1. 格安SIM・格安スマホ比較のすまっぴー
  2. HUAWEI
  3. P10 lite
  4. HUAWEI P10 liteのレビューとスペック、P9 liteと徹底比較!

HUAWEI P10 liteのレビューとスペック、P9 liteと徹底比較!

最終更新日:
HUAWEI P10 liteのレビューとスペック、P9 liteと徹底比較!

HUAWEI P10 liteが6月9日に日本で発売スタートします。CPU性能が上がりより長い時間動作し続けられ、高速充電が可能です。高いスペックに豊富なカラーバリエーションがあるHUAWEI P10 liteは、スペック重視の方にもデザイン重視の方にもおすすめ!

HUAWEI P10 liteのスペックを詳しく解説!

HUAWEI P10 lite
HUAWEI P10 lite
販売価格
29,980円
分割払い時約1,249円×24回
画面サイズ5.1インチ
ストレージ32GB
メモリ3GB
OSAndroid7.0
カラー

2017年6月9日から発売を開始するHUAWEI P10 lite!

実際のスペックや、便利機能、注意するべきところ、安く買えるMVNOなど詳しく解説していきます。

HUAWEIP10 liteの知識を高めて、お得に購入して、賢くHUAWEI P10 liteを利用しましょう!

HUAWEI P10 liteのスペック表

対応OSAndroid7.0Nougat / Emotion UI 5.1
CPUHUAWEI Kirin 658オクタコア(4×2.1GHz+4×1.7GHz)
ディスプレイ約5.2インチフルHD(1,920×1,080)
メモリ(RAM)3GB
ストレージ(ROM)32GB
microSD最大128GB
連続待受時間FDD-LTE:約532時間
WCDMA:約564時間
GSM:約575時間
連続通話時間WCDMA:約21時間
GSM:約37時間
通信速度下り(受信)最大262.5Mbps(LTE)
上り(送信)最大50Mbps(LTE)
通信方式3G、B1/5/6/8/9
FDDLTE、B1/3/5/7/8/18/19/26
TDDLTE、B41
W-CDMA、B1/5/6/8/19
GSM、850/900/1800/1900
セカンダリーSIM、GSMの上記周波数
Wi-Fi、IEEE 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)
カメラアウトカメラ:1,200万画素
インカメラ:約800万画素
バッテリー容量3,000mAh、9V/2A急速充電対応
SIMサイズSIM1 SIM2 共にnanoSIM
Bluetoothv4.1 LE
ポートmicroUSB
GPS
NFC
テザリング最大接続台数8台
センサー加速度、コンパス、ジャイロ、環境光、近接、指紋センサー
測位方式GPS、AGPS、Glonass
本体付属品ACアダプタ、USBケーブル、クリアケース、イヤホンマイク、クイックスタートガイド
イヤホンジャック

スリムなボディと豊富なカラーバリエーション!

サイズ

P10liteサイズ

サイズ高さ約146.5mm
幅約72mm
厚さ約7.2mm
ディスプレイ約5.2インチ、FHD(1920×1080ドット)、IPS(in-cell)
重量約146g

CNC加工によるメタルフレームを採用しており、側面はダイヤモンドカットで、頑丈で美しいボディとなっています。液晶パネルも薄く、スリムで持ちやすいデザインです。

ディスプレイは5.2インチ高精細フルHDで色彩がnova liteと比べて21%アップしています。それにより、豊かで美しい色彩が表現できるようになっています。また、目の疲労を軽減する視力保護モードを搭載しています。

側面

P10lite側面

下部

下部分

背面

背面

豊富なカラー

P10lite

  • サファイアブルー
  • パールホワイト
  • ミッドナイトブラック
  • プラチナゴールド(SIMフリー専用)
  • サクラピンク(UQモバイル限定)

5色もの豊富なバリエーションがあります。

ちなみに、サクラピンクはUQモバイル限定色です。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
980円〜au

HUAWEI P10 liteのベンチマークスコア(Antutu)

Antutu

HUAWEI P10 liteのAntutuによるベンチマークスコアです。

ベンチマークスコアとは、スマホの性能を測る上で3D(立体)UX(使いやすさ)CPU(処理)RAM(記憶)*の4つの項目に分け、それぞれの性能に対して点数をつけたものです。

