1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安スマホ
  3. ASUS
  4. Zenfone3 Max
  5. Zenfone3 Max《発売日・価格・スペック・レビュー》徹底解説!

Zenfone3 Max《発売日・価格・スペック・レビュー》徹底解説!

最終更新日:
Zenfone3 Max《発売日・価格・スペック・レビュー》徹底解説!

Zenfone3Maxは4,100mAhという大容量が魅力です。大容量なためにフル充電するのに少々時間がかかってしまいますが、長時間利用していても電池の減りが遅いです。またモバイルバッテリーとして利用することができます!モバイルバッテリーとして利用しても電池が余るため非常に便利なスマホです。

大容量バッテリーが魅力のZenfone3 Max!

スマホくん
スマホくん

格安スマホって安いのはいいけど、電池がすぐに減るようなら元も子もないのでは…。

どんなに安いスマホを買ったとしても、すぐにバッテリーが無くなってしまっては意味がないですよね?

スマホ片手に外出をする人なら、気づいたら満タンから50%に減っていた…なんてことを一度は経験しているはずです。

充電が無くなった時のために携帯充電器を持っている人も少なからずいるのではないのでしょうか。

しかし、充電が無くならないような工夫をするのにも、充電器を買ったり、持ち運びでかさばってしまいます。

しかし、実は格安であることに加え、使い方によってはなんと3日間も持つ大容量のバッテリー搭載のスマホがあるのです。

今回は使い方によっては3日間持つ大容量のバッテリーを持っている格安スマホ、Zenfone3 Maxについて紹介していきます。

ASUS Zenfone Max
ASUS Zenfone Max
販売価格
32,800円
分割払い時約1,366円×24回
画面サイズ5.5インチ
ストレージ16GB
メモリ2GB
OSAndroid5.0
カラー

Zenfone3 Maxのスペック表

対応OSAndroid™6.0.1
CPUQualcomm® Snapdragon™430(オクタコアCPU)
ディスプレイ約5.2インチ
メモリ(RAM)3GB
ストレージ(ROM)32GB
microSD最大128GB
連続待受間3G:約793.9時間
au VoLTE:約900.3時間
連続通話時間3G:約1,176分
au VoLTE:約1,438分
通信機能802.11b/g/n
Blootooth® 4.1
通信方式FDDLTE、B1/2/3/5/7/8/18/19/26/28
TDDLTE、B38/41
W-CDMA、B1/2/5/6/8/19
GSM、850/900/1800/1900
カメラアウトカメラ:1,600万画素
インカメラ:約800万画素
バッテリー容量4,100mAh
SIMサイズSIM1:2G/3G/4G/ Microカード SIM2: 2G/3G/4G nanoSIMカード
Bluetoothv4.1
テザリング対応
センサー加速度、コンパス、ジャイロ、環境光、近接、指紋センサー、光センサー、GPS
本体付属品端末本体/本体内蔵バッテリー/USB AC アダプターセット

サイズとカラーバリエーション

Zenfone3Maxカラー

サイズ高さ約151.4mm
幅約76.2mm
厚さ約8.2mm
ディスプレイ約5.2インチ
重量約175g

豊富なカラー

Zenfone3 Maxのカラーはどれもやわらかめで落ち着いているところが特徴です。極端な色合いではないため、どの色も男女ともに使えるような色合いです。

  • ブラック

  • グレー

  • ピンク

  • ゴールド

CPUの性能

Zenfone3 Maxに搭載されているCPU、Qualcomm® Snapdragon™430(オクタコアCPU)は非常にハイスペックであると言えます。

ハイスペックと言える要因はZenfone3 MaxのCPU、オクタコアCPUの性能にあります。

CPUとは端末で脳にあたる、一時的に情報を保存しておいてくれる部位です。

Zenfone3 Maxに使われているオクタコアCPUは、CPU自体を8個搭載しているもので、数あるCPUの中でも非常に優れていて、より長い時間通常の速さを保ったまま操作をすることが可能です。

RAMの性能

Zenfone3MaxのRAM

RAMとはメモリのことで、端末の情報を一時的に保存しておく場所です。

つまりメモリが大きければ大きいほど、一時的に多くの情報を保存することが可能になりますが、最低でも2GBあれば普段皆さんがよく扱うであろう、SNSやインターネットの操作は十分にできます。

