1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. Motorola
  3. MotoG5
  4. Motolora(モトローラ) MotoG5実機レビュー!コンパクトな外観と指紋認証が魅力!

Motolora(モトローラ) MotoG5実機レビュー!コンパクトな外観と指紋認証が魅力!

最終更新日:
Motolora(モトローラ) MotoG5実機レビュー!コンパクトな外観と指紋認証が魅力!

Motolora(モトローラ) MotoG5を実機レビュー。MotoG5は22,000円という低価格がウリの格安スマホです。スペックは最小限ですが、2017年夏以降はDSDSに対応予定で指紋認証も優秀なので使い勝手の良いSIMフリースマホとなっています。

Motolora MotoG5は低価格がウリのSIMフリースマホ

Motorola MotoG5
Motorola MotoG5
販売価格
22,800円
分割払い時約950円×24回
画面サイズ5.2インチ
ストレージ16GB
メモリ2GB
OSAndroid7.0
カラー

Motolora(モトローラ)は2017年3月31日、低価格SIMフリースマホMotoG5の販売を開始しました。

販売価格は約22,000円とSIMフリースマホの中でも比較的安価に購入できます。

メモリは2GB、ストレージは16GBです。
最近低価格ながらスペックの高い端末が多く発売されていることを考えると少し物足りないかもしれません。

実際に使ってみて、最もメリットに感じたのは電池もちの良さです。
バッテリー容量は2,8000mAhと決して大きくはないのですが、丸2日充電なしで利用でき非常に快適でした。

MotoG5は低価格でスマホデビューしたい!という人におすすめの格安スマホです。

実際に使って感じた、メリット・デメリットと上位モデルMotoG5Plusとの違いを紹介します。

Moto G5の最安価格はこれだ!格安SIMとセットで買えるMVNO徹底比較
関連記事Moto G5の最安価格はこれだ!格安SIMとセットで買えるMVNO徹底比較

外観は5インチとコンパクトで使いやすい

MotoG5は、Android端末中では小さめの5インチディスプレイのSIMフリースマホです。

見た目は上位機種のMotoG5plusとほとんど変わりません。
アルミボディを採用し、落ち着いたゴールドとシルバーのカラー展開で高級感のあるデザインになっています。

低価格なSIMフリースマホは、外観がプラスチック製のよく言えばかわいい、悪く言えば安っぽいデザインのスマホが多いです。

しかし、MotoG5は22,000円の低価格ながらそれを感じさせない高級感のあるデザインに仕上がっています。

5インチという画面サイズも使い勝手良くおすすめです。
5インチより大きくなると片手での操作が不安定になりますが、MotoG5は片手で十分に操作できます。

気になる点としては、本体サイズがやや分厚いのが気になりました。
8.7mmなので、ものすごく野暮ったいというわけではありませんが、ASUSやHUAWEIの端末とくらべるとどうしてもスタイリッシュさには欠ける印象です。

スペックは必要最小限!長く使いたいならいまいち

MotoG5のスペックは、必要最小限のスペックです。

メモリは2GB、ストレージは16GB、CPUはオクタコアの1.4GHzです。
このスペックは2016年前半であれば、非常に優秀とされていましたがいまでは少し物足りないスペックに感じます。

とはいえ、OSは最新のAndroid7.0が搭載されており、実際に使ってみてもカクつきなどの不満はありませんでした

今のSIMフリースマホの進化を考えると、2年間は問題なく使えても3年以上使っていくにはスペック不足になる可能性があるではないかと思います。

指紋認証はiPhoneより優秀!

Motolora MotoG5には指紋認証機能が搭載されています。
ディスプレイ全面に搭載されているので、机に置いた状態でもロック解除ができ便利です。

認証スピードも非常に速く、指を置いた瞬間にロック解除される印象です。
iPhoneの指紋認証と比較しても解除速度は大きく上回っています。

指紋は複数登録できるので、両手の親指と人差し指など、利用する可能性がある指はすべて登録してしまうとさらに便利です。

バッテリーの持ちがいいので、安心して使える

実際に使ってみて、意外だったのはバッテリー持ちがよかった点です。

バッテリー容量は2,800mAhとは思えないほど、しっかりとバッテリーが持ちました。
ASUSやHUAWEIの端末に比べて、プリインストールアプリが少ないメモリが小さいことが要因でしょう。

容量はおおきくなくともしっかりと使えるので、安心です。

2017年夏以降はDSDS(デュアルSIM、デュアルスタンバイ)にも対応予定

Motolora製のSIMフリースマホといえば、DSDS(デュアルSIM、デュアルスタンバイ)が特徴です。

MotoG5は2016年5月現在、DSDS機能は搭載されていません。

しかし、2017年夏以降のアップデートでDSDSに対応すると発表されており、いずれはDSDSが使えるようになるようです。

DSDSとは?

DSDSとは、2枚のSIMカードを挿入し同時に待ち受けできる機能のことです。
例えば、通話はかけ放題が使えるSIMカードで行い、データ通信は通信速度が速いSIMで利用するといった使い方ができるようになります。

普通にスマホを使ううえで必要になることはほとんどありませんが、こだわりたい人には人気の機能です。

MotoG5を安く買うには

MotoG5の販売価格は22,000円ですが、格安SIMとセット購入することでより安く購入できます。

現在、MotoG5と格安SIMをセットで販売しているのは、「BIGLOBE SIM/スマホ」、「IIJmio」、「DMMモバイル」の3社です。

中でも、BIGLOBE SIM/スマホのスマホセット購入なら最大13,000円キャッシュバックキャンペーンは非常にお得です。

MotoG5もキャンペーン対象となっており、BIGLOBE SIMで3GB以上のプランとセットで購入すれば、13,000円がキャッシュバックされます。

実質半額以下で、MotoG5が購入できるので格安SIMの利用も検討している人はBIGLOBE SIM/スマホがおすすめです。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜ドコモ
au
会員登録後、マイページから
格安SIM・格安スマホを申し込んだ人全員が対象
会員登録する (無料)