【P10 lite】

トータルスコア3D(立体)UX(使いやすさ)CPU(処理)RAM
52015840922699169943913

【P9 lite】

トータルスコア3D(立体)UX(使いやすさ)CPU(処理)RAM
52923983418821191815087

P9 liteとP10 liteを比べると、UXの数値のみP10 liteの方が高いことが分かります。

他の数値は全て下回ってしまいましたが、トータルスコアを見るとそれほど差はあるようには見えません。

販売価格が2万前後であるにも関わらず、ベンチマークのスコアが50,000点台なのは、価格以上の性能があるということがわかります。

インターネットやゲームアプリをサクサクと快適に利用するには、ベンチマークスコアが40,000点以上必要です。そのため、P10liteは50,000点を超えているため、サクサクとネットやゲームを楽しめることが分かります。

CPUの性能が高い

HUAWEI P10 liteHUAWE P9 lite
HUAWEI Kirin 658オクタコアHUAWEI Kirin 650オクタコア

CPUの性能は前作のP9 liteと比べて、よりアップしています。また、格安スマホの中でもかなり良いCPUです。

Kirin658プロセッサは電力消費の削減を行うため、より長い時間動作をし続けることができます。またバッテリー効率が高いため、強力かつ高速に動作します。

もちろん、一般的なゲームアプリ(ポケモンGOやパズドラ、ツムツムなど)やインターネット、SNSを不便なく快適に使用できます。そのため、スマホの利用が多いヘビーユーザーにもおすすめできます。

RAM(メモリ)は十分な3GB

RAM(Random Access Memory)とは、ランダムに読み書きが行われるメモリのことです。つまり、見たいページを開くような動作の速さに関わる数値です。

RAMの容量が大きいほど、様々な処理を1度で行うことができます。最近では、2GB以上が主流です。

  • 3GBあればサクサク快適!アプリ利用にも全く問題ない
  • 2GBあればギリギリ合格!同時に複数のアプリを利用しなければOK
  • 1GBは複数のアプリを開いたり重いアプリを利用するとイライラするかも

HUAWEI P10 liteのRAM(メモリ)は、3GBあります!

3GBもあれば十分快適に利用することが可能です。

一般ユーザーには2GBで十分利用可能なため、ヘビーユーザーには3GBがあると安心して利用できます。

3GBあれば、複数のアプリを同時に開いていても落ちてしまう心配がありません!

ROM(ストレージ)は32GB

ROM(Read Only Memory)とは、読みだしのみを行うメモリのことです。つまり、画像や動画、音楽などのデータを保存するためのメモリです。

HUAWEI P10 liteのROM(ストレージ)は、32GBあります!

ROM(ストレージ)の容量が多い方が、動画やアプリ等を多く保存することができます。アプリやゲームアプリをかなりインストールして利用予定の方は32GBは必須です。ただ、ROM(ストレージ)に関してはmicroSDを利用することで容量を大きくすることができるため、そこまで容量の大きさにこだわる必要はありません。

HUAWEI P10 liteは最大128GBのメモリーカードに対応しているため、容量がいっぱいになってしまっても安心です。

大手キャリアとほぼ変わらない対応バンド

au・ドコモ・ソフトバンクそれぞれの利用バンドに対応!

au

LTEバンドは、au系の格安SIMが利用しているバンドに対応しているため、LTEの受信は問題ありません。

さらに、auのVoLTEに対応予定のため、au系の格安SIMの利用が可能です。また、音声通話とSMSの利用も可能となります!

ドコモ

ドコモのFOMAプラスエリア、LTEプラチナバンドに対応しており、ドコモスマホと同じエリアで利用することができます。

LTEバンドはドコモ系の格安SIMが利用しているバンド全てに対応しているため、LTEの受信は問題ありません。

W-CDMAでは、バンド6に対応しているためFOMAプラスエリアに対応、さらに山沿いでも3Gのデータ通信、音声通話もしやすいため安心です。

ソフトバンク

LTEバンドはソフトバンク系の格安SIM(ワイモバイル)が利用しているバンド全てに対応しているため、LTEの受信は問題ありません。

W-CDMAがバンド1と8に対応しているため、音声通話やSMSを問題なく利用することができます!

バッテリーは3000mAh、高速充電!

3000mAhのバッテリーで高速充電が可能です。10分の充電で約2時間の動画を楽しむことができます。

また、30分で43%、97分で100%の充電が可能です!高速充電はとても助かりますよね。

HUAWEI P10 liteのバッテリー性能は良好!実際にバッテリー持ちを計測してみた
関連記事HUAWEI P10 liteのバッテリー性能は良好!実際にバッテリー持ちを計測してみた

アウト・イン共に高画質カメラ!

