1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安SIM
  3. ワイモバイル
  4. ワイモバイルでiPhone買うなら、セット購入とSIMフリー版どっちがいい?

ワイモバイルでiPhone買うなら、セット購入とSIMフリー版どっちがいい?

最終更新日:
ワイモバイルでiPhone買うなら、セット購入とSIMフリー版どっちがいい?

ワイモバイルでiPhoneを利用するには、セット販売で購入する方法と、SIMフリーのiPhoneを購入する方法があります。セットでiPhone6S,iPhone SEを購入した場合と、SIMフリーiPhone Xを購入した場合を比較しておすすめを紹介します。

とにかく安く使い始めたい!という人はiPhoneSE・iPhone6Sがおすすめ!

ワイモバイルのiPhone 6Sセットがお得

Apple iPhone6s
Apple iPhone6s
販売価格
106,700円
分割払い時約4,445円×24回
画面サイズ4.7インチ
ストレージ16GB
メモリ2GB
OSiOS9
カラー

ワイモバイルでiPhoneを使いたいという人は、iPhone6Sをセットで購入するのがおすすめです。

ワイモバイル+iPhone6Sは、月額3,758円~で利用できます。

もちろん端末代コミでこの料金なので、iPhone7 SIMフリーを購入するよりも大きく節約できます。

さらに安く使いたい方はiPhone SEを!

Apple iPhone SE
Apple iPhone SE
販売価格
57,024円
分割払い時約2,376円×24回
画面サイズ4.0インチ
ストレージ16GB
メモリ2GB
OSiOS 9
カラー

iPhoneSEはさらに安く、月額3,218円~で利用できます。

とにかく低価格でiPhoneが使いたい!という人には、iPhoneSEのセット購入がぴったりです。

最新iPhoneを利用したい!という人はiPhone X SIMフリー版がおすすめ!

Apple iPhone X
Apple iPhone X
販売価格
112,800円
分割払い時約4,700円×24回
画面サイズ5.8インチ
ストレージ64GB
メモリ
OSiOS11
カラー

ワイモバイルからiPhoneSEを購入した場合、低価格でiPhone端末を手に入れることができます。

しかし、iPhoneSEは2016年3月11日発売で最新機種とは言えません。

最新のiPhoneを利用したい場合には、SIMフリー版のiPhoneをAppleStoreから購入しましょう。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,480円〜
ワイモバイル

ワイモバイルではiPhoneSEが実質9,800円で買える!

Apple iPhone SE
Apple iPhone SE
販売価格
57,024円
分割払い時約2,376円×24回
画面サイズ4.0インチ
ストレージ16GB
メモリ2GB
OSiOS 9
カラー

まずは、ワイモバイルでiPhoneSEを購入する場合

  • 維持費
  • メリット・デメリット

を解説します。

ワイモバイルの公式オンラインショップにおいて、2018年5月現在、32GBのiPhoneSEが一括購入9,800円で販売されています。

ただし2年以内に解約してしまうと、通常の解除料金の倍以上の解除料がとられてしまうので最新iPhoneを常に使いたい方にはおすすめではありません。

ただ少しでも端末代を抑えたい方におすすめなiPhone端末となっています。

今回は2年間の支払総額が最も安くなるスマホプランSとの組み合わせで、料金を解説します。

iPhoneSEをワイモバイルで一括購入した場合

iPhoneSE(32GB)+スマホプランS
本体価格65,340円
月額割引-1,620円
スマホプランS 月額料金3,218円
ワンキュッパ割(1年間)-1,080円
1年目月額料金518円
2年目月額料金1,598円
2年間の支払い総額(本体価格+月額料金)90,732円

iPhoneSEをワイモバイルで分割購入した場合

iPhoneSE(32GB)+スマホプランS
本体価格540円(頭金)+2,700円×24回
スマホプランS 基本料金3,218円
月額割引-1,620円
ワンキュッパ割(1年間)-1,080円
1年目月額料金3,218円
2年目月額料金4,298円
2年間の支払い総額(本体価格+月額料金)90,732円

一括購入時と分割購入時を比べてみると、支払総額はまったく変わらないことがわかります。

つまりiPhoneSEをワイモバイルで購入すると、2年間で90,732円かかります。

大きい画面を使いたいならiPhone6Sは月額3,218円~

Apple iPhone6s
Apple iPhone6s
販売価格
106,700円
分割払い時約4,445円×24回
画面サイズ4.7インチ
ストレージ16GB
メモリ2GB
OSiOS9
カラー

