1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIM
  3. ワイモバイル
  4. 【要注意】Ymobile(ワイモバイル)は解約しにくい!?解約金や解約条件をまとめました

【要注意】Ymobile(ワイモバイル)は解約しにくい!?解約金や解約条件をまとめました

最終更新日:
【要注意】Ymobile(ワイモバイル)は解約しにくい!?解約金や解約条件をまとめました

ワイモバイルの解約はWeb上から行えないので少し面倒です。カスタマーセンターに電話するか店頭で解約手続きをしましょう。最初の更新期間は契約から25~28ヶ月目の3ヶ月間です。更新期間を逃すと9,500円の契約解除料が発生します。契約期間や分割購入の残金はMy Ymobileから確認できます。

ワイモバイルは解約しにくい?

sumahoくん
sumahoくん

ワイモバイルの解約方法がわからないよ~!

ワイモバイルを解約したいけど、公式サイトには電話番号が書いてあるだけで手順がわからず困っている方もいるはずです。

この記事ではワイモバイルの解約方法解約金と契約期間の確認方法解約金が最もかからないタイミングなどを紹介します。

MNP乗り換えなら電話で手続き可能

MNPを利用した解約であれば電話だけで解約できます。もちろんワイモバイルショップでもMNP予約番号を取得できます。

ワイモバイルカスタマーセンターの電話番号は以下の通りです。

  • ワイモバイルの電話から:151(無料)
  • 他社の電話番号や固定電話から:0570-039-151(有料)

電話での受付時間は9時から20時までとなっています。

電話でMNP予約番号を取得する流れ

MNP転出手続きにはワイモバイルの電話番号と乗り換え先の電話番号、ワイモバイルで使用している4桁の暗証番号が必要になります。

オペレーターに繋がると、解約理由や乗り換え先について簡単な質問をされます。電話が終わるとSMSに10ケタのMNP予約番号と有効期限が記載されたメッセージが届きます。

6ヶ月以内の場合MNP転出手数料は2倍の6,000円

他社へのMNP転出は契約月数に応じて以下のMNP転出手数料が必要になります。

  • 新規契約月から6ヵ月以内…6,000円
  • 新規契約月から7ヵ月目以降…3,000円

ワイモバイルの解約方法

ワイモバイルは店舗郵送で解約手続きを行えます。Web上では解約手続きができません。

店舗の場合は大手キャリアと同じようにスタッフが解約手続きを行います。

解約手続きに必要なものは以下の3点です。

  • 本人確認書類
  • 印鑑
  • 契約中のデバイス(盗難・紛失の場合は不要)

忘れると解約できないので必ず持っていきましょう。店頭で解約する場合は即日解約になります。

本人以外が解約手続きをする場合

ワイモバイルの解約は同姓同居の家族であれば代理手続きが可能です。必要なものは以下の通りです。

  • 委任状(PDF)
  • 契約者と代理人の本人確認書類
  • 印鑑
  • 契約中のデバイス(盗難・紛失の場合は不要)
  • 家族関係であることがわかる書類(保険証や住民票記載事項証明書)

郵送の場合は電話で書類を取り寄せる必要がある

近所にワイモバイルショップがない場合や都合で店頭に行けない場合は電話で解約申請書を取り寄せ、郵送による解約が可能です。

  1. ワイモバイルの電話から「116」に発信
  2. 自動音声案内で短縮番号「22」を入力
  3. オペレーターに郵送による解約手続きを希望する旨を伝える
  4. 郵送される書類に必要事項を記入し、返送