アウトカメラ

アウトカメラは1200万画素の高画質です。大型のピクセルサイズセンサーを採用しているため、ローライトな環境(夕焼け・夜景など)でも美しい写真を撮影することができます。

さらに、HUAWEI P10 liteは高速フォーカスしてくれるため、対象が素早い動きをしていても撮りたい一瞬を逃さず撮影することができます。

1,200万画素1.25μmピクセル開口部F2.2像面位相差AF+コントラストAF電子手振れ補正BSI

インカメラ

インカメラは800万画素の高画質です。ポートレートモード(顔認識技術)が搭載されており、背景の自然なぼやけ効果でオシャレな写真を撮ることができます。

800万画素開口部F2.0FFBSI

実際の画質はどうなの?

比較画像

HUAWEI P10 liteとP10の比較画像です。

鮮やかに発色していて加工なしで綺麗な写真を撮ることができます。P10に比べれば細部でのコントラストが劣りますが、コストパフォーマンスを考えると充分なスペックを持ったカメラであるといえます。

HUAWEI P10 liteの特徴4つ!

HUAWEI P10 liteには、他にも利便性の高い特徴があります。4つ紹介します。

指紋認証

指紋認証センサーが搭載されており、わずか0.3秒で認識し、ロックを解除をしてくれます。煩わしさなく、サクサクと操作を行うことが可能です。

HUAWEIシリーズの中では最速レベルです!

ナックルジェスチャー対応

HUAWEI独自開発のナックルセンステクノロジーが搭載され、その機能が、ナックルジェスチャーです。 ナックルジェスチャーとは、指で画面をタップしたり、文字を描くなどの簡単な動作だけででスムーズに行動を起こすことができる機能です。

例えば、全体記事や大きい画像を保存する時には画面にSを書くと、スクロールスクリーンショットが起動し、素早く保存することができます。2回指で画面をタップすることで普通のスクリーンショットを撮ることも可能です。

ジャイロスコープ搭載でポケモンGOも楽しめる

HUAWEI P10 liteは、ジャイロスコープを搭載しています。

ジャイロスコープを搭載しているとポケモンGOをARモードで楽しむことができます。
(ジャイロスコープが搭載されていない場合、ARモードだとポケモンが表示されません。)

Wi-Fiは2.4GHz帯と5GHz帯の両方に対応

HUAWEI P10 liteは、2.4GHz帯と5GHz帯の両方に対応しています。

2.4GHz帯は、Wi-Fi以外でも利用されることがあるために、通信速度が落ちる場合がありました。

しかし、5GHz帯はWi-Fi以外で利用されることがほとんどないため、安定した速度を保つことができます。

HUAWEI P10 liteで注意すべきところ

コストパフォーマンスがかなり高いHUAWEI P10 liteですが、注意しなければならないところもあります。

コネクタがUSB Type-Cではない!

HUAWEI P10 liteはコネクタ(充電する時の差し込み部分のこと)が多くのSIMフリースマホで対応しているUSB Type-Cではなく、microUSBです。

そのため、充電をする時は向きを確認しなければならないため少し手間がかかります。

DSDSには対応してない

HUAWEI P10LiteはDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)に非対応です。

そのため、2枚のSIMを挿入できるようになっていますが実際には1枚しか利用ができません。

おサイフケータイ・ワンセグ・ 防水防塵には非対応

HUAWEI P10 liteはおサイフケータイ、ワンセグ、 防水防塵機能は非対応です。

アイコンのデザインが微妙

HUAWEIの待ち受け

好みは人それぞれですが、アイコンのデザインがいまいちなのが気になります。 妙に堅苦しかったり、ゆるすぎたりと、アイコンのデザインにこだわりがある方はあまりお気に召さないかもしれません。

ディスプレイ割れに注意

HUAWEI P10 liteは、薄くスリムなボディである反面、7.2mmの薄型なため紙装甲であるというデメリットがあります。

端末をついつい落としてしまうと、ディスプレイが割れてしまう可能性が高いです。そのため、利用する時には落とさないように気を付けることはもちろん、保護ケースを装着して少しでもクッション性を高めるようにしましょう。

また、画面にも保護シートではなく強化ガラスを装着することと、より安心して利用することができるためおすすめします。

もしも、ディスプレイを割ってしまったら?

もしディスプレイを割ってしまうことがあっても、HUAWEI製品であれば全国のワイモバイルショップで修理をしてくれます。代替機も無料で貸し出してくれるため安心です。

会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
1,480円〜ワイモバイル

HUAWEI P10 liteとHUAWEI P9 liteを徹底比較!

P10 liteとP9 lite

HUAWEI P10 liteと前作のHUAWEI P10 liteはどれほど違いがあるのでしょうか。

比較してみました!

