1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. SIMフリースマホ比較
  3. 【おすすめ】バッテリー持ちが良いSIMフリースマホ3選

【おすすめ】バッテリー持ちが良いSIMフリースマホ3選

最終更新日:
【おすすめ】バッテリー持ちが良いSIMフリースマホ3選

SIMフリースマホの中には、バッテリー持ちが悪いものもありますが、バッテリーの持ちに定評があるのはASUSから発売されているZenfone Max(M2)は4,000mAhの大容量バッテリーで、大手キャリアのスマホ以上のバッテリー持ちを実現しています。スマートフォンのバッテリーの持ちをよくするテクニックやバッテリーの持ちが良いSIMフリースマホも合わせて紹介しています。

【おすすめ】バッテリー持ちが良いSIMフリースマホ3選

SIMフリースマホの中には、バッテリー持ちが悪いものもありますが、ASUSから発売されているZenfone Max Plus (M1)は4130mAhの大容量バッテリーで、大手キャリアのスマホ以上のバッテリー持ちを実現しています。スマートフォンのバッテリーの持ちをよくするテクニックも紹介します。

すま男
すま男

通話やアプリを使っていると、思っていたよりも早くスマホの充電がなくなって困ってるんです。

すまっぴー編集部
すまっぴー編集部

長い間スマホを使っていると、どうしてもバッテリーのスペックが落ちてしまいますよね。

すま男
すま男

そうそう。

すま男
すま男

だから新しく買い替えようとしても、どのくらいバッテリーの容量があるのか連続で何時間使えるのかが分からないから購入できなくて…。

すまっぴー編集部
すまっぴー編集部

実は…そんなお悩みを解決できる、バッテリー持ちの良いSIMフリースマホがあるんです。

バッテリーの持ちはみんなの悩み

SIMフリースマホを利用するうえで気になるのが、バッテリーがどのくらい持つのかという点です。

とくにゲームをプレイする方たちにとって、バッテリーの持ちはかなり気になるポイント。

そんな方たちにおすすめしたい「バッテリーに自信あり」なSIMフリースマホ3選がこれ!!!

【すまっぴー編集部のおすすめ】Zenfone Max(M2)

ASUS Zenfone Max(M2)
ASUS Zenfone Max(M2)
販売価格
26,800円
分割払い時約1,116円×24回
画面サイズ6.3インチ
ストレージ32GB
メモリ4GB
OSAndroid 8.1
カラー

Zenfone Max(M2)は、連続待受が最大33日間持つSIMフリースマホです。「価格」「バッテリー」「連続待受時間」「新しさ」のバランスが最も良い結果がSIMフリースマホです(すまっぴー調べ)。

Zenfone Max(M2)
市場参考価格バッテリー容量連続待受時間(VoLTE)連続通話時間(3G)Wi-Fi通信時
26,500円4,000mAh約792時間(約33日間)約2,100分(約35時間)約22時間(Webブラウジング)

開封動画もありますので合わせてチェックしてください!

バッテリーの容量が4,000mAh!

ZenFone Max(M2)は、バッテリーの容量が4,000mAhと同価格帯としては非常に大きいです。本当は上位版のZenfone Max Pro(M2)をすすめたいのですが、不具合があって現在は販売休止中なので・・・。

ゲームをよく利用する方や「バッテリーの減りが早い!」と悩んでいる方にとってはうれしいSIMフリースマホです。

同シリーズの前作Zenfone Max(M1)やLive(L1)もおすすめ!

新しさではZenfone Max(M2)にはかないませんが、前作のZenfone Max(M1)もバランスが良くておすすめです。Zenfone Live(L1)は大容量バッテリースマホではコスパNo.1です。

ASUS Zenfone Max(M1)
ASUS Zenfone Max(M1)
販売価格
22,800円
分割払い時約950円×24回
画面サイズ5.5インチ
ストレージ32GB
メモリ3GB
OSAndroid 8.0
カラー
ASUS Zenfone Live(L1)
ASUS Zenfone Live(L1)
販売価格
16,800円
分割払い時約700円×24回
画面サイズ5.5インチ
ストレージ2GB
メモリ32GB
OSAndroid8.0
カラー

Zenfone Max(M2)を購入できる事業者一覧

会社名販売価格分割時格安SIM価格申し込み
16,800円-900円/月〜
24,800円1,050円×24回900円/月〜
25,100円1,045円×24回500円/月〜
26,400円1,100円×24回800円/月〜
26,400円1,100円×24回480円/月〜
26,500円1,325円×24回500円/月〜
26,500円1,409円×24回440円/月〜
26,500円1,190円×24回500円/月〜
26,667円1,112円×24回640円/月〜

バッテリーはどれくらいあるのが良いの??