大きい画面で使いたい人にはiPhone6Sのセット購入がおすすめです。

ワイモバイルでiPhone6Sを購入したときの支払額

iPhone6S(32GB)+スマホプランS
本体価格540円(頭金)+2,916円×24回
スマホプランS 基本料金3,218円
月額割引-1,296円
ワンキュッパ割(1年間)-1,080円
1年目月額料金3,758円
2年目月額料金4,838円
2年間の支払い総額(本体価格+月額料金)103,152円

iPhone SEとiPhone6Sで約10,000円の差があります。そのため、できるだけ安く購入するならiPhone SEがおすすめです。

iPhoneSEをワイモバイルで購入する【メリット】

ワイモバイル

iPhoneSEをワイモバイルで購入するメリットは、毎月割を利用すれば大幅に安くなるので気軽に購入できることです。

一括購入でも毎月割は適用できるので、1年目はなんと月額518円で利用可能です。

ワイモバイルの料金プランを解説!ワイモバイルは全プランかけ放題つき!
関連記事ワイモバイルの料金プランを解説!ワイモバイルは全プランかけ放題つき!

大手キャリアiPhoneのSIMロック解除はハードルが高い

3大キャリアからワイモバイルに乗り換える場合、SIMロックを解除しない限りは持っているiPhoneを使えません。

そしてSIMロック解除に対応しているのは、iPhone6s以降です 。

さらにiPhone6S以降でも、購入してから101日、約3ヶ月以上たたないとSIMロック解除ができません。

SIMフリーiPhoneには分割購入にハードルが

そうなると、SIMフリーiPhoneを購入するしかワイモバイルでiPhoneを使う方法がありません。

しかし、SIMフリーiPhoneは分割購入もできるものの、ローンでの購入となり金利が発生してしまうこともあり、分割購入の場合でもなかなか気軽には買うことはできません。

ワイモバイルのiPhoneSEはテザリングができる

ワイモバイルのiPhoneSEのメリットとしてもうひとつ挙げられるのが、テザリングが可能であることです。

SIMフリーiPhone+ワイモバイルSIMの組み合わせだと、実はテザリングができません。

テザリングはiPhoneSEをワイモバイルで購入した人だけの特権です。

iPhoneSEをワイモバイルで購入する【デメリット】

iphone5s

iPhoneSEをワイモバイルで購入するデメリットは、端末が2016年3月発売であり最新ではない点です。

最新ではないとはいえ、発売から2年程度しかたっていないため十分に利用できます

アップデートへの対応は大丈夫?

iPhoneSEは2016年発売のため、数年間はアップデートに対応できる可能性が高いです。

SIMフリー版 iPhone Xの64GBモデルは121,824円

Apple iPhone X
Apple iPhone X
販売価格
112,800円
分割払い時約4,700円×24回
画面サイズ5.8インチ
ストレージ64GB
メモリ
OSiOS11
カラー

続いて、iPhoneXをSIMフリーモデルで購入し、ワイモバイルで使う場合の

  • 維持費
  • メリット・デメリット

を解説します。

iPhoneXのSIMフリーモデルをAppleStoreで購入すると、価格は税込みで121,824円です。

基本的に一括購入ですが、タイミングによってはローンで分割購入する際に発生する金利手数料が12回払い以内であれば無料になることもあります。

分割購入したい場合は、ローンの手数料がお得になるキャンペーンを狙いましょう。

iPhoneXを別に購入してワイモバイルをSIMだけ契約する場合、月額割引はなくワンキュッパ割だけが適用されます。

iPhoneX(32GB)+スマホプランS(1GB)
本体価格121,824円
1年目月額料金(ワンキュッパ割)2,138円
2年目月額料金3,218円
2年間の支払い総額(本体価格+月額料金)186,096円

iPhoneXを購入した場合は、本体価格への割引が全くありません。

そのため支払総額は、iPhoneSEをワイモバイルでセット購入した場合の倍以上になってしまっています。

今持っているスマホを下取りに出すことで、実質的な本体価格を抑えることはできます。

しかし、下取りに出したとしても、ワイモバイルでiPhoneSEを買うよりもiPhoneXをSIMフリーで購入した方が2年間の支払い額は圧倒的に高くなってしまいます。