P10 liteP9 lite
価格29,880円25,800円
対応OSAndroid7.0Nougat / Emotion UI 5.1Android6.0Nougat / Emotion UI 4.1
CPUHUAWEI Kirin 658オクタコアHUAWEI Kirin 650オクタコア
ディスプレイ約5.2インチフルHD(1,920×1,080)約5.2インチフルHD(1,920×1,080)
サイズ146.5×72×7.2mm146.8×72.6×7.5mm
重量146g147g
メモリ(RAM)3GB2GB
ストレージ(ROM)32GB16GB
microSD最大128GB最大128GB
アウトカメラ1,200万画素 1,300万画素
インカメラ約800万画素約800万画素
バッテリー容量3,000mAh3,000mAh
3GB1/5/6/8/91/5/6/8/19
FDDLTEB1/3/5/7/8/18/19/261/3/5/7/8/19/28
TDDLTEB4140
GSM850/900/1800/1900850/900/1800/1900
au VoLTE対応非対応
ジャイロスコープ対応非対応

HUAWEI P10 liteをお得にセット購入できる格安SIM会社

HUAWEI P10 liteをお得に購入したいなら、キャンペーンを利用しましょう! キャンペーン中のおすすめMVNOをご紹介します。

DMMモバイルではおとくなキャンペーンも実施中!

DMMモバイルでは、現在

-月額料金3ヶ月間最大800円割引 - すまっぴー限定Amazonギフト券プレゼントキャンペーン

という2つのキャンペーンを実施しています。

すまっぴー限定キャンペーンは公式キャンペーンとの併用可能!公式サイトよりもおとくに契約できるので、チェックして賢く利用して下さい。

【すまっぴー限定】DMMmobile(DMMモバイル)のキャンペーン情報【12月版】
関連記事【すまっぴー限定】DMMmobile(DMMモバイル)のキャンペーン情報【12月版】
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
440円〜ドコモ

BIGLOBEモバイルではおとくなキャンペーンも実施中!

BIGLOBEモバイルでは現在、

  • 最大15,600円のキャッシュバックキャンペーン
  • 初期費用無料キャンペーン【すまっぴーから申込限定】

以上のキャンペーンを実施中です!

すまっぴー限定キャンペーンは公式キャンペーンとの併用可能
公式サイトよりもおとくに契約できるので、チェックして賢く利用して下さい。

【すまっぴー限定】BIGLOBEモバイル のキャンペーンは初期費用無料!【2017年12月版】
関連記事【すまっぴー限定】BIGLOBEモバイル のキャンペーンは初期費用無料!【2017年12月版】
会社名SIM料金利用回線詳細情報申し込み
900円〜ドコモ

格安SIMとP10 liteがセット購入可能なMVNO一覧

会社名販売価格分割時格安SIM価格申し込み
19,800円850円×24回900円/月〜
25,200円1,050円×24回480円/月〜
26,667円1,112円×24回640円/月〜
26,800円1,200円×24回900円/月〜
26,800円-440円/月〜
27,600円1,150円×24回700円/月〜
27,800円1,158円×24回500円/月〜
28,000円1,400円×24回500円/月〜
28,560円1,190円×24回800円/月〜
-1,240円×24回900円/月〜
29,800円1,349円×24回480円/月〜
29,980円1,349円×24回525円/月〜
29,980円1,250円×24回680円/月〜
33,804円1,404円×24回980円/月〜
-1,000円×36回999円/月〜

P10 liteは文句なしのコストパフォーマンス!

HUAWEI P10 lite

HUAWEI P10 liteはコストパフォーマンスの高い端末だといえます。

高性能なCPUにRAM(メモリ)が3GBと十分であるため、快適にインターネットを利用することができます。

また、電池持ちが良いと評判が高かったnova liteと同様のバッテリーを利用しているために、電池持ちの良さも期待できます。

カラーバリエーションも豊富でデザイン性も高いため、スペック重視の方にもデザイン重視の方にもおすすめの端末です!

すまっぴー編集部では、HUAWEI P10 liteを1週間使ってみました!実際のバッテリー持ちなど使って分かったメリット・デメリットを解説します。

話題のHUAWEI(ファーウェイ) P10liteを徹底レビュー!1週間使ってみました!
関連記事話題のHUAWEI(ファーウェイ) P10liteを徹底レビュー!1週間使ってみました!
HUAWEI P10 lite
HUAWEI P10 lite
販売価格
29,980円
分割払い時約1,249円×24回
画面サイズ5.1インチ
ストレージ32GB
メモリ3GB
OSAndroid7.0
カラー