で6.3インチの大画面をです。前作のZenfone Max(M1)はコンパクトサイズが売りだったのに対して今回は大画面を売りにしてきました。

Zenfone Max(M1)を購入できる事業者一覧

会社名販売価格分割時格安SIM価格申し込み
16,800円-900円/月〜
22,800円950円×24回700円/月〜
24,800円1,050円×24回900円/月〜
25,100円1,045円×24回500円/月〜
25,800円1,161円×24回480円/月〜
26,400円1,100円×24回480円/月〜
26,400円1,100円×24回800円/月〜
26,500円1,325円×24回500円/月〜
26,500円1,190円×24回500円/月〜
26,667円1,112円×24回640円/月〜

Zenfone Live(L1)

ASUS Zenfone Live(L1)
ASUS Zenfone Live(L1)
販売価格
16,800円
分割払い時約700円×24回
画面サイズ5.5インチ
ストレージ2GB
メモリ32GB
OSAndroid8.0
カラー

Zenfone Liveシリーズというと、「美人エフェクト」を搭載しライブ配信などに特化したシリーズでしたが、最近のZenfoneシリーズはおおむね「美人エフェクト」機能を搭載しているため、Zenfone Live(L1)はコンパクトな低価格エントリーモデルスマホという位置づけのようです。

指紋認証センサーを搭載していないのに、顔認証を搭載するなどかなりとがった仕様です。とはいえ、1万円台で購入できるスマホで顔認証が搭載されているのはうれしいですね。

Zenfone Live(L1)を購入できる事業者一覧

会社名販売価格分割時格安SIM価格申し込み
14,800円666円×24回480円/月〜
16,667円1,389円×12回640円/月〜
16,800円700円×24回800円/月〜
16,800円700円×24回700円/月〜
16,800円700円×24回480円/月〜
-700円×24回900円/月〜
17,000円800円×24回300円/月〜
17,800円810円×24回500円/月〜

SIMフリー業界をけん引するHUAWEI製品

HUAWEIから発売されるSIMフリースマホは、novaシリーズやPシリーズ・Mateシリーズなど数種類のシリーズがあります。いずれの端末も、ドコモ回線で利用可能です。

今回は人気の以下3機種を紹介します!

nova lite 3nova 3Mate 20 Pro
発売日2019年3月1日2018年10月5日2018年11月30日
画面サイズ6.21インチ6.3インチ6.39インチ
大きさ155.2×73.4×7.95mm157×73.7×7.3mm157.8×72.3×8.6mm
重量160g166g189g
SoCKirin 710Kirin 970Kirin 980
ROM/RAM32GB/3GB128GB/4GB128GB/6GB
バッテリー容量3,400mAh3,750mAh4,200mAh
カメラ1,300万画素+
200万画素
1,600万画素+
2,400万画素
4,000万画素+
2,000万画素+
800万画素
指紋認証/顔認証〇/〇〇/〇〇/〇
防水/防塵-/--/-〇/〇

HUAWEI製品を購入する際の注意事項

HUAWEI製品を購入する前に必ず読んでください

2019年5月15日にアメリカ政府がHUAWEIを事実上の「禁輸措置」を決定したことを受けて、Googleが今後発売するHUAWEI製品へのサービス提供を停止するということに発展しました。

「既存のHUAWEI製品が今後使えなくなる」といったことはないとは思いますが、今後はOSアップデート可能性が非常に低いという状況になっています。

発売済みのHUAWEI製品に関しては、ソフトウェア更新(セキュリティパッチ)やアプリアップデート等は継続して行えるとHUAWEIの呉波氏が公言していますが、OSのアップデートは難しいでしょう。

未発売のHUAWEI製品(今後発売するHUAWEI製品)に関しては、上記についても確実ではないというのが現状です。

いずれの場合も、今後HUAWEI製品を購入する場合は現状を理解した上で購入するようにしてください。

HUAWEI nova lite 3

HUAWEI nova lite 3
HUAWEI nova lite 3
販売価格
26,880円
分割払い時約1,120円×24回
画面サイズ6.21インチ
ストレージ32GB
メモリ3GB
OSAndroid 9
カラー

HUAWEI 2018年に人気を博したHUAWEI nova lite 2の後継機です。

人気の理由は何と言ってもコストパフォーマンスの高さ。ミッドレンジ級のCPUにデュアルレンズカメラ、6.21インチと全部載せで定価が2万円程なのは驚きです。

HUAWEI nova lite 3を購入できる事業者一覧

会社名販売価格分割時格安SIM価格申し込み
14,800円-900円/月〜
15,980円719円×24回525円/月〜
22,800円980円×24回900円/月〜
23,400円975円×24回500円/月〜
24,000円1,000円×24回700円/月〜
24,445円1,019円×24回640円/月〜
26,000円1,300円×24回500円/月〜
26,400円1,100円×24回800円/月〜
26,800円1,206円×24回480円/月〜
26,880円1,220円×24回500円/月〜
-1,120円×24回900円/月〜
31,644円1,296円×24回980円/月〜

HUAWEI nova 3

HUAWEI nova 3
HUAWEI nova 3
販売価格
54,800円
分割払い時約2,283円×24回
画面サイズ6.3インチ
ストレージ128GB
メモリ4GB
OSAndroid8.1
カラー

HUAWEI nova 3は6.3インチの大画面スマホで、GPUブーストを搭載しているため一部の高いフレームレートの3Dゲームでも快適にプレイできます。

さらに、フロントカメラにデュアルレンズを採用したことにより、自撮りでも一眼レフのような絶妙なボケ感を出すことができます。

HUAWEI nova 3を購入できる事業者一覧

会社名販売価格分割時格安SIM価格申し込み
34,800円-900円/月〜
44,800円1,870円×24回900円/月〜
47,800円1,991円×24回500円/月〜
48,889円2,038円×24回640円/月〜
49,680円2,070円×24回800円/月〜
50,000円-500円/月〜
-2,280円×24回900円/月〜
59,184円2,466円×24回480円/月〜
59,184円1,782円×24回1980円/月〜

HUAWEI Mate 20 Pro

HUAWEI Mate 20 Pro
HUAWEI Mate 20 Pro
販売価格
111,880円
分割払い時約4,661円×24回
画面サイズ6.39インチ
ストレージ128GB
メモリ6GB
OSAndroid 9.0
カラー

HUAWEI Mate 20 Proには、Leicaのトリプルレンズを採用しているため、超広角撮影からマクロ接写までプロのカメラマンのような写真が撮れます。

さらに、4,200mAhの大容量バッテリーで、6.39インチの大画面でも1日たっぷり使えます。 ワイヤレスで充電も給電もできる新技術を搭載しています。

HUAWEI Mate 20 Proを購入できる事業者一覧

会社名販売価格分割時格安SIM価格申し込み
84,800円-900円/月〜
91,112円3,797円×24回640円/月〜
98,000円4,100円×24回900円/月〜
99,600円4,150円×24回700円/月〜
104,800円4,366円×24回500円/月〜
105,000円-500円/月〜
111,880円5,034円×24回480円/月〜
120,830円4,482円×24回1980円/月〜
120,960円5,040円×24回3980円/月〜

今回にスマホ紹介で合わせて紹介したMVNO一覧

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜
ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
700円〜
ドコモ
au
ソフトバンク
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
440円〜
ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜
ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜
ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜
ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
500円〜
ドコモ
au
ソフトバンク
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
480円〜
ドコモ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
800円〜
ドコモ
au
ソフトバンク
この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
すまっぴー編集部

すまっぴー編集部は、格安SIM・格安スマホ比較に関するコンテンツの企画、制作、編集しています。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