イオンモバイルの料金プラン・端末・評判口コミ

イオンモバイルはこんな方におすすめ!

イオンモバイル

手厚いサポートを受けたい方

イオンモバイルの最大の特徴は、店舗網を活かした無料サポートです。

イオンモバイルは、全国200店舗以上で購入、サポートが受けられるため店舗でいろいろ相談してから決めたいという人にぴったりです。

イオンは都心、地方に関わらず、必ず近くに一件はあるというほど多くの店舗があり、買い物からイベントまで家族で楽しめるショッピングセンターです。
そのイオンの中で手続きや、サービスが受けられるイオンモバイルは、他の携帯メーカーに比べて、買い物のついでに立ち寄れるという圧倒的な強みがあります。

最安値クラスの格安スマホを使いたい方

実はイオンモバイルは、他のMVNOと比べて料金が安いのも特徴です。

2BGや4BGなど、他社とは違う容量でプラン展開いるので単純に比較はできませんが非常に安いです。
料金面では、DMMモバイルともに最安値級です。

とにかく安く!格安SIMを最安値で使うなら?【DMMモバイル・イオンモバイル】
関連記事 とにかく安く!格安SIMを最安値で使うなら?【DMMモバイル・イオンモバイル】

イオンモバイルの料金プラン

イオンモバイルの料金プランは豊富で合計29種類のプランがあります。

一番安いプランは480円/月からとなっており、とにかく値段を安く抑えたい人から、動画やネットを長時間楽しみたいヘビーユーザーまで幅広く対応可能なプラン設定となっています。

プランは途中で変更も可能なので、どの程度必要か分からない人は、とりあえず少なめのプランで契約しておき、足りないと感じたら容量の大きなプランへと切り替えるのが良いでしょう。

データSIM (ネットのみ) 通話SIM (ネット+通話)
0.5GB/月-1,180円
1GB/月480円1,280円
4GB/月980円1,580円
6GB/月1,480円1,980円
8GB/月1,980円2,680円
12GB/月2,680円3,280円

音声通話プラン、データ通信プランはSIMカード1枚の使用のみです。

データプランはプラス140円/月でSMSもご利用いただけます。

シェアプランは最大5枚までSIMカードがシェアできます。

音声通話SIM1枚のみや音声通話SIM+データSIM1枚での契約も可能です。

4枚目、5枚目を追加する場合は、上記基本料金にSIMカード1枚につき、別途200円(税抜)/月がかかります。

イオンモバイルのスマホ端末セット販売

イオンモバイルのサイトで販売している端末は、格安SIMを利用しているユーザーに人気の機種が豊富にあります。

中でもVAIO PHONEは高品質でありながらある程度値段も安いのでおすすめです。

その他HUAWEI novaやZenfone3という今一番売れ筋商品も揃えていますので、セットで購入することで、最新のスマホが格安で利用できます。

イオンモバイルで購入すべきおすすめ端末3機種紹介!【2017年7月】
関連記事 イオンモバイルで購入すべきおすすめ端末3機種紹介!【2017年7月】
FUJITSU Arrows M03
販売価格
37,800
分割払い時
1,701円 x 24
ZTE BLADE E01
販売価格
17,800
分割払い時
801円 x 24
SHARP AQUOS SH-M02
販売価格
44,800
分割払い時
2,016円 x 24
Motorola Moto G4 plus
販売価格
31,800
分割払い時
1,431円 x 24
HUAWEI P9Lite
販売価格
25,800
分割払い時
1,161円 x 24
ZTE Blade V7 lite
販売価格
21,800
分割払い時
981円 x 24
KYOCERA S301
販売価格
10,000
分割払い時
450円 x 24
ASUS Zenfone3
販売価格
39,800
分割払い時
1,791円 x 24
HUAWEI Mate 9
販売価格
60,800
分割払い時
2,736円 x 24
ASUS Zenfone3 Laser
販売価格
27,800
分割払い時
1,251円 x 24
ZTE AXON 7mini
販売価格
39,800
分割払い時
1,791円 x 24
ZTE AXON 7
販売価格
59,800
分割払い時
2,691円 x 24
ASUS Zenfone3 Max
販売価格
19,800
分割払い時
891円 x 24
HUAWEI Media Pad M3
販売価格
42,800
分割払い時
1,926円 x 24
HUAWEI MediaPad T2 7.0 Pro
販売価格
24,980
分割払い時
1,124円 x 24
FUJITSU arrows M02
販売価格
29,800
分割払い時
1,341円 x 24
HUAWEI P10 lite
販売価格
27,980
分割払い時
1,349円 x 24
HUAWEI P9
販売価格
50,800
分割払い時
2,286円 x 24
SONY Xperia J1 Compact
販売価格
39,800
分割払い時
1,791円 x 24
SHARP AQUOS SH-RM02
販売価格
39,800
HUAWEI P10
販売価格
63,800
分割払い時
2,961円 x 24