支払総額の高さは、デメリットと言えますね 。

SIMフリーのiPhoneXをワイモバイルで使う【メリット】

新しいiphone

iPhoneSEは、2016年に発売された端末です。しかし、iPhoneXは最新型。これが最大のメリットです。

2年間SEを使うとなると、色々と不便な面が出てくることが想定できます。

ワイモバイル専用なので、もし今後ほかのMVNOに乗り換えてもワイモバイルで購入したiPhoneSEは使えません

しかし、SIMフリーのiPhoneXを購入した場合は確実に数年間は快適に使えますし、ワイモバイルから他のMVNOに乗り換えても端末はそのまま使えます。

【要注意】ワイモバイルは解約しにくい!?解約金・解約条件をまとめました
関連記事【要注意】ワイモバイルは解約しにくい!?解約金・解約条件をまとめました

iPhoneXは実は端末乗り換えも決断しやすい

そしてSIMフリーiPhoneXを一括購入していれば、新しい端末に乗り換えやすいのもメリットです。

SIMカードの割引や契約と全く無関係に購入しているので、好きなタイミングで他の端末に買い替えられます。

iPhoneシリーズは値崩れしにくく、特に現時点で最新のiPhoneXは長い期間、中古ショップなどでの買取価格が高いままになります。

そのため、買い替えの際にiPhoneXを売却すればある程度の金額になることは間違いありません。

ワイモバイルのiPhoneSEは買取価格には期待できない

一方ワイモバイルのiPhoneSEは、たしかにiPhoneではあるもののワイモバイルのSIMでしか使えないので、買取価格にはあまり期待できません。

常に新型のiPhoneを使いたい方は、ワイモバイルでiPhoneSEを購入するよりiPhoneXのSIMフリーモデルを購入した方が良いでしょう。

SIMフリーのiPhoneXをワイモバイルで使う【デメリット】

SIMフリーのiPhoneにワイモバイルSIMを入れて使用することができますが、テザリングの機能だけは使えません

テザリングを利用してのインターネットはSIMフリーiPhone+ワイモバイルSIMの組み合わせだと行えないため、もしも外出先でパソコンやタブレットをインターネットに接続したい場合は、Wi-Fiスポットなどを利用することになります 。

あるいは、ポケットWi-Fiなどを契約する方法もあります。2台目として、安い格安SIMとSIMフリースマホやモバイルルーターを用意するのも良いでしょう。

ワイモバイルで利用するならiPhoneSEのセット購入がおすすめ!

ワイモバイルでiPhoneを使う場合、セット購入する方法とiPhoneXなどのSIMフリーモデルを別で購入してワイモバイルのSIMで使う方法があります。

結論として、私がおすすめするのは、iPhoneSEのセット購入です。

たしかに、2年間の支払総額はSEを購入した場合に比べて高く、iPhoneXのように最新モデルではありません。

しかし、コストパフォーマンスを考えるとiPhoneSEの購入が最もお得でしょう。

iPhoneXをSIMフリーで購入すると、本体価格が非常に高くなってしまいます。

確かに、使わなくなった場合は売却しやすいですが、格安スマホを利用するのにたくさんお金がかかるのではせっかくのメリットが薄れてしまいます。

ワイモバイルの料金プランを解説!ワイモバイルは全プランかけ放題つき!
関連記事ワイモバイルの料金プランを解説!ワイモバイルは全プランかけ放題つき!

いま使っているiPhoneでワイモバイルを使うには?

現在iPhoneを使っていてSIMカードをワイモバイルにしたい場合は、動作確認済みなのかを確認しなくてはなりません。

現在ワイモバイルで動作確認済みのiPhoneは以下の通りです。

  • SIMフリーiPhoneX
  • SIMフリーiPhone8
  • SIMフリーiPhone8plus
  • SIMフリーiPhone7
  • SIMフリーiPhone7plus
  • SIMフリーiPhoneSE
  • SIMフリーiPhone6S
  • SIMフリーiPhone6Splus
  • SIMフリーiPhone6
  • SIMフリーiPhone5S

いま使っているiPhoneがSIMフリーの場合であればワイモバイルで購入したSIMを挿し込み、初期設定を行えばすぐに使えます。

  • au
  • ドコモ
  • ソフトバンク

といった、キャリアで購入したiPhoneはSIMフリーではありません。

キャリアで購入したiPhoneをワイモバイルでつかうためにはSIMロック解除を行い、SIMフリー化した後にワイモバイルを契約しましょう。

SIMフリー(シムフリー)とは?SIMフリーのメリット・デメリット【5分でスピード解決】
関連記事SIMフリー(シムフリー)とは?SIMフリーのメリット・デメリット【5分でスピード解決】
ワイモバイルで買おう!おすすめ端末・機種ランキング5選【2018年版】
関連記事ワイモバイルで買おう!おすすめ端末・機種ランキング5選【2018年版】

↓ワイモバイルの申し込みはこちらからどうぞ↓

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,480円〜
ワイモバイル

関連キーワード

会員登録後、マイページから
格安SIM・格安スマホを申し込んだ人全員が対象
キャンペーン期間:2018年12月4日まで
会員登録する (無料)
この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
2eb823ceea13351d604b2321c1a508d9
すまっぴー編集部

すまっぴー編集部は、格安SIM・格安スマホ比較に関するコンテンツの企画、制作、編集しています。

格安スマホ
取り扱い店舗検索

都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。