1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. 格安スマホ
  3. Motorola
  4. Moto G6 Plus
  5. モトローラmoto G6 plusを実際に1週間使ってみた【超大画面で両手操作かも】

モトローラmoto G6 plusを実際に1週間使ってみた【超大画面で両手操作かも】

最終更新日:
モトローラmoto G6 plusを実際に1週間使ってみた【超大画面で両手操作かも】

モトローラから販売されたmoto G6 plusを実際に1週間してみました!3万円代で買える、比較的購入しやすい価格帯のSIMフリースマホですがスペックも上々。基本的な動作は問題なく、ただ大画面であるためメリットも多いですが女性にとっては大きすぎてしまうかもしれません。

motorola moto G6 plusの開封レビュー!

Motorola Moto G6 Plus
Motorola Moto G6 Plus
販売価格
38,800円
分割払い時約1,616円×24回
画面サイズ5.93インチ
ストレージ64GB
メモリ4GB
OSAndroid8.0
カラー

2018年6月8日、モトローラからmoto g6 plusが販売されました!スペックレベルとしてはミドルレンジにあたるSIMフリースマホです。価格帯も比較的やさしく購入しやすいです。今回は、モトローラのmoto g6 plusを実際に1週間利用して、使ってみて分かったメリットとデメリットを紹介していきます。

それではまずは簡単に、使ってみた感じの満足度をレーダーチャートであらわしてみます!

\ドドン!/

一言でいうと、でかすぎて持ちにくいけどスペックは上々!普段使いには問題ないし、動画見るときはスマホなのに迫力増しで楽しかったです。片手での操作さえ慣れてしまえば、操作感や持ちやすさも改善できるな~とは感じています。

筆者は今まで、iPhone6s(4.7インチ)を利用していたので、突然moto g6 plus(5.93インチ)になってサイズ感の違いに動揺しました。笑

それでは、今回の記事では実際に利用するからこそわかるmoto g6 plusの特徴を伝えていくのですが、その前に簡単に筆者の紹介をしておきます!

「どうでもいいよ!」なんて方は、サッとスクロールしちゃってください!笑

モトローラの利用ははじめて!筆者は20代女性です!

利用者紹介利用期間好きなスマホ使ってるスマホ
すまっぴー編集部 20代女性1週間HUAWEIシリーズiPhone6s

今回moto g6 plusを利用してレビューを行うのは、わたし(20代女性)です!HUAWEIシリーズが好きと言いながらiPhone使ってるし、今回はモトローラのレビューだしっていう、矛盾がいっぱいですが、贔屓目なしでしっかりレビューしていこうと思うので、よろしくお願いいたします!

それでは、早速みていきましょう!

色鮮やかなグリーンの箱に包まれてmoto G6 plus登場!

色鮮やかなグリーンに、アルファベットのMが基調のロゴマーク!がっしりとした箱に包まれてmoto G6 plusがやってきました。

表面

裏面

側面1

側面2

上部(SIMスロット側)

下部(コード穴側)

付属品

motorola moto G6 plusのスペックはどう?ベンチマークも測ってみた!

対応OSAndroid™ 8.0
CPUQualcomm® Snapdragon™ 630
ディスプレイ約5.93インチ, FHD+ (2160×1080)
メモリ(RAM)4GB
ストレージ(ROM)64GB
microSD最大128GB
連続待受時間-
連続通話時間-
通信速度下り(受信)最大150Mbps(LTE)
上り(送信)最大75Mbps(LTE)
通信方式FDD-LTE :B1/2/3/5/7/8/18/19/26/28
TD-LTE :B1/2/3/5/7/8/18/19/26/28
WCDMA : B1/2/5/8/19(B6含む)
GSM:850/900/1800/1900MHz
Wi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n
カメラアウトカメラ:1,200万画素+500万画素
インカメラ:約1,600万画素
バッテリー容量3,200mAh
SIMサイズSIM1 SIM2 共にnanoSIM
Bluetoothv5.0
ポートType-C
GPS
NFC
テザリング
防水×
防塵×
ワンセグ×
おサイフケータイ×
センサー指紋認証、加速度計、ジャイロスコープ、コンパス、近接センサー、環境照度センサー
測位方式GPS、Glonass
本体付属品USB充電器、USBケーブル、ヘッドセット、SIM取り出しピン、クイックスタートガイド、LG
イヤホンジャック
定価38,800円
購入できるMVNO一覧
※変更されている場合あり
DMMモバイル
IIJmio
BIGLOBEモバイル

上記が、moto G6 plusのスペック表となります。見て分かる通り、数字を見るだけでも結構スペックは上々なんです。

余裕をもって使うことができるメモリ4GBに、大容量の128GBのストレージは嬉しいですよね。わたしのように写真撮影、動画撮影、アプリ入れまくり(加工アプリとか盛れるアプリとか・・・)な方にとっては安心です!ゲームアプリのインストールが多い方にも、良いかもしれませんね。

とはいえ、サクサク快適に利用できるのかどうかをベンチマークスコアの数値から見てみましょう。

総合評価CPUGPUUXMEM
89,26239,23719,87523,6926,458

上記のような結果となりました!