しかしZenfone3 Maxにはメモリが3GBも搭載されているので、普段よく使う操作に加えてゲームなどの余裕を持った操作を行うことが可能となります。

ROMの性能

Zenfone3MaxのROM

RAMに対してROMとはストレージのことで、端末の情報を永続的に保存する場所のことです。

ROMはRAMと同様に、皆さんが普段よく扱うSNSやインターネットを扱う上での最低限の容量があり、16GBが最低限の容量となっております。

Zenfone3 MaxのROMは32GBと、最低限の容量である16GBの2倍もあるのでより多くの内容を保存することができます。

ゲームをメインにやりたい、会社の会議資料をスマホに保存しておきたいという方にお勧めです。

バッテリーの性能

Zenfone3Maxのバッテリー性能

Zenfone3 Maxの最大の長所と言えるのが4,100mAhもある大容量のバッテリーです。

通常も端末のバッテリーは大きくても3,000mAh程なので、通常端末のバッテリーの質と比べたらその差は歴然です。

また、4Gの連続待受時間が38日で連続通話時間は17時間、Wi-Fi環境下でブラウザを使ったサイトの閲覧は19時間連続で行うことができます。

また、Zenfone3 Maxには大容量のバッテリーを生かした驚異的な機能があります。 なんと、ほかの端末へのモバイルバッテリーにすることができるのです。

モバイルバッテリーとして使ったとしてもZenfone3 Maxにはまだ電池が残っているのです。 試しにZenfone3 Maxユーザーが電池の切れてしまったiphone6sにZenfone3 Maxをモバイルバッテリーとして充電してみたところ、iphoe6sは100%まで電池が回復し、Zenfone3 Max自体も30%も電池が残っていたそうです。

対応バンド

対応バンドについて ZenFone3 Maxは、日本の通信事業者が利用している周波数(バンド)にとても幅広く対応しています。

au

auの回線に関しては、4G LTEではバンド11以外の全てのバンドに対応しています。

特に、auやau系格安SIMが広いエリアでLTE通信をできるようにするため、LTEプラチナバンド(B18/26)という重要なバンドに対応してるので、広いエリアでのLTE通信が可能です。

ただASUSの公式スペックでは、ZenFone 3 Maxの5.2インチモデルはauのSIMには非対応となっています。

ソフトバンク

3G・4G LTE、と主要なバンドにしっかりと対応しているので、ドコモと同様、ソフトバンクで購入できる端末と同じエリアで通話・通信を利用することが可能です。

ドコモ

ドコモの回線に関しては、5バンドのうちバンド21以外は全て対応しています。 また、東名阪のみで利用できるバンド9以外は全て対応しています。

Zenfone3 Maxはドコモで購入できる端末と変わず、広いエリアで通話や通信することができます。

カメラ性能

アウトカメラの画素数がZenfone3 Laserは1,300万画素、Zenfone3 Maxは1,600万画素と高い画素数です。

「HDRモード」という逆光時でも臨場感をそのまま映し出してくれる機能、「超解像度モード」という最高で5,200万画素までクリアに写すのを可能にしてくれる機能など、写真を綺麗に撮るための機能がこれでもかというほどについています。

Zenfone3 Maxの特徴

何といっても大容量のバッテリー!

4,100mAhという大容量を誇り、モバイルバッテリーにもなりえるバッテリー。 Zenfone3 Maxの大容量バッテリーは、一番の魅力といっても過言ではありません。

指紋認証機能もあり

指紋認証機能は端末の背面にあります。

どの角度を向いていようとしっかりと指の腹で触っていれば正確に反応し、ホーム画面を即座に開くことを可能にしています。

日本の通信業者が利用している周波数(バンド)に幅広く対応している!

ZenFone3 Maxは日本の通信事業者が利用している周波数(バンド)に幅広く対応しています。

大手三社のどの回線でも広いエリアで通信・通話ができるようになっています。

数ある格安スマホの中でも大手三社のどの回線にも幅広く対応している端末はなかなかないものです。

Zenfone3 Maxの注意すべきところ 

スマホ自体の重量がやや大きい

現在の全スマホ 平均重量147.9g(2015年現在)と比べると、Zenfone3 Maxの重量は175gとやや大き目です。

ずっと持ち続けると手にがつかれてしまうので、「重いスマホはちょっと…」という方もZenfone3 Maxは不向きです。

片手操作が少々難しい

スマホの画面が76.2×151.4mmとなかなか大きいものとなっているため、キーとキーの幅が広めです。

仮にZenfone3 Maxを片手で操作した場合、親指が届かない…という場面に頻繁に直面してしまいます。

Zenfone3 MaxとZenfone3 Laserを徹底比較

Zenfone3 MaxZenfone3 Laser
価格27,800円27,800円
対応OSAndroid6.0Android™6.0
CPUSuapdragon430 8コア1.4GHz
ディスプレイ約5.5インチフルHD(1,920×1,080)約5.2インチフル(1,920×1,080)
サイズ76.2×151.4×8.3mm76×149×7.9mm
重量175g150g
メモリ(RAM)3GB4GB
ストレージ(ROM)32GB32GB
microSD最大128GB最大128GB
アウトカメラ1,600万画素 1,300万画素
インカメラ約800万画素約800万画素
バッテリー容量4,100mAh3,100mAh
FDDLTEB1/2/3/5/7/8/18/19/26/281/2/3/5/6/7/8/19/28
TDDLTEB38/41B38/41
GSM850/900/1800/1900850/900/1800/1900
ジャイロスコープ対応対応

Zenfone3 Maxをお得にセット購入できる格安SIM会社

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜ドコモ

Zenfone3 Maxはとにかく全部が大容量!!

