1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIM
  3. ワイモバイル
  4. Y!mobile(ワイモバイル)でiPhoneを利用するならセット購入とSIMフリー版どっち?

Y!mobile(ワイモバイル)でiPhoneを利用するならセット購入とSIMフリー版どっち?

最終更新日:
Y!mobile(ワイモバイル)でiPhoneを利用するならセット購入とSIMフリー版どっち?

ワイモバイルでiPhoneを利用するには、セット販売で購入する方法と、SIMフリーのiPhoneを購入する方法などがあります。セットで購入できるのはiPhone 6s、iPhone SEとiPhone 7ですが、SIMフリー版のiPhoneを購入した場合比べ割引がきくので、「最新」にこだわらなければワイモバイルでセット購入することをおすすめします。

iPhoneを販売している格安SIMはそれほど多くはありません。ワイモバイルでは3種類のiPhoneをセット購入できます。安く運用したいならワイモバイルでセット購入、最新のiPhoneを利用したい場合はApple StoreでSIMフリー版を購入することをおすすめします。

  • iPhone SE/6s/7~ワイモバイルとセット購入がおすすめ
  • iPhone 8以降の最新機種~Apple StoreでSIMフリー版の購入がおすすめ
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,980円〜
ワイモバイル

ワイモバイルで購入するならiPhone 6sのセットがおすすめ!

Apple iPhone 6s
Apple iPhone 6s
販売価格
106,700円
分割払い時約4,445円×24回
画面サイズ4.7インチ
ストレージ16GB
メモリ2GB
OSiOS9
カラー

ワイモバイルでiPhone 6s(32GB)を購入すると分割機種代金が0円(頭金は540円)になります!各種割引を適用して月額利用料と合わせても1年間は月額2,138円で利用できます。

端末代コミでこの料金なので、大きく節約できます。

iPhone SEは128GBモデルのみ!

Apple iPhone SE
Apple iPhone SE
販売価格
57,024円
分割払い時約2,376円×24回
画面サイズ4.0インチ
ストレージ16GB
メモリ2GB
OSiOS 9
カラー

2019年3月現在、ワイモバイルで取り扱いのあるiPhone SEは128GBモデルのみのため、iPhone 6sの32GBモデルを購入するより割高になってしまいます。

そのため、とにかく低価格でiPhoneが使いたい!という人には、iPhone 6sのセット購入がおすすめです。

個人的にはiPhone 7がおすすめ!

Apple iPhone 7
Apple iPhone 7
販売価格
50,800円
分割払い時約2,116円×24回
画面サイズ4.7インチ
ストレージ32GB
メモリ2GB
OSiOS10
カラー

iPhone 7は2018年末にワイモバイルで販売開始されたため、機種代金がほかのiPhoneよりも高い価格ですが、iPhone 7はiPhoneの完成形とも呼び声が高く、耐水防塵をそなえ、Felica(おサイフケータイ)も搭載しているため、日常使いには十分すぎる性能を備えているため、個人的には一番おすすめします。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,980円〜
ワイモバイル

ワイモバイルでiPhoneを買う【メリット・デメリット】

ワイモバイルでiPhoneを買うメリット(良い点)

ワイモバイルだととにかく価格が安い

ワイモバイルなら頭金540円だけでiPhoneを使い始めることができます。型落ちとはいえ日常使いではまだまだ余裕で使い続けられます。

一方で、大手キャリアでは端末サポ―トやアップグレードプログラムなどと、あたかも端末が安い良いような売り方をしていますし、格安SIMではiPhoneの割引がイマイチです。