2,500mAh前後かそれ以上がおすすめ

スマホのバッテリー容量を表す単位は「mAh」(ミリ・アンペア・アワー)です。この単位は、1時間に流せる電流量を表しています。

mAhの数値が大きいと、スマホを利用できる電気量が多いためバッテリー持ちが良いです。バッテリー持ちの良いとされる数値は、一般的に2,500mAh前後と言われていますが最近の大画面スマホ(とくに6インチ以上)のスマホでは2,500mAhではちょっと物足りないので大画面スマホを選ぶ際は3,000mAhを目安に選びましょう。

新規でSIMフリースマホを購入する際は、バッテリーの容量を示す「mAh」がどの程度あるのか確認が必要です。

2,500mAhの連続待受時間は約20日間(目安)

連続待受時間を表記しているバッテリー容量が2,500mAhのAQUOS R2 Compact SH-M09の製品仕様を見てみると連続待受時間はLTE時で約490時間となっています。これは20日程度に相当します。

ただし、使用状況や環境・端末の仕様等でバッテリーの持ちは大きく変化します。あくまでも機種の比較をするときの参考程度にしておきましょう。

SHARP AQUOS R2 Compact SH-M09
SHARP AQUOS R2 Compact SH-M09
販売価格
80,200円
分割払い時約3,341円×24回
画面サイズ5.2インチ
ストレージ64GB
メモリ4GB
OSAndroid 9
カラー

「連続待受時間」を確認する

連続待受時間とは、スマホなどのモバイル端末において、充電が満タンの状態から静止状態で残量がなくなるまでの間に電波の送受信を維持できる最大時間のことです。

この連続待受時間が長ければ長いほど、バッテリー持ちが良いスマホと言われています。

ただし、*スマホの使い方や環境次第で、最大時間が異なる場合があるため、最近では「連続待受時間」を表記しないメーカーが増えてきています。あくまでも目安程度にしておきましょう。

バッテリーを長持ちさせる13のテクニック

どんなにバッテリーが長持ちするスマホでも、使っているうちに徐々に劣化していくことは防げません。

ただ、正しく使用することで劣化を遅らせることはできます。

バッテリー劣化を遅らせる「4のテクニック」

  1. 夏の直射日光の下で放置しない(極端な寒さもNG)
  2. 充電中はスマホを極力使わない
  3. 充電が完了したらすぐにケーブルを外す(過充電防止)
  4. バッテリーを完全に使い切らない(バッテリーが0パーセントになる前に充電する)

以上はバッテリーそのものの劣化を遅らせるためのコツです。

「サイクル劣化」は必ず起こる

近年スマホに搭載されているバッテリーは0%から100%に充電するのを1サイクルとして500サイクルまではメーカーが保証しているといわれています。

500サイクルを超えると「サイクル劣化」が起き、バッテリーの持ちが悪く感じます。サイクル劣化は対策しようがないため、どうしようもありませんが、「サイクル劣化が起き始める=すぐに1日持たなくなる」というわけではありません。

バッテリーは「熱」に弱い

充電中にYouTubeやゲームをしているとスマホが熱くなったという経験をしたことがある人は多いと思いますが、実は「熱」はバッテリーの劣化を早める要因の一つとされています。

過充電もその一つで、過充電によって熱が発生しバッテリーに負担がかかってしまいます。ただ、最近のスマホは非常に頭が良く充電が完了すると電流をストップする仕様になっているものがほとんどなので、躍起になる必要はありません。

バッテリーの持ちを良くする「小ワザ9つ」

  1. 位置情報をオフにする
  2. 画面の明るさを抑える
  3. 使っていないアプリを終了する
  4. 自動同期をオフにする
  5. アプリの自動更新はオフにし必要に応じて手動で更新する
  6. スリープ中はWi-Fiをオフにする
  7. プッシュ通知をオフにする
  8. Bluetoothをオフにする
  9. スリープの設定を短めにする

上記を変更するとバッテリーの持ちが最大で20~30%ほど改善される場合があります。

人によっては「オン」にしておく必要があるものもあるため、状況に応じで設定を変更すると持ちが良くなります。ちなみに、Android 9 Pieには「自動調整バッテリー」という使用頻度が低いアプリの電池使用を制限してくれる機能や、「明るさの自動調節」を記憶し常に最適な明るさを供給する機能などがあるため、バッテリーの持ちに貢献しています。

バッテリー持ちが良いおすすめのSIMフリースマホ3選

  • 【おすすめ】大容量バッテリー最新のSIMフリースマホ⇒Zenfone Max(M2)
  • 大容量バッテリーで性能もよし⇒HUAWEI nova lite 3
  • 連続待受時間が長い国産スマホ⇒AQUOS sense2 SH-M08