Zenfone3 Maxはバッテリー、画面の大きさ・インチ、カメラの画素、ROM・RAMなどすべてが大容量なのにコストパフォーマンスが高い格安スマホです。

ただ、とにかく大容量なのでスマホが重い、写真が重いというデメリットを少々伴ってきてしまいます。

しかし、大容量でコスパもいい、という優れた格安スマホに変わりはありません。

ぜひあなたの格安スマホを選ぶうえでの選択肢に加えてみてください。

ASUS Zenfone Max
ASUS Zenfone Max
販売価格
32,800円
分割払い時約1,366円×24回
画面サイズ5.5インチ
ストレージ16GB
メモリ2GB
OSAndroid5.0
カラー
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
525円〜ドコモ
Zenfone3 Max(ZC520TL)の最安価格はこれ!格安SIMとセットで買えるMVNO徹底比較
関連記事Zenfone3 Max(ZC520TL)の最安価格はこれ!格安SIMとセットで買えるMVNO徹底比較
Zenfone3Maxを実機レビュー!モバイルバッテリー代わりにもなるSIMフリースマホ
関連記事Zenfone3Maxを実機レビュー!モバイルバッテリー代わりにもなるSIMフリースマホ

すまっぴーでは高品質&低価格の中古スマホが購入できる!

-
-

すまっぴーから、高品質で低価格の中古スマホが購入できます!

すまっぴーでは、安く品質の良いスマホを購入したい、スマホのみを購入したい方のための、中古スマホ販売を行っています!

「安くスマホを購入したいけど、中古だと品質面が心配・・・。」

「わざわざ店舗まで行って購入するのが面倒くさい。」

「すまっぴーでSIMを買うときに、スマホも安く買えたらいいのに。」

こんなことを思ったことはありませんか?

すまっぴーでは、品質保証、そしてサービスを重視した安心して購入できる販売体制を整えています。

今すぐチェックしたい方はこちら⇒すまっぴー中古スマホショップ

安心の高品質

すまっぴーでは、安心して利用できる高品質なスマホを販売しています。すまっぴーが提供している高品質とは、

  • 傷や汚れが少なく綺麗な状態
  • iPhoneはアクティベーション済み
  • 動作確認済み

上記3つです。

中古スマホを購入する際には、少しでも使用感が少なく綺麗なスマホを利用したいですよね。すまっぴーではそのような水準に達した中古スマホのみを販売しています。

安心の保証

中古スマホを購入する際に気になるのが、保証面ではないでしょうか。

故障していたらどうしよう、電源がつかなかったらどうしよう、など中古スマホを購入する時には不安に感じる点が多くありますよね。

すまっぴーでは、そういった購入後の不備があった際に全額返金で返品することができる返品制度を設けています。

返品期間 商品到着から14日以内
返品時の送料 無料
返品条件 動作不良が確認できる場合

嬉しい低価格

すまっぴー中古スマホショップでは、少しでも安い価格で購入できるよう、ギリギリの低価格を設定しています。

例えば、長く人気が続いているAppleのiPhoneシリーズが20,000円台で購入可能です!iPhoneの他にもAndroid端末も低価格でご用意しています。

期間限定で、SIMフリースマホのセール等のイベントも行っているため是非、ブックマークして定期的にチェックすることをおすすめいたします。

ブックマークはこちらから⇒すまっぴー中古スマホショップ

さらに、すまっぴー中古スマホショップではすべて送料無料です!余計な費用はかけずに購入することができます♪また、nuroモバイルの格安SIMとセットで購入することもでき、公式よりもお得な価格でゲットすることができます。

今すぐ、チェックしてみましょう!(人気のiPhoneシリーズ追加中!)

すまっぴー中古スマホショップ

会員登録後、マイページから
格安SIM・格安スマホを申し込んだ人全員が対象
会員登録する (無料)
この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
2eb823ceea13351d604b2321c1a508d9
すまっぴー編集部

すまっぴー編集部は、格安SIM・格安スマホ比較に関するコンテンツの企画、制作、編集しています。

格安スマホ
取り扱い店舗検索

都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。
都道府県を選択してください。