ワイモバイルのiPhoneはテザリング動作保証がある

ワイモバイル版iPhoneのメリットとしては、テザリングが可能であることです。

SIMフリーiPhone×ワイモバイルSIMの組み合わせだと、テザリングができるという動作保証はなく、もしかしたら利用できない恐れがあります。

ワイモバイルのiPhoneは国内版

ワイモバイルでは国内版のiPhoneを購入することができます。

大手キャリアは当然国内版を販売していますが、多くの格安SIMでは海外版や整備品を取り扱っている会社が多いです。

日常使いにちょうど良い機種を取り扱っている

日常使いならiPhone SE程度で十分です。

最新のiPhoneはデザインが一新されたり、チップが新しくなったり、最新技術を盛り込んだりと様々な良い面がある一方で、電話やメールしかしないライトなユーザーにはオーバースペック(性能過多)だったり、価格が高すぎたりと少々ネックな部分も多くなります。

OSのサポートはまだ続いている

3機種で一番古いiPhone 6sでも最新OS「iOS 12」を利用可能です。

iPhoneはOSのサポート長さに定評があり、たとえば、最新のiOS 12はなんと「iPhone 5s」以降の端末もサポートしています。iPhone 5sというと、2013年のモデルです。つまり、6年前の機種もサポート対象なのでiPhone 6sやiPhone SEも(当然iPhone 7も)まだ最新OSで利用できるということになります。

最新のiPhoneは使えなくても最新のiOSを利用できる点はセキュリティの面でも非常に重要なことです。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,980円〜
ワイモバイル

ワイモバイルでiPhone を買うデメリット(注意点)

ワイモバイルで買うと安いけど古いは古い

OSのサポートもされるし価格も安いですが、型落ちなので古いは古いです。一部アプリも非対応の可能性がある点も注意です。

ワイモバイルのiPhoneはSIMフリー版ではない

ワイモバイルで購入できるiPhoneはSIMフリー版ではなくワイモバイル版なので、SIMロックがかかっています。

ワイモバイルから別の格安SIMや大手キャリアに乗りかえる際は、ワイモバイルでSIMロックを解除してもらう必要があります。

カメラはさすがに最新機種に劣る

カメラ性能は年々進化しているため、やはり最新機種で撮影したものと比べるとみ劣ってしまいます。

深度コントロールやF値の差などは端末そのものの機能なので、古い機種には搭載されていません。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,980円〜
ワイモバイル

SIMフリー版の購入はApple Storeがおすすめ!

SIMフリー版を購入する方法はApple Storeでの購入か中古での購入、海外並行輸入品を購入する3パターンですが、断然Apple Storeでの購入をおすすめします。

Apple Storeでは基本的に一括購入ですが、2019年3月現在はショッピングローンで分割購入する際に発生する金利手数料が24回払いまでは無料となっています。

最新のiPhone XSは121,824円~

Apple iPhone XS
Apple iPhone XS
販売価格
112,800円
分割払い時約4,700円×24回
画面サイズ5.8インチ
ストレージ64GB
メモリ4GB
OSiOS 12
カラー

iPhone XSのSIMフリー版をApple Storeで購入すると、価格は121,824円(税込)~です。24回払いだと単純計算で5,076円×24回となります。

⇒Apple Storeをのぞいてみる

iPhone 7も取扱があるが端末割引はない

2019年3月現在、Apple Storeで取り扱いのある端末でもっとも古いものはiPhone 7です。機種代金は一括54,864円(税込)となっています。機種代金だけで考えるとワイモバイルでは73,116円なのでApple Storeの方が安く感じますが、ワイモバイルでiPhone 7を買うと最大38,880円割引割引されるため、実質34,236円で購入できるということになります。

個人的にはiPhone 8がおすすめ!