【HUAWEI nova lite 3】高性能カメラの高性能SIMフリースマホ

HUAWEI nova lite 3
HUAWEI nova lite 3
販売価格
26,880円
分割払い時約1,120円×24回
画面サイズ6.21インチ
ストレージ32GB
メモリ3GB
OSAndroid 9
カラー

HUAWEI nova lite 3は、コストとパフォーマンスのバランスが 非常に優れたSIMフリースマホです。

HUAWEI nova lite 3
市場参考価格バッテリー容量連続待受時間
26,880円3,400mAh約653時間(約27日間)

とにかく"でき"の良い優等生スマホ

HUAWEI nova lite 3は、3,400mAhの大容量バッテリーにデュアルカメラに高性能チップを搭載したバランスが良い*SIMフリースマホです。

ほぼ同じディスプレイサイズでありながらひと回りほど小さい本体サイズに最新のOS「Android 9」を搭載している2019年発売モデルです。

【AQUOS sense2 SH-M08】国内メーカーの省電力スマホ!

SHARP AQUOS sense2 SH-M08
SHARP AQUOS sense2 SH-M08
販売価格
36,396円
分割払い時約1,516円×24回
画面サイズ5.5インチ
ストレージ32GB
メモリ3GB
OSAndroid 8.1
カラー

AQUOS sense2 SH-M08は、ガラケーに使い慣れた人やライトユーザーにおすすめのSIMフリースマホです。

AQUOS sense2 SH-M08
本体価格バッテリー容量連続待受時間(LTE)
32,800円2,700mAh約620時間(約25日間)

省電力液晶パネルと省電力チップで長時間駆動!

AQUOS sense2 SH-M08にはSHARP開発の「IGZO」という省電力の液晶を採用しているため、通常のIPS液晶や有機ELディスプレイよりもあ長持ちします。

加えて、搭載したチップ「Snapdragon 450」は省電力モデルなのでさらにバッテリーのヘリを軽減します。そのため、2,700mAhと比較的少ない容量でも長時間駆動することができます。

ジャンル別ランキング!

価格対バッテリー容量ランキング「ベスト3」!

価格に対するバッテリー容量でランキング(ベスト3)を作成しました。シンプルにコストパフォーマンスのランキングとなっています。

  1. Zenfone Live(L1)
  2. Zenfone Max Pro(M1)
  3. OPPO R15 Neo

バッテリー容量対待受時間ランキング「ベスト3」!

バッテリー容量に対する連続待受時間でランキング(ベスト3)を作成しました。こちらは価格ではなく、バッテリー容量をいかに効率的に使用しているかがわかるランキングです。つまり、バッテリー容量は連続待受時間には比例しないということが明らかになるランキングです。

  1. Zenfone Live(L1)
  2. AQUOS sense2 SH-M08
  3. Zenfone Max(M1)

まとめ:大容量バッテリーのSIMフリースマホなら電池持ちも安心

SIMフリースマホには、大手キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)では手に入らないスマホを利用することができます。

とくに、Zenfoneシリーズはキャリア版の販売は一切なく、SIMフリー版のみの販売なので、キャリアユーザーと差をつけられます。

大容量バッテリー/連続待受時間が長いSIMフリースマホ一覧

端末名バッテリー容量連続待受時間(目安)市場参考価格
ASUS Zenfone Max Pro(M2)5,000mAh 約840時間(約35日間)35,500円
ASUS Zenfone Max Pro(M1)5,000mAh 約840時間(約35日間)29,800円
OPPO R15 Neo4,230mAh約365時間(約15日間)24,800円
OPPO AX74,230mAh約400時間(約16日間)29,880円
HUAWEI Mate 20 Pro4,200mAh約496時間(約20日間)111,880円
ASUS Zenfone Max(M1)4,000mAh約920時間(約38日間) 22,800円
ASUS ROG Phone4,000mAh約541時間(約22日間)119,500円
ASUS Zenfone Max(M2)4,000mAh約792時間(約33日間)26,500円
HUAWEI nova 33,750mAh約485時間(約20日間)54,800円
OPPO R17 Pro3,700mAh約280時間(約11日間)69,880円
HTC U12+3,500mAh-92,000円
HUAWEI P203,400mAh-69,800円
HUAWEI nova lite 33,400mAh約653時間(約27日間)26,880円
AQUOS Zero SH-M103,130mAh約555時間(約23日間)89,800円
AQUOS sense plus SH-M073,100mAh約670時間(約28日間)40,800円
AQUOS sense2 SH-M082,700mAh約620時間(約25日間)32,800円
ASUS Zenfone Live(L1)3,000mAh約888時間(約37日間)16,800円
サラリーマンさん
サラリーマンさん

バッテリーが長持ちするSIMフリースマホならストレスフリーですね!

関連キーワード

この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
すまっぴー編集部

すまっぴー編集部は、格安SIM・格安スマホ比較に関するコンテンツの企画、制作、編集しています。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