もちろんハイスペックなスマホと比べれば数値は低いですが、3万円代で購入できるSIMフリースマホ、しかも超大画面、と思うと納得できる数値です。1週間利用しても特に、スペックに関して不便な面はあまり感じなかったため、誰でも問題なく利用できるのではないでしょうか。

motorola moto G6 plusの注目すべきおすすめポイント2つ

5.93インチ!枠ギリギリの大型ディスプレイ

とにかくディスプレイが大きい!

比べてみたら、わたしの手のひらくらいの大きさがありました。笑

5.93センチの大画面は迫力満点で、youtubeの動画やゲームをする時は面白かったです!

カメラ性能が意外とよかった!笑

ぶっちゃけ、あまりカメラ性能には期待していなかったんですが、意外と良くてびっくりしました。大きな画面で明るい写真を撮影することができるのでとてもよかったです。

アウトカメラは1,200万画素500万画素のデュアルカメラ、インカメラは約1,600万画素の高画質です。カメラ性能には関しては、実際に撮影してみたので後ほど詳しく解説します。

SIMスロットにはSIM2枚&SDカードが入れられる!

moto G6 plusは上部にSIMスロットがあるのですが、デュアルSIMに対応、さらにmicroSDカードを入れることが可能になっています!

SIMピンはもちろん付属品として一緒についているのでご安心ください。2枚のSIMカードを入れることができるので、様々なシーンで使いやすいスマホとなっています。

例えば、

  • プライベート用と仕事用とでSIMを使い分ける
  • 1枚はデータSIM、1枚は音声通話SIMを入れて使い分ける
  • 速度制限にかかった、SIMで不備が発生した等の時のための予備として
  • 1枚は小さい子どもに遊ばせる用に

など使い方はいろいろありますよ!

motorola moto G6 plusのカメラ性能は意外と良い!

実際に、moto G6 plusを使って写真を撮影してきました。

今回撮影したのは、

  • 青空
  • 食べ物

の上記3つです。それぞれ見てみましょう!

青空《現物そのままの青い空が撮影できました》

青空を綺麗に撮影することができました!青味のグラデーションもあらわれていてかなり実物に近いです。少し白みがかったような淡さが見受けられますが、そこまでは気にならないです。

花《細部まで色味もくっきりで鮮やか》

紫の紫陽花を撮影しましたが、花びらの筋までくっきりと撮影することができています。紫も発色がふんわりとしたやさしい印象の写真を撮影することができたな、と感じています。

食べ物《屋内なためちょっと暗い?まあまあ美味しそう》

屋内で撮影しました、唐揚げ定食です!

屋内だからか少し暗めに写っているような印象はありますが、綺麗に撮影はできました。無加工でもまあまあおいしそうに撮れるな、という印象です。

motorola moto G6 plusのバッテリー性能は1日充分もった

バッテリー性能に関しては、moto G6 plusは3,200mAhのバッテリー容量をもっています。SIMフリースマホのバッテリー容量の平均は3,000mAh辺りであるため、moto G6 plusは平均よりもちょっと上くらいですね。

実際に利用してみた感じでは、1日利用するのに特に問題は感じられませんでした。ただ、大画面が故に消費量は画面が小さいスマホに比べると多いですね。外出先で動画や、電池消費の激しいゲーム等をやるなどの場合は、充電器を持ち歩いた方が安心できそうです。

motorola moto G6 plusのデメリット

女性には片手操作が難しいかもしれない

片手で操作しようとすると、親指は余裕で画面上部に届くことはなく、落としそうになって何度もドキドキしました・・・。男性の方でも結構大きいな、と感じるレベルではあります。

なので、女性の方が使う場合には滑り止めになるスマホケースをつけておくことをおすすめします!

motorola moto G6 plusが購入できるMVNO一覧

会社名販売価格分割時格安SIM価格申し込み
35,618円1,500円×24回300円/月〜
35,800円1,500円×24回900円/月〜
-1,610円×24回900円/月〜
Motorola Moto G6 Plus
Motorola Moto G6 Plus
販売価格
38,800円
分割払い時約1,616円×24回
画面サイズ5.93インチ
ストレージ64GB
メモリ4GB
OSAndroid8.0
カラー
この記事を書いているのは
(編集:すまっぴー編集部)
すまっぴー編集部

すまっぴー編集部は、格安SIM・格安スマホ比較に関するコンテンツの企画、制作、編集しています。

目的別に探す
〜格安SIMランキング特集〜