Apple iPhone 8
Apple iPhone 8
販売価格
78,800円
分割払い時約3,283円×24回
画面サイズ4.7インチ
ストレージ64GB
メモリ3GB
OSiOS11
カラー

SIMフリー版を購入するなら2019年3月現在では最新のiPhone XSやXRではなくiPhone 8を買うことをおすすめします。iPhone XSやXRはまだまだ値下げ対象にならないですが、iPhone 8の価格はだいぶ落ち着いて今は6万台で購入することができるようになりました。iPhone 7なら格安SIMでも購入できるのでApple Storeで買うのであればiPhone 8をおすすめします。

SIMフリー版のiPhoneをワイモバイルで使う【メリット・デメリット】

SIMフリー版のiPhoneをワイモバイルで使うメリット(良い点)

最新iPhoneを利用できる

SIMフリー版のiPhoneをワイモバイルで利用するメリットはやはり最新のiPhoneを大手キャリアより安く利用できる点です。

仮に、ドコモで「カケホーダイライト」「ベーシックパック」で毎月3GB利用する場合は5分かけ放題がついて24か月間9,396円です。一方、ワイモバイルで「スマホプランS」で毎月3GB利用する場合は10分かけ放題がついて12か月間は6,650円、13か月目から24か月目までは7,650円となります。25か月目以降はさらに差額が生じます。

Apple StoreでワイモバイルのSIMカードも同時購入できる

Apple StoreでiPhoneを購入するともれなくワイモバイルのSIMカードを同時購入できます。SIMカード代は無料で、契約手数料3,000円が割引されます。

持ち込みiPhoneで契約すると【SIM単体契約特別割引】が適用される!

ワイモバイルをSIM単体で契約すると「SIM単体契約特別割引」という割引が適用されます。契約するプランによって割引される金額に違いがあるため、必ず確認しましょう。

  • スマホプランS:432円(税込)×24か月=総額10,368円引き
  • スマホプランM/L:648円(税込)×24か月=総額15,552円引き

SIMフリー版のiPhoneをワイモバイルで使うデメリット(注意点)

端末割引がない

Apple Storeでは端末の割引セールなどは行っていないため、新しい製品が発売されて値下げされるまで待つしかありません。あまりに古い機種になると販売自体を停止してしまうため、ある程度までしか値下げは期待できません。

【番外編】大手キャリアiPhoneをSIMロック解除して利用する!

大手キャリアで購入したiPhoneをそのままワイモバイルでも利用するという方法も結構おすすめです。

とくに、大手キャリアでは機種代金がそもそも割引されていることがあり、2019年3月現在のドコモでのiPhone XS(64GB)の販売価格は69,984円(税込)となっていて6割ほど安い価格で購入できます。

SIMロック解除対応のiPhoneは6s以降

SIMロック解除に対応しているのは、iPhone 6s以降のiPhone(厳密には2015年10月以降に発売した機種)です 。

一括購入であれば即時SIMロック解除が可能ですが、分割購入の場合は購入してから100日程度経たないとSIMロック解除ができません。

SIMロックの解除方法

国内でSIMロックがかけられているiPhoneは以下のとおりです。ワイモバイル版以外はSIMロックを解除するとワイモバイルで利用できるようになります。

  • au版
  • ドコモ版
  • ソフトバンク版
  • ワイモバイル版
  • UQモバイル版

SIMロックの解除方法は会社によって違うため、詳しい内容は下記の記事で紹介しています。

まとめ:ワイモバイルで利用するならiPhoneのセット購入がおすすめ!

iPhoneを持っていない方がワイモバイルで利用したい場合はセット購入が断然おすすめです!

Apple Storeで買うよりも安く手に入りますが、最新iPhoneは取扱がない点を抑えておきましょう。

どうしても最新のiPhoneを利用したいという場合はApple Storeで買うかキャリアで購入したものをSIMロック解除する方法があります。この場合、SIM単体契約特別割引はありますが、最終的な支払い総額が高くなる点を抑えましょう。

特にiPhone 6sなら実質0円(頭金540円)~運用できる!

ワイモバイルでiPhoneをセット購入する場合の最安値はiPhone 6s(32GB)で一括540円です。少しでも安くiPhoneを利用したいという方はワイモバイルでiPhoneとセット購入しましょう。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,980円〜
ワイモバイル

関連キーワード

この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
すまっぴー編集部

すまっぴー編集部は、格安SIM・格安スマホ比較に関するコンテンツの企画、制作、編集しています。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