イオンスマホとイオンモバイル

イオンのスマホと聞いたときに、イオンスマホというサービス名を聞いたことがある人がいるかもしれません。

今ではイオンスマホは販売されていませんが、以前はイオンのスマホといえばイオンスマホでした。

名前は似ていますが、イオンスマホとイオンモバイルはまったく別のサービスです。

イオンスマホは他社製品の販売代理

イオンスマホは他社の格安SIMとイオンが独自に仕入れたSIMカードをセット販売する。というサービスでした。

よって、直接MVNOから購入するよりも割高でしたし、サポート体制も十分ではありませんでした。

しかし、イオンモバイルはイオンがドコモから回線を借りて運営されているサービスです。

イオンで購入できるだけでなく、サポート面もしっかりと店舗で対応してもらえます。

イオンモバイルのメリット

手厚いサポート体制

スマホに慣れていないと、格安SIMのサポート体制や保障が心配になる人も多いようですが、イオンモバイルであれば、イオンスマホ安心パックというサポート体制に格安で加入することができます。

購入した後の初期設定や、トラブルが起こった時の電話サポート、セキュリティなど、スマホユーザーが必要としているサービスを全て兼ね備えています。

注意点として、あんしんサポートはイオンモバイルを契約者のみ加入可能で、端末購入のみでは加入できません。

また、「出張サポート」利用時は、別途費用がかかります。

イオンスマホ安心保証

サポート体制は、「操作サポート」「遠隔サポート」「出張サポート」の3つで、スマホの疑問を解決します。

加入当日から利用することが可能なので、初期設定のサポートもしてもらえます。

スマホのトラブルで一番多いのがうっかりミスにより故障や水濡れです。

月々わずかな負担で安心保証が自然故障から、水濡れや落下などのうっかりミスもこれに入っていれば安心です。

ご購入いただいた端末により、月額料金が異なります。
イオンモバイル契約時または、ご契約より14日以内に限りご加入いただけます。端末のみの購入ではご加入いただけません。
当社指定の端末のみ対象となります。
Xperia J1 compact、HUAWEI P9は月額450円でご加入いただけます。

イオンスマホ電話サポート

スマホの初期設定やアプリの設定方法などのサポートをしてくれます。

「操作サポート」「遠隔サポート」「出張サポート」で、スマホの疑問を解決します。 ご加入当日からご利用いただけます。 イオンモバイルをご契約いただいたお客さまのみご加入いただけます。端末購入のみではご加入いただけません。 一部「遠隔サポート」がご利用いただけない端末がございます。 「出張サポート」ご利用時は、別途費用がかかります。

イオンでんわで通話料が半額に

イオンでんわはイオンモバイルの公式アプリです。
アプリをインストールし、アプリ経由で電話をかけるだけで、通話料金が半額になります。

難しい設定などは一切必要なく、通話回線も電話回線を利用しているので、通話品質も保証されています。

10分かけ放題が安い!

イオンモバイルでは、月額850円の10分以内かけ放題オプションを提供しています。
他社は5分以内かけ放題で850円という会社が多く、かけ放題オプションもお得です。

契約期間の縛りが無く契約解除料金も不要

イオンモバイルは、契約期間にかかわらず、音声プラン(音声回線)を解約された場合でも、解約金は必要ありません

通常の格安SIMメーカーであれば契約期間によって解約金が発生することが多いですが、イオンモバイルは不要です。

つまり大手キャリアが設定しているような2年間の契約期間縛りもないということです。

費用も480円~と非常に安いので、使い方も色々できそうです。

データ容量を翌月に繰り越し可能

各料金プランでご利用いただける高速通信容量が余った場合、翌月末まで繰り越せます。
なので、毎月の使用量にばらつきがある人や、海外出張が多い人などにもおすすめです。

データ容量の繰り越しが可能なことで、プランを安く設定することが可能で、月々の費用も抑えることができます。

高速通信を自分で切り替えできる

イオンモバイルでは高速通信のオンオフが自分で可能です。
Wi-Fiが利用できる場所や、高速通信を必要としない場所では、高速通信をオフにしておくことで、データ容量の節約になります。

オンオフ機能は専用アプリからボタン1つで切り替え可能なので、手軽に利用できます。

会社名 SIM料金 利用回線 総合満足度 申し込み
480円〜 ドコモ (4.5)

イオンモバイルのデメリット

通信速度はいまいち

イオンモバイルの通信速度は、他のMVNOと比べるとやや遅いという評価です。

低価格で利用できますが、動画をみたりするには向いていないので注意が必要です。
メールやインターネットの利用についてはお昼時を避ければ問題ありません。

イオンモバイルの電波エリア・通信速度

イオンモバイルの電波エリアはドコモと同じ

イオンモバイルはドコモ回線を利用したMVNOなので、イオンモバイルの格安スマホ・格安SIMはドコモの電波が入る場所であれば同じように利用できます。

反対に、ドコモの電波が入らない場所ではイオンモバイルの使えません。

イオンモバイルの通信速度はやや遅い

イオンモバイルの通信速度は格安SIMの中でも比較的遅い速度になっています。
低価格で提供している分、通信速度を上げるのは難しいのかもしれません。

イオンモバイルは大容量プランも提供していますが、大容量プランをがっつり使いこなすのは難しいでしょう。
イオンモバイルはデータ量はあまりいらないというひとにおすすめです。

すまっぴーでは毎月格安SIMの通信速度を計測しています。 イオンモバイルの最新の通信速度については下記を参考にしてください。

格安SIMの通信速度、人気MVNO13社を徹底比較【2017年7月版】
関連記事 格安SIMの通信速度、人気MVNO13社を徹底比較【2017年7月版】

イオンモバイルの記事一覧

イオンモバイル以外のMVNO