固定電話や他社の携帯電話からかける場合の電話番号は0120-921-156です。いずれの番号も通話料金は無料です。

ただし、郵送の手続きは書類が届くまで時間がかかり、送返にも時間がかかります。更新期間に余裕をもって手続きを進めましょう。

解約金の内訳と解約金がかからないタイミング

ワイモバイルを解約するタイミングによっては契約解除料や割賦金など、解約に伴う負担金が発生します。

契約解除料は9,500円

ワイモバイルは更新期間を逃すとベーシックプラン以外、契約解除料が9,500円かかります。

最初の更新期間は契約から25ヶ月目~28ヶ月目です。以降は2年ずつ自動更新されます。

更新期間の確認は電話または「My Ymobile」から行えます。

割賦残金の請求は解約後も続く

解約時点で割賦金が残っている場合、解約後も引き続き機種代金を払う必要があります。この場合は解約しても毎月ワイモバイルからの請求があります。

店頭で解約する場合はその場で残りの割賦金の一括払いも可能なので、解約と同時に精算したい方は面倒でもショップに行きましょう。

一括購入でも24ヶ月以内はバリュースタイルの契約解除料が必要

一括購入の場合も契約から24ヶ月以内に解約する場合は契約解除料に加えてバリュースタイルの契約解除料が発生します。

契約解除料は機種によって異なりますが、契約期間が長ければ長いほど安くなります。25ヶ月目以降はバリュースタイルの契約解除料がかかりません。

ワイモバイル解約時の注意点

基本料金は一部例外を除き日割り計算にならない

ワイモバイルのスマホプランは月の始めに解約しても月額は満額請求されます。日割り計算にはなりません。

そのため、最低でも解約した次の月までは利用料金の引き落としがあります。契約解除料が発生する場合は最後の引き落としと合算されます。

月末に解約手続きをすると無駄な出費を抑えられます。ただし、月末は解約を希望する人が多いのでオペレーターに電話が繋がりづらくなります。

更新期間がギリギリで時間がない場合は最寄りのワイモバイルショップに行きましょう。

家電量販店などで契約した場合は直営店で解約できない

ヤマダ電機やビックカメラなどの家電量販店やワイモバイル取扱店で契約した場合、ワイモバイルショップで解約できない場合があります。

解約手続きはワイモバイルを契約したお店で行いましょう。

ポケットWiFiは3年縛り

ワイモバイルは基本的に2年契約ですが、モバイルルーターのポケットWiFiは3年契約です。

【まとめ】ワイモバイルの解約は少し複雑

  • MNPなら電話で解約可能
  • 初回の更新期間は25~28ヶ月目
  • 更新期間以外に解約すると9,500円かかる
  • 更新期間や割賦金の残額は My Ymobileから確認可能
  • いつ解約しても月額は日割りではなく満額請求される

ワイモバイルは2年縛りがあったりWEB上で解約手続きができなかったり他社MVNOと異なる点が多いです。

解約するタイミングによっては解約金が高額になる可能性があるので、現在契約しているプランや更新期間をMy Ymobileで確認してから電話、または店頭で手続きを進めましょう。

ワイモバイルから乗り換えにおすすめのMVNO

ワイモバイルは通信速度で評価が高く、安定して使えるMNOです。

しかし、月額が少し高い点やカウントフリーなどのオプションがない点がデメリットです。以下ではワイモバイルを解約する方におすすめのMVNOを紹介します。

【ワイモバイル級の爆速】UQモバイル

UQモバイル

UQモバイルはワイモバイルと同じくらい通信速度が速く、回線が混み合う昼間でも安定して利用できます。

すまっぴーでは毎月通信速度の計測を行っており、UQモバイルは毎月ワイモバイルと1位を取り合っています。

さらにおしゃべりプランであれば5分間の国内通話がかけ放題なので、ワイモバイルと同様に料金を気にせず通話できます。

UQモバイルのワイモバイルと異なる点は、余った高速通信データ量の翌月繰り越しが可能です。今月使いきれなかったデータ量を来月使えるとお得な気持ちになりますよね!

また、速度制限時の通信速度はワイモバイルの128kbpsに対しUQモバイルは最大300kbps2倍以上の速さです。

今までワイモバイルの速度制限にイライラしていた方は、UQモバイルに乗り換えれば速度制限時のストレスがかなり減るはずです。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,980円〜
(イチキュッパ割)
au

【YouTube見放題】BIGLOBEモバイル

月々のスマホ代をもっと抑えたい場合はBIGLOBEモバイルがおすすめです。

ワイモバイルは2GBのスマホプランSの月額が1,980円なのに対しBIGLOBEモバイルは1GB増えた3GBのプランでも1,600円です。

また、BIGLOBEモバイルは月額480円でエンタメフリーオプションを利用できます。

エンタメーフリーオプションはYouTubeやAmazon Musicなど全14つのサービスを通信量ゼロで利用できます。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜
ドコモ
au
この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
すまっぴー編集部

すまっぴー編集部は、格安SIM・格安スマホ比較に関するコンテンツの企画、制作、編集しています